JAZZYな生活

プレミアムエイジ ジョインブログ

いったんは鳴き始めたのに ・・・

Tags: , , , , ,





 3日ほど前、ウォーキングをしていたら、今年初めての「セミ(蝉)」の鳴き声を聞いた。この地域で最初に鳴くのは、決まって「ニイニイゼミ」である。「もう梅雨明けも近いかな」と思った矢先、台風で梅雨前線が刺激されたと元の雨模様に逆戻り。しかし、炎天の花はちゃんといつものようにに咲いている。急に庭先が華やかになった、「ヒオウギ(檜扇)」、定番の「サルスベリ(百日紅=ヒャクジツコウ)」と「ムクゲ(木槿)」、そして花屋の店先の「ヒマワリ(向日葵)」。

 さて、今宵に聴くピアノ。CDを整理していたら目にとまった久しぶりの「ヤロン・ヘルマン/Yaron Herman」のデビュー・アルバム、「Variations - Piano Solo/邦題:ヤロン・ヘルマン・デビュー」(2006)。1981年イスラエル生まれでパリ在住のピアニスト。


 「ヤロン・ヘルマン」。ピアノを始めたのはかなり遅く、16歳だったという。それまではスポーツ少年だったが、怪我をしたことが、ピアノを学ぶきっかけだった。ところが、あっという間に頭角を現し、2年後には賞を取るほどに。ボストンのバークリー音楽院で学んだあと、パリを活動拠点と定め、演奏活動をはじめたという。2006年、25歳で本作のピアノ・ソロでデビュー。

 「Variations(変奏)」というタイトルだが、例えば、冒頭の曲は、ガーシュインの名作「Summertime」。その後に続くのは、いずれもヘルマンのオリジナルで、「var.1」として「Blossom」、「var.2」として「Facing Him」、「var.3」として「Jerusalem Of Gold」という趣向になっている。すなわち、「Blossom」、「Facing Him」は、「Summertime」をモチーフに使った変奏曲としてのオリジナル曲と見ることができ、またそのモチーフが随所に出てくるので、アレンジの妙を何度となく味合うことができる、3曲が一体となった組曲といえるだろう。時折、かすかに「キース・ジャレット/Keith Jarrett」ばりの唸り声が入るが、キースほど耳障りではなく許容できる範囲か。


   
ヤロン・ヘルマン・デビュー/Variations – Piano Solo
ヤロン・ヘルマン/Yaron Herman
ビデオアーツ・ミュージック


    
    

 まずは、その主題となる「サマータイム/Summertime」から。

「Yaron Herman – Summertime」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 次なるアレンジの妙は、「スティング/Sting」のカバー、「フラジャイル/Fragile」。この曲は、「スティング」が、アルバム、「Nothing Like The Sun」(1987)に収めた曲。このアルバムを作る前、彼は中南米のツアーを行ったが、そこの国々で内戦や弾圧といった事態を目にして、何曲か政治的メッセージが込められた曲を作るが、この曲もその一つだという。その後、2001年9月11日、イタリア・トスカーナの自宅で全世界に向けての配信コンサートを行う直前、「9.11」テロがが起こり、彼は、配信は中止し、そのライブをCD、DVDでリリースをした。「fragile」は、「壊れやすい、脆い、儚い ・・・」という意味で、このアルバムの中核をなしており、その後、彼の反戦、反暴力の代名詞とも言える曲となった。

「Yaron Herman – Fragile」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 次の曲は、「オズ・シャローム/Ose Shalom」。ユダヤ伝承歌の一つらしいが、「シャローム」は「平和、平安」という意味。なんとなく中東がまたきな臭くなってきた今、聴いてみましょうか。

「Yaron Herman – Ose Shalom」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

Tags: , , , , ,

2 Responses to “いったんは鳴き始めたのに ・・・”


  1. photofloyd(風呂井戸)
    on 7月 20th, 2019
    @ 10:09 PM

    もうサルスベリが咲くのですね。我が家のモノはまだまだ先ですが、同じ色です。これ好きなんですね。昨年こぼれた種から新しい芽が出てきましたのでそのまま様子を見ています。どうなりますか・・・
    ところでStingの新しいアルバムも出たようです。老兵頑張ってます。
    そうそうアンナ・マリヤ・ヨペクとStingのデュオのFragileも良かったですネ。


  2. 大屋地 爵士
    on 7月 21st, 2019
    @ 5:55 PM

    photofloyd(風呂井戸)さん 今年は花によって早かったり遅かったり。気候変動の影響でしょうか。アンナ・マリヤ・ヨペクとStingのデュオ、YOUTUBEからダウンロードしていますが、たしかにシンプルで味わい深い歌唱。それにスティングにはいつも驚かされます。早速、新譜チェックしてみます。

Leave a Reply



© 2009 JAZZYな生活. All Rights Reserved.

This blog is powered by the Wordpress platform and to just Go Beach Rental.