JAZZYな生活

プレミアムエイジ ジョインブログ

ビオトープに集まるのは ・・・

Tags: , , , ,




 時間があったので、今日は山作業ではなく、一庫公園をウォーキング。梅雨の晴れ間、わずかな日差しも差し込んでいる。梅雨明け間近なんでしょう、「ニイニイゼミ(ニイニイ蝉)」の大合唱。そして、公園のビオトープに集まっているのは、つがいの「シオカラトンボ(塩辛蜻蛉)」、「アメンボ(水黽、水馬、飴坊、飴棒)」。蛙の種類は分からないが、「オタマジャクシ(御玉杓子)」など。



 早春に花をつけた「コブシ(辛夷)」。その名の謂れとなった実が大きくなっているのが分かる。去年伐採した「クヌギ(椚、櫟)」の高木に台場クヌギに育つように、鹿除けの金網を6月に設置したが、こちらは見事功を奏して鹿に食べられることもなく、順調に育っている。約1時間、チェックも兼ねて、公園を一回りした。


 再び雨が降り出した今宵は、ちょっとレトロで、BGM的女性ボーカルを聴きたい。レトロで、BGM的といっても、決して古臭いわけではなく、懐かしさの中で心癒され、ずっと聴いていても飽きない、そんなボーカルである。ピックアップしたのは、「カラブリア・フォーティ/Calabria Foti」。年齢不詳ですが、その優しい歌声に加え、育ちの良さ、品のいい色気を感じさせる美形は、かっての「ジュリー・ロンドン/Julie London」を思わせる。

「カラブリア・フォーティ」。ニューヨーク生まれ。音楽一家に育ち、幼い頃から身の回りには音楽があふれていたという。「家族でクラシックのコンサートやジャズクラブにもしょっちゅう行っていたし、初めて習った楽器はジャズギターとベースだった」と彼女は語る。12歳になる頃には、もう両親たちとホテルやナイトクラブのステージにたっていたともいう。「エラ・フィッツ・ジェラルド/Ella Fitzgerald」、「ペギー・リー/Peggy Lee」、「フランク・シナトラ/Frank Sinatra」、「サミー・デイビス・ジュニア/Sammy Davis Jr.」 ・・・などの大物シンガーの歌をよく歌っていた。この頃すでに「どうすれば彼らと同じように観客の心を掴めるのか」ということを意識して歌っていたというから、末恐ろしい12歳であったようだ。
  
 やがて認められ、2005年、「When A Woman Loves A Man」でデビュー、それに続くセカンド・アルバムになったのが、「恋に過ごせし宵/A Lovely Way To Spend An Evening」(2007)。私は、このアルバムで彼女を知ったが、リリースされているのが、たった4作という寡作ということもあって、そのあとしばらく聴いていなかった。10年近く間が空いていたのだが、最近2つのアルバムを続けて聴く機会を得た。久しぶりに聴く「カラブリア・フォーティ」は、やはり私を癒してくれる。

 YOUTUBEから削除されてしまっていたので、私が知った最初のアルバム、「A Lovely Way To Spend An Evening」は、プロモーション・ビデオから。


   
恋に過ごせし宵/A Lovely Way To Spend An Evening
カラブリア・フォーティ/Calabria Foti
Quicksilver


    
    

「Calabria Foti - A Lovely Way To Spend An Evening」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 10年ぶりのアルバム、「夜の静けさに/In The Still Of The Night」(2017)から、「Just One of Those Things」。


   
夜の静けさに/In The Still Of The Night
カラブリア・フォーティ/Calabria Foti
MOCO RECORDS / King International


    
    

「Just One of Those Things – Calabria Foti」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 最新作は、ストリングス・オーケストラをバックのラブソング・バラード集、「Prelude To A Kiss」(2019)から、「The Man With the Horn」。このアルバムには、「ビル・エヴァンス/Bill Evans」の名曲「ワルツ・フォー・デビー/Waltz For Debby」も収録されている。


   
プレリュード・トゥ・ア・キス/Prelude To A Kiss
カラブリア・フォーティ/Calabria Foti
MOCO RECORDS / King International


    
    

「The Man With the Horn – Calabria Foti」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
   
   

   

Tags: , , , ,

2 Responses to “ビオトープに集まるのは ・・・”


  1. photofloyd(風呂井戸)
    on 7月 24th, 2019
    @ 9:14 PM

     定年退職組には、なかなか聴く対象としては良い歌手ですね。美貌と若くはない適当な熟女・・・というところで。爵士さんお気に入りは十分理解できます。^^   歌も特に技巧をこらすというタイプでなく万人向きですね。これからご亭主様共々ジャズを極めて欲しいものです。


  2. 大屋地 爵士
    on 7月 24th, 2019
    @ 11:03 PM

    photofloyd(風呂井戸)さん 寡作の彼女、最近作は全く知りませんでしたので、Prelude to a kiss,In the still of the night の紹介ありがとうございました。素直にいいなあと思える歌手ですね。パートナーのBob McChesneyもいい味出していますね。

Leave a Reply



© 2009 JAZZYな生活. All Rights Reserved.

This blog is powered by the Wordpress platform and to just Go Beach Rental.