JAZZYな生活

プレミアムエイジ ジョインブログ

今年も現れたのは ・・・

Tags: , , , ,

【 お知らせ 】
  長いあいだご愛読いただきましたが、オーナーさんの都合により来年1月末をもって「プレミアムエイジ」が終了することになりました。つきましては、「JAZZYな生活」は、同じ内容をアップしている「大屋地爵士のJAZZYな生活」(https://oyajijazz.exblog.jp/)で引き続きご覧いただけますので、お手数ですが、そちらへの移行をよろしくお願いいたします。



 先週に引き続き、「台場クヌギ」の伐採と窯木づくり。今年も現れいでたるは、子供たちの大好きな体長5cmくらいの真っ白な「カブトムシ(甲虫、兜虫)」の幼虫(ひょっとしたらカミキリムシかも)。腐植土や枯葉の下で孵化し、育腐植土や柔らかい朽木を食べて成長する。この幼虫、伐採の現場に時折、出てくる。そっとつまんで枯葉の中に返した。


 割り木作りも順調に進んでいる。木を割るというと、斧(おの)、あるいは鉞(まさかり)を使ってと思われるかもしれないが、それは相当の熟練の技を要する。我々は安全に確実に木を割るために、楔(くさび)と玄能(げんのう)を使う。窯木の準備ももう少しで整う。

   
 さて、今宵の歌姫は、イタリア出身「アリーチェ・リチャルディ/Alice Ricciardi」の新譜。この人も寡作です。 私は寡聞にして、 「Comes Love(2008)」、「Optics」(2015)の2作しか知りません。
  
  「アリーチェ・リチャルディ」は、1975年イタリア、ミラノ生まれ。「プッチーニ」などを輩出した「ジュゼッペ・ヴェルディ音楽院」に入り、バイオリンとピアノを学び、その後、「ミラノ国際音楽アカデミー」で、彼女より一足先にJAZZシンガーとしてデビューを果たしている「ロバータ・ガンバリーニ/Roberta Gambarini」などと共にヴォーカルの勉強もスタートさせたという。2005年には「モントレー・ジャズフェスティバル・ヴォーカル・コンペ」で第2位に入賞した実力の持ち主。デビュー作後、消息を聞かなかったが、7年後の2ndアルバム、「Optics」(2014)を聴いた時は、「しばらく見ぬ間に、すっかり大人の風格をもち、本格派のジャズ歌手に脱皮した」、そんな印象を持った。


 そして、さらに5年後、第3作は、1996年頃より、サックス奏者「ロザリオ・ジュリアーニ/Rosario Giuliani」や、イタリアン・ジャズ界の鬼才、「ニコラ・コンテ/Nicola Conte」と活動を共にし、数多くの重要作品に参加してきた、ピアノの「ピエートロ・ルッス/Pietro Lussu」とのデュオ作品、「Catch A Falling Star」(2019)。自らのレーベル「ジビジャーナ/Gibigiana」を立ち上げてからリリースした記念すべき第1作目だという。オリジナル4曲、スタンダード6曲に加え、スタンダードの「Let’s Face the Music and Dance」、かって「ペリー・コモ/Perry Como」がヒットさせたタイトル曲「Catch A Falling Star」や、「ビーチ・ボーイズ/The Beach Boys」の「Good Vibrations」などを一筋縄ではいかない凝ったアレンジで聴かせる。録音は、職人芸を発揮するレコーディング・エンジニアリングの匠、「ステファノ・アメリオ/Stefano Amerio」。「ロバータ・ガンバリーニ」に比べ、歩みは遅いが「アリーチェ・リチャルディ」、着実にJAZZの王道を歩んでいるように感じる。


   
Catch a Falling Star
Alice Ricciardi and Pietro Lussu/アリーチェ・リチャルディ&ピエ-トロ・ルッス
Gibigiana Records


    
    

「Let’s Face the Music and Dance – Alice Ricciardi & Pietro Lussu」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

「Catch a Falling Star – Alice Ricciardi & Pietro Lussu」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

「Good Vibrations – Alice Ricciardi & Pietro Lussu」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
     

Tags: , , , ,

2 Responses to “今年も現れたのは ・・・”


  1. Mshi
    on 12月 17th, 2019
    @ 12:07 AM

    いつも楽しみに拝見させていただいています。
    紹介される音楽が自分の知らないアーチストばかりで、LP収集をしているのですがコレクションに加わることが多々あります。
    さてブログにある幼虫は、カブトムシでなく、カミキリムシではないでしょうか。
    その昔、友達の木こりの爺さんは、焚き火にこれを投げ込み、ほどよく火の通ったところで食しておりました。生木を食べているから食品として安全で、貴重なタンパク源として利用できるのだと思います。
    数十年も前の子どもの頃のことですが、思い出しました。


  2. 大屋地 爵士
    on 12月 17th, 2019
    @ 12:17 AM

    Mshiさん  コメントありがとうございます。この時期カミキリムシの幼虫は、クヌギを割っている時に木の中で見つけることがほとんど。この虫は枯葉の上で見つけ、カミキリより大きくて太いのでカブトムシだと思いました。100%の確信はありませんので、言われてみれば、カミキリかもしれません。カミキリの幼虫も虫界のトロと呼ばれるくらい美味だそうです。

Leave a Reply



© 2009 JAZZYな生活. All Rights Reserved.

This blog is powered by the Wordpress platform and to just Go Beach Rental.