JAZZYな生活

プレミアムエイジ ジョインブログ

やっぱり12月は蕎麦だ

Tags: ,

【 お知らせ 】
  長いあいだご愛読いただきましたが、オーナーさんの都合により来年1月末をもって「プレミアムエイジ」が終了することになりました。つきましては、「JAZZYな生活」は、同じ内容をアップしている個人ブログ、「大屋地爵士のJAZZYな生活」(https://oyajijazz.exblog.jp/)で引き続きご覧いただけますので、お手数ですが、そちらへの移行をよろしくお願いいたします。


 我が家の家族は、私が信州の出身ということもあって、無類の蕎麦好き。毎年12月には、以前住んでいた大阪市内のマンション近くのご贔屓の蕎麦屋まで出かけている。北海道産の蕎麦を、石臼で挽いて食わせてくれるのだが、ちょっと濃い目で旨い。家を出た子供たちも時々行っているようだ。やっぱり旨い。わざわざ、出かけてきた甲斐があった。
   
 さて、今宵のボーカル、NYの今を代表するようなコンテンポラリーな女性ジャズ・ボーカル、異色のアーティスト、「エスペランサ・スポルディング/Esperanza Spalding」の3rdアルバム、「Chamber Music Society」収録の「Winter Sun」から。


 「エスペランサ・スポルディング」。アメリカのマルチ・インストゥルメンタリスト。1984年、オレゴン州ポートランド生まれ、35歳。主にジャズ・ベーシスト、歌手として知られている。アフリカ系アメリカ人、ウェールズ及びスペインの血を引くため、ウェールズ、ヒスパニック、ネイティブ・アメリカンにアフリカからの古いルーツを加えた多様な民族的遺産を受け継いでいるという。
 
 2006年のデビュー・アルバムは、「Junjo」。非凡なベース演奏とスキャットを中心に、ラテンのリズムやパーカッションなどを融合したその音楽はジャズ界に衝撃をもたらしたという。前・米大統領「バラク・オバマ」氏は彼女のファンで、2009年12月、オスロ・シティホールで開催されたノーベル平和賞授賞式で、オバマ氏の名誉を讃える演奏を披露し、翌日のノーベル平和賞コンサートに出演した。第4作、「ラジオ・ミュージック・ソサイエティ/Radio Music Society」(2012)は、第55回グラミー賞(最優秀ジャズ・ボーカル・アルバム)を受賞した。
   
【 Winter Sun 】  by Esperanza Spalding

「♪ Once autumn’s glow    あの秋の輝きも
  Has gone away       過ぎ去り
  And gray cotton clouds  灰色の綿雲が
  Blanket drowsy days    眠気を誘うような毛布にみえる日が来ると
  You’re the winter sun   あなたは冬の太陽になる

  Once fallen leaves    散り落ちた枯葉が
  Have lost their crunch  もうバリバリという音をたてなくなり
  And turn to confetti   茶色とオレンジ色の
  Brown and orange     砂糖菓子のようになると
  I know soon        もうすぐあなたは
  You’II come tame the whip of the wind   風の鞭に急かされるようにやってきて
  And bathe the naked branches with warmth and light すっかり葉が落ちた枝を日差しで暖める 

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  ♪」
    


     
CHAMBER MUSIC SOCIETY
エスペランサ/Esperanza Spalding
HEADS


    
     

「Esperanza Spalding – Winter Sun」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 そして、YOUTUBEで見つけたのは、「ペンギン・カフェ/Penguin Cafe」。南極のペンギン達に捧げるアルバムだという、「ハンドフルズ・オブ・ナイト/Handfuls of Night」(2019)から「Winter Sun」。「エスペランサ・スポルディング」のそれとは同名異曲であるが、メランコリックなメロディーと透明感のある雰囲気に南極の壮大な景色が浮かぶ。
  
 元々はイギリスの作曲家でギタリストの「サイモン・ジェフス/Simon Jeffes」によって結成された楽団で、民族音楽、フォークサウンド、現代音楽などを取り入れた楽曲で、1976年に「OBSCURE」からデビュー。6枚のアルバムを発表後、1997年にリーダーのサイモンが死去。その後2009年から息子の「アーサー・ジェフス/Arthur Jeffes」が父の遺志を引き継ぎ、メンバーも一新し、活動を再開しているという。


     
Handfuls of Night
Penguin Cafe
Erased Tapes


   
     

「Winter Sun – Penguin Cafe」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

Tags: ,

Leave a Reply



© 2009 JAZZYな生活. All Rights Reserved.

This blog is powered by the Wordpress platform and to just Go Beach Rental.