JAZZYな生活

プレミアムエイジ ジョインブログ

年末はいつものように門松作り

Tags: , ,

【 お知らせ 】
  長いあいだご愛読いただきましたが、オーナーさんの都合により来年1月末をもって「プレミアムエイジ」が終了することになりました。つきましては、「JAZZYな生活」は、同じ内容をアップしている個人ブログ、「大屋地爵士のJAZZYな生活」(https://oyajijazz.exblog.jp/)で引き続きご覧いただけますので、お手数ですが、そちらへの移行をよろしくお願いいたします。

   
   


 今年も早いものであと数日。いつものように、近くに住む次男の分、次男のお嫁さんの実家の分、我が家の分と3家分のミニ門松を作る。10年ほど前に作ってあげたら、予想外の好評で、以後、この門松作りは喪中の場合を除いて、ずっと私の年末のささやかなイベント、もはや年中行事となっている。先日、ボランティア・クラブのイベントで残った竹と植木鉢などを持って帰っているので、近くの山で、松、裏白を採ってくれば、材料は揃う。3本の竹を適当な長さに揃え、植木鉢に固定し、周りに松、裏白、サンシュユの赤い実が付いた枝などを配置すれば、出来上がり。松の枝の採取を除けば、1時間半程で出来上がる。さて、今年の出来栄えは ・・・。


 さて、年末のジャズ・ファンの年中行事といえば、「寺島靖国」氏が自ら主宰する「寺島レコード」から、毎年年末にリリースされるコンピ・アルバム、「Jazz Bar xxxx」シリーズのリリースでしょうか。自身のレーベルを立ち上げる前の2001年からスタートし、もう今年が19年目である。欧州系でしかもピアノ・トリオが中心で、寺島氏のいう「ガッツと哀愁、美メロ」満載のシリーズなので、2年程を除いて、ずっとこのシリーズを聴いている。このシリーズは、私が新しいアーティストを知る一つの手段ともなっている。その最新版は、「JAZZ BAR 2019」。最近は、ちょっと古いアルバムからのチョイスが多いことが気になるが、今年は全曲ピアノ・トリオ、しかも、全てのトリオが私には、初物という嬉しいアルバム。その中から何曲かを ・・・。


    
Jazz Bar 2019
V.A.(選曲・監修:寺島靖国)
寺島レコード


    
    

 イタリアは「ジュリアン・ オリヴァー・マッツァリエッロ/Julian Oliver Mazzariello(p)」率いる「アンドレ・チェッカレリ/André Ceccarelli(ds)」、「レミ・ヴィニョーロ/Rémi Vignolo(b)」とのトリオによる「アカレッツァーメ/Accarezzame(私を抱きしめて)」。アルバムは、「Debut」(2018 Millesuoni Srl)から。

「Accarezzame – Julian Oliver Mazzariello, André Ceccarelli, Rémi Vignolo」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 これまたイタリアの「アンドレア・ガリバルディ・トリオ/Andrea Garibaldi Trio」の「Chez Mini(可愛い家?)」。 アルバムは、「Passaggio al bosco」(2015 Emme Record)。 

「Chez Mini – Andrea Garibaldi Trio」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 サンフランシスコ在住の「ノーム・レミッシ/Noam Lemish(p)」、「ジョージ・マーシュ/George Marsh(ds)」、「ジム・カーウィン/Jim Kerwin(b)」のトリオの「And You Are」。アルバムは、「The Turning」(2016 CDBaby)から。

「And You Are – Noam Lemish · George Marsh · Jim Kerwin」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 フランスの俊鋭、「フランソア・インゴールド・トリオ/François Ingold Trio」の「La Valse D’oscar(オスカーのワルツ?)」。アルバムは、「Fat Free」(2007 Altrisuoni)から。  

「La Valse D’oscar – François Ingold Trio」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

   

    

やっぱり12月は蕎麦だ

Tags: ,

【 お知らせ 】
  長いあいだご愛読いただきましたが、オーナーさんの都合により来年1月末をもって「プレミアムエイジ」が終了することになりました。つきましては、「JAZZYな生活」は、同じ内容をアップしている個人ブログ、「大屋地爵士のJAZZYな生活」(https://oyajijazz.exblog.jp/)で引き続きご覧いただけますので、お手数ですが、そちらへの移行をよろしくお願いいたします。


 我が家の家族は、私が信州の出身ということもあって、無類の蕎麦好き。毎年12月には、以前住んでいた大阪市内のマンション近くのご贔屓の蕎麦屋まで出かけている。北海道産の蕎麦を、石臼で挽いて食わせてくれるのだが、ちょっと濃い目で旨い。家を出た子供たちも時々行っているようだ。やっぱり旨い。わざわざ、出かけてきた甲斐があった。
   
 さて、今宵のボーカル、NYの今を代表するようなコンテンポラリーな女性ジャズ・ボーカル、異色のアーティスト、「エスペランサ・スポルディング/Esperanza Spalding」の3rdアルバム、「Chamber Music Society」収録の「Winter Sun」から。


 「エスペランサ・スポルディング」。アメリカのマルチ・インストゥルメンタリスト。1984年、オレゴン州ポートランド生まれ、35歳。主にジャズ・ベーシスト、歌手として知られている。アフリカ系アメリカ人、ウェールズ及びスペインの血を引くため、ウェールズ、ヒスパニック、ネイティブ・アメリカンにアフリカからの古いルーツを加えた多様な民族的遺産を受け継いでいるという。
 
 2006年のデビュー・アルバムは、「Junjo」。非凡なベース演奏とスキャットを中心に、ラテンのリズムやパーカッションなどを融合したその音楽はジャズ界に衝撃をもたらしたという。前・米大統領「バラク・オバマ」氏は彼女のファンで、2009年12月、オスロ・シティホールで開催されたノーベル平和賞授賞式で、オバマ氏の名誉を讃える演奏を披露し、翌日のノーベル平和賞コンサートに出演した。第4作、「ラジオ・ミュージック・ソサイエティ/Radio Music Society」(2012)は、第55回グラミー賞(最優秀ジャズ・ボーカル・アルバム)を受賞した。
   
【 Winter Sun 】  by Esperanza Spalding

「♪ Once autumn’s glow    あの秋の輝きも
  Has gone away       過ぎ去り
  And gray cotton clouds  灰色の綿雲が
  Blanket drowsy days    眠気を誘うような毛布にみえる日が来ると
  You’re the winter sun   あなたは冬の太陽になる

  Once fallen leaves    散り落ちた枯葉が
  Have lost their crunch  もうバリバリという音をたてなくなり
  And turn to confetti   茶色とオレンジ色の
  Brown and orange     砂糖菓子のようになると
  I know soon        もうすぐあなたは
  You’II come tame the whip of the wind   風の鞭に急かされるようにやってきて
  And bathe the naked branches with warmth and light すっかり葉が落ちた枝を日差しで暖める 

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  ♪」
    


     
CHAMBER MUSIC SOCIETY
エスペランサ/Esperanza Spalding
HEADS


    
     

「Esperanza Spalding – Winter Sun」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 そして、YOUTUBEで見つけたのは、「ペンギン・カフェ/Penguin Cafe」。南極のペンギン達に捧げるアルバムだという、「ハンドフルズ・オブ・ナイト/Handfuls of Night」(2019)から「Winter Sun」。「エスペランサ・スポルディング」のそれとは同名異曲であるが、メランコリックなメロディーと透明感のある雰囲気に南極の壮大な景色が浮かぶ。
  
 元々はイギリスの作曲家でギタリストの「サイモン・ジェフス/Simon Jeffes」によって結成された楽団で、民族音楽、フォークサウンド、現代音楽などを取り入れた楽曲で、1976年に「OBSCURE」からデビュー。6枚のアルバムを発表後、1997年にリーダーのサイモンが死去。その後2009年から息子の「アーサー・ジェフス/Arthur Jeffes」が父の遺志を引き継ぎ、メンバーも一新し、活動を再開しているという。


     
Handfuls of Night
Penguin Cafe
Erased Tapes


   
     

「Winter Sun – Penguin Cafe」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

ころもがえ 夏仕舞い 冬支度

Tags: , , , ,




 朝起きてみると、あたりは一面の霧に包まれている。今シーズン初めての濃霧の発生。昼頃までにはすっかり晴れてしまうが、いわゆる放射冷却のもたらす霧である。この霧は、私の住む北摂・丹波地域の秋の風物詩となっていて、これが発生すると、紅葉が一段と進む本格的な「秋」の到来を告げている。
 
 雲海に浮かぶ神秘的な風景で、「天空の城」と呼ばれる有名な兵庫県朝来(あさご)市の「竹田城跡」ほか、雲海のもたらす絶景がこの地方にはいくつかあるが、いずれもこの濃霧が生み出す光景である。もっと元気のある頃は、朝、この霧が発生すると、写真のような雲海に浮かぶ「有馬富士」の絶景を見たくて、三田市にある「花山院」へと車を走らせたものです。(竹田城跡、花山院の写真はNETより拝借)


 この霧が発生したので、私は例年よりちょっと遅いが、「ころもがえ」のため、箪笥の中の入れ替え、夏仕舞い、冬支度を行う。定年になり、普段着のほかは、それほど数も必要なくなり、また歳をとって、サイズもふた回りほど小さくなったので、いつも「こんなに多くの衣類はいらないのだが」と思いつつ、なんとなく愛着があって捨てきれないでいる。「ころもがえ」。季節感に溢れた美しい響きの日本語であるが、気候変動のため、春と秋を感じる季節が極端に短くなってきているのを実感する。


 今宵のピアノ、ドイツ出身のピアニスト、「ウォルター・ラング/Walter Lang」率いるトリオの「Country」。アルバム、「The Sound Of A Rainbow」(2005)から。
  
 私が「ウォルター・ラング」を知ったのは、ドイツを代表する女性ジャズ・シンガー、「リザ・ヴァーラント/Lisa Wahlandt」のアルバム、「Stay a While」(2010)。日本のレーベル「M&I」、「澤野工房」も含めて、10枚以上のアルバムをリリースしている。そして、昨年の「HYOGO クリスマス・ジャズ・フェスティバル2018」でのコンサートでライブを初めて聴いた。
   
リーダーの「ウォルター・ラング」は、1961年生まれのドイツ出身のピアニスト。現在のトリオを組むベースの「トーマス・マークッソン/Thomas Markusson」はスウェーデン出身、ドラムの「セバスティアン・メルク/Sebastian Merk」は同じドイツ出身。幼少の頃は、祖父や父のアコーディオン、ピアノ演奏といった音楽的環境に恵まれた家庭に育ち、9歳でピアノの練習を始めたという。その後、ボストンの「バークリー音楽学校」で、ピアノや作曲を学び、ヨーロッパへ帰って活躍している。ヨーロッパでは数々の賞を受賞、その陰影に満ちたプレイで日本でも多くのファンを獲得している。
   
 このアルバムでの、パーソネルは「walter lang(p)」、「ニコラス・タイズ/nicolas thys(b)」、「リック・ホランダー/rick hollander(ds)」。

The sound of a rainbow
Walter Lang Trio/ウォルター・ラング・トリオ
M&I


      
     

「walter lang trio – country」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

二人法事

Tags: ,

DSCN1953
DSCN1957
 母親の命日が近づいてきた。父親の命日、義父母の命日もそうであるが、お墓がある故郷松本から遠くはなれているし、親戚や子供も集まりにくいので、最近は、妻と「二人法事」を行っている。しかし、法事にかこつけて、なにか美味しいものを食べるということになってしまっているが実体であるが、これもひとつの供養のあり方と勝手に理屈をつけ、納得している。

 この日の「二人法事」は、箕面の和食カフェでランチ。大きく開いた窓から見える大阪平野の眺望が素晴らしいので、時折訪れているカフェ。入口に置かれた華やいだ正月飾りが目を惹く。この日は、客もあまり多くなく、静まり返ったロビーから見える眺望は、やはり素晴らしかった。

 今宵のピアノ、ちょっと前にも取り上げた、1974年スウェーデン生まれで、現在はドイツ・ハンブルグを中心に活動しているという俊英ピアニスト、「マーティン・ティングヴァル/Martin Tingvall」のピアノ・ソロ・アルバム、「ディスタンス/Distance」(2015)から。アイスランドを旅してインスプレーションを得たという全12曲全てが彼のオリジナル。その優しく繊細なタッチの音色に心から癒される。

 「Quiet Days」、「レクイエム(鎮魂歌)/Requiem」、「Last Summer」の3曲を。

Distance

Martin Tingvall / Skip

「Quiet Days – Martin Tingvall」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

「Requiem – Martin Tingvall」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

「Martin Tingvall – Last Summer」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
    

    

初詣に向かう目に鮮やかな ・・・

Tags: , ,

DSC_0042
DSC_0044
 元旦の初詣。私の住んでいる地域には、源氏の祖、「源満仲」を祀るこの地域一番のブランド神社、多分初詣には数万人が訪れると思われる「多田神社」と、地元の氏神様で、延喜式にもその名の記載がある古社、「多太神社」とがある。かっては「ただ」という地名にもとづく同じ呼び名であったらしいが、前者の方が圧倒的に有名になり、混同しやすいということで、後者は「たぶと」と呼んでいる。以前は、もっぱら「多田神社」への初詣をしていたが、そちらは七五三、お宮参り、紅葉狩りなどで詣でる機会が多いので、ここ数年は氏神様である「多太神社」へ詣っている。

 道すがら、もう咲き始めた梅の花?、いや木肌を見ると「寒桜」か。その鮮やかなピンクが初詣に向かう目を止めさせた。

simone11_bytinksi-922x423
 さて、新春ボーカルは、オーストリア出身のジャズ・シンガー、「シモーネ・コップマイヤー/Simone Kopmajer」。「シモーネ」という名で、「ヴィーナス・レコード」からデビューした頃はその初々しい色気を感じさせるJAZZYな歌唱に結構惹かれていたが、レーベルの企画でしょう、ハワイアン、クラシックなどちょっと私が求める「JAZZYさ」と違った方向に行ったので、最近のアルバムは聴かなくなっていた。そこへ、風呂井戸さんよりこの新譜、「Spotlights on Jazz」(2018)を紹介された。ヴィーナスとは別のレーベルからのリリースであり、タイトルが示すように、ジャズ・スタンダードにスポットライトを当てたアルバム。馴染みのない曲が多いようだが、そこに彼女本来の持ち味である「王道のJAZZYさ(変な言葉ですが)」を感じる。デビューから15年、円熟味を増したいま、初心に帰ったというところか。そして、デビュー当時感じたあのキュートさは余韻のように残っている ・・・。新春からあったかいボーカルに包まれていい気分で乾杯。

61MYZPkV-1L__SL1200_
    
SPOTLIGHT ON JAZZ
SIMONE KOPMAJER/シモーネ・コップマイヤー
MOLUR


       
      

 アルバムの多くの曲がYOUTUBEにアップされています。その中からいくつかを ・・・。
  

「Simone Kopmajer & Band – Spotlight」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

「YOU DON´T CALL ME – Simone Kopmajer」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

「Mood Indigo – Simone Kopmajer」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

「Poinciana · Simone Kopmajer」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video


「Stompin’ at the Savoy – Simone Kopmajer」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

     

     

年越しにはちょっと早いが蕎麦を喰う

Tags: , ,

DSCN1744
DSCN1745
 年越しにはまだちょっと早いが、住んでいる団地内にある蕎麦屋で蕎麦を喰う。この蕎麦屋、けっこう美味しい蕎麦を食わせてくれる。この日はもちろん新蕎麦で、富山県産の蕎麦粉を使った十割蕎麦で「粗挽き田舎蕎麦」を食す。

 いつもこの蕎麦屋はBGMにジャズが流れているが、この日は懐かしいビ・バップを’80年代に復活させ大ヒットさせたバンド、「マンハッタン・ジャズ・クインテット/Manhattan Jazz Quintet」。学生時代に聴いた懐かしいジャズを再び聴けるということで、結構MJQに夢中になって、CDを買ったりコンサートに行ったものである。

1130_981_DM
 ということで、今宵は、「マンハッタン・ジャズ・クインテット」。「デヴィッド・マシューズ/David Matthews」を中心に結成され、1984年にアルバム、「マンハッタン・ジャズ・クインテット」でデビュー。元々は「スイングジャーナル」誌と「キングレコード」の発案によるプロジェクトだったそうだ。日本向けに結成されただけに、毎年のように来日しており、とりわけ「デヴィッド・マシューズ」は大の親日家で、日本語での会話はもちろん、ひらがな、カタカナの読み書きもお手のもので、来日は80回を超えるという。私も現役時代、貸切で同席はできなかったが、ご贔屓にしていた北新地のジャズ・バーで出会ったことがある。趣味はセイリングで、そのため、彼のトレードマークであるキャプテン・ハットはそれに由来しているという。

 1987年に行われた中野サンプラザ・ホールでのライブがYOUTUBEにアップされていた。このライブは、「マイ・フェイバリット・シングス/My Favorite Things: Live In Tokyo」(1987年)というタイトルで、CDでもリリースされている。

51yDYyU+C9L
     
マイ・フェイバリット・シングス/My Favorite Things: Live In Tokyo
マンハッタン・ジャズ・クインテット/Manhattan Jazz Quintet
キングレコード


       
      

 パーソネルは、「デヴィッド・マシューズ/David Matthews(Piano)」、「ジョージ・ヤング/George Young (Tenor Saxophone)」、「ルー・ソロフ/Lew Soloff(Trumpet)」、「エディ・ゴメス/Eddie Gomez(Bass)」、「スティーヴ・ガッド/Steve Gadd(Drums)」。ベースが、結成当初のメンバー、「チャーネット・モフェット/Charnett Moffett」から、「エディ・ゴメス」に代わっている。

 アルバムとは曲順などが変わっていて、
00:00 — Big Apple Jam
08:20 — Recado Bass Nova
17:00 — My Favorite Things
26:12 — No Groovin’ Allowed
34:52 — [Introduction of band members]
35:59 — You’d Be So Nice To Come Home Too
41:28 — The Sidewinder
51:50 — Autumn Leaves


「Manhattan Jazz Quintet Tokyo 87 – S.Gadd,E.Gomez,L.Soloff,D.Matthews,G.Young 」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
     

    

年が明けるまでにしておかねばならないことを片付ける

Tags: , ,

DSCN1707
 何年ぶりだろうか、妻に頼まれていた障子の張替え、玄関周りの清掃、家具の修繕、蛍光灯の取替え、雪のたよりも聞こえてきたので冬タイヤへ交換と洗車、e-taxに必要なID、PWの取得、年賀状・クリスマス・カードの投函など、年が明けるまでにしておかねばならないことを大急ぎで片付ける。最近は、とりたてて大掃除はしないが、正月を迎える前に、家の掃除や片付けをしたり、生活に区切りをつけたり、見直しをすることは、日本古来のいい習慣には違いない。残るはミニ門松の製作だが、これは時間があるので、もう少し後で ・・・。

 今宵の曲、「Fixing A Hole」。1967年に発表された「ビートルズ/The Beatles」のアルバム、「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド/Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band」に収録された曲。

 この曲は直訳すると「穴を修理する」となるが、スラング読みだと「(覚せい剤などの)液体の麻薬を注射した跡」となってしまうため、BBCでは放送禁止に指定されてしまったというエピソードを持つという。ポールはこの曲の意味を「雨漏りする屋根を直す」という意味で、「考えを変えない」と言う意味の比喩だと言っているという。

【 Fixing A Hole 】  by John Lennon, Paul McCartney

「♪ I’m fixing a hole where the rain gets in  僕は雨漏りがする穴を直している
  And stops my mind from wandering    漏れた雨がどこに行くかなんて
  Where it will go               考えはしない

  I’m filling the cracks that ran through the door ドアのひび割れを直しながら
  And kept my mind from wandering    このひび割れがどこまで続いているのかなんて
  Where it will go                考えはしない

  And it really doesn’t matter          僕が正しいか間違っているかなんて
         if I’m wrong I’m right       そんなことは問題じゃない
  Where I belong I’m right           どこにいたって僕が正しい
  Where I belong.                どこに居てもね

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・     ・・・・・・・・・・・・・・   ♪」

 「コニー・エヴィンソン/Connie Evingson」の歌唱で。この人器用な歌手で、スタンダード、ラテン、ボッサから「ビートルズ」まで、なんでも上手にこなす。アルバムは、「Let It Be Jazz: Connie Evingson Sings the Beatles」(2003)から。

 Let It Be Jazz-Connie Evingson Sings the Beatles

 Connie Evingson / CD Baby

「Fixing a Hole – Connie Evingson (Sings the Beatles) 」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 ご本家も。

61YaArc852L
     
サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド/Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band
ザ・ビートルズ
ユニバーサルミュージック


      
         

   
「The Beatles – Fixing a Hole」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

    

    

年に一度の生存報告と思って ・・・

Tags: , ,

2019年賀状写真
 年賀状を書く時期となった。この時期「喪中欠礼」のハガキも多く届く。今までは「親が亡くなったので」というのが多かったが、ここ何年か前から、年賀状を取り交わしていた友人、知人、その本人が亡くなり、家族からの「喪中欠礼」の便りが増えてきた。なんとも寂しいかぎりである。この歳になると年賀状が、年一度の生存報告になりつつあるのだ。まあ、それもよかろうと、私は、森林ボランティア、炭焼きなどのこと、妻は、二人目の孫の誕生、ミニ家庭菜園での野菜作りの忙しい毎日、育てている「ヒオウギ(檜扇)」が、やっと咲いたことなど、日頃の生活ぶりを写真に書き添えて、年賀状づくりを終えた。

Trio-presse
 さて、今宵の曲、まず、女性3人のジャズ・ピアノ・トリオ、「Sophisticated Ladies」の演奏で、「The Letter」から。「寺島靖国」氏のシリーズ、「Jazz Bar 2011」(2011)からであるが、オリジナルは、「To You」(録音1995年、リリース2013年)。

 「ソフィスティケイテッド・レディズ/Sophisticated Ladies」。「デューク・エリントン/Duke Ellington」の有名な曲をバンド名にした、デンマークはコペンハーゲンを中心に活動するピアノ・トリオ。元々はトロンボーンも加えた、カルテットだったらしいが、形をピアノ・トリオに変え、2017年に結成30年を迎えたという。写真から想像するに、結構なお歳の「ばあばバンド」のようだが、年齢を感じさせない美メロ。パーソネルは、「マリー・ルイーズ・シュミット/Marie Louise Schmidt(p)」を中心に、「Helle Marstrand(b)」、「Benita Haastrup(ds)」。

71mADZ5dxWL__SL1064_
   

JAZZ BAR 2011 Compilation
V.A.(寺島靖国)
寺島レコ-ト゛


         
        

41ctr7KhmiL
    
To You
Sophisticated Ladies
Music Mecca


       
       

     
「The Letter ー Sophisticated Ladies」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 同名異曲ですが、もうひとつの「The Letter」。歌唱は「エヴァ・キャシディ/Eva Cassidy」。1996年1月3日、ワシントンDCにある老舗のジャズクラブ、「Blues Alley」での最後の絶唱をすべて収録した追悼盤、「Nightbird」(2015)にも収録されているが、アルバム、「Time After Time」(2000)から。

【 The Letter 】  by Wayne Carson Thompson

「♪ Send me a ticket for an airplane    エアチケットを送ってよ
  I ain’t got time to take a fast train    一番速い列車でも待ちきれないわ
  Lonely days are gone I’m coming home  寂しい日々とはおさらばよ 家へ帰るの
  My baby wrote me a letter         だってあの人が手紙をくれたから

  I don’t care how much I got to spend   今までの日々なんてもうどうでもいい
  I gotta get back to my baby again     あの人の元に帰るんだから
  Lonely days are gone I’m coming home  寂しい日々とはおさらばよ 家へ帰るの
  My baby wrote me a letter         だってあの人が手紙をくれたから

  Well he wrote me a letter said       彼ってこんなふうに書いてきたの
  He couldn’t live without me no more     君がいなくちゃやっていけないって
  Oh listen mister can’t you see I gotta get back ねえ聞いて 私は帰るのよ
  To my baby once more anyway        なにがあってもあの人のもとへ

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・     ・・・・・・・・・・・・・・・  ♪」

51kmW-vxrEL
     
Nightbird
Eva Cassidy
BLIX


     
     

51lIpA7vyKL
   
Time After Time
Eva Cassidy
Blix Street


       
       

    
「Eva Cassidy – The Letter」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
     

   

百日を祝うお食い初め

Tags: , , , ,

DSC_0026 (2)
 近所の和食ファミレスで二人目の孫の「お食い初め」の宴。「百日祝い」ともよばれる「お食い初め」、献立は作法通り、一汁三菜で、鯛、赤飯、お吸い物、煮物、香の物、歯固めの石が用意されている。これには赤ちゃんが生きてゆくうえで必要な食材として、穀物、海のもの、山のもの、飲み物、塩を与えるという意味、お祝いごとを祝い、邪気を払うと同時に、吸う力が強くなるように願ったり、赤ちゃんに丈夫な歯が生まれることを願うためのものだという。

 もちろん、自分が「お食い初め」をしてもらったかどうかは、親からは聞いていないが、時期とすれば、敗戦の翌年の6月、とてもそんな余裕があったとは思われない。二組のじじ、ばば、父と母、姉に囲まれて祝ってもらえるなんて、君はなんて幸せ者なんだ。こう語りかけると小さな手が、ぐっと握り返してきた。

 君に贈る最初の歌は、「I Was Born To Love You」。たしか11月24日が命日だった、「クイーン/Queen」のボーカル、「フレディ・マーキュリー/Freddie Mercury」の曲。今、映画「ボヘミアン・ラプソディ」が大ヒットしているという。歌うのは、「タック&パティ/Tuck & Patti」。アメリカのジャズ・デュオ。ギター担当の「タック・アンドレス/Tuck Andress」と、ボーカル担当の「パティ・キャスカート/Patti Cathcart」の二人。デビューは、1988年。

b0102572_22191948
 1978年、スタジオ・ミュージシャンとして活動していた「タック・アンドレス/Tuck Andress」と、当時は無名のシンガーだった「パティ・キャスカート/Patti Cathcart」が、オーディションで出会って、意気投合したという。翌年にデュオが結成され、さらに二人は1981年に結婚した。デビュー前からライブの上手さが話題となり、その後「ウィンダム・ヒル・レコード/Windham Hill Records」と契約して、アルバム、「ティアーズ・オブ・ジョイ/Tears of Joy」(1988年)でデビュー。現在まで多くのアルバムをリリースしている。

 「I Was Born To Love You」が収録されてるアルバムは、「愛の贈り物~ギフト・オブ・ラヴ/Gift Of Love」(2003)。バレンタイン・ディに合わせて、日本のレコード会社からのオファーで作ったバラードを中心としたラブ・ソング・アルバムだという。

【 I Was Born To Love You 】  by Freddie Mercury

「♪ I was born to love you         俺は生まれた 君を愛するために
  With every single beat of my heart    俺の心のビート、一拍一拍のすべてをかけて
  Yes, I was born to take care of you, ha  そうさ 俺は君を守るために生まれてきたんだ
  Every single day…            一日一日すべての日をかけて
  Alright, hey hey             そうなんだぜ ヘイ、ヘイ

  I was born to love you         俺は生まれた 君を愛するために
  With every single beat of my heart   俺の心のビート、一拍一拍のすべてをかけて
  Yes, I was born to take care of you   そうさ 俺は君を守るために生まれてきたんだ
  Every single day of my life       俺の人生すべての日をかけて

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・    ・・・・・・・・・・・・・・   ♪」
  

61fat++lsjL__SS500
   

愛の贈り物~ギフト・オブ・ラヴ/Gift Of Love
タック&パティ/Tuck & Patti
Universal Music LLC


        
      

 
「Tuck & Patti – I was born to love you」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 そして、この愛のデュオ、もう一曲は、「One Hand, One Heart」。ミュージカル映画不朽の名作、「ウエスト・サイド物語/West Side Story」(1961)の挿入歌。「レナード・バーンスタイン/Leonard Bernstein」作曲、「スティーヴン・ソンドハイム/Stephen Sondheim」作詞。

images2GBHRA8H
 周囲に結婚を認めてもらえないトニーとマリア。マリアの働くブライダル・ショップの結婚衣装の展示室で、トニーとマリアは、マネキンを両親や介添え人に見立て、結婚式の真似事を始め、ウエディング・ヴェールを被った二人は、口づけを交わし永遠の愛を誓うというシーンで歌われた曲。

【 One Hand, One Heart 】  by Leonard Bernstein , Stephen Sondheim

「♪ Make of our hands one hand  ふたりの手を ひとつの手に
  Make of our hearts one heart  ふたりの心を ひとつの心に
  Make of our vows one last vow: ふたりで誓うのは これが最後の誓い
  Only death will part us now   死のみが ふたりを分かつ

  Make of our lives one life    ふたりの人生を ひとつの人生に
  Day after day, one life     来る日も来る日も 同じ人生を一緒に歩む

  Now it begins, now we start   今から始まる ふたりの人生が
  One hand, one heart;      ひとつの手と ひとつの心で
  Even death won’t part us now  いまや 死さえもふたりを分けることはできない

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・    ・・・・・・・・・・・・・・   ♪」

519VW0TDY0L
    

ドリーム /Dream
タック&パティ/Tuck & Patti
BMG JAPAN


        
        

「TUCK&PATTI – ONE HAND, ONE HEART」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
      

     

今年は長雨で黒枝豆は不作というので

Tags: , ,

DSCN1190
DSCN1187
 朝から快晴。一昨日、信州・松本へ日帰りの弾丸帰省をしたばかりであるが、丹波篠山まで出かけようと思い立つ。丹波篠山は、10月初旬、今年は5日からが「黒枝豆」の販売の解禁日。毎年、知人へ贈る分と我が家分とを、ドライブを兼ねて、丹波篠山の老舗の「小田垣商店」で買い求め、発送の手続きをしている。しかし今年は、夏の長雨、台風で生育状態が悪く、品薄になっていると報じられていたため、知人へ贈る「黒枝豆」は事前に発送依頼を済ませ、我が家の分をどうしようかと思っていたが、朝から快晴で、休日のため、渋滞や混雑も予想されたが、手に入れやすいうちにと、出かけろことにした。毎年通っているルート、渋滞が予想されるルートや時間帯は避け、「黒枝豆」と「丹波栗」を購入するという目的のみに徹してのドライブ。帰りは、篠山をめざす車の渋滞の列を尻目に、午前中に帰宅。

 鉄道や高速道路から外れたため、古い商家や、城跡、武家屋敷が残る篠山の町並みは、故郷、松本に似た雰囲気を感じさせ、いつ訪れても、懐かしさを感じさせ、ホッとする町である。

 丹波連山の向こうに広がる青空を見て、思い出した曲は、大昔、家にあった「電蓄」、「電気蓄音機」で母親が時々かけていた、「アルフレッド・ハウゼ楽団/Alfred Hause And His Tango Orchestra」の「碧空/Blauer Himmel」。まだLPレコードはなく、78回転のSPレコードだった。

51X4mtUsDML
     
アルフレッド・ハウゼ
アルフレッド・ハウゼ/ALFRED HAUSE AND HIS TANGO ORCHESTRA
ユニバーサル ミュージック株式会社


      
       

「碧空/Blauer Himmel ー アルフレッド・ハウゼ楽団」
 
       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

       

     



© 2009 JAZZYな生活. All Rights Reserved.

This blog is powered by the Wordpress platform and to just Go Beach Rental.