JAZZYな生活

プレミアムエイジ ジョインブログ

ふるさとの葡萄を懐かしむ

Tags: , ,

DSCN8478
 店先にたくさんの葡萄が並んでいる。葡萄の季節。信州の実家の周辺には、林檎畑と並んで多くの葡萄畑がある。本格的なワイナリーも ・・・。両親が健在だった頃は、この季節になると、ふるさと山辺の甘い葡萄がたくさん届いた。極上の美味。それも昔の話になってしまった。知らず知らずのうちに、店先で葡萄の産地を確認する私。

 「ダイアナ・クラール/Diana Krall」の歌に、「Peel Me A Grape(葡萄を剥いて)」という歌がある。「ブロッサム・ディアリー/」に楽曲提供をするなど、コンポーザー兼ピアニストとして知られるジャズ・ピアニスト、「デイヴ・フリッシュバーグ/Dave Frishberg」の作詞・作曲になる。 

 「葡萄を剥いて」から始まって、「コークを頂戴、ナッツを剥いて、ワインを冷やして、クラブを茹でて、薔薇の花を伐って ・・・」、次から次へとおねだりを繰り出してくるわがまま娘?の歌。こんなツンデレ娘、いそうですね、近くに ・・・。

【 Peel Me A Grape 】   by Dave Frishberg

「♪ Peel me a grape, crush me some ice       葡萄を剥いて そして氷も用意してね
  Skin me a peach, save the fuzz for my pillow  桃も剥いてよ 枕のケバをむしらないで
  Start me a smoke, talk to me nice    煙草を吸わせて、ちょっと素敵に話しかけてみて
  You’ve got to wine and dine me        私をワインで酔わせご馳走してくれたわね

  Don’t try to fool me, bejewel me    私をからかわないで、宝石が欲しいわ
  Either amuse me or lose me      楽しませてくれないなら さよならよ
  I’m getting hungry, peel me a grape  お腹がペコペコよ、葡萄を剥いて頂戴よ

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・    ・・・・・・・・・・・・・・・・   ♪」

 「ダイアナ・クラール/Diana Krall」。私にとって、彼女が最も輝いていた頃の4作目のアルバム、「ラヴ・シーン/Love Scenes」(1997)から。

Love Scenes

Diana Krall / Grp Records

 ニューポート・ジャズ・フェスティバルのライブ・バージョンで。

「Diana Krall – Peel Me A Grape (Newport Jazz Festival)」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

  

  

母の詠みし花々

Tags: , ,

DSCN8041

 ウォーキングの道筋にある雑草に埋もれた古き道標。先日の弾丸帰省、実家の周辺にあるいくつかの野の仏や道祖神を思い出させる。初夏。実家の庭には、母が趣味で歌に詠んだ花のいくつかが咲いていた。

b0102572_16265062

  初咲きの間近き蕾むらさきの色滲ませりミヤコワスレは

  石賣りのたくましき男ひと株の赤きなでしこ呉れと持ちゆく

DSC_0627

  たちまちに白馬乗鞍かき消して水芭蕉たたき走り雨ゆく

  ためらひて花瓶のバラを捨つる手にはらはらと散る心あるがに
 

0948946a5f4d73fb948b3473f8073290

 今宵は、「バーデン・パウエル/Baden Powell」のギター。「バーデン・パウエル(1937年 – 2000年)は、ブラジルの音楽家、またブラジル音楽のギター奏者、作曲家。最初、ヴァイオリンを習っていたが、4歳の頃、ギターに転向。8歳の頃から正統派ブラジル古典音楽の教育を受け始めたという。10代の頃は、エスコーラに所属し、また15歳でナイト・クラブで演奏を始めたりと、ギタリストとしての腕を上げていく。

 19歳で作曲した「悲しみのサンバ/Samba Triste(サンバ・トリスチ)」がヒットし、一躍有名となる。24歳の頃、「ヴィニシウス・ヂ・モライス/Vinicius de Moraes」と出会い、その後アルバム作りや、「クロード・ルルーシュ/Claude Lelouch」監督の映画、「男と女/原題;Un homme et une femme」(1966年制作)のサウンドの製作などで共作を持つ。

1006819535

 1967年にベルリンで開催されたGuitarworkshopでは、楽曲に対するその独特のアプローチと奏法で聴衆の度肝を抜き、その名がヨーロッパ中に知れ渡ることとなる。70年代にはヨーロッパに活動の拠点を移し、「ヴィニシウス・ヂ・モライス」と産みだした土着的宗教をテーマとした世界観やブラジル民謡、バッハなどクラシックを取り入れた作曲をさらに追求し、ボサノヴァの範疇に納まらないギター奏者として活躍する。(Wikipediaより)

 最初聴いたときは、クラシックギター1本から繰り出される、機関銃のような速弾きにびっくりしたものです。

 ボサ・ノヴァの偉大な詩人「ヴィニシウス・ヂ・モライス」へのトリビュート作「Poema on Guitar」(1968)からいくつか ・・・。

ポエマ・オン・ギター

バーデン・パウエル / ユニバーサル ミュージック クラシック

「Baden Powell – Reza(祈り)」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

「Baden Powell – Samba Triste(悲しみのサンバ)」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

「Baden Powell – Consolacao」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
  

  

続々・私の中の原風景 ~ 昔から変わらない風景と ・・・ ~

Tags: , ,

DSC_0661
DSC_0651

 鎮守の社へと続く上り坂の参道。古民家。参道の端には道祖神が結界として置かれている。家の横には代々の先祖の奥津城があり、墓を覆うように桜の古木が枝を広げ、地蔵堂が祀られている。私が子供であったころから、この風景は大きくは変わっていないのだろう。だから私の中の原風景として存在している。

DSC_0644
DSC_0676

 葡萄園では葡萄の「芽かき」が始まっている。芽を摘んで、芽数を制限することにより、残された新梢への養分の分配を高めると共に、棚面の明るさを保ち品質、収量を安定したものにすることが出来るという。作業を行っているのは若い女性3人と気づく。真っ赤なフォルクス・ワーゲンで園まで来ているようだ。果樹の栽培に携わる若い世代が増えてきたということだろうか。

 この地域独特の様式を持つ民家も、最近はめっきり減ってしまった。代替わりとともに新築される家は都会と変わらない外観と機能を持つ家。しかも、日照時間の長いこの地方のためか、ほとんどの新築の家の屋根には、太陽電池が設置されている。変わらないようで少しづつ変わっている日々の暮らし。 

DSC_0667

 地元の特産品を売るマーケットで「炭」を見つけた。思い出してみれば、子供の頃は、燃料といえば、薪と炭。今、実家があるあたりに村から炭を売りに来ていた。「堅炭」とあるから、多分、「備長炭」に代表される「白炭」であろう。私と同じ年頃の10人ぐらいで焼いているようだ。実家の近くにも、伝統の技術を保存しようとしている同好の士がいる。嬉しいことである。この燃料に関しては「燃料革命」と呼ばれるほど、大きく変わってしまった。

b0102572_092137

 私の中の原風景を印象づけるような曲を紹介しているが、今宵は、「トルド・グスタフセン/Tord Gustavsen」。もう何回もこのブログで取り上げているノルウェー出身のジャズ・ピアニスト。ECMからリリースされた、「Changing Places」(2003)、「The Ground」(2004)に続くのトリオ3部作の最後を飾る「Being There」(2007)に収められ、私が彼を知ることとなった最初の曲「At Home」を ・・・。

 パーソネルは、「トルド・グスタフセン(p)」、「ハラルド・ヨンセン/Harald Johnsen (b)」、「ヤーレ・ヴェスペスタ/Jarle Vespestad (ds)」。2006年12月オスロ、レインボウ・スタジオにて録音。

Being There

Tord Gustavsen Trio / ECM

「At Home – Tord Gustavsen Trio」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 タイトル曲、「Being There」も。「そこに存在する」という意味でしょうか。アンサンブルの演奏のようです。

「Tord Gustavsen Ensemble -  Being There」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
  

  
  

生い茂る雑草にも負けずに

Tags: , ,

アヤメ2
カルミア(アメリカシャクナゲ)
フウロソウ(ゲンノショウコ)

 久しぶりの弾丸帰省。目的は実家の整理と雑草抜き。150坪近くある庭。「ハルジオン(春紫菀)」、「ヒメジョオン(姫女菀)」でしょうか、それと「カラスノエンドウ(烏野豌豆)」、別名「ヤハズエンドウ(矢筈豌豆)」などが一面に生い茂っている。手だけで抜くには、時間的にも体力的にもとても無理なので、電動の草刈り機を併せて使う。本当は根っこまで抜かないと根本的な対策にならないのだが ・・・。

 母親が好きだった花のいくつかは、雑草にも負けず、美しい花を咲かせていた。「アヤメ(菖蒲、文目、綾目)」、「カルミア(アメリカシャクナゲ)」。そして、「フウロソウ(風露草)」でしょうか。和歌を詠んでいた母親好みの美しい名前であるが、一般に、下痢止めの生薬として用いられている「ゲンノショウコ(現の証拠)」だと聞くとちょっとゲンナリ。

 今日は朝から、妻待望の雨が降っている。ということで、今宵の曲は、「Here’s That Rainy Day」をピアノで。1953年、ブロードウェイ・ミュージカルのために、「ジミー・ヴァン・ヒューゼン/Jimmy Van Heusen」作曲、「ジョニー・バーク/Johnny Burke」 作詞されたスタンダード。かの「ビル・エヴァンス/Bill Evans」によるソロとトリオの演奏で聴き比べてみましょうか。

 まずはソロ・ピアノ、アルバムは「Alone」(1968年9月、10月録音)から。

Alone

Bill Evans / Universal Jazz

「Bill Evans – Here’s That Rainy Day (Verve Records 1968) 」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 もうひとつの演奏は、「Alone」と同じ年のほぼ同じ時期の10月に、マンハッタンのグリニッチ・ヴィレッジにあった有名なジャズ・クラブ、「ヴィレッジ・ゲイト/The Village Gate」の2 階にあった「トップ・オブ・ザ・ゲイト/Top of the Gate」でのライヴ録音アルバム、「Bill Evan Live at Top Of The Gate」から。パーソネルは、エヴァンスのほか、「エディ・ゴメス/Eddie Gomez(b)」、「マーティ・モレル/Marty Morell (ds)」。

ライブ・アット・トップ・オブ・ザ・ゲイト (Live at Top of the Gate) [2CD] [日本語帯・解説付/輸入盤]

ビル・エヴァンス / Resonance Records / King International


「BILL EVANS – Here’s That Rainy Day」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

  

  

続・私の中の原風景 ~ 野の仏 鎮守の森 祭りの記憶 ~

Tags: , , ,

DSC_0663
DSC_0633
DSC_0656

 帰省しても日課のウォーキングをできるだけするようにしている。実家付近にもお気に入りのコースがいくつかあって、今回のような空気が澄んで、天気のいい日は、林檎園、葡萄園からの北アルプス眺望を満喫し、道祖神、六地蔵、馬頭観音などの野の仏に会釈、鎮守の社に参拝。そして山辺葡萄のワイナリー、そこに併設されている地元の農産物を売る市場を回るコース。

DSC_0665

 今回のコースにある鎮守の社は違うが、ほかのコースにある近辺のいくつかの神社は、諏訪の「諏訪大社」の末社であり、それゆえ全国的に有名な「諏訪大社」の「御柱祭り」より1年遅れて、各末社で「御柱祭り」が行われる。山から御柱になる木を伐り出し、里まで下ろし、村内を引き回すという「諏訪大社」と同じ神事である。今年の4月末から5月にかけてが、ちょうどその日であった。そんな祭りへの協力のお礼が市場に貼ってあり、多分もう何百年と続いている「御柱祭り」と地元との結び付きの強さと同時に、やはり過疎化により実施が難しくなっていることも感じる。しかし、7年に一回の祭り、なかなか帰省とタイミングが合わず、わたしも過去3回ほどしか見たことがない。

 蛇足であるが、松本近辺は諏訪大社の影響下にあり、武田氏が諏訪を手中に収めると同時に松本も武田支配となった。そんなことが上杉支配の北信・長野地方との長い間の長野県における「南北戦争」の地政学的な原因となっている。

 そんな今も連綿と続いている歴史、信仰に根付く生活を実感するウォーキング。そんないつもと全く違うウォーキングも楽しい。

studio2_1920x1080

 さて、今宵のピアノトリオは、「トリオセンス/Triosence」。なにかお笑いグループのような名前であるが、「ベルンハルト・シューラー/Bernhard Schüler (piano)」、「Matthias Nowak/マティアス・ノヴァク(bass)」、「ステファン・エーミッヒ/Stephan Emig (drums)」によって1999年に結成されたドイツのピアノ・トリオ・ユニット。

 哀愁の美メロとリリシズム、そして心地良いドライブ感、アルバム、「First Enchantment」(2002)で衝撃デビューした新星ユーロ・ピアニズム。牧歌的なジャケットのアルバムが多いが、その一つ、「When You Come Home」(2008)からいくつか。

When You Come Home

Triosence / Sony Bmg Europe

「Triosence - Recording of triosence When You Come Home in Oslo」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

「Triosence – a far off place」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

「Little Romance – Triosence」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
  

  

私の中の原風景 ~ 清冽なる峰々の連なり ~

Tags: , ,

DSC_0649
DSC_0641
DSC_0654
DSC_0634

 今回が最後になるかも知れない実家への弾丸帰省。雑草刈りと遺品などの整理をやっと終えた。前日は雨だったらしく、空気が澄んで、いつもにまして北アルプスの峰々がくっきりと見える。この峰々を見ると帰省したという実感が湧く。

 南の乗鞍岳から始まって、肩にちょんと槍ヶ岳を覗かせる象徴的な形の常念岳、大天井岳、燕岳、有明山にいたる、地元では西山と呼んでいた北アルプスのスカイラインの全容と、手前の斜面に広がる林檎畑、葡萄畑、蕎麦畑。今はビルの中に埋没してしまったが、昔は遠くからでもひときわ目立つ松本城。これがずっと心に焼き付けられている「私の原風景」である。残雪が残り、空気が澄んでいるので、遠くからでも多くの雪形が確認できるくらい清冽な、この季節の山並みが一番好きである。でも、実を言うと登りたいと思ったことはないのである。

 故郷・松本で過ごしたのは18歳まで。そのあとの50年余は、仙台、大阪、兵庫と移り住んだが、目を閉じれば浮かぶのはこの光景である。今の実家に両親が移ったのは、私が松本を離れてからであるが、私は少し離れた場所で育ち、厳密に言えば、日常生活の風景ではなかったが、もっとも松本らしい風景であり、帰省のたびにこの風景が、心に染み込んでいった。それほどまでに心に刷り込まれた原風景。朝2時間ほどかけてゆっくりと歩き、目に焼き付けてきた。

helge003

 今宵のピアノ。清冽なる原風景にも通ずるような北欧ジャズ・ピアノを。ノルウェーのピアニスト、「ヘルゲ・リエン/Helge Lien」。

 「ヘルゲ・リエン」。ノルウェーを代表するピアニスト。1975年、ノルウェイ生まれの42歳。最初に音楽的影響を受けたのが、「ピンク・フロイド/Pink Floyd」だという。16歳でクラシックを志したが、「オスカー・ピーターソン/Oscar Peterson」を聴いて、JAZZの世界に。最初、ピアノ+チューバ+サックスという変則トリオを立ち上げるも、それと時期を同じくして、標準的編成のピアノ・トリオ、「ヘルゲ・リエン・トリオ」も立ち上げたという。

 そんな彼のトリオのアルバムに、日本語のタイトルをつけたアルバムがある。「Natsukashii」(2011)。「懐かしい」、そのまんまである。上の写真のバックに流れていたとしても、全く違和感はない。

 タイトル曲、「Natsukashii (懐かしい)」、「Hymne(聖歌)」、「Meles Meles」の3曲を ・・・。パーソネルは、「Helge Lien;piano」、「フローデ・ベルグ/Frode Berg;bass」、「クヌート・オーレフィアール/Knut Aalefjaer;drums」。録音は、2010年9月。

Natsukashii

Helge Lien / Ozella Music

「Helge Lien Trio – Natsukashii (懐かしい)」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

「Helge Lien Trio – Hymne (Til Jarl Åsvik)」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

「Helge Lien Trio – Meles Meles」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
  

  

主なき庭にも秋は深まる

Tags: , ,

dscn2334
dscn2310

やはり寒いんですね、信州は ・・・。実家の冬支度に訪れた松本の朝は10°Cを下回っているので、朝晩はストーブを欠かせない。主なき庭にもちゃんと季節は訪れるもので、もみじはもう真っ赤に色付いている。しかし、艶やかな紅葉よりも、この庭には、病葉が似つかわしい。2時間ほどかけて、植木の枝を落としたり、雑草を刈り込んだ。10年ほど前に亡くなった親父が丹精込めた庭であったが、母親も亡くなった今は、雑草が伸びるに任せた状態で、年に数回の手入れではとても雑草に勝てるべくもない。なかなか手入れだけに訪れるのも難しく、決心をしなくてはならない時期にきている。

b0102572_1723343

ぶらっと実家の界隈を散歩してみたら、近所にひろがる林檎園の林檎は、大きく実り、もうすぐ出荷の時期を迎えるので、真っ赤に色づいていた。林檎の出荷の季節を迎えれば、もうすぐ木枯らしが吹き始める。この地域のあちらこちらにある道祖神も、なんとなく寒そうに見える。こんな道祖神のある光景が大好きなのだが、また来年の春までしばらく来れそうにない。

tierney-sutton-band-2

  

さて、「ティアニー・サットン/Tierney Sutton」である。しばらく新譜のリリースがなかったが、この9月にリリースされたのが、おなじみの鉄壁トリオを従えてのアルバム、「The Sting Variations」。「スティング/Sting」の世界を映し出す。相変わらずのアレンジの冴え、クリアな歌声に酔う。パーソネルは、ティアニーのほか、「クリスチャン・ジェイコブ/Christian Jacob(piano)」、「ケヴィン・アクスト/Kevin Axt(bass)」、「レイ・ブリンカー/Ray Brinker(drums/percussion)」。

STING VARIATIONS

TIERNEY SUTTON BAND / BFMJA

最新アルバムから、「スティング」の代表作のカバーを2曲。


「Tierney Sutton Band - Fragile/The Gentle Rain」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

「Tierney Sutton Band - Fields of Gold」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

b32352068aaf02f3

それから、もう一つ最新の彼女の歌声がありました。「クリント・イーストウッド/Clint Eastwood」監督の最新作、「トム・ハンクス/Tom Hanks」主演の映画、「ハドソン川の奇跡/原題;SULLY」の主題歌を歌っています。タイトル、「Sully」は、モデルとなった主人公、「チェズレイ・サレンバーガー/Chesley Burnett “Sully” Sullenberger III」機長の愛称。

  
  
  
  
  
  

「Flying Home (Sully’s Theme)/Soundtrack - The Tierney Sutton Band」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

予告編も ・・・。

映画『ハドソン川の奇跡』予告編

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
  

  

愛でる人もいなくなった庭だが、いつものように秋の花は咲く

Tags: , ,

dscn2309
dscn2306
dscn2337

もう愛でる人もなくなった実家の庭にも、そしてご近所の庭にもいつものように秋の花は咲く。一足先に紅葉も始まり、ふるさと松本は秋が深まっていくというより、冬に向かって一気に加速してゆく感じ。

tierney-sutton-band-3

前回に続いて取り上げる「ティアニー・サットン/Tierney Sutton」のアルバムは、17年近く共に活動を続けているフランス出身の人気ピアニスト、「クリスチャン・ジェイコブ/Christian Jacob」ら手練れのメンバーとのライブ・アルバム、「I’m With the Band」。「朝日のようにさわやかに」から始まる透明感あふれるヴォーカル・ソロ。「ス・ワンダフル/’S Wonderful」、「チーク・トウ・チーク/Cheek To Cheek」などスタンダードを中心とした構成であるが、いつもの彼女のアルバムのように、斬新なアイディアを盛り込みながらも、本来のメロディを大切にしたアレンジが秀逸。2005年3月、ニューヨークの老舗ジャズクラブ「バードランド/Birdland」でのライブ。

I’m With the Band

Tierney Sutton / Telarc

おなじみのスタンダードを3曲続けて。

「Cheek To Cheek – Tierney Sutton」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

「Tierney Sutton Band - Let’s Face the Music and Dance」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

「The Tierney Sutton Band - East Of The Sun  Live Studio Session」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
  

  

夏仕舞、冬支度

Tags: , ,

dsc_0121

最近、秋が短いと感じる。夏が終われば、ひとっ飛びに冬へ、そんな感じである。久しぶりの弾丸帰省。実家の夏仕舞、冬支度。庭の雑草を刈ったり、無人の家の冬に備えての点検や遺品の最後の整理。そして仏壇を我が家に運ばねばならない。今年最後の帰省となるだろう。

松本を発つ日、実家から見る常念岳は雲の上からわずかに冠雪の頭だけを見せていた。中央道の途中、富士山は見えなかったが、恵那峡SAでは、あの噴火から約2年が過ぎた御獄山がくっきりと姿をみせ、噴煙を上げていた。帰路、気がつくと愛車の走行距離は1万4千kmを超えていた。

tierney-sutton-live-at-anthology-1

TVの契約を解除してしまった実家、もちろんインターネットもないし、スマホも使っていない。たっぷりの夜の時間は本を読み、母親が使っていたCDラジカセで、JAZZボーカルを聴こうと決めていた。ずっと聴いていたのは、私の大のご贔屓の一人、「ティアニー・サットン/Tierney Sutton」。「Jazzy、Not Jazz」路線全盛の女性ジャズ中にあって、正統派ジャズ・ボーカルとして気を吐いているシンガーの一人。

tierneysutton

1963年生まれ。アメリカ、ネブラスカ州オマハ出身。名門ウェズリアン大学で文学を専攻、卒業後バークリー音楽大学に入学。バークリー音楽卒業後は、L.A.を拠点として活動する女性ジャズシンガー。1998年のデビュー以降、12枚のアルバムをリリースしているが、透明感あふれる歌声とずば抜けた歌唱力で3度のグラミー賞ノミネートを誇る。

まず取り上げたアルバムは、4枚目のアルバム、「Something Cool」(2002)。フランス出身の人気ピアニスト、「クリスチャン・ジェイコブ/Christian Jacob」ら17年近く共に活動を続けているメンバーがサポート。そのアレンジの妙、スウィング感、絶妙のスキャット。これぞJAZZボーカル。
 

Something Cool

Tierney SuttonTelarc

1万4千kmを疾駆した愛車に ・・・。

「Tierney Sutton – “Route 66″ – live at Anthology in San Diego」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

亡き母を偲んで ・・・。


「Tierney Sutton – Alone Together」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

タイトル曲、「Something Cool」。いや、いい。

「Tierney Sutton – Something Cool」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
  

  

ふるさとを散策すれば

Tags: , ,

DSCN1670

本日のウォーキングはふるさとで ・・・。

故郷・松本の実家の近くに、「千鹿頭(ちかとう)山」という変わった名前の山があり、その山の尾根に麓の地区の産土神である「千鹿頭神社」がある。「諏訪大社」の近くにも同名の神社があり、この神社も「諏訪大社」と深い関わりがあったようで、同じように、「諏訪大社」より1年遅れではあるが、「諏訪大社」と同じく、神木を建てる御柱大祭が行なわれている。来年がその年にあたっている。

DSCN1672

「千鹿頭」という名前の由来は、「御頭祭」に供される鹿を用意する狩猟の神を祀る神社であったと言われている。そして、興味深いのは、古の社殿は、先の宮にあったが、中世の戦乱によって社殿も焼失し、その後、現在地に移されたと伝えられていて、元和四年(1618年)、当時の松本藩領であった神田村以南の地が諏訪高島藩領に移され、その境界を千鹿頭山の尾根とされた為、現在の位置に松本藩領林村と高島藩領神田村の社殿が二つ建てられたという。確かに社殿は二つ存在している。そして、社殿の周囲には4本の御柱が建っているが、それぞれの村が2本づつ担当しているという。400年以上前の歴史の事実がこんな形で伝えられていることに驚くとともに、散策でそれを発見するという嬉しさもまた感じるのである。

DSCN1671

さて、今宵のピアノ、「Natsukashii(懐かしい)」という日本語のタイトルを持つ、ノルウェイはオスロを中心に活動するトリオ、「ヘルゲ・リエン・トリオ/Helge Lien Trio」のアルバムから。

Helge1-1

1975年、ノルウェイ生まれの41歳。最初に音楽的影響を受けたのが、「ピンク・フロイド/Pink Floyd」だという。16歳でクラシックを志したが、「オスカー・ピーターソン/Oscar Peterson」を聴いて、JAZZの世界に。最初、ピアノ+チューバ+サックスという変則トリオを立ち上げるも、それと時期を同じくして、標準的編成のピアノ・トリオ、「ヘルゲ・リエン・トリオ」も立ち上げたという。デビュー・アルバムは、「What Are You Doing The Rest Of Your Life」(2001)。7作目となる2011年リリースのアルバム、「Natsukashii」 は、ノルウェーのグラミー賞にあたる「Spellemannprisen」にノミネートされたという。

パーソネルは、「Helge Lien(piano)」、「フローデ・バルグ/Frode Berg(bass)」、「クヌート・オーレフィアール/Knut Aalefjaer(drums)」。

懐かしい -NATSUKASHII- (直輸入盤 帯ライナー付 国内仕様)

ヘルゲ・リエン / DISK UNION

日本の自然を紹介する映像のバックに流れていたとしても、全く違和感はないタイトル曲、「Natsukashii」から。

「Helge Lien Trio – Natsukashii」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

「Helge Lien Trio – Hymne (Til Jarl Åsvik) 」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video



© 2009 JAZZYな生活. All Rights Reserved.

This blog is powered by the Wordpress platform and to just Go Beach Rental.