JAZZYな生活

プレミアムエイジ ジョインブログ

巨匠ミシェル・ルグラン逝く

Tags: , ,

98e8e2d4f1
 映画音楽、ジャズ、シャンソン、ミュージカルなど幅広い分野に偉大な功績を残し、「ジャック・ドゥミ/Jacques Demy」監督作品、「シェルブールの雨傘/原題:Les Parapluies de Cherbourg」(1964)、「ロシュフォールの恋人たち/原題:Les Demoiselles de Rochefort」(1967)といったフレンチ・ミュージカル映画の傑作や「華麗なる賭け/原題:The Thomas Crown Affair」(1968)のテーマ曲「風のささやき/Windmills of Your Mind」などの映画音楽を数多く担当し、アカデミー賞にも3度輝いたフランス音楽界の巨匠、「ミシェル・ルグラン/Michel Legrand」が、1月26日パリの自宅で死去した。享年86歳。

title-0001
 1932年2月パリ生まれ。父親は、バンドリーダー、作・編曲者として名を馳せた音楽家。母親は楽譜出版社を経営、姉は歌手という音楽一家。パリ音楽院で音楽を学んだが、この頃からすでに群を抜いて才能を発揮、20歳のときに首席で音楽院を卒業した。卒業後はオーケストラを結成し、バンドリーダー、作曲者として活躍、一躍音楽界で脚光を浴びるようになった。

 1958年には、「マイルス・デイヴィス/Miles Davis」、「ビル・エヴァンス/Bill Evans」、「ジョン・コルトレーン/John Coltrane」ら錚々たるアメリカのジャズ・ミュージシャンを従えたニューヨーク録音のアルバム、「ルグラン・ジャズ/Legrand Jazz」を制作、ジャズ・スタンダードの洒脱さとバップの粋を絶妙なコントラストで表現した、ルグラン流のアレンジで聴かせてくれる名盤は、当時、本場アメリカのジャズマンや批評家からも高く評価された。

 映画音楽は50年代末から担当するようになり、当時の新しい潮流にあった「ヌーヴェル・ヴァーグ/Nouvelle Vague」の一連の作品の音楽を担当した。なかでも大成功を収めたのが、「フランスにはないミュージカルを作る」という企画で、セリフをすべて歌にした「シェルブールの雨傘」。1968年には、「スティーヴ・マックィーン/Steve McQueen」主演のスタイリッシュな犯罪映画「華麗なる賭け」の音楽を制作。イギリスの俳優でシンガー、「ノエル・ハリソン/Noel Harrison」が歌ったテーマ曲「風のささやき」が、大ヒット、その年のアカデミー最優秀歌曲賞を受賞した。これまで半世紀以上にわたり、映画音楽やジャズだけでなく、シャンソン、ミュージカル、クラシック、バレエ音楽といった幅広い分野で作曲家・編曲家・指揮者・演奏家・ヴォーカリストとして活躍し、アカデミー賞、ゴールデングローブ賞、グラミー賞に何度となく輝いた本当のマエストロ、巨匠、「ミシェル・ルグラン」。こんな音楽家は、もう二度と出てこないのでは ・・・。

 合掌 ・・・・・・。

 大好きなルグランの曲を2曲。まずはルグランとも親交があった、「ローラ・フィジィ/Laura Fygi」。フルバンドをバックに小気味よくスウィングする、ロンドンのジャズ・クラブ、「ロニー・スコッツ/Ronnie Scott’s」でのライブ・アルバム、「Laura Fygi at Ronnie Scott’s」(2003)から、「I Will Wait For You」。ベースのイントロと軽快なスウィング感が身震いするほどたまらない。

Laura Fygi at Ronnie Scott’s

Laura Fygi / Verve

「I Will Wait For You – Laura Fygi」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 そして「風のささやき/The Windmills of Your Mind」。今宵は、「スティング/Sting」の歌唱を聴いてみましょうか。「スティング」の歌唱は、1999年公開の「ピアース・ブロスナン/Pierce Brosnan」主演のリメイク版の主題歌として使われている。

【 The Windmills Of Your Mind 】 by Michel Legrand, Alan & Marilyn Bergman

「♪ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  Like a circle in a spiral       まるで螺旋の輪のように      
  Like a wheel within a wheel   まるで車輪の描く輪のように 
  Never ending or beginning,    始まりも、そして終わりもなく
  On an ever spinning wheel    果てしなく回り続ける糸車
  As the images unwind        心のイメージが解き放たれた時
  Like the circles that you find   きみの心に浮かぶ風車の
  In the windmills of your mind   描く輪のように         ♪」

 

 ブラン・ニュー・デイ

 スティング / ユニバーサル インターナショナル


   
「Sting ‎– The Windmills Of Your Mind」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

     

    

たくさんの詩を遺してくれた ~ ノーマン・ギンベル逝く ~

Tags: , ,

A-566915-1235418448_jpeg
 元旦から残念な訃報。

 「ロバータ・フラック/Roberta Flack」の歌唱による「やさしく歌って/Killing Me Softly」の作詞や「イパネマの娘/The Girl From Ipanema」などの英語詞で知られ、「グラミー賞/Grammy Awards」や、「アカデミー賞/Academy Awards」の受賞歴もある「ノーマン・ギンベル/Norman Gimbel」氏が12月19日、カリフォルニア州モンテシートの自宅で死去したと、28日に発表された。1927年、ニューヨーク市ブルックリン区生まれ、91歳だった。

 特にボサノヴァが好きだった私は、彼の英語詩による曲を聴くことが多かった。「イパネマの娘」の他にも、頭に浮かぶのは、「おいしい水/Água de Beber」、「メディテーション (瞑想)/Meditation」、「ソー・ナイス (サマー・サンバ)/So Nice (Summer Samba)」、「黒いオルフェのサンバ/Sweet Happy Life (Samba de Orpheo)」、「お馬鹿さん (ハウ・インセンシティブ)/How Insensitive」などなど。その他にも、このブログでも何回もとり上げてた、「ヘンリー・マンシーニ/Henry Mancini」作曲の「スロー・ホット・ウィンド/Slow Hot Wind」や「カナダの夕陽/Canadian Sunset」、とりわけ、フランス映画、「シェルブールの雨傘/The Umbrellas Of Cherbourg」(1964年公開)の挿入曲、「I Will Wait For You」の英語詞が忘れられません。そうそう、ラテンの名曲、「スウェイ(キエン・セラ)/Sway(Quién será)」の英語詩も彼の手になる。本当に私の好きな多くの詩(うた)を遺して逝ってしまった。

合掌 ・・・・・ 。

 そうですね、「ノーマン・ギンベル」に捧げられた、「コニー・エヴィンソン/Connie Evingson」のアルバム、「Sweet Happy Life:The Lyrics of Norman Gimbel」を取り上げましょうか。全18曲、私の上げた曲はすべて収録されている。

 Sweet Happy Life

 Connie Evingson / CD Baby

その中から、映画「黒いオルフェ」でお馴染み、「オルフェのサンバ/Samba de Orfeu」、ノーマンの英語詩タイトル「Sweet Happy Life」、そして「Sway/キエンセラ」を ・・・。  

「Connie Evingson - Sweet Happy Life」

「♪ My wish for you, sweet happy life
   May all the days of the year that you live be laughing days
   With all my heart, sweet happy life
   And may the night times that follow the day be dancing nights
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  ♪」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

「Sway (Quien Sera) – Connie Evingson」

「♪ When Marimba Rhythms start to play
   Dance with me, make me sway
   Like a lazy ocean hugs the shore
   Hold me close, sway me more
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・   ♪」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

   

    

昇り竜のお銀逝く ~ 我が青春の銀幕ヒロイン ~

Tags: , , ,

otonaFF_02a
 報道によると、映画「女賭博師」シリーズの「昇り竜のお銀」などで知られる女優の「江波杏子」さんが、先月27日に肺気腫(慢性閉塞性肺疾患)の急性増悪のため亡くなったことが2日、分かった。76歳だったという。

 「黒澤明」、「熊井啓」、「野村芳太郎」作品などのほかは、あまり邦画は見なかった学生時代であったが、その不思議な美貌に惹かれて、「江波杏子」の出演作品はいくつか見た。(参照拙ブログ 「我が青春のシネマ・グラフィティ(12) ~ 江波杏子/女賭博師 ~ 」

 ヤクザ映画全盛期、女賭博師シリーズ(1966年~1971年、大映)の「昇り竜のお銀」こと、「大滝銀子」役で、東映の緋牡丹博徒シリーズ、「緋牡丹のお竜」こと矢野竜子役、藤純子(現在は富司純子)と人気を二分した。映画のストーリーなどはまったく覚えていないが、「お銀」というより、アンバランスで不思議な顔立ちのその美貌と、和服に包まれてはいたが、グラマラスな肢体を持つ、「江波杏子」その人自身のファンであったかもしれない。青臭い時代に夢中になった銀幕のヒロインがまた一人逝ってしまった。

 2016年に放送された神戸を舞台にした、NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」にジャズ喫茶「ヨーソロー」の女主人、「大村すず」役で出演していた姿を見て、懐かしく思ったが、その朝ドラのジャズ喫茶のシーンでたびたび流れていた曲をもって彼女に捧げるとしよう。

 合掌 ・・・・。

 「ソニー・クラーク/Sonny Clark」の「クール・ストラッティン/Cool Struttin’」と「ブルー・マイナー/Blue Minor」。「脚ジャケ」として有名なアルバム、「Cool Struttin’」(1958)から。青臭かったあの頃、ジャズ喫茶で夢中になって聴いた曲でもある。

 パーソネルは、「Sonny Clark (Piano)」、「ジャッキー・マクリーン/Jackie McLean (Alto Saxophone)」、「アート・ファーマー/Art Farmer (Trumpet)」、「ポール・チェンバース/Paul Chambers (Bass)」、「フィリー・ジョー・ジョーンズ/Philly Joe Jones (Drums)」。

 クール・ストラッティン

 ソニー・クラーク / ユニバーサル ミュージック

「Sonny Clark – Cool Struttin’ 」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

「Sonny Clark – Blue Minor」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
    

     

シャルル・アズナヴール逝く ~ これで3人とも鬼籍に ~

Tags: , ,

6
 フランスを代表するシャンソン歌手の「シャルル・アズナヴール/Charles Aznavour」が亡くなった。94歳だった。1924年、アルメニア系移民の両親のもと、パリで生まれ、幼少から俳優と歌手を志して、パリの小さな舞台で日銭を稼ぎ、1946年、シャンソン歌手、「エディット・ピアフ/Édith Piaf」に見込まれて前座で歌い、名が知られるようになった。

 いままで1400曲以上のシャンソンを書く傍ら、俳優としても大いに活躍。低くて渋いしゃがれ声が特徴で、今年の9月には、94歳という高齢で来日し、休憩なしの2時間、2日間のコンサートを開いたばかりだった。

 つい最近、このブログでも取り上げたばかりであるが、ジャズ好きの私にとっても、もう残念なことに二人共すでに鬼籍に入ってしまった、「アンリ・サルヴァドール/Henri Salvador」、「ピエール・バルー/Pierre Barouh」とならんで、気にかかる存在だった男性シャンソン歌手であったが、これでもう3人とも鬼籍に入ってしまった。(参照拙ブログ 「台風直撃の日は ・・・ 」

 代表曲、「ラ・ボエーム/La bohême」を。フランス語はさっぱりですが、「何にもとらわれずに自由に暮らすボヘミアン」という意味のようです。NETで見つけた、自由にお使いくださいという訳を読むと、まだ貧しかったが、心には希望や憧れがあった1970年代の雰囲気や薫りが、立ち上ってくるようだ。

 合掌 ・・・・・。

【 La bohême 】   by Charles Aznavour  

「♪ Je vous parle d’un temps  君たちに昔のことを話そう
  Que les moins de vingt ans  20歳以下の人には
  Ne peuvent pas connaître  わからない話しだろう
  Montmartre en ce temps-là  モンマルトルでは、そのころ
  Accrochait ses lilas       ラィラックの枝の先が
  Jusque sous nos fenêtres   ぼくらの住んでいたアパートの窓まで届いていた
  Et si l’humble garni      家具付きの安アパートだった
  Qui nous servait de nid    そこがぼくらの愛の巣だった
  Ne payait pas de mine     見かけはオンボロだった
  C’est là qu’on s’est connu   そこでぼくらは知り合った
  Moi qui criait famine      ぼくはお腹がすいたと大声を出し
  Et toi qui posais nue      そして、君はヌードでポーズをとっていた

  La bohème, la bohème     ラ ボエーム、 ラ ボエーム
  Ça voulait dire on est heureux  ぼくらは幸せだったってことだ
  La bohème, la bohème     ラ ボエーム、 ラ ボエーム
  Nous ne mangions qu’un jour sur deux  ぼくらは、二日に一日は食う金もなかった

  ・・・・・・・・・・・・・・・      ・・・・・・・・・・・・・・    ♪」 
                                  (訳はNETより拝借)

 グレイテスト・ヒッツ・フォー・ジャパン

 シャルル・アズナブール / EMIミュージック・ジャパン

「Charles Aznavour – La Boheme」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 若かりし日のライブも ・・・。

「Charles Aznavour – La Boheme」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
    

    

音楽的同士A君逝く

Tags: , ,

IMG_20180908_0014
 突然飛び込んできた悲報。50年も前の大学生のころ、バンドを組んでいたメンバーの一人、サックス担当のA君がなくなったと奥様からメールが入った。

 昭和40年(1965年)大学入学、昭和44年(1969年)卒業、ちょうど「団塊の世代」の1年前に生まれた世代である。東大紛争(1969)、70年安保闘争前夜、学生運動が激化した時代に、ノンポリ、バンド活動に明け暮れた仲間である。そんな意味で、政治的同士ではなく、その当時は熱い思いをもった音楽的同士だったといえる。(参照拙ブログ 「我が青春のジャズ・グラフィティ(3)  ~我が愛しの異邦人~ 」 )

 卒業してからは、私はほとんど音楽活動をしなくなったが、A君は、退職後、時間の余裕が出来たのか、プロの手ほどきを受けて、サックスの腕を磨き、アマでありながら、毎年6年続けてライブを開くまでの腕になっていた。何回かライブへの誘いを受けたが、行けなかったことが残念である。

 その後、肺炎を患い、肺活量が減少、息が続かないからサックスを断念し、ギターに持ち替えてライブを目指したいという知らせを受けたのが、2015年の夏。2016年春にはギターでのライブを開いたが、病状が悪化したのか、音楽活動を断念せざるを得なくなったとはがきをもらったのが、昨年春。淡々とした文面であったが、彼の悔しさは伝わってきた。(参照拙ブログ 『音楽的同志「A」君へ 』 )

 彼いわく、「ポール・デスモンドの音色に似ていると周りから言われている」と。 きっと優しくしなやかな音色なんだ。「ポール・デスモンド/Paul Desmond」のアルバムの中でも私が一番好きなアルバム、学生時代によく通っていた店のマスターから教えてもらたアルバム、「テイク・テン/Take Ten」 (1963年)を聴いて過ごす。50年たっても、未だに愛聴盤のひとつ。あの濃密だった時代の思い出とともに ・・・。

 彼の音楽を愛した情熱に献杯。そして、思い出に感謝。  合掌 ・・・。

 Take Ten

 Paul Desmond / RCA

1. Take Ten/2. El Prince/3. Alone Together/4. Embarcadero /5. Theme From Black Orpheus /6. Nancy /7. Samba De Orfeo /8. The One I Love (Belongs To Somebody Else)
  
「Paul Desmond ー Take Ten (Full Album)」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 そして、彼のサックスをフューチャーしたレパートリーだった「ピーター・ガンのテーマ/Peter Gunn Theme」。「ブルース・ブラザーズ/The Blues Brothers」(1980)より。

811nOsWtUlL__SL1500_
    
The Blues Brothers , Soundtrack
ブルース・ブラザーズ
Atlantic / Wea


     
     

「Blues Brothers – Peter Gunn Theme」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

ソウルの女王、アレサ・フランクリン死去

Tags: , ,

71Jjr5FUArLa
 ソウル音楽の「女王」と呼ばれた米歌手、「アレサ・フランクリン/Aretha Franklin」さんが16日、膵臓がんのためミシガン州デトロイトの自宅で死去した。76歳。

 テネシー州メンフィス生まれ、デトロイト育ち。1967年、「オーティス・レディング/Otis Redding」のカバー曲「リスペクト/Respect」で全米1位となり、一躍注目を浴びた。ゴスペルの影響が色濃い、パワフルな歌声を持ち味に、カバー曲でさえも独自の世界観に染め上げた。グラミー賞を18回受賞し、1987年には女性として初めて「ロックの殿堂」入りしたほか、米国の音楽誌「ローリング・ストーン」の「歴史上最も偉大なシンガー」に選ばれた。クリントン、オバマ両元大統領の就任式でも歌声を披露した。

 代表曲は「チェイン・オブ・フールズ/Chain Of Fools」(ドン・コヴェイ/Don Covay)、「ナチュラル・ウーマン/(You Make Me Feel Like) A Natural Woman」(キャロル・キング/Carole King)、「小さな願い/I Say A Little Prayer」(バート・バカラック&ハル・デヴィッド/Burt Bacharach & Hal David)、「Bridge Over Troubled Water(邦題:明日に架ける橋)」(サイモン&ガーファンクル/Simon & Garfunkel)など。「Bridge Over Troubled Water」はゴスペルにアレンジされており、特に当時アパルトヘイトで苦しんだ南アフリカでヒットし、教会で賛美歌として歌われるようになったという。

 2009年1月、アメリカ合衆国第44代大統領「バラク・オバマ/Barack Obama」の就任式式典にて「My Country, ‘Tis of Thee」(“America”)を祝唱した。 2018年8月16日、膵臓がんのため、ミシガン州デトロイトの自邸で死去。(ネットより)

 「レイ・チャールズ/Ray Charles」、「オーティス・レディング」に導かれ、このジャンルの音楽も聴くようになり、そこにいたのが、「アレサ・フランクリン」、「ニーナ・シモン/Nina Simon」、「エタ・ジェイムズ/Etta James」であった。

 合掌 ・・・・・


【  (You Make Me Feel Like) A Natural Woman 】
  by Gerry Goffin / Carole King / Jerry Wexler

「♪ Looking out on the morning rain     降りしきる朝の雨を眺めていても
  I used to feel so uninspired          心を動かされはしないわ
  And when I knew I had to face another day  また一日に向き合わなければと思うと
  Lord, it made me feel so tired         心が疲れるわ
  Before the day I met you, life was so unkind あなたに会うまで人生は過酷なものだった
  But your the key to my peace of mind   でも、あなたが私の心を安らかにしてくれた

  ’Cause you make me feel,         だってあなたといると    
  You make me feel,             あなたといると
  You make me feel like           あなたといると
  A natural woman              ありのままの私でいられるから

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・    ・・・・・・・・・・・・・・  ♪」

71+6RIfRPoL__SL1470_
       
5CD ORIGINAL ALBUM SERIES BOX SET/ARETHA FRANKLIN Box set
アレサ・フランクリン/Aretha Franklin
Warner Music


      
      


「Aretha Franklin ー (You Make Me Feel Like) A Natural Woman (Kennedy Center Honors 2015)」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video


「Aretha Franklin ー Bridge Over Troubled Water」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
  

  

遅ればせながら冥福を祈ろう

Tags: , ,

97
 ここ1年近くになるでしょうか、森林ボランティアの山作業、イベントや、桜や花の追っかけなどで忙しく、新譜やアーティストの動向等のチェックを怠っていた。しばらくぶりにチェックをしてみると、びっくりするような悲しいニュースに出くわした。

 オーストラリアを代表する人気シンガー、「ジャネット・サイデル/Janet Seidel」が、去年、2017年8月7日にシドニーの病院で死去したというのである。いや、全く知らなかった。まだ私よりだいぶ若く、そんな年ではないと思っていたのに ・・・。享年62歳だという。

 その優しい歌声ゆえ、私が「ほっこりおばさん」と呼んでいる「ジャネット・サイデル」。彼女のことは、このブログでも随分と取り上げている。最初の登場は2006年8月29日、「我が心のミューズたち(1)~ジャネット・サイデル~」。以来、最も取り上げた女性シンガーであろう。現役時代、北新地にあった私の隠れ家的ジャズ・バーに訪れていたことを知って、地団駄踏んだのも思い出の一つ。

MZCF-1161

 彼女を知るきっかけとなった、「マイアミ・ビーチ・ルンバ/Miami Beach Rhumba」を聴いて、遅ればせながら冥福を祈ろう。

 合掌 ・・・・。

アート・オブ・ラウンジ~マイアミ・ビーチ・ルンバ

ジャネット・サイデルインディペンデントレーベル

「Janet Seidel - Miami Beach Rhumba」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
   

   

さらば、青春のシネマ・グラフィティ ~ ジャンヌ・モロー逝く ~

Tags: , ,

image-original

 『映画「死刑台のエレベーター/Ascenseur pour l’échafaud」(1958)、「恋人たち/Les amants」(1958)、「雨のしのび逢い/Moderato cantabile」(1960)、「突然炎の如く/Jules et Jim」(1962)など数々の作品で知られるフランスの大女優、「ジャンヌ・モロー/Jeanne Moreau」が31日、89歳でパリの自宅で死去した。』とフランスのメディアが報じた。

 1928年パリにて、フランス人の父親とイギリス人の母親の間に生まれる。「フランス国立高等演劇学校 (コンセルヴァトワール)」で演技を学び、1948年にデビュー。その後、1950~60年代に、「ルイ・マル/Louis Malle」、「フランソワ・トリュフォー/François Truffaut」などヌーヴェル・ヴァーグ時代を代表し、映画史に名を刻む名監督たちの数々の傑作に出演した。ヌーヴェル・ヴァーグ時代の映画はほとんど見ているが、とりわけ、「死刑台のエレベーター/Ascenseur pour l’échafaud」は、私の映画歴、ジャズ歴に大きな影響を与えた作品でもある。

1501503114488

 その後、「リュック・ベッソン/Luc Besson」監督の「ニキータ/Nikita」(1990)などにも出演。その1シーンの舞台となったパリの「リヨン駅」の中にある「ル・トラン・ブリュー/La Train Bleu 」、「ブルー・トレイン」と言う名のレストランで食事をしたこともある。
 
 さらに2013年には、10年ぶりの主演作「クロワッサンで朝食を/Une Estonienne à Paris」が日本公開され、全く老いを感じさせない鋭い眼光と圧倒的な演技力を見せてくれた「ジャンヌ・モロー」。「フランス映画界の至宝」とさえ呼ばれていたという。(参照拙ブログ「青春のシネマ・グラフィティ(5) ~突然炎のごとく/ジャンヌ・モロー~」「ジャンヌ・モロー、その存在感は今も ・・・ ~クロワッサンで朝食を~ 」「第14回 ダ・ヴィンチ コード」 など)

さて、「ジャンヌ・モロー」、歌手でもあった。「突然炎の如く」の中で歌ったシーンをご記憶の方も多いのでは ・・・。あの映画の中で、ジャンヌが歌うシャンソンは、「つむじ風/Le Tourbillon」。トリュフォーがその場で即興で映画に取り入れたものだという。 その「つむじ風」をアルバム・タイトルにして、シャンソン、ボサ・ノバ、ジャズ、ポップスを「ジャンヌ・モロー」が軽やかに歌うアルバム、「つむじ風」がある。

つむじ風

ジャンヌ・モロー / マーキュリー・ミュージックエンタテインメント


「Jeanne Moreau-Le Tourbillon De La Vie (in Jules et Jim) 」
 映画のシーンから。

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

さらば、青春のシネマ・グラフィティ、「ジャンヌ・モロー」。

合掌 ・・・・・。

ロックンロールの父 チャック・ベリー死す

Tags: , ,

chuck-berry-birthday-retrospective-e27defee-fb69-453e-8672-b785652b2f60

 「ロックンロールの父」と呼ばれる米ミュージシャンの「チャック・ベリー/Chuck Berry」が18日、90歳で米ミズーリ州の自宅で死去したと各紙が伝えた。「ジョニー・B・グッド/Johnny B. Goode」、「スイート・リトル・シックスティーン/Sweet Little Sixteen」、「ロール・オーバー・ベートーベン/Roll Over Beethoven」、「ロックン・ロール・ミュージック/Rock and Roll Music」など数多くのヒット曲で知られる。

 1926年、ミズーリ州セントルイス出身。人種で分離された地区で、ゴスペルやブルース、リズム&ブルース、カントリーなどを聞いて育った。黒人差別の激しかった時代、荒れた青春を送っていたが、1955年に「メイベリーン/Maybellene」で全米デビューし、人気歌手に。特徴的なギター・リフを使った音楽スタイルは、「ビートルズ/The Beatles」や「ローリング・ストーンズ/The Rolling Stones」など、多くのミュージシャンに影響を与えた。また、社会的メッセージが込められた数々の歌は、1950~60年代の若者に共感された。80歳を超えて以降もステージ活動を続けたという。(3月20日朝日新聞などから)

 我々と同時代の多くの学生バンドh彼の演奏や歌をコピーしたものである。かくいう我がバンドも、たしか「ロックン・ロール・ミュージック」が、レパートリーの一つであったように記憶している。

「Chuck Berry – Johnny B-Goode」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 もう一つ、「チャック・ベリー」と「ジョニー・B・グッド」の思い出といえば、「ロバート・ゼメキス/Robert Zemeckis」監督のSF映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー/Back To The Future」(1985年)の一シーン。親友の科学者ドク(クリストファー・ロイド/Christopher Lloyd)の発明したタイムマシンで、1985年から1955年にタイムスリップしてしまった高校生のマーティ(マイケル・J・フォックス/Michael J. Fox)。マーティの父・ジョージと母・ロレインが結婚のきっかけを得たプロムで「ジョニー・B・グッド」を飛び入り演奏するシーンである。この演奏を聴いてびっくりしたチャックのいとこのバンドマン、マーティンがチャックに電話するというシーンには思わず大笑いし、感心してしまった。

「ジョニー・B・グッドを歌うマイケル・J・フォックス(バック・トゥ・ザ・フューチャーより)」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 その歌で、また映画のパロディで若き日の私を楽しませてくれた「チャック・ベリー」。

 合掌 ・・・。

ボサノバの布教者、ピエール・バルー逝く

Tags: , ,

pierre_barouh

年末に突然飛び込んできた訃報。

『フランスのミュージシャンで俳優のピエール・バルーさんが28日、心臓発作のためパリの病院で死去した。82歳だった。クロード・ルルーシュ監督の映画「男と女」(66年)に出演。「ダバダバダ~」のスキャットで知られるフランシス・レイ作曲の主題歌で作詞と歌を担い、世界中でヒットした。ブラジル音楽のボサノバを仏に広めたことでも知られる』(朝日新聞より)

「ピエール・バルー(Pierre Barouh)」。数少ないわたし御贔屓の男性歌手であった。わたしも同じ「ダルトニアン(色覚異常者)」ということで、親近感もあった。

「ピエール・バルー」。私がBossa Novaに魅せられたのは、「クロード・ルルーシュ/Claude Lelouch」監督の映画「男と女/原題;Un homme et une femme 」(1966)からである。劇中、ヒロイン「アヌーク・エーメ/Anouk Aimée」のかっての夫で、命を落とすスタントマン役が「ピエール・バルー」であった。バルー自ら劇中で歌う、ダバダバダ・・・で始まる有名な「男と女」のテーマ曲、ボサノバとその創始者たちへの「讃」でちりばめられた「サンバ・サラヴァ(男と女のサンバ)/Samba Saravah 」。映画の素晴らしさは勿論、当時初めて聴くボサノバ、その新鮮な衝撃は今でも憶えている。(参照拙ブログ「ピエール・バルー   ~ダルトニアンに生まれて~ 」 「男唄に男が惚れて(5) ~バルー、サルバドール、セグンド 人生の達人たち~ 」 など)

遠くを見つめているその眼差し。
あなたがいたから、今、私たちはボサノヴァを楽しめる。
感謝。  
そして合掌 ・・・。

男と女 オリジナル・サウンドトラック 2016リマスター・エディション

フランシス・レイ/ピエール・バルー他 / 日本コロムビア

「Francis Lai, Nicole Croisille, Pierre Barouh – Un homme et une femme」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video


「Pierre Barouh – Samba Saravah」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
  

  



© 2009 JAZZYな生活. All Rights Reserved.

This blog is powered by the Wordpress platform and to just Go Beach Rental.