JAZZYな生活

プレミアムエイジ ジョインブログ

60歳過ぎたら聴きたい歌 (94) ~ For Once In My Life ~

Tags: , ,

ナニワノイバラ

この時期、遠くから見てもよく目立つ大きな白い花がある。「ナニワイバラ(浪花茨)」あるいは「ナニワノイバラ(浪花野茨)」である。中国・台湾原産の常緑性の蔓バラ。花の大きさは、8~10cmくらいあるでしょうか、大輪の花を咲かせる。幹も枝も蕾もも花茎も枝も、とにかくすべて鋭く細かいトゲに覆われている。まるで近づくなと警告しているようだ。江戸時代(宝永年間1704~1711年)に中国から伝わり、大阪の植木屋が普及させたところから、「浪花」の名がついているらしい。

さて、4月25日は、107人の死者をだしたJR福知山線脱線事故から11年目の日。私の三男が乗っていたが、運良く最後車両のため、かすり傷ですんだ。大変なことになっていても不思議ではなかった。何が生死を分けたのか。首都圏へ就職したが帰ってきて、今は神戸の会社で働いている。私にも三男にもこんな経験は、生まれて初めて、人生で一度のことであった。しかし、誰一人としてこの事故の刑事責任を負うことがないなんてどう考えてもおかしい。

botann

熊本大地震。大変な災害であることが、だんだんと明らかになってきた。速やかな復興を願わざるを得ない。与党は、衆参ダブル選挙は断念したという。当たり前でしょう。いろいろの防災対策、備え、心構え ・・・、識者はいろいろと語るが、実際のところ生死を分けたものは、人知の及ばないところかもしれない。そんな気がする。阪神淡路大震災。あんな揺れも生まれて初めての経験であった。

定年後、この歳になっても人生初めてということも多く経験している。ウォーキング、桜めぐり、花や木の名前を覚えること、森林ボランティア、炭焼き、MRI/CT、エドヒガン、ブログ ・・・ 。この歳になっても、根は初物好き、初めてのことはMRIでも興味津々。

shakuyaku

久しぶりの、「60歳過ぎたら聴きたい歌」は、「フォー・ワンス・イン・マイ・ライフ/For Once In My Life」。「生まれて初めて」、「人生でたった一度の」などという意味のスタンダード・ナンバー。この曲は、「ロナルド・ミラー/Ron Miller」作詞、「オーランド・マーデン/Orlando Murden」作曲で、1965年に作られた曲である。1966年に「トニー・ベネット/Tony Bennett」が歌ってヒットし、1968年には「スティーヴィー・ワンダー/Stevie Wonder」が歌ったものが、やはり大ヒットした。「フランク・シナトラ/Frank Sinatra」、「サミー・デイヴィス・ジュニア/Sammy Davis Jr.」、「カーメン・マクレエ/Carmen McRae」、「ナンシー・ウイルソン/Nancy Wilson」といった名だたる実力派ジャズ・シンガーに歌われ、すっかり代表的なスタンダード・ナンバーになっている。

【 For Once In My Life 】  作詞:Ronald Miller 作曲:Orlando Murden 

「♪ For once in my life             生まれて初めて巡り会えた
   I have someone who needs me   僕を必要とする人に
   Someone I’ve needed so long    ずっと探し求めていたんだ

   For once, unafraid,             もう今までのように怖くはない
   I can go where life leads me      どんな人生が待っていようと
   And somehow I know I’ll be strong  なぜか強くなれる気がする

   For once I can touch             生まれて初めて触れることができた
   what my heart used to dream of   いつも心のなかで夢見ていたものに
   Long before I knew             ずっと前からね
   Someone warm like you          君のように温かい人なら
   Would make my dreams come true  きっと僕の夢を叶えてくれる

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   For once, I can say,              生まれて初めてはっきり言える
   this is mine,                    この愛は僕のもの
   you can’t take it                 君でさえも奪うことなんかできない
   As long as I know I have love,       僕が愛してるかぎりは
   I can make it                   僕はこの愛をきっと実らせて見せるよ
   For once in my life,               生まれて初めて巡り会えたんだ
   I have someone who needs me      僕を必要としてくれる人に    ♪」

最初は、コンテンポラリーで最も活きのいい男性歌手、「マイケル・ブーブレ/Michael Buble」。若い時のシナトラを彷彿とさせるものがある。イケメン、歌のうまさ、しかもオシャレ。三拍子揃った「マイケル・ブーブレ」のデビューアルバム、「Michael Bublé」(2003)。プロデュースは、あの「デイヴィット・フォスター/David Foster」。

Michael Buble

Michael Buble / Reprise / Wea

「Michael Buble – For Once in My Life」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

この曲、音域の広い曲なので、どちらかというと張りのある絶唱型のシンガー向きで、ソフトでハスキーなシンガーには向いていないので、ほとんど歌っていないという。そんなことはないでしょう、それは偏見でしょうと、思い出したのがスウェーデン美女シンガーの「スス・フォン・アーン/Suss von Ahn」が歌うボッサ・テイストの「For Once in My Life」。「Feel Sweden」というボッサのコンピ・アルバムに入っていたのだが、これがいたく気にいっていた。

フィール・スウェーデン-ボサ・ノヴァ・コンピレーション-

(オムニバス) / インディペンデントレーベル



syaharani

YOUTUBEを探しても見つからないので、同じボッサ・テイストで舞うように軽やかに歌う女性シンガーをアップしておきます。これがなんとインドネシアで最も人気のJAZZディーヴァだという、「シャハラニ/Syaharani」。これが、まさに人生はじめて聴くインドネシアの ジャズ・シンガー。
  
本名、「Saira Syaharani Ibrahim」。1971年生まれ、東ジャワのMalang出身。「Rani」という愛称で呼ばれている彼女は、3枚のジャズ・ソロ・アルバムをリリースしているようだ。

Love

Syaharani /

「Syaharani – For Once In My Life」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
 

 

60歳過ぎたら聴きたい歌 (93) ~ 九月の歌 ~

Tags: , ,

DSCN9998
DSC_0237

子供たちが学校へ向かう声が聞こえる。9月。新学期が始まった。「ムラサキシキブ(紫式部)」或いは「コムラサキ(小紫)?」の実もわずかに色づき始め、黒の中にあるハート形の白が可愛らしい「フウセンカズラ(風船葛)」の種も採れた。久しぶりの「60歳過ぎたら聴きたい歌」は、月並みですが、「セプテンバー・ソング/September Song」。

「九月の歌」です。これも私にとっては、サウダージの「洋楽」。「プラターズ/The Platters」、「ナット・キング・コール/Nat King Cole」などで昔よく聴き、歌詞もよくわからないまま英語で口ずさんだ歌です。そのほかにも、「フランク・シナトラ/Frank Sinatra」、「チェット・ベイカー/Chet Baker」、「ビング・クロスビー/Bing Crosby」、「ウィリーネルソン/Willie Nelson」など、なぜかこの歌の歌い手は男性歌手が多い。

Johnny-Hartman

取り上げた歌手は、「ジョン・コルトレーン/John Coltrane」との共作アルバムで、名盤と名高い「John Coltrane and Johnny Hartman」(1963)で有名な男性シンガー、「ジョニー・ハートマン/Johnny Hartman」。今までも何回も取り上げてきた私ご贔屓の男性歌手です。(参照拙ブログ「男唄に男が惚れて(3)  ~ジョニー・ハートマン ビロードの声に包まれて~」など)

このビロードのような独特の甘い声の持ち主、「ジョニー・ハートマン」は、1923年シカゴ生まれ。軍隊にいる時に歌い始め、プロ・デビューは1940年の中頃であったという。コルトレーンとの共作まではあまり注目されず、目立たない歌手であった。その後、一時音楽活動を中断し、復帰したのは1980年。2作をリリースしたが、その一つ「Once in Every Life」がグラミー賞にノミネートされたのは、1983年。60歳でなくなるわずか2年前であった。

彼の「ベツレヘム・レコード/Bethlehem Records」からのデビュー・アルバムにして、傑作と評される「ソングス・フロム・ザ・ハート/Song From The Heart」から「9月の歌」を ・・・。1955年録音。

ソングス・フロム・ザ・ハート +6

ジョニー・ハートマン / SOLID/BETHLEHEM

「セプテンバー・ソング/September Song」は、「クルト・ワイル/Kurt Weill」作曲、「マックスウェル・アンダーソン/Maxwell Anderson」作詞のブロードウェイ・ミュージカル、「ニッカボッカ・ホリディ/Knickerbocker Holiday」の挿入歌。オリジナルは、「ウォルター・ヒューストン/Walter Huston」。1950年の映画、「旅愁/September Affair」(1952)でヒューストンのレコードが使われ、リバイバル・ヒットしたという。(参照Wikipedia)

「九月の歌」というタイトルではあるが、歌詞の内容は、人生を12ヶ月に喩えた歌。明るい夏が終る9月になると、人生も秋にさしかかり、残された日々が大切になる ・・・。残り少ない時間をあなたと共に過したい。そんな歌。

【 September Song 】

「♪ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  Oh, it’s a long, long while from May to December   5月から12月までの時間は長い
  But the days grow short when you reach September  だけど、9月になると日は短くなる
  When the autumn weather turns the leaves to flame  葉が燃えるように色づくころには
  One hasn’t got time for the waiting game        待ち時間など残されていない

  Oh, the days dwindle down to a precious few     9月、そして11月になり
  September, November                  毎日が貴重な日々になっていく

  And these few precious days I’ll spend with you  この残された貴重な日々を
  These precious days I’ll spend with you       残されたわずかな日々を君と過ごそう ♪」

「September song - Johnny Hartman」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
 

 

60歳過ぎたら聴きたい歌 (92) ~ コートにすみれを ~

Tags: , ,

DSC_0130
DSCN9219

「スミレ(菫)」は、4月に咲く花の代表の一つといっていい。いろんな種類の「スミレ」が遊びの山にも、ウォーキングの道筋にも ・・・。「パンジー」や「ビオラ」も「スミレ」の仲間で外来の園芸種とか。この時期になるとあちこちで見かけるためか、やや印象の薄いきらいはあるが ・・・。しかし、日本人にとって人気のある花の一つであることは間違いない。こういう何の変哲もない地味な花が気になりだしたのは、歳をとった証拠であろうか ・・・。

隣町にあり、去年100周年を迎えた「宝塚歌劇団」を象徴する歌である「すみれの花咲く頃」の元歌は、古いシャンソンであるという。今回、「60歳過ぎたら聴きたい歌」で取り上げるのは、もうひとつの「すみれ」の歌、 「コートにすみれを」という邦題で知られている「Violets For Your Furs」(1941)である。「トミー・ドーシー楽団/the Tommy Dorsey Orchestra」の専属アレンジャーだった「マット・デニス/Matt Dennis」が1941年に作曲した、ちょっと気障なラヴ・ソング。冬の歌ではあるが、すみれの花に春のような恋の気分を託した歌は4月でもふさわしい。

【 Violets For Your Furs/コートにすみれを 】
                作詞;トム・アデア/Tom Adair 作曲;マット・デニス/Matt Dennis

「♪ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  I bought you violets for your furs         僕があげたすみれの花をコートに飾ったら
  and it was spring for a while, remember?  ちょっとだけ春を感じられたことがあったね
   I bought you violets for your furs        僕があげたすみれの花をコートに飾ったら
  and there was April in that December.    12月なのに4月のような気分になったね

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   I bought you violets for your furs        僕があげたすみれの花をコートに飾ったら
   and there was blue in the wintry sky,     冬空に明るい光が差し込んできたね
  You pinned my violets to your furs        僕があげたすみれの花をコートに飾ったら
   and gave a lift to the crowds passing by,  道ゆく人々が笑顔で微笑んだね

  You smiled at me so sweetly,            君は僕を見て、とっても優しく微笑んだ
   since then one thought occurs,          その時なにかが芽生えたんだね
  That we fell in love completely,           そして二人は恋に落ちたんだ
   the day I bought you violets for your furs.   すみれの花をコートに飾ったら時からね ♪」

この歌を有名にしたのは、やっぱり、大御所「フランク・シナトラ/Frank Sinatra」の「Song for Young Lovers」(1953年)でしょうか。「チェット・ベイカー/Chet Baker」も負けじといい味を出しています。

Songs for Young Lovers & Swings Easy

Frank Sinatra / EMI Europe Generic



With 50 Italian Strings

Chet Baker / Ojc

しかし、やっぱり、女性ヴォーカルがこの歌には似合いそう。「ビリー・ホリデイ/Billie Holiday」が衰えた体と精神を振り絞って録音した晩年の傑作、「Lady in Satin」(1958)に収録されたこの歌は哀感を誘う。そして、我が長年のミューズ、「ステイシー・ケント/Stacey Kent」も歌っています。この歌は、明るく可憐な歌声がいいですね。

Lady in Satin

Billie Holiday / Sony Jazz

Dreamsville

Stacey Kent / Candid Records

「Stacey Kent – Violets For Your Furs」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

monica_borrfors_stor

そして女性ヴォーカルからもうひとり、大人を感じさせる歌い手、スウェーデンの「モニカ・ボーフォース/Monica Borrfors」。1954年生まれ、後に夫となる「イョスタ・ニルソン/Gösta Nilsson」のピアノに魅せられて歌手になり、1980年にデビューという。あまり情報がないのですが、彼女は、現在ストックホルムを中心として活躍を続け、10枚を超えるアルバムをリリースしているという。(参照拙ブログ「スウェーデン美女シンガー図鑑(13 ) ~忍び寄って来たバラード唄い~」

その彼女の初めての日本盤、「A Certain Sadness」は、コルネット、ギター、ベースというちょっと変わった編成のトリオ、「スイート・ジャズ・トリオ/」との共演盤で、スタンダード・ナンバーのバラードが主体。

acertainsadness

A Certain Sadness

モニカ・ボーフォース / インディペンデントレーベル



「Monica Borrfors – Violets for Your Furs」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

演奏盤であげるとすれば、1957年にリーダーとして初めて録音した「ジョン・コルトレーン/John Coltrane」の「Coltrane」でしょうが、私は、「お風呂」としておなじみの「マーティ・ペイチ/Marty Paich」の「I Get A Boot Out Of You」に収録されているナンバーが好きです。

コルトレーン

ジョン・コルトレーン / ユニバーサル ミュージック

アイ・ゲット・ア・ブート・アウト・オブ・ユー

マーティ・ペイチ / ワーナーミュージック・ジャパン

「Violets for Your Furs – Marty Paich Big Band」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 

60歳過ぎたら聴きたい歌 (91) ~ パリの四月 ~

Tags: , ,

DSCN9158
b0102572_1334638

「四月の想い出/I’ll Remember April」なんて有名なスタンダード曲があるが、私の「四月の想い出」の一つは、2007年の4月の妻とのフィレンツエ、パリ旅行であろうか。この月は旅行、出張が多く、わが街、川西の桜を皮切りに、フィレンツエの桜、パリの桜、信州松本の桜、北京の桜、最後に再びわが街の八重桜と桜を追って過ごした一ヶ月であった。写真上はわが遊びの山、一庫公園の今年の「エドヒガン(江戸彼岸)、右は、2007年、パリは「ノートルダム寺院」、セーヌ川対岸の桜である。(参照拙ブログ「我が家の歳時記・桜月編  ~日本の桜・パリの桜~」

さて、久しぶり「60歳過ぎたら聴きたい歌」は、「パリの四月/April In Paris」。作曲は、ミュージカルの作曲家として数々のスタンダード・ナンバーを残した「ヴァーノン・デューク/Vernon Duke」、作詞は、「虹の彼方に」の作詞でも知られる、「エドガー・イップ・ハーバーグ/Edgar Yipsel “Yip” Harburg」の二人。1932年のミュージカル「ウォーク・ア・リトル・ファスター」で歌われ、大ヒット。1952年に映画化された際には、「ドリス・デイ/Doris Day」が歌っている。

「♪ April in Paris, chestnuts in blossom  パリの四月、栗の花は咲き
   Holiday tables under the trees     この木の下のテーブルで過ごす休日
   April in Paris, this is a feeling      パリの四月、この気分
   No one can ever reprise          誰も他では味わえない

   I never knew the charm of spring   私は春の魅力を知らなかった
   Never met it face to face          それを味わうことなんてなかったから
   I never knew my heart could sing    心がこんなに呼んでいるとは思わなかった
   Never missed a warm embrace, till   暖かい抱擁が恋しいと
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・   ♪」

定年後に始めた「森林ボランティア活動」、「山遊び」、「ウォーキング」。上の歌詞をそれになぞらえてみると、意味がさらに深まり、実感として感じられる。

P1000494

そして、パリの四月、あの時モンマルトルの街角で聴いたストリート・ミュージシャンたちの演奏も心に残っている。まるで「ジャンゴ・ラインハルト」や「ザーズ/ZAZ」が、その辺からふっと出てきそうな雰囲気でだった。

そんなジプシー・ジャズ、ジプシー・スウィングの雰囲気を全面に押し出したアルバムがある。「コニー・エヴィンソン/Connie Evingson」の「Gypsy in My Soul」。「ジャンゴ・ラインハルト/Django Reinhardt」の「ホット・クラブ・バンド/Hot Club Band」ばりのスイング感が心地よい。その中から、フランス語で歌われる「パリの四月」です。彼女のキャリアなどよくわかりませんが、1962年生まれ、生まれ故郷のミネソタ州ミネアポリスを拠点に活動をしているようです。

Gypsy in My Soul

Connie Evingson / Minnehaha Music

「April in Paris – Connie Evingson」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 

60歳過ぎたら聴きたい歌 (90) ~One Day I’ll Fly Away (いつの日にか ・・・)~

Tags: , ,

Steven-Silverstein-Joe-Sample-Hathaway-Lalah-Hathaway-img163-bw
 
突然の「ジョーサンプル/Joe Sample」の訃報を聞き、「えっ」と驚きながら、「レイラ・ハザウェイ/Lalah Hathaway」とのコラボ・アルバム「ソング・リブズ・オン/The Song Lives On」を聴いていて、彼を偲んだ。その中の一曲、一度取り上げたことがありますが、「One Day I’ll Fly Away」を改めて聴いてみて、いい曲だなと思った。(参照拙ブログ「路傍の花、樹々の鳥 (15) ~ハナミズキ通り~」

この曲は、「ジョー・サンプル」とのコラボ・アルバム「フィーリング・グッド/Feeling Good」もある、「ランディ・クロフォード/Randy Crawford」のアルバム、「Now We May Begin」(1980)で歌われた歌であり、作曲は「ジョー・サンプル」、作詞は「ウィル・ジェニングス/Will Jennings」である。
 
「♪ いつか 私は飛び立つわ あなたとの愛は 昨日に置き去りにして ・・・・ ♪」と前へ前へと進んでいく女性の心境を歌った希望が湧いてくる美しいバラード。「いつの日にか ・・・」とでも訳しましょうか。そして、「ニコール・キッドマン/Nicole Kidman」が、映画「ムーラン・ルージュ/Moulin Rouge」の中で歌っていたのも強く印象に残っている。改めて聴いてみて、この爺さんも勇気づけられた曲であり、「60歳過ぎたら聴きたい歌」としても取り上げたくなった。

ソング・リブズ・オン

ジョー・サンプル / ビデオアーツ・ミュージック

「♪ I make it alone   私 一人で生きていくわ
   When love is gone   愛は終わったいま
  Still you made your mark  でも、まだあなたの面影が私の心の中に
   Here in my heart         深く刻みつけられているわ

  One day I’ll fly away        いつか 私は飛び立つわ 
   Leave your love to yesterday   あなたとの愛は 昨日に置き去りにして 
   What more can your love do for me  もうこれ以上 どうしようもないわ
   When will love be through with me   愛は私を通り過ぎてしまったから

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   One day I’ll fly away, fly away, fly away  いつか 私は飛び立つわ 
  One day I’ll fly away, fly away, fly away  きっと、きっと ・・・
  One day I’ll fly away, fly away, fly away  いつの日にか   ♪」

「Joe Sample & Lalah Hathaway – One Day I’ll Fly Away」
 
       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
 

 

60歳過ぎたら聴きたい歌 (89) ~The Boulevard of Broken Dreams~

Tags: , ,

140909_ten_nishikori3_600
 
「錦織 圭」選手、全米オープンは残念な結果であった。血の出るような努力で自らの夢を叶えるチャンスに挑んだ2週間、にわかテニスファンの私たちにもドキドキするような2週間であった。これで潰えたわけではない、まだまだチャンスはある。

ところで、人生で夢を持たない人は多分いないでしょう。しかしその夢を目指しても、挫折し、叶わなかった人がほとんど。そんな夢が叶わなかった誰もが通る道がある。「The Boulevard of Broken Dreams」。今、自分の人生を振り返ってみると、この歌が心に染み入りある種の感慨を覚える。久しぶりの「60歳過ぎたら聴きたい歌」は、「ブールヴァード・オブ・ブロークン・ドリームス/The Boulevard of Broken Dreams」。「破れし夢通り」とでも訳しましょうか ・・・。ハリウッドの「サンセット大通り/Sunset Boulevard」に擬せられることが多いという。

さて、70歳に近くなった爺いの私にも、まだ夢はありますよ。秘密ですがね ・・・。

「ブールヴァード・オブ・ブロークン・ドリームス」。アメリカのロックバンド、「グリーン・デイ/Green Day」のヒット曲に同名のものがありますが、それとは違います。1934年の映画「ムーラン・ルージュ/Moulin Rouge」のために書かれた作曲家、「ハリー・ウォーレン/Harry Warren」と、作詞家、「アル・ダービン/Al Dubin」の手になるもの。

「アメリカン・ドリーム」を夢見た人たちが、大都会の現実の厳しさに直面し、夢半ばで挫折する。その夢が華やかな世界であればあるほど落胆は大きいかもしれない。夢を持ち、夢破れ、「ジゴロ」と「ジゴレット」に落ちぶれてしまった人々の哀愁を都会的なメロディが鮮やかに映し出す。あまたの夢破れし人たちに ・・・。

【 The Boulevard of Broken Dreams 】  ハリー・ウォーレン作曲、アル・ダービン作詞

「♪ I walk along the street of sorrow,   哀しみの大通りを彷徨う
  The Boulevard of Broken Dreams;   「夢破れ通り」と名付けられた通りを
  Where gigolo and gigolette        そこはジゴロやジゴレットが
  Can take a kiss without regret,     悔やむことなくキスできる場所
  So they forget their broken dreams.  彼らの夢が破れ去ったことを忘れるために

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ♪」
 
t02200276_0800100511732790868
 
多くのジャズ・シンガーのカバーがあるが、ちょっと思い出しても「ダイアナ・クラール/Diana Krall」、「ジャシンサ/Jacintha」、「エイミー・ワインハウス/Amy Winehouse」、「グレース・マーヤ/Grace Mahya」、「ウンサン/Woong San」など、映画の中では「コンスタンス・ベネット/Constance Bennett」が歌ったためか、女性シンガーが多いようだ。しかし、私には男性歌手の方が、なんとなくリアリティがあって共感できるような気がする。そこで選んだのは、大御所、「トニー・ベネット/Tony Bennett」と「スティング/Sting」のデュオ。アルバムは、なんと豪華な顔ぶれとのデュエットでしょう、「デュエット/Duets: An American Classic」。

Duets: An American Classic

Tony Bennett / Sony

「Tony Bennett duet with Sting – The Boulevard of Broken Dreams」
 
        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 
とはいうものの、やっぱり「ダイアナ・クラール」は外せませんな。「フロム・ディス・モーメント・オン/From This Moment On」(2006)の日本版にボーナストラックとして収録されていました。

フロム・ディス・モーメント・オン

ダイアナ・クラール / ユニバーサル ミュージック クラシック

若きダイアナの1996年、「モントリオール・ジャズ・フェスティバル」でのライブ。絶妙のギターは「ラッセル・マローン/Russell Malone」。

「Boulevard of Broken Dreams – Diana Krall at the 1996 Montreal Jazz Festival」
 
        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
 

 

あれから3年 ~ 再びの「Everything must change」 ~

Tags: , ,

s-11rikuzen006

 

2014年3月11日が近づいてきた。私の68歳の誕生日である。同時に、それは東日本大震災から3年目の日でもある。上の写真は、岩手県陸前高田市の高田松原跡地に立つ、松の木のモニュメント、ご存じ「奇跡の一本松」である。津波の直撃を受け、ほとんどの松の木がなぎ倒されて壊滅したが、たった一本だけが津波に耐えて、立ったままの状態で残ったことから、こう呼ばれた。この松を保護する活動が続けられたものの、根が腐り枯死と判断されたため、賛否両論の中で、モニュメントとしてレプリカを残すことになり、再び元の場所に立てられ、震災からの復興への希望を象徴ともなった。

そして3年目の春。報道などでは、復興が進んでいるところと、全く進んでいないところと、かなりの濃淡や温度差があるようである。しかし、いくら歩みは遅くとも、必ず復興は成し遂げられると思う。人とはそういう力を持った生き物だから ・・・。

「Everything must change」という曲、一度このブログ、「60歳過ぎたら聴きたい歌」で取り上げたことがある。(参照拙ブログ「60歳過ぎたら聴きたい歌(70) ~Everything Must Change~」) 3年たって、一本松の写真を見ていたら、変って欲しくないもの、変わって欲しいもの ・・・、それぞれに被災者の皆さんの気持ちが伝わって来るような気がする。そこで、前の未熟な訳をすこし修正し、再度取り上げてみようと思ったのである。

1215476143_SKYWARD

 

この曲は、作曲家としても知られている、米国ヒューストン出身のソウル・シンガー、「ベナード・アイナー/Benarad Ighner」が1974年に作詞作曲した曲で、同年、「クインシー・ジョーンズ/Quincy Jones」のアルバム、「ボディー・ヒート/Body Heat)」に、「ベナード・アイナー」自身による歌唱が収録されている。

さらに、この曲は、1975年に「ランディー・クロフォード/Randy Crawford」が歌ってヒットした。1979年には、ランディーは、「クルセイダーズ/The Crusaders」と作ったアルバム、「ストリート・ライフ/Street Life」の中でも歌い、さらなる大ヒットをさせてからは、ソウル・シンガーだけではなく、多くのジャズ・シンガーにも歌われるようになり、今ではスタンダード・ナンバーの一つと言ってもいい曲になった。

quincyjones

 

この曲について「クインシー・ジョーンズ」はこんなふうに語っている。

『この美しい歌は、神様から送られたメロディーの見本のようなものです。大変幸運なことにソング・ライターである「ベナード・アイナー」自身に歌わせることができました。・・・・ 彼に言ったのです。 「君こそ歌うべき人だ」ってね。・・・・ メロディーを書くのに、熟練やテクニックは必要ありません。それは神様からまっすぐに遣わされたメッセージなのです。』

 

 

 

【 Everything must change 】 作詞・作曲 ベナード・アイナー/Benarad Ighner

「♪ Everything must change  全ては移ろいゆく
Nothing stays the same  一つところに留まるものは何一つとしてない
Everyone must change   全ての人も変わりゆく
No one stays the same   変わらない人など誰一人いない

The young become the old   若き人もやがては老い
And mysteries do unfold      不思議はやがて不思議ではなくなる
Cause that’s the way of time    時というものはそういうもの
Nothing and no one goes unchanged  移ろわないものなど何一つないのだ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
And music makes me cry      そして、音楽は僕を泣かせる    ♪」

前回(参照拙ブログ「60歳過ぎたら聴きたい歌(70 ) ~Everything Must Change~」)では、「ニーナ・シモン/Nina Simone」、「レディ・キム/Lady Kim」の歌唱を紹介したが、今回は、「ベナード・アイナー」自身の歌を聴いてみましょうか。


Body Heat

Quincy Jones / A&M

「Quincy Jones Feat. Benard Ighner – Everything Must Change」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
 

 

60歳過ぎたら聴きたい歌 (88) ~ Soul Shadows 魂の影を追った頃 ~

TAGS: None

DSC_0109 (2)
 
庭にある鉢の苺が色づいてきた。妻が近くのホームセンターから買ってきたものである。特に手をかけたわけでもないのに、ちゃんと白い花が咲き、実がなった。摘んで食べてみたら、店で買うブランドの苺とは違って、ちょっと酸味は強いが、十分に甘い苺であった。

Aug30Donatelli
 
何年か前、CDショップでなにげなく手にとったアルバム。美人に目のない私、しかも成熟したセレブ風の熟女のジャケットが目に留まってしまった。「デニース・ドナテッリ/Denise Donatelli」のアルバム、「WHAT LIES WITHIN」であった。即ジャケ買い。通好みの地味?な選曲ながら、美貌、歌のうまさ、すこしハスキーな声、成熟した色気、哀愁、ジャズ・フィーリング ・・・、すべて備えた女性ジャズ・ヴォーカルを楽しむお手本のようなアルバムであった。

「デニース・ドナテッリ/Denise Donatelli」。生まれはペンシルヴァニア州で、1950年代らしい。家の周りにはポニーが遊ぶ牧場以外はなにもないという、相当な田舎で育ったという。幼い頃からピアノに親しんでいたが、その後、ジャズへの彼女の情熱が導いたのは、ピアノではなくボーカルであった。結婚後、いわゆるシングルマザーとなり、苦労した子育ても終えてから、ジャズ歌手になる夢をあきらめられず、2005年に遅咲きのデビューを果たしたという。セレブ然とした風情からは、そんな苦労人だったとは、少しも感じ取ることができない。そんな彼女、結構実力派で、CNN, Hyundai, Lexus, Mercedes-Benz といった有名ブランドのコマーシャル・ソングにも起用されているという。

WHAT LIES WITHIN

DENISE DONATELLI / SAVANT

denisedonatelli-tour
 
その後、彼女のことはしばらく忘れていたが、あるブログで最新アルバムが目に留まった。ジャケットから窺える美貌は健在であるようだ。そして、アルバム・タイトルは懐かしや、なんと「クルセーダーズ/The Crusaders」の代表曲の一つと言っていいだろう、「ソウル・シャドウズ/SOUL SHADOWS」ときた。1980年にリリースされ、大ヒットしたアルバム、「ラプソディ&ブルース/Rhapsody & Blues」の冒頭に収録されている曲である。作曲は、「ジョー・サンプル/Joe Sample」、作詞は、「ウィル・ジェニングス/Will Jennings」。そしてヴォーカルは、R&Bシンガーの「ビル・ウィザーズ/Bill Withers」であった。いや懐かしい ・・・。

さっそく届いたアルバムを聴いてみたら、軽快なボッサの洒落たサウンドに乗って、変わらぬドナテッリのハスキーな歌声が流れてきた。

「♪ San Francisco morning coming clear and cold 
            サンフランシスコの澄んで冷たくなってくる朝の中で
    Don’t know if I’m waking or I’m dreaming
             目が覚めているのか、夢を見ているのか分からない
     Riding with Fats Waller on the Super Chief
             ファッツ・ウォーラーとスーパーチーフ号に乗ると
      He said, music’s real, the rest is seeming
             彼は言った、音楽はリアルだ、他はみせかけに過ぎないと

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
     He left those soul shadows
             彼は魂の影を残した
       On my mind, on my mind, on my mind    
              私の心に、私の心に、私の心に        ♪」

この「デニース・ドナテッリ」の最新アルバムは、「ジェフリー・キーザー/Geoffrey Keezer」をアレンジャーに迎え、ロス在住のオールスター・バンドを従えたアルバムで、軽快で洒落たアレンジに乗って歌うドナテッリを久しぶりに聴いたが、はやり素晴らしかった。多分、もう60歳近いと推定されるが、その歌声もセレブな美貌も、衰えるどころかますます磨きがかかってきたというところ ・・・。 はて、こんな人を美魔女というのかな??

注)このアルバムは、「2013グラミー賞Best Jazz Vocal Album」にノミネートされた。 

SOUL SHADOWS

DENISE DONATELLI / Savant

早速、その美貌と哀愁の歌声を ・・・・。

「Denise Donatelli – Soul Shadows」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

「クルセーダーズ」のこの曲を、この上なく懐かしいと感じる世代の為に、オリジナルの「SOUL SHADOWS」の動画もあげておきます。

「Soul Shadows - The Crusaders ft. Bill Withers -」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

歌詞中に、「ファッツ・ウォーラー/Fats Waller」、「ジェリー·ロール・モートン/Jelly Roll Morton」、「サッチモ/Satchmo/Louis Armstrong」、「ジョン・コルトレーン/John Coltrane」の名前が出てくるが、今振り返ると、私もまだ若かったあのころは、まだ多くのジャズの巨人たちの残した「魂の影」を追いかけていたのです ・・・。

 
 
 

60歳過ぎたら聴きたい歌(87) ~ Music On The Way ~

Tags: , ,

DSCN5294
(写真;遊び場の山に咲くコバノミツバツツジ)

ある番組で耳にしたいい曲がある。ローカル局NHK神戸放送局が毎週金曜日の夕方、6時40分ごろからオンエアしている「ジャズライブ神戸」。関西地方で活動しているジャズ・ミュージシャンが2曲ほどライブ演奏する番組。大体いつも食事をしながら視聴している番組。

耳に残った曲は、「Music On The Way」。曲はもちろん、作曲者も全く知らなかったのだが、「ヘンリー・マンシーニ/Henry Mancini 」の曲である。番組では、映画「男の闘い/The Molly Maguires」(1969年)の挿入歌であるといっていたが、サウンド・トラックを調べてみても載っていないので、本当かどうかは定かでない。しかし、「ヘンリー・マンシーニ」のベスト・アルバムなどには収められているので、「マンシーニ作曲」というのは確かなようである。

Ultimate Mancini

Henry Mancini / Concord Records

自分の人生の途中で出会ったかけがえのない友を音楽にたとえているのであろうか、そのような友をもてた自分の人生を一曲の詩、音楽にたとえているのであろうか、そんな内容の歌に思えます。敢えて訳さずにおきましょうか。

【 MUSIC ON THE WAY 】  Music by Henry Mancini/Lyrics by Will Jennings

「♪ Oh my friend, we’ll meet again someday
   You made life worth the price we all pay
   When the whole world goes wrong
   The magic of your song creates a place
   Here in my soul
   Where hope can stay.

   And I loved the music on the way
   Did you know that I’ve won, come what may
   I am part of your song
   And you knew it all along
   You gave me music on the way.

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  ♪」

68d054ab67bd79b9144282d006632
 
グラミー賞にノミネートされたトリビュート盤、「Ultimate Mancini」に収録されているこの歌の歌唱の歌い手は、実は「モニカ・マンシーニ/Monica Mancini」。「ヘンリー・マンシーニ」の双子の娘の娘の一人である。父、マンシーニ楽団のコーラス・グループの一員としてキャリアを積み、今は実力派の中堅ジャズシンガーとして活躍しているという。そんな彼女の実力が窺えるアルバムが、父マンシーニの映画音楽を中心にしたアルバム「Monica Mancini」のようだ。

Monica Mancini

Monica Mancini / Warner Bros / Wea

2枚のアルバム、いずれも聴いてはいません。そして、YOUTUBEにもアップされていないようです。番組で聴いた歌唱を思い出しながら、歌詞をみて余韻を噛みしめることにしましょうか ・・・。

参考)MP3ダウンロード用の画面で、ほんのちょっと試聴できます。

 
 

60歳過ぎたら聴きたい歌(86) ~Come Rain Or Come Shine ~

Tags: , ,

DSC_0695
 
ご近所の庭先の梅やサンシュユ(山茱萸)の花が満開である。ウォーキングの道筋の林からは、いかにも鶯らしい鮮やかな鳴き声が聞こえだした。そして、20度近くまで気温が一気に上がる。春本番を思わせる陽気。春物のメンズのカットソーを一枚買った。しかし、北日本ではまた暴風雪に注意が必要だという。

ご贔屓のカフェ、「気遊」の窓辺に置かれた櫻の一枝。どう考えても開花にはまだ早い桜の枝である。聞けば、庭の櫻の枝を採って瓶にさしていたら、室内の暖かさのためだろうか、いつの間にか花が咲いたという。しかし、翌日は一転、小雨混じりの曇天。風も強く、一気に冬へ逆戻り。「三寒四温」、「一雨毎の暖かさ」とはよく言ったもので、こんな天気を繰り返しながら、もうそこまで、ほんのすぐ近くまで春が来ているのである。 

そして、3月11日。あれから2年目である。TVではその特集。今でも言葉を失う。復興の速度にいらだつ。そして、この日は私の67歳の誕生日でもある。昨日は孫娘が誕生プレゼントをもって、我が家に遊びに来てくれた。

昭和21年(1946年)、信州・松本に生まれ、JAZZや映画やミステリーなどに目覚めた高校プラス1年までを松本ですごし、1969年(昭和44年)、大阪万博の前年、学生運動の真っただ中、仙台の大学の工学部と軽音楽部とを卒業、小さな頃から親父を見て、エンジニアになりたかった夢をかなえるため、大阪のメーカーに就職。やがて、ひょんなことから結婚、3人の男の子を育て終え、現在の地に居を構えてから20年近くになる。その間、大した被害も受けずに済んだが、阪神大震災を経験し、三男はJR福知山線脱線事故にあったが、幸いにもかすり傷で済み、子供たちは、それぞれに巣立っていった。会社人生で、異動は何回も経験したが、珍しことに転勤は一度もなく、会社生活の後半は、事業責任者として経営に苦労しつつ、最後は妻に空港まで送迎して貰いながら、週一の東京出張、欧米・中国を駆け巡って、定年を迎えた。団塊世代のサラリーマンなら、誰もが過ごしてきた山あり谷ありの、ごく普通の企業戦士?の人生であった。 

そして今、山の手入れ、炭焼き、地域の子供たちと遊ぶボランティア活動、JAZZ三昧、工作 ・・・。いまが一番穏やかで充実した生活を送っているのでは ・・・と実感している。 

そんな、67歳の誕生日にとりあげる曲は、ブルースの名曲、「Come Rain or Come Shine」。邦題は、「降っても晴れても」。私が生まれた年、1946年に「ジョニー・マーサー/Johnny Mercer」作詞、「虹のかなたに/Over the rainbow」で有名な、「ハロルド・アーレン/Harold Arlen」作曲によってなる曲。

【 Come Rain or Come Shine 】

「♪ I’m gonna love you
   Like nobody’s loved you,
   Come rain or come shine,
   High as a mountain
   And deep as a river,
   Come rain or come shine,

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   You’re gonna love me
   Like nobody’s loved me,
   Come rain or come shine,
   Happy together, unhappy together,
   Won’t that be fine?

   Days may be cloudy or sunny
   We’re in or out of the money
   But I’m with you always
   I’m with you rain or shine

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  ♪」

う~~ん、この歌詞の心境に、だんだんと近づいてきたのかな ・・・・。
まあ、「♪ 人~~生、楽ありゃ苦もあるさ~~ ♪」なんて、かってのTV時代劇、「水戸黄門」の主題歌の方が分かりやすいかも知れませんが ・・・。

Music_wallpapers_437
 
この曲本当に多くのアーティストたちにカバーされているが、ブルースの名人「B.B キング/B.B King」、そして彼をこよなくリスペクトしているロック・ミュージシャン、「エリック・クラプトン/Eric Clapton」の共演アルバム、「ライディン・ウィズ・ザ・キング/Riding With The King」(2000)から聴いてみましょうか。

「エリック・クラプトンとB.B.キングがはじめて2人でレコーディングしたのは、キングの1997年のアルバム『Deuces Wild』だった。この経験に気をよくした2人は再度の共演を決心した。それからほどなく、クラプトンはアメリカのTV番組への出演時に、残された夢のひとつはB.B.キングとフルアルバムを制作することだと公言した。 ・・・・ 」 (「Amazonレビュー」より)

二人の男の友情、気概にも乾杯 ・・・。

ライディン・ウィズ・ザ・キング

B.B.キング&エリック・クラプトン / ワーナーミュージック・ジャパン

「Come Rain or Come Shine – B.B King / Eric Clapton」
 
       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
 
 
 



© 2009 JAZZYな生活. All Rights Reserved.

This blog is powered by the Wordpress platform and to just Go Beach Rental.