JAZZYな生活

プレミアムエイジ ジョインブログ

私の洋楽的原点のひとつは ・・・

TAGS: None

ピーマン
ミニトマト

 帰省から帰ってみると、「ピーマン」、「ミニトマト」、「ナス(茄子)」 ・・・などの花が咲いている。これまであまり野菜の花などまったく気にしなかったが、ここまで庭に野菜派の勢力が広がると気にせざるを得ない。観賞用の花とは全然違うが、これはこれで個性的。

オカヒジキ

 夜の食卓には、松本で仕入れていた、「オカヒジキ(陸鹿尾菜、陸羊栖菜)」が上がる。シャキシャキ感、みずみずしさ。私はこれが大好物である。家庭菜園で可能かどうかわからないが、今住んでいるところでは手に入らないので、これを我が家で栽培してくれたらいいのになあ。提案してみようっと。

 久しぶりの松本への帰省。思いは少年時代にタイム・スリップ。父親が電気技術者で、夜行列車で秋葉原へ行き、部品を買って帰ってきては、近所の注文を受け、ラジオやアンプなどを組んで副業としてた。その影響でわたしも「ラジオ少年」だった。 自作の5球スーパーヘテロダイン受信機?で、夜な夜な音楽番組を聞き、曲の名前やプレイヤーを覚えたものだ。気に入ってもLPやレコードなんぞとても買えない私は、これまた自作のアンプ、スピーカーボックスで「ソノシート」なるものをよく聴いていた。これが私の音楽的、とりわけ洋楽的原点である。

 そんな曲の中に、突然の雷鳴と雨の音でイントロが始まる懐かしい曲がある。「Rhythm Of The Rain (悲しき雨音)」。この時期に懐かしく思い出す曲。「カスケーズ/The Cascades」によって1962年にヒットした、間違いなく私の洋楽的原点の曲の一つである。

「Rhythm Of The Rain (悲しき雨音) – THE CASCADES」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

  

  

続・梅雨が近づくと ・・・

Tags: , ,

コモチシチダンカ3

 5月もあっという間に終わり、もうすぐ6月。梅雨。「アジサイ(紫陽花)」の季節が近づいてきた。我が家には毎年、一般的な「アジサイ」より一足先に咲く「アジサイ」がある。その「コモチシチダンカ(子持ち七段花)」が、可憐な花を咲かせ出した。

 かって「幻のあじさい」、「シーボルトのあじさい」と呼ばれていたという「シチダンカ(七段花)」は、兵庫県の六甲山系に自生する「ヤマアジサイ」の一種で、江戸時代末期に長崎にやってきたオランダ人「シーボルト」が発見し、その著書「日本植物誌(フローラ・ヤポニカ)」で紹介して、その名が知られるようになったが、実物や標本を見たという日本人が現われず、長らく「幻のアジサイ」と呼ばれていた。昭和34年(1959)に神戸市立六甲山小学校の職員が、六甲ケーブルの沿線で偶然、発見し採取し大変話題になったという。シーボルトの発見以来、実に130年あまり「幻の花」であったという「アジサイ」である。

コモチシチダンカ5

 この花を増殖栽培した六甲山の森林植物園で何年か前に求めたものであるが、毎年、その小さな星形の花弁?が楽しませてくれる。淡い青紫色だが、咲き始めは淡いピンク、咲き進むに従ってと薄紫へと変化してくるのも楽しみ。

 さて、ボッサ・テイストの雨の歌といえば、「やさしい雨/The Gentle Rain」。映画「黒いオルフェ(ポルトガル語: Orfeu Negro、英語: Black Orpheus)」の主題歌、「Manhã de Carnaval(邦題;カーニバルの朝)」で知られる「ルイス・ボンファ/Luiz Bonfa」の作曲。英語詩は、「マット・デュビイ/Matt Dubey」。もとは、1966年のブラジル映画「ザ・ジェントル・レイン/The Gentle Rain」の主題歌だという。

【 The Gentle Rain 】  by Matt Dubey / Luiz Bonfa

「♪ We both are lost        お互いにこの世で迷子になった
   And alone in the world     孤独なふたり
   Walk with me          一緒に歩いてゆこう
   In the gentle rain        このやさしい雨の中を 
   Don’t be afraid, I’ve a hand   怖がらなくていいよ 手を握っているから 
   For your hand and I       僕の手は君の手のためにあり、君の手は僕のために  
   Will be your love for a while   しばらくの間 君の愛が欲しい

   I feel your tears as they fall   君の涙が僕の頬を
   On my cheek           伝い落ちるのを感じる
   They are warm like gentle rain   それは温かく、優しい雨のよう
   Come little one you have me in the world さあ、二人してこの世界へ一歩踏み出そう
   And our love will be sweet    僕たちの愛はきっと甘く
   Very sweet            そして優しい

   Our love will         僕たちの愛はきっと甘く
   Be sweet very sad      とても切なく
   Very sweet like gentle rain  とても優しい、この雨のように
   Like the gentle rain      この雨のように
   Like the gentle rain      この雨のようにね     ♪」

 トップは、「シーボルトのあじさい」になぞらえて、オランダのおしどりデュオ、「マリエル・コーマン & ヨス・ヴァン・ビースト・トリオ/Marielle Koeman & Jos Van Beest Trio」。コンサートに行ったこともありますが、マリエルの歌うボッサは本当に心地よい。アルバム、「Between You And Me」から。

BETWEEN YOU & ME

マリエル・コーマン & ヨス・ヴァン・ビースト・トリオ / 澤野工房

「Gentle Rain – Marielle Koeman en Jos van Beest Trio」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 そして、もうひとりボッサを歌わせたら・・・というのは、「ステイシー・ケント/Stacey Kent」。パートナー、「ジム・トムリンソン/Jim Tomlinson」名義のアルバム、「ブラジリアン・スケッチ/Brazilian Sketches」でおしどりデュオの「やさしい雨」をとろけるように歌っている。

ソー・ナイス~ブラジリアン・スケッチ~

ジム・トムリンソン / キングレコード


「Stacey Kent – Gentle Rain」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 最後は、少しジャズっぽく締めましょうか。「イーデン・アトウッド/Eden Atwood」。1969年、テネシー州メンフィス生まれ。歌手にとっては致命的ともいえる声帯の手術をし、復活した芯の強い女性ボーカル。

No One Ever Tells You

Eden Atwood / Concord Records

「Eden Atwood – The Gentle Rain」 (出だしからしばらくかすかな雨の音が続きます)

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
  

  

観桜ご近所ドライブツアー(5)  ~ 都会の桜 西宮ガーデンズの桜 ~

TAGS: None

DSCN7417
DSCN7421

 いままでの桜の名所は、本当にご近所で、いずれも車で15分くらいのところにある。この日の花見は、ちょっと気分を変えて、観桜ご近所ドライブ&ランチとし、車で30分ほどの大規模ショッピング・モール、「阪急西宮ガーデンズ」へ。ここの屋上には、「西宮権現平桜(にしのみやごんげんだいらざくら)」という桜が植えられている。この桜にはちょっとしたストーリーがある。和歌山県白浜町才野の「熊野権現神社」の周辺には、「権現平桜」と呼ばれた山桜が多く植えられていたが、戦時中に全て伐採され、絶滅したと思われていた。しかし、奇跡的に3本の幼木が生き延びているのを発見、「西宮植物生産研究センター」が、その種を譲り受け、平成2年より植物バイオテクノロジーによる増殖に取りくみ、平成5年の春、初めて開花に成功させたという。奇跡的に蘇った桜が今、都会のビルの屋上に見事に咲き、その周りで人々が憩い、楽しんでいる。

DSCN7426

 帰り道、猪名川河畔に車を止め、土手に上がり、翻る鯉のぼりを見ながら息を大きく吸ってみた。五月山の桜も満開のようである。妻のリクエストで、「ヨモギ(蓬)」を袋いっぱい摘んだ。春である。

 今宵の曲、アジアの歌姫、フィリッピン出身の「ジーナ・ロドウィック/Jheena Lodwick」の歌を贈りましょうか。伸びやかでピュア―、張りがあるが決して硬くはないしなやかな高音には本当に癒される。1950~60年代の懐かしいPOPSのヒット曲集、アルバム「All My Loving」から、「エメラルド・シティ/Emerald City」。「エメラルド・シティ」といえば、「オズの魔法使い/The Wonderful Wizard of Oz」だが、この歌の元歌は、ベートベンの「喜びの歌」である。

b0102572_17455845

  
  

All My Loving

Jheena LodwickJvc / Xrcd

「Emerald City – Jheena Lodwick」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

  

  

山でも春の気配が濃くなってきた

TAGS: None

DSCN7157
サンシュユ

 これから開花を迎える「エドヒガン(江戸彼岸)」桜の群生林にあって、今、1本だけその黄色が目立つのは「ダンコウバイ(壇香梅)」。種子に強い香りがあるため、「檀香梅」と名付けられたという。春、芽吹く前に黄色い小さな花を枝に無数に付ける。そして「サンシュユ(山茱萸)」も。

DSCN7170

 散策路に落ちているのは鹿の抜け毛。普通、冬毛から夏毛への生え変わりは5月ころであるので、生え変わりにしては、少し早いかも知れない。また、この時期は雄鹿の角が生え変わる時期でもある。運がよければ、この山中で見つけることもある。

DSCN7168

 この日の伐採作業で、見晴らしもすっきりし、すっかり「エドヒガン」の開花を迎える準備もできた。

sara-gazarek-pose-strapless

 花が咲けば、よってくるのが「ハチ(蜂)」。「スズメバチ(雀蜂)」をはじめ、この山でも多くの種類の蜂が生息している。

 ということで、今宵の曲は、「サラ・ガザレク/Sara Gazarek」の「Blossom & Bee(花とミツバチ)」。 大分前に何回か紹介したが、デビュー盤、「ユアーズ/Yours」(2006)、第2作、「リターン・トゥ・ユー/Return To You」(2007)で、ナチュラルでオーガニックな歌声が話題になった女性歌手である。

 1982年、米国シアトル生まれ。女性ジャズ・シンガー。幼少時からジャズを始めとした芸術に触れて育つ。ハイスクールでジャズを学び、在学中の2000年には「リンカンーン・センター」で行なわれた「エリントン・ジャズ・フェス/the Essentially Ellington Competition」で第1回「エラ・フィッツジェルド賞/Ella Fitzgerald Charitable Foundation Vocal Soloist Award」を受賞したという実力派。同年、南カリフォルニア大学の「ソーントン音楽スクール」に進み、幾多のジャズ・アーティストたちとも共演し、プロデューサーに認められ、2006年にデビューを果たした。

 自然体でシンプル、それでいてJAZZYな感性をも併せ持つオーガニックな歌声が「癒し系」と称される由縁であろう。リスペクトする「ブロッサム・ディアリー/Blossom Dearie」への想いを込めたアルバムが、「花とミツバチ ~ブロッサムへ/Blossom & Bee」(2012)。そこからタイトル曲を。

【 Blossom & Bee 】
        by Lawrence Goldings, Sara Gazarek, Bill Demain

「♪ You are the spring, and I am the autumn,   あなたは喜びの春、でも私は憂いの秋
  While your song has just begun,        あなたの歌は始まったばかりなのに
        mine’s been forgotten       私の歌はもう忘れられてしまうのね
  If you are now, then I’m in a while, この恋があなたには今だけでも、私にはもっと長い
  And if you’re giving me an inch,   あなたにはたった1インチくらいと思っても
  I’d walk a mile in this love     わたしには1マイルもの長さのように感じるわ

  Just like a dawn that meets the morning sunrise, 夜明けが太陽を迎えるように
  Or how a river meets the sea,           川が海へと注ぐように
  I never knew the kind of love I needed,      こんな素晴らしい恋を知らなかった 
  Blossom & Bee                花とミツバチのようなこの恋を

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・   ♪」

Blossom & Bee

Sara Gazarek / Palmetto Records

「Sara Gazarek - Blossom & Bee」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
  

  

音楽的同志「A」君へ

TAGS: None

strangers8

 一枚のハガキが届いた。学生時代のバンド仲間のA君から。そこには、「・・・進行性の難病を発症し、2年経過した今、日常生活でも息切れすることが多くなり、リタイア後、アルトサックスで6回、ギターで1回7年間続けたJAZZ LIVEを断念することにした ・・・」とあった。(A君については、当プレミアムエイジ内「勝手にシンドバッド/心配」などをご参照ください)

 彼は、私の学生時代のバンド仲間でサックスを吹いていた。そのテクニックはかなりのもので、彼は我がバンドの音楽の方向性やキャラに不可欠だったと言っても過言ではなかった。就職後、音楽活動からは遠ざかっていたが、定年を機に、ふたたびサキソフォンを手に取り、プロの指導を受け、ジャズクラブでライブを開くまでに腕を上げていった。病を発症してからは、サキソフォンに変えてギターをはじめ、これまたライブを開くレベルまで瞬く間に上達していった。そして7年間、年1回のライブを続けていたのである。そんな彼がライブを断念したというのである。

Tony-Bennett

 毎年、ライブの案内をもらいながら、行けなかったことが残念。ただ遠くから快復を願うばかり。彼のハガキは、「これからは、音楽、読書、映画鑑賞などまだまだ人生を楽しみたいと思います」と結ばれていた。察するに余り有るが、「人生楽しみ方はいくつもある」と元気づけたい。

 そんな彼に贈る曲は、「The Good Life」。この曲は元々、フランスのシンガー・ソングライター、音楽家、俳優の「サッシャ・ディステル /Sacha Distel」によって、1962年にメロディがつくられたという。ジャズのスタンダードとなったのは、1963年、「トニー・ベネット/Tony Bennett」が最初に英語詩でレコーディングし、ヒットしたからである。そして、1973年にはディステル自身によってフランス語の歌詞がつけられたという。「トニー・ベネット」のほか、多くのアーティストたちによってカバーされている。

【 The Good Life 】   
    作詩;ジャック・リアドン/Jack Reardon 作曲;サッシャ・ディステル/Sacha Distel

「♪ Oh, the good life,         そうね、グッドライフ
  full of fun seems to be the ideal  楽しさ一杯で理想的な生活におもえるわね
  Mm, the good life,         ふ~ん、グッドライフ
  let’s you hide all the sadness you feel 悲しみを感じてもみんな覆い隠してくれるも・・・
  You won’t really fall in love      でもあなたが本当の恋に落ちることはないでしょうね
  for you can’t take the chance     あなたにそんなチャンスは訪れないだろうから
  So please be honest with yourself,   だから自分自身に正直になりなさいよ
  Don’t try to fake romance       偽りのロマンスを作り上げてはいけないわ

  It’s the good life           グッドライフ、私が思うには
  to be free and explore the unknown まだ経験してないことを恐れずに求めていくこと
  Like the heartaches          それがたったひとりで向き合わなければならない
  when you learn you must face them alone    「心の痛み」だとしても
  Please remember I still want you, どうぞ忘れないで 私がまだあなたを想っていることを
  and in case you wonder why      そして人生に疑問を感じたり、道に迷ったら
  Well, just wake up,           目を覚まして、
  kiss the good life goodbye    あなたの思うグッドライフにさよならをしてほしい ♪」

I Wanna Be Around

Tony Bennett / Sbme Special Mkts.

「Tony Bennett – The Good Life」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
  

  

ことしもお世話になりました

Tags: , ,

dscn6544

来年は酉年。「酉(とり、ゆう)」は十二支のひとつで、「緧({糸酋})」(しゅう:「ちぢむ」の意味)で、果実が成熟の極限に達した状態を表しているとされる。後に、覚え易くするために動物の鶏が割り当てられたという。さらに、「十干」と「十二支」を組み合わせた「干支」は、「丁酉(ひのととり、ていゆう)」。「丁酉」の「丁」は「ひのと(火の弟)」とも言われ、人工的な火を表し、「酉」は、加工された金属を表すという。「火は金属を溶かす」、そのことから、「丁酉」は「相剋(そうこく)」、陰陽五行説では天地の平衡が失われるという意味を持っているという。(参照NETより)

来年の干支にちなんで、鳥のオブジェを窓辺に置いてみた。

さて、今年最後は、私の好きな「鳥」の曲のいくつかを ・・・。最初は、「Songbird」、1996年若くしてなくなってしまった「エヴァ・キャシディ/Eva Cassidy」です。「Eva By Heart」(1997)、「Songbird」(1998)、「Simply Eva」(2011)など、死後リリースされたいくつかのアルバムに収録されています。その澄んだナチュラルな声は今も人々を癒し続ける。

Songbird

Eva Cassidy / Blix Street

Eva by Heart

Eva CassidyLiason

Simply Eva

Eva Cassidy / Blix Street


「Eva Cassidy – Songbird」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

演奏の方も。「Night Bird」。「エンリコ・ピエラヌンツィ/Enrico Pieranunzi」と「チェット・ベイカー/Chet Baker」とのコラボアルバム、「Soft Journey ~Chet Baker Meets Enrico Pieranunzi~」(1980年録音)から。作曲はピエラヌンツィで、1979年12月と1980年1月に分けて年越しで、ローマのスタジオで録音されたという。パーソネルは、「Chet Baker- Trumpet」、「Enrico Pieranunzi – Piano」、「Maurizio Giammarco – Tenor Sax」、「Ricardo Del Fra – Bass」、「Roberto Gatto – Drums」。

Soft Journey[輸入盤]

Chet Baker / Egea

「Chet Baker with Enrico Pieranunzi – Night Bird」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

再び女性ボーカルで締めます。「Bird Alone」。この歌が好き。「レディ・キム/Lady Kim」で、アルバム、「レフト・アローン/Left Alone」から。オリジナルは、「アビー・リンカーン/Abbey Lincoln」の自作の歌。

「♪ Bird alone flying high  鳥が飛んでいる たった一羽で
   Flying through a clouded sky  曇り空を
   Sending mournful soulful sounds  悲しげでソウルフルな思いが伝わってくる
   Soaring over troubled grounds   トラブルに満ちた地上を見下ろして

   Bird alone with no mate  鳥が飛んでいる 仲間もなくたった一羽で
   Turning corners tempting fate  旋回することがまるで宿命かのように
   Flying circles in the air      輪を描きながら飛んでいる
   Are you on your way somewhere  どこか自分の目的地を目指して
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・     ・・・・・・・・・・・・・・・・ ♪」

レフト・アローン

レディ・キム / ヴィレッジ・レコード


「Lady Kim – Bird Alone」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
  

  

川沿いを歩いた夜は真夏のノクターンを

Tags: , , ,

DSCN2013

車をメンテのためディーラーに預け、ちょっと暑いが、阪急川西能勢口駅までと、猪名川沿いに歩きはじめる。この近辺には、応神天皇の時代に、我が国に裁縫、機織、色染めの技術を伝え、現在も神社に祀られている二人の媛、「呉服媛(くれはとりひめ)・穴織媛(あやはとりのひめ)」にまつわる伝説、史跡、地名が多く残っている。「呉服媛」の所縁の橋、「呉服(くれは)橋」、媛たちの乗った船がついたといわれる「唐船ケ渕(とうせんがふち)」、「絹延橋(きぬのべばし)」などがそれで、その昔、養蚕技術や機織技術をもった朝鮮半島からの渡来人たちが、この近辺に住み着いていたことを推測させる。川面を心地よい風が吹き抜け、あまり暑さを感じない。

DSCN2016

昔からの屋敷が立ち並ぶ住宅街の狭い道を行くと小さな森に囲まれた延喜式内社、「小戸神社(おおべじんじゃ)」の前に出る。兵庫県指定天然記念物、「大楠 」を過ぎるともう阪急川西能勢口駅。

買い物とランチを済ませ、車を引取りに来た道とは違った経路を戻る。市の中心部が再開発中で、更地となっただだっ広い土地や、建設用クレーンが目に付く。そんな都会の一角から、甘酸っぱい独特の香りがあたり一面に漂っている。川西市の名産で今が旬のいちじく畑である。

gonzalo-rubalcaba-charlie-haden-ph

さて、こんな真夏の宵には、真夏のノクターン。前回に続いて、最高のベーシスト、「チャーリー・ヘイデン/Charlie Haden 」と、ピアニストの「ゴンサロ・ルバルカバ/Gonzalo Rubalcaba」が、パーカッショニストの「イグナシオ・ベロア/Ignacio Berroa 」というキューバ出身のチームとトリオを組み、きら星のごときゲストたちを迎えてプレイしているアルバム、「ノクターン/Nocturne」。

うっとりとするようなこのアルバム、もはや説明不要。パーソネルは、「Charlie Haden(b)」、「 Gonzalo Rubalcaba(pf)」、「Ignacio Berroa(ds) 」、「Joe Lovano(sax)」、「David Sanchez(sax)」、「Pat Metheny(g)」、「Federico Britos Ruiz(violin) 」。録音は2000年、8月、マイアミのスタジオにて。

Nocturne

Charlie Haden / Umvd Labels

何曲かは何回も取り上げているが、今回は全11曲、トラックリスト順にアップしておきます。真夏のノクターン、たっぷりとお楽しみください。
1)En La Orilla Del Mundo (At The Edge Of The World)
2)Noche De Ronda (Night Of Wandering) ft;Pat Metheny
3)Nocturnal
4)Moonlight (Claro De Luna)
5)Yo Sin Ti (Me Without You)
6)No Te Empenes Mas (Don’t Try Anymore)
7)Transparence
8)El Ciego (The Blind)
9)Nightfall
10)Tres Palabras (Three Words)
11)Contigo En La Distancia/En Nosotros (With You In The Distance/In Us)

「① Gonzalo Rubalcaba & Charlie Haden – En La Orilla Del Mundo (At The Edge Of The World)」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

「② Pat Metheny, Charlie Haden & Gonzalo Rubalcaba – Noche De Ronda (Night Of Wandering)」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

「③ Charlie Haden & Gonzalo Rubalcaba – Nocturnal」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

「④ Charlie Haden – Moonlight (Claro de Luna) 」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

「⑤ Gonzalo Rubalcaba & Charlie Haden – Yo Sin Ti (Me Without You)」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

「⑥ No Te Empeñes Mas(Don’t Try Anymore) – Charlie Haden」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

「⑦ Charlie Haden & Gonzalo Rubalcaba – Transparence」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

「⑧ harlie Haden & Gonzalo Rubalcaba – El Ciego (The Blind) 」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

「⑨ Nightfall – Charlie Haden & Gonzalo Rubalcaba」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

「⑩ Charlie Haden – Nocturne – Tres Palabras (Three Words)」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

「⑪ Charlie Haden – Contigo En La Distancia/En Nosotros (With You In The Distance/In Us)」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
  

  

どんな味? マンゴーみたいな味です

Tags: , ,

ヤマボウシの実

久しぶりに山頂まで上がり、付近の間伐を行う。汗だくで上がってきたが、木漏れ日が目にやさしく、上昇気流による湖面からの風が心地よい。うるさいくらい蝉が鳴いているが、目立って聞こえるのは「ミンミンゼミ(ミンミン蝉)」。我々の住宅地と違って、まだまだ「クマゼミ(熊蝉)」に覇権を奪われてはいないようだ。ひとしきり伐採作業を続けて、この暑さの中、早々に山を下る。この公園に多く植わっていて、初夏に目を楽しませてくれた「ヤマボウシ(山帽子、山帽子)」に実が付いてるのに気がついた。秋になると、赤く熟れたあの味を想像してしまう。どんな味かって? マンゴーみたいな味です。

ウルスラ・アンドレス

「マンゴーの木の下で/Underneath the mango tree」というトロピカル・ソングがあります。007シリーズの第一作、「007は殺しの番号/邦題;007 Dr. No」(1963年日本公開)の主題歌で、「ウルスラ・アンドレス/Ursula Andress」が演ずる「ハニー・ライダー/Honey Rider」の登場のシーンで彼女が口ずさんでいた歌である。アテレコらしくオリジナルは、「ダイアナ・カップランド/Diana Coupland」。ボンド役の「ショーン・コネリー/Sean Connery」も口ずさんでいるが、007シリーズ唯一ここだけの、ボンドの歌声だという。

たしか大学1年生の時に映画館で見たが、「ハニー・ライダー」が白いビキニ姿で海から上がってくるシーンは、そのグラマラスでセクシーな肢体に思わず鼻血ブーであった。このシーンは007シリーズを通して、最もセクシーなシーン」に選ばれているという。007シリーズは最新24作目の、「スペクター/原題:Spectre」まで全て見ているが、第一作、「007は殺しの番号」は、我が青春のシネマ・グラフィティの一つでもある。

ドクター・ノオ (デジタルリマスター・バージョン) [DVD]

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

そのシーンをちょっとだけ ・・・。

「James Bond – Dr No – Underneath the mango tree with Honey Rider -  Diana Coupland」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

「マンゴーの木の下で」を書いたのは、音楽監督の「モンティ・ノーマン/Monty Norman」。オープニング・テーマで有名な「ジョン・バリー/John Barry」は、ノーマンを映画製作者が気に入らなかったため、急遽バリーが主題曲の編曲を担当したため、第一作ではクレジットされていなかったという。

【 Underneath The Mango Tree 】Music & lyrics by Monty Norman  

「♪ Underneath the mango tree    マンゴーの木の下で
   Me honey and me can watch for the moon  恋人と私は月を見ている
   Underneath the mango tree    マンゴーの木の下で
   Me honey and me make boolooloop soon   恋人と私はboolooloopを作ろう

   Underneath the moonlit sky    月が輝く空の下で
   Me honey and I can sit hand in hand   恋人と私は手をつないでいるわ
   Underneath the moonlit sky    月が輝く空の下で
   Me honey and I can make fairyland    恋人と私はおとぎの国を作るわ

   Mango, banana and tangerine   マンゴー、バナナ、みかん
   Sugar and ackee and cocoa bean  砂糖とアキーにカカオ豆
   When we get marry we make them grow  私たちが結婚したら
   And nine little child in a row     それらと九人もの子供を大きく育てるわ

    ・・・・・・・・・・・・・・       ・・・・・・・・・・・・・  ♪」

どんな歌手か全く知りませんが、「シベーリ/Cibelle」の歌う「マンゴーの木の下で」。

Las Venus Resort Palace Hotel

Cibelle / Crammed Disc Us

「Cibelle – Underneath the Mango Tree」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
  

  

腹も立つが、結局Windows10へアップグレードを

TAGS: None

DSC_0923

マイクロソフト社の「トリッキーで強引だ!」と評判悪いWindows10への自動アップグレードが7月1日から打ち切られた。これからは利用者が更新するかしないかを自ら選択できる選択肢を際立たせるという。当たり前の話である。私のPCにもその問題になったトリッキーなメッセージは何回も届いていたが、注意深く対応し、勝手にアップグレードが始まるという事態には至らなかった。しかし、無料のアップグレードの期限は7月29日までである。Windows7を使いながら、今後予定されるサポート打ち切りへの対応やウィルス攻撃などをかわしていくだけの技術力も知識もとうてい持っていない。

一応溜飲も下がったことだし、まあ アップルに乗り換えない限りマイクロソフト社とは縁は切れないと覚悟して、Windows10へのアップグレードを思い立って実施した。ダウンロードと構成に約1時間、アップグレードにも約1時間ほどかかった。

結果、さほど早くなったとも思えないが、このブログ記事も含め、私が日常的に使っている範囲では、問題はまだ発生していない。ただ、SDカードとプリンターの認識ができなかったため、SDカードはスロットへの挿入、プリンターは電源を入れたまま、PCを立ち上げて認識させることが必要であった。

さて、皆さん、「NETショッピングしたり、アクセスしたHPに関連した広告やメールがどうして届くのか?」。そんな疑問を持った経験がおありでしょう。すべて記録され、NETを通じて分析され、企業等のマーケティングに活用されているからです。

個人情報が漏れていなければ、直接DMが届くことはまだ無いでしょうが、PCがスマートフォンが、モバイルが個人の行動の中で大きなウェイトを占めれば占めるほど、どんな記事を読んだのか、どこへ行ったのか、どんな買い物をしたのかなどのその人の趣味、嗜好、性癖などが裸にされ、ビッグデータに組み込まれていく。多分もう技術的には確立し、隠されてはいるが、そんな時代へこのアップグレードによって、また一歩進んだのではないかという危惧が拭えません。利用者に選択肢のないMS社の独占状態、そんな隠しドアならぬ隠しウィンドウが組み込まれていなければいいのだが ・・・。

アップグレードを終え、ウォーキングの道筋では、もう蝉が鳴き出していた。梅雨明けも間近か。

Sade-sade-4790402-1024-768

「OS = Operating System」ということで、エキゾチックな用紙と歌唱で一世を風靡した「シャーデー/Sade 」の「 スムース・オペレーター/Smooth operator」を 聴いてみましょうか。「世渡り上手の八方美人、口説き上手のC調男」とでも訳しましょうか。最近いましたね、こんな政治家が ・・・。

「シャーデー/Sade」とは、個人ではなく、ナイジェリア出身の父と、イギリス人の母を持つヴォーカルの「シャーデー・アデュ(ヘレン・フォラシャーデー・アデュ)/Helen Folasade Adu」を中心とする4人組のイギリスのグループだという。そして、この曲は彼らのデビュー・アルバム 「ダイヤモンド・ライフ/Diamond Life」(1984)のオープニングに収められている曲で、翌年のグラミー賞「最優秀新人賞」を受賞した。

【 Smooth Operator 】   Words and Music: Sade Adu and St. John 

「♪ He’s laughing with another girl   ほかの女の子と笑っている彼
   And playing with another heart   ほかの誰かの心をもてあそんでる彼
   Placing high stakes, making hearts ache 人の心を傷つけることで今の地位を得た
   He’s loved in seven languages    7カ国語を操り
   Jewel box life diamond nights    宝石箱のような煌く生活、ダイヤモンドの夜
      and ruby lights, high in the sky  ルビーの光のように高い空に煌いている
   Heaven help him, when he falls   神よ 落ちる前に 彼を助けて

   Diamond life lover boy     彼は輝くようないい生活を送る色男
   He moves in space       国中をジェットで飛び回ってるわ
   With minimum waste      要領よく、労少なくして
   And maximum joy         最大の効果を得るようにね
   City lights, business nights  都会の灯りの中でも、ビジネスの夜でも
   When you require streetcar desire   あなたは欲望という名の電車に乗り込んで
    For higher heights        もっと高いところへ行くように願う人
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   No need to ask           聞くまでもないわ
   He’s a smooth operator,    彼は口先がうまくて要領がいいだけの男
   Smooth operator           彼は世渡り上手の八方美人で口説き上手
   Smooth operator, smooth operator そう、スムース・オペレータ-なの 

   Coast to coast, L.A. to Chicago 西海岸から東海岸まで、ロスからシカゴまで
   Western male              まるで西部男のように
   Across the north,            北から南へ
   And south to Key Largo       果てはキー・ラーゴまで
   Love for sale               恋を売り歩いているの
   ・・・・・・・・・・・・・・      ・・・・・・・・・・・   ♪」

Diamond Life

Sade / Sony

「Sade – Smooth Operator (Live Video from San Diego) 」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
 

 

誰も見ていなくても花は咲く

Tags: , ,

アヤメ (2)
DSCN1666
DSCN1658

今年初めての弾丸帰省。いつものように、伸び放題になっている庭の雑草を刈る。施設に入り、去年他界した母。愛でる主がいなくなってからもう5年経つんだ。世話をしてくれていた妹も他界し、誰も見なくなった庭にも美しい花は咲く。

8780cd866584304085fe840121d86e01

主なき庭。「ダイアナ・クラール/Diana Krall」の歌に「Abandoned Masquerade (直訳;見捨てられた仮面舞踏会)」があるのを思い出しました。「ダイアナ・クラール」が2004年に発表した7作目のスタジオ・アルバム、「The Girl In The Other Room」に収録されている。

その前の年、2003年にクラールの夫となった「エルヴィス・コステロ/Elvis Costello」と共作した6曲を中心としたアルバム。コステロは主に作詞の面で貢献しており、タイトル曲を除く5曲の作曲は、クラールが単独で行っている。コステロがアルバム、「インペリアル・ベッドルーム/Imperial Bedroom」(1982年)で発表した曲「オールモスト・ブルー/Almost Blue」のカヴァーも収録されている。

コステロらしい意味深な凝った歌詞である。

【 Abandoned Masquerade 】       by Diana Krall/Elvis Costello

「♪ The glitter on a paint and plaster face  ペイントやプラスターの表面の輝きは
   Is covering desire and disgrace       その奥に潜む欲望や恥辱を隠してくれる
   We could be lovers               恋人同士になるかもしれない私たち
   But no one suspects at all           誰もそのことを気づきはしない
   Once you’re inside that costume ball   仮面舞踏会に紛れ込んでしまえば  

   And now I’m sitting here before the mirror いまは鏡の前に座っている
   I have the skill still to disguise my tears   涙をごまかす術は未だ健在
   Then as the magic starts to fade       そしてその魔法が消え始めるとき
   I find myself abandoning the masquerade  私自身が見捨てられた仮面舞踏会
                                        そのものであることに気が付く
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・    ♪」

The Girl in the Other Room

Diana Krall / Verve

いや、この頃のクラールはほんとうによかった。

「Abandoned Masquerade – Diana Krall」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

「オールモスト・ブルー/Almost Blue」も聴いてみましょうか。

「Diana Krall – Almost Blue」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
 

 



© 2009 JAZZYな生活. All Rights Reserved.

This blog is powered by the Wordpress platform and to just Go Beach Rental.