JAZZYな生活

プレミアムエイジ ジョインブログ

ひとりウォーキングを ・・・

Tags: , , ,

DSC_0860
DSC_0862
DSC_0858
 イベントに参加する妻を送った後、迎えに行くまで時間があったので、ボランティア作業で行くことがほとんどであるが、ひとりウォーキングのため、一庫公園へと向かう。ちょっと気になったので、鹿除のネットを張り終えた今回の「台場クヌギ」の伐採エリアを確認するため、尾根筋を山頂へと向かう。突然、3頭の母娘連れの鹿に出くわす。「けもの道」を遮るようにネットを張ってあるので、鹿が絡まっていないか、破られていないかが気になったのである。私と眼を合わすと、「キーン」と一声鳴いて、素早く森の中に消えていった。ネットに問題ないことを確認して、山頂へ。途中眺望が素晴らしい場所で休憩。快晴、ポカポカ陽気。聞こえるのは鳥の囀りだけ。間近に開通を控えた「新名神高速道路」、春を待つ近隣の住宅団地が眺望できる。この暖かさで一気に「エドヒガン」の芽も膨らみそう。ひとりウォーキング、それはそれでいいものだ。

maxresdefault

 今日の曲は、「アローン・アゲイン(ナチュラリー)/Alone Again (Naturally) 」。アイルランド人のシンガー・ソングライター、「ギルバート・オサリバン/Gilbert O’Sullivan」の曲で、1972年にリリースされ、マイナー・コードの親しみやすいメロディで、大ヒットした曲。失恋か何かを歌ったロマンチックな歌だとずっと思込んでいたが、今回歌詞を読んでみて、びっくり。その内容はかなりシリアスなものだった。花嫁に逃げられ、一人教会の祭壇に残された男が自殺を決意しながらも、自分の半生を振り返ってみるという内容。ここでの「naturally」は「当然のこと、当たり前」という意味でしょう。

【 Alone Again (Naturally)  】 by Gilbert O’Sullivan

「♪ In a little while from now    もう少したっても
  If I’m not feeling any less sour   この憂鬱な気分が収まらないなら
  I promise myself to treat myself  いまから自分のすることを決心するよ
  And visit a nearby tower      近くの高層ビルに行って
  And climbing to the top       てっぺんまで上り
  Will throw myself off         身を投げようかと思う
  In an effort to            はっきりさせてやる
  Make it clear to whoever        みんなの前でね
  Wants to know what it’s like      ボロボロに打ち砕かれるのが
     When you’re shattered     どんな気持かってことをね

  Left standing in the lurch at a church   教会の祭壇に立ったまま残されとき
  Were people saying, My God, that’s tough あいつらは言っていたさ 「こりゃきついな
  She stood him up              彼女に捨てられたんだな
  No point in us remaining        我々はこれ以上ここに残っている理由もないな
  We may as well go home          家に帰ろうよ」と ・・・
  As I did on my own             僕もそうしたよ
  Alone again, naturally            またひとりぼっちさ 当然のことさ

  Looking back over the years         昔を振り返っていたら
  And whatever else that appears        いろんなことを思い出した  
  I remember I cried when my father died   親父が死んだとき泣いたこと 
  Never wishing to hide the tears        人目をはばからず涙を流したんだ

  And at sixty-five years old           そして65歳で
  My mother, God rest her soul         おふくろも天に召されたんだ
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・   ・・・・・・・・・・・・・・・・・  ♪」

 まずは、オリジナル、「ギルバート・オサリバン」。「Very Best」でなく「Berry Vest」とタイトルにユーモア(駄洒落?)をこめたベスト・アルバム、「The Berry Vest of Gilbert O’Sullivan」(2004年)から。

71f5yjEmUTL__SL1500_

    
The Berry Vest of Gilbert O’Sullivan
Gilbert O’Sullivan/ギルバート・オサリバン
EMI


     
     

「Gilbert O’Sullivan – Alone Again (Naturally) 」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 オリジナルは、またそれはそれでいいが、もう少しJAZZYで垢抜けた歌唱の方が、歌の内容の暗さを和らげてくれるからいい。「ダイアナ・クラール/Diana Krall」の「Wallflower」(2015)の歌唱から。ウォーキングの道筋のあちこちに「Wallflower(花の壁)」が出来るのももうしばらく。

WALLFLOWER

DIANA KRALL / VERVE

「Diana Krall – Alone Again (Naturally)」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
   

   

けもの道を分け入って森へ入ると ・・・

Tags: , ,

DSCN6674

13日、植生調査のため、森へと分けいった。先日の雪が日陰にはまだところどころ残っている。そしてその雪には、無数の鹿の足跡が ・・・。この日も数頭の群れを見かけたが、この山には多くの野生の鹿が生息し、それがいわゆる「鹿の食害」をもたらして、大きな問題となっているが、ネットを張るくらいの対策で、実際のところはお手上げ状態である。ところで、森にはいくつもの「けもの道」がある。これを探すと、森の中を移動するのに大変楽である。

DSCN6680

 

そしてこの「けもの道」をたどりながら、植生調査をしていると、この山の中ではいたるところで先人が残した「炭焼き窯」の窯跡や「間歩(まぶ)」と呼ばれる手掘りの採掘坑の跡に出会う。我々の遊びの山は、「知明山」というが、その昔、神のお告げにより銅が発見されたという言い伝えがあり、そうしたことから不思議な山、「奇妙山」といわれ、いつしか「知明山」と呼ばれるようになったという。事実、この地域一帯には、おおきな銀銅鉱脈が走っていて、太閤秀吉の財政を支えたという「多田銀山」もその鉱脈上にある。銀や銅の精錬には炭が必要であり、そんなこともこの地域で炭焼きが盛んだった理由の一つかもしれない。

さて、また昨日の大雪。けもの達は ・・・。

Marty Paich - end piece

 

さて、久しぶりにビッグ・バンドJAZZを聴きたくなった。引っ張り出してきたのは、ご存知、通称「踊り子」で知られる名盤、「マーティ・ペイチ/Marty Paich」率いる「Modern Touch」のアルバム、「ブロードウェイ・ビット/The Broadway Bit」(1959)。「足ジャケ」でも名高いアルバムだ。(参照拙ブログ「JAZZ的トリビア(3) ~続き・JAZZと美脚との素敵な関係~」

「マーティ・ペイチ/Marty Paich」。1925年、カルフォルニア生まれ。1950年代に「ショーティ・ロジャース/Shorty Rogers」楽団にピアニストとして在籍した後、自己の楽団を結成し、クールジャズのウエスト・コーストで活躍したバンド・リーダー。なんといっても特筆すべきはその素晴らしいアレンジである。

のっけの「It’s All Right With Me」からスイング感一杯の演奏が始まると、それだけでウキウキしてくる。「アート・ペッパー/Art Pepper (sax)」をはじめとする手練のウエスト・コースト・ジャズの名手が多数参加し、お馴染みのスタンダードを題材に、洗練されたビッグバンド・ジャズ・アルバムに仕上がっている。1959年の録音であるが、全く古さを感じさせない粋なフルバンドJAZZ。


ブロードウェイ・ビット

マーティ・ペイチ / ワーナーミュージック・ジャパン

そこから2曲ほど。最初は、「アート・ペッパー」のアルトと「スコット・ラファロ/Scott La Faro」のベースが絶妙な「I’ve Never Been In Love Before」。

「Marty Paich and His Orchestra – I’ve Never Been In Love Before」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 

そして「フランク・シナトラ/Frank Sinatra」や「トニーベネット/Tony Bennett」などの歌唱でお馴染みのスタンダード、「Just in Time」。

「Marty Paich and His Orchestra – Just in Time」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 

そして、「踊り子」アルバムとペアで有名なのが、「お風呂」こと「アイ・ゲット・ア・ブート・アウト・オブ・ユー/I Get A Boot Out Of You」。こちらもほぼ同時期の録音。いまではこの2枚の名盤が、ともに1,000円という廉価版で買えるのである。


アイ・ゲット・ア・ブート・アウト・オブ・ユー

マーティ・ペイチ / ワーナーミュージック・ジャパン

ご存じのスタンダード、「It Don’t Mean A Thing(スイングしなけりゃ意味がない)」。

「It Don’t Mean A Thing – Marty Paich」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
 

 



© 2009 JAZZYな生活. All Rights Reserved.

This blog is powered by the Wordpress platform and to just Go Beach Rental.