JAZZYな生活

プレミアムエイジ ジョインブログ

路傍の花、樹々の鳥(353) ~ 晩夏の花、初秋の花 ~

Tags: , , , ,



 九州地方に大きな被害をもたらした秋雨前線による豪雨も一段落。すこし気温も下がってエアコンなしでも過ごせる。何日かぶりのウォーキングで目に付いた晩夏の花は、「アサガオ(朝顔)」、「ヘチマ(糸瓜、天糸瓜)」の花。「アサガオ」を育て、観察する宿題は、いまでも出されているようで、夏休みの終ったこの頃、いかにも宿題とわかる容器から伸びて花を咲かせているので、子供の宿題の名残であろう。
    
 「ヘチマ」。この実から取れるのが、古くは江戸時代から「美人水」として多くの女性に愛されてきた「ヘチマ水」。実家の庭にも咲いていて、実が取れる中秋の名月の頃になると、母親が「ヘチマ水」を作っていた。



 台湾原産の「タカサゴユリ(高砂百合)」。グランドの脇、石垣、公園、林の中、住宅の庭、道路脇、空き地、階段、池の端 ・・・・。この時期団地のいたるところで見かける雑草といってもいい花。温暖化の影響か、今、日本のあちこちでものすごい勢いで増えているという。始末の悪いことに、実の中にあるものすごくたくさんの種が、風によってまき散らされ、あっという間に広がってしまうらしい。「百合」には違いないが、実はエレガントとは程遠く、したたかでしぶとい。
   
咲きだした「ハギ(萩)」の花。こちらも古来から「秋の七草」として知られている花。  
  
 今宵の曲は、夏の終わりの定番、「ニューヨーク・トリオ/New York Trio」の「過ぎし夏の想い出/The Things We Did Last Summer」。同名のアルバム(2002年)から。私のお気に入りのアルバム、そして演奏のひとつ。「いそしぎ/The Shadow of Your Smile」も ・・・。


    
過ぎし夏の想い出/The Things We Did Last Summer
New York Trio
ヴィーナス・レコード


    
    

   
「New York Trio – The Things We Did Last Summer」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

「The Shadow of Your Smile – New York Trio」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
   

   

終わりに近づく夏

Tags: , ,

DSCN8355

 夏も終わりに近づいてきた。咲く「アサガオ(朝顔)」も、なんとなく寂しげに見える。今年もいろいろあったが、71回目の夏もいつものように終わりに近づいてゆく。

b0102572_16102589

 71回目の夏の終わりに聴く曲は、「桑田佳祐」作詞・作曲の、「夏をあきらめて」。ちょっとアンニュイでほろ苦く感じそう。歌姫は、いまや「寺嶋レコード」の看板女性ボーカル、「MAYA」。インディー・レーベル時代、コロンビア時代に随分と聴いていたシンガー。ハスキーがかった声で、ジャズ、ラテン、ポップスを自在に歌いこなす。その中でもラテンのフレーバーが抜群で、小悪魔的な独特の魅力を持つ。

 彼女に、インディ・レーベル時代から魅かれていた。まっ、彼女の振り撒く「恋の特効薬」、「ラブ・ポーションNo.9/Love Potion No.9」(2005)というアルバムから。

Love Potion No.9

Maya 松尾明 TAKE TEN フェビアン・レザ・パネ 吉野弘志 岩瀬立飛コロムビアミュージックエンタテインメント

「MAYA - 夏をあきらめて」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 同じアルバムから、もう一曲。「ある恋の物語/Historia De Un Amor」。

「MAYA - ある恋の物語」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
  

  

路傍の花、樹々の鳥(170) ~ 和の風情を楽しむ ~

Tags: , ,

アサガオ

 ウォーキングの道筋にある小川の斜面に「アサガオ(朝顔)」が一面に咲いている。子供の頃よく見た懐かしい光景になにかホッとする。小学生の頃、夏休みの宿題で朝顔を育て、花の色を観察して、「メンデルの遺伝の法則」を学んだことを思い出す。

 さて、今宵は、古き和ジャズ風の雰囲気を ・・・。「星影の小径」。歌うは、私がJAZZを歌わせてみたいと思う歌手の一人、「ちあきなおみ」とシャンソン歌手「秋元順子」。

【 星影の小径 】  作詞/矢野 亮 作曲/利根一郎

「♪ 静かに 静かに 手をとり 手をとり
   あなたの 囁きは アカシヤの香りよ
   アイラブユー アイラブユー いつまでも いつまでも
   夢うつつ さまよいましょう 星影の小径よ

   静かに 静かに じっとして じっとして
   私は散ってゆく アカシヤの花なの
   アイラブユー アイラブユー いつまでも いつまでも
   いだかれて たたずみましょう 星影の小径よ    ♪」

「ちあきなおみ/星影の小径 秋元順子/星影の小径」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

  

  

路傍の花、樹々の鳥(124) ~ 炎天の花の脇には ~

Tags: , ,

アサガオ2
ニイニイゼミのヌケガラ

「ムクゲ(木槿)」、「ノウゼンカズラ(凌霄花)」、「フヨウ(芙蓉)」、「サルスベリ(百日紅)」などの炎天の花が咲き出す一方、脇役?の花たちにも目が惹かれる。そしてバックを奏でる「ニイニイゼミ」も目覚めたようだ。

日本古来の花、「アサガオ(朝顔)」。日本への到来は、奈良時代末期に遣唐使がその種子を薬として持ち帰ったものが初めだとされるが、「アサガオ」は、日本で最も発達した園芸植物のひとつでもあるという。世界的に見ても、これほど形態が多種多様に変化した園芸植物は他にないらしい。ほとんどの変異は江戸時代に生まれたものである。多様な遺伝子変異を持つアサガオは、早くから遺伝学研究の対象となり、遺伝子配列が知られ、現在も遺伝学の研究材料として用いられている。(Wikipediaによる)

そういえば、小学校の夏休みの宿題に「アサガオ」を育て、その遺伝的特徴を観察する宿題があったことを思い出した。日除けとして、「ゴーヤ」、「ヘチマ(糸瓜、天糸瓜)」などを植える家も多いが、「アサガオ」のカーテンもちょっと粋。

ランタナ

ご近所の奥さんが、「切っても切っても、増えて増えて・・・、困っている」とこぼしているのが、厄介者の外来種、「ランタナ」。「クマツヅラ科」の常緑小低木で、中南米原産。和名は「シチヘンゲ(七変化)」。赤、橙、黄、白など鮮やかな色の花をつけ、また花の色が次第に変化することに由来するという。果実は黒い液果で有毒といわれるが、鳥が食べ種子を散布する。ツル状に横に這って茂みを作り、茎には細かい逆棘があるため扱いにくく、ご近所の奥さんが往生していると嘆くのもよくわかる。

この蒸し暑さの解消は? ビールを飲む。いいですね。サウナに入る。それもいいですね。大吟醸をロックで飲みながら美女の歌うボサノヴァを聴く。こりゃ最高ですね。

img_12

ノルウェイを代表するというジャズ・ヴォーカリスト、「ヒルデ・ヘフテ/Hilde Hefte」のノルウェイ・ボッサ。

「ヒルデ・ヘフテ」。1956年生まれというから、もう相当なベテラン。 学生時代には、ピアノ、そしてギター、アルト・サックス、クラリネットをマスター、さらに作詞・作曲・編曲までもこなすという才女。80年代半ばから舞台や映画の作曲家、シンガー、俳優として数多いキャリアを積み、1991年には、初ソロ・アルバムで「チェット・ベイカー/Chet Baker」をオマージュした「’Round Chet’s Midnight』を発表、評価を得たという。

その後、2001年には「ビル・エヴァンス/Bill Evans」のナンバーで自己の世界観を作り上げたと今なお評価の高い「Playsong – The music of Bill Evans」を発表。その後もノルウェー語でボサノヴァ取り組んだ「Hildes bossaHefte」を2003年にリリースし、北欧ジャズ・シーンを代表する存在として現在に至っている。

アルバムは、「Memory Suite」。過去5作の中から選曲したコンピ・アルバムである。全17曲のうち、「Waltz For Debby」を含むエヴァンスのオマージュ・アルバムから5曲、「Telephone Song」などのボッサ・アルバムからの4曲が中心を占め、そのほかスタンダード、POPSカバーなどが収録されている。

いや、結構なお年なのに、その声はまるで少女のよう。澄みきった透明感と気品とその上品な軽みには癒されてしまう。

Memory Suite 【Loppi・HMV限定盤】

Hilde Hefte /

収録されているボッサ4曲のオリジナル・アルバムは、全編ノルウェイ語で歌われているボッサ・アルバム「Hildes Bossahefte」。そのうち彼女オリジナルの2曲を ・・・。

Hildes Bossahefte

Hilde Hefte / CD Baby

「Gutten og Ballen- Hilde Hefte」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

「Gostoso – Hilde Hefte」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

コンピ・アルバムには収録されていないが、YOUTUBEにアップされていた「Hildes Bossahefte」に収録されているボッサ・スタンダードをさらに2曲。聞けば誰でも知っているボッサ・スタンダード。

「Vakker Natt – Hilde Hefte」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

「Nok tristesse - Hilde Hefte」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

さて、少しは暑さが紛れたでしょうか ・・・。



© 2009 JAZZYな生活. All Rights Reserved.

This blog is powered by the Wordpress platform and to just Go Beach Rental.