JAZZYな生活

プレミアムエイジ ジョインブログ

近づいて来る野生

Tags: , , , , , ,



 朝のことである。梅雨も明け、朝からカンカン照り。布団を干そうと思って、窓を開けたら、足元から一斉に蜂が飛び立った。梅雨でしばらくの間、雨戸を閉め切りにしておいたので、その間に戸袋の下に巣を作ったと見える。「アシナガバチ(脚長蜂)」である。。子供の頃はよく蜂の巣を獲って、「ハチノコ(蜂の子)」を食べたので、いまでも好物であるし、蜂に対してさほど嫌悪感や恐怖感はない。しかし、さすがの「虫愛でる爺」もこれは困りものである。スプレーをかけ、退散願うとともに、巣を除去した。やはり、人の気配がしないと野生はすぐに近づいてくる。


 こちらは、炭焼き窯の屋根裏に置かれた、竹竿の端に上手に奇妙な形の巣を作る「エントツドロバチ(煙突泥蜂)」の巣。
   
 さて、今宵の曲、蜂といえば、これ、「A Sleeping Bee(A Sleepin’ Bee)/眠る蜂」でしょうか。「ティファニーで朝食を/Breakfast at Tiffany’s」や「冷血/In Cold Blood」の作者として有名な「トルーマン・カポーティ/Truman Capote」の短編、「A House of Flowers(花咲く館)」を基にし、彼と「ハロルド・アーレン/Harold Arlen」が組んだ、同名の1954年のブロードウェイ・ミュージカルの劇中歌だそうだ。「A House of Flowers」は、カリブ海の島、ハイチの首都ポルトー・プランスの娼館を舞台にした恋物語という。
    
【 A Sleepin’ Bee 】  by Harold Arlen / Truman Capote
     
「♪ When a bee lies sleepin’    蜂があなたの手の中で
  In the palm o’ your hand      眠っているときは
  You’re bewitch’d and deep in love’s  あなたは魔法にかけられ
  Long look’d after land          ずっとある場所で保護されている
  Where you’ll see a sun-up sky     朝が来るたびに陽が昇るような
  With the mornin’ new         いつも天気のいい場所や
  And where the days go laughin’ by   あなたに愛が訪れ
  As love comes a-calling on you     一日中上機嫌でいられるような場所に

  Sleep on, bee, don’t waken,     蜂よ ずっと眠っていて 起きないで
  Can’t believe what just passed     何が起こっているか気がつかないで
  He’s mine for the takin’        彼はわたしのもの
  I am happy at last.           やっと私は幸せになったの
  Maybe I dreams, but he seems     私にとっては夢かも でも彼にとっては
  Sweet golden as a crown,        王冠のようにきらきら
  A sleepin’ bee done told me        眠っている蜂さん教えて
  I will walk with my feet off the ground   この私の愛が本当だと彼が気がつけば
  When my one true love I has found    もう自分の足で歩んでいけると
   
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・     ・・・・・・・・・・・・・・  ♪」
    
     
 よく知られたスタンダードだけあって、歌唱、演奏、すごい数のカバーがある。まずは、「ベルベット・ヴォイス」、「ビロードの声」の持ち主と呼ばれた「ジョニー・ハートマン/Johnny Hartman」の歌唱から。「I Just Dropped by to Say Hello」(1963)、「ちょっと顔を見に寄っただけさ」なんて粋な歌をタイトルにしたアルバムから。


   
I Just Dropped By to Say Hello
ジョニー・ハートマン/Johnny Hartman
Verve


     
     

「Sleepin’ Bee – Johnny Hartman」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 さて、ピアノといえば、「ビル・エヴァンス/Bill Evans」。彼の演奏だけでもいくつものバージョンがあるが、「エディ・ゴメス/Eddie Gómez (bs)」、「マーティ・モレル/Marty Morrell (dr)」とのレギュラー・トリオによる、1969年、イタリアのジャズフェスでの録音盤、「Autumn Leaves」から。


  
   
枯葉/Autumn Leaves
ビル・エヴァンス/Bill Evans
日本クラウン


     
     

「A Sleeping Bee – Bill Evans」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 歌ものを弾かせたらピカイチの「ビル・チャーラップ/Bill Charlap」。彼率いる「New York Trio」の演奏が私は好き。アルバム、「星への階(きざはし)/Stairway to the Stars」(2005)から。パーソネルは、「Bill Charlap(piano)」、「ジェイ・レオンハート/Jay Leonhart(bass)」、「ビル・スチュアート/Bill Stewart(drums)」。


   
星へのきざはし/Stairway to the StarsNew
York Trio
ヴィーナス・レコード


     
     

「NEW YORK TRIO – A SLEEPING BEE」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 もうひとつピアノトリオを。あまり馴染みがないかもしれませんが、オランダのトリオで、「レックス・ジャスパー・トリオ/Lex Jasper Trio」。アルバム、「Lexcursions」(2008)から。キャリアなどはよくわかりませんが、ライナーノーツによると、1949年生まれ。幼少時はクラシックを学び、やがて、「オスカー・ピーターソン/Oscar Peterson」、「ビル・エヴァンス/Bill Evans」、「エロル・ガーナー/Erroll Garner」の影響を受け、ジャズを志したそうです。パーソネルは、「Lex Jasper(piano)」、「マーティン・ウィンド/Martin Wind(bass)」、「ハンス・デッカー/Hans Dekker(drums)」。


     
Lexcursions
Lex Jasper/レックス・ジャスパー
Limetree


     
     

「Lex Jasper – A Sleeping Bee」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 最後は、北欧ノルウェーの女性ジャズ・ヴォーカリスト、「トルン・エリクセン/Torun Eriksen」が歌う「Bees And Butterflies」。ちょっと上品なハスキーさと、抑制の効いた淡々としたヴォーカルが、猛暑に火照った体をちょっと冷やしてくれるかもしれません。アルバムは、「Passage」(2010)から。

【 Bees And Butterflies 】  by Torun Eriksen

「♪ Ask me               私に聞いて
  If I have something to tell you  もし私が何か言いたげに見えるのなら
  Try me                私を試して
  I might just dare to tell you all すべてあなたにぶちまけるかも
  Believe me              私を信じて
  Even when what I say upsets you   私の言葉があなたを怒らせて
  Be with me even when my words hit you hard 打ちのめしたとしても一緒にいたい

  I heard the butterflies are leaving    蝶たちが去っていくと聞いた
  And I read the bees will soon be gone    すぐに蜂たちも去っていくのだろう
  What do they know that we’re not knowing  私たちが知らないことを知っているのか
  About where to go and where we’re from    私たちがどこから来てどこへ行くのかを
  
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  ♪」
  


   
パッセージ/Passage
トルン・エリクセン/Torun Eriksen
ヤマハミュージックアンドビジュアルズ


     
     

「Bees and Butterflies – Torun Eriksen」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

台風のとばっちりで 

Tags: , ,

アシナガバチ

 「アシナガバチ(脚長蜂)」の巣が、近づく台風の風で飛ばされ、舗道に落ちている。「どうしたんだ」とうろたえた数匹の蜂が巣の周りを右往左往している。それほど大きくないところからすると、「コアシナガバチ(小脚長蜂)」でしょうか。蜂にすれば、台風のとばっちりで大迷惑。ちょっとグロテスクであるが、山国にとっては、蜂の子貴重なタンパク源であり、郷土料理ともなっている。子供の頃、近所の野山で、よく蜂の巣を獲っては、蜂の子をおやつがわりに食べたものである。毒性は、比べれば弱いとは言え、「アシナガバチ」はれっきとした「スズメバチ」科。「触らぬ神になんとやら ・・・」である。
 
 さて、台風一過の今日は、爽やかな和製ボッサ・デュオの演奏を。1960年代から70年代、アメリカに続いて日本でもボッサブーム。「和製ボッサ」といわれる曲が多く作られました。日本で作られた最初の本格的ボサノバといわれる曲は、「白い波」だといわれています。「ヒデとロザンナ」の「出門英」が作詞し、ロザンナと組む前に、「藤ユキ」とのデュオ、「ユキとヒデ」として歌っていた。あの「渡辺貞夫」が作曲した曲である。

「♪ 波 白い波  海の風に
    白くかがやき、太陽に歌うよ
     パパ パパパパヤパ
       夢にみたメロディー 二人に歌うよ
         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ♪」

 オリジナルの45回転EPレコードを聴き、「平凡パンチ」付録の楽譜で弾き語りの練習をしたこともありました。当時の日本人ミュージシャンのボッサへの想いがぎっしりと詰まった和製ボッサのコンピ・アルバムの珍盤?いや名盤、「東京ボサノヴァ・ラウンジ」には、「トワ・エ・モア」のカバーが収録されていますが、オリジナルの「ユキとヒデ」で。
   

東京ボサノヴァ・ラウンジ

オムニバス / テイチク

「ユキとヒデ – 白い波(White wave) 」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 次のボッサ・デュオは、「ケルカン/Quelqu’un」。それぞれに実績のある活動をしていたボーカルの「木村恵子」、ギターの「窪田晴男」が結成したボッサ・ユニット。このユニットも1990年代の初めにたった3枚のアルバムを残したまま、いつの間にか姿を消してしまったようだ。フェイク・ボッサ・ユニットの日本の先駆けといってもいいくらいのボッサ・テイスト。どうしてもっとメジャーなユニットにならなかったのか不思議である。フランス語はまったく分からないが、「Quelqu’un」とは、「誰か」、「someone」というような意味のようである。粋なユニット名をつけたもんだ ・・・。

b0102572_12241568

毎日が恋愛映画

ケルカン / 日本コロムビア

 アルバム、「毎日が恋愛映画」から、「ケルカン」の歌うせつないボッサは、映画音楽「ひまわり」。

「Quelqu’un ー Sunflower」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

  

  



© 2009 JAZZYな生活. All Rights Reserved.

This blog is powered by the Wordpress platform and to just Go Beach Rental.