JAZZYな生活

プレミアムエイジ ジョインブログ

未明は皆既月食だったというが

Tags: , , ,

DSC_0955
 今日の朝、未明は皆既月食だったという。未明ということもあり、また台風の接近で曇り空。ちょっと過ごしやすくなったためか爆睡。この天文ショーは見ることができなかった。月齢13日ころでしょうか、何日か前、夕暮れに浮かぶ月が美しかったので、デジカメに残しておいたのを思いだした。

 さて、気の早い話であるが、今年の「HYOGO クリスマス・ジャズ・フェスティバル2018」のプログラムが決まったようだ。12/7「渡辺貞夫」、12/12「北村英治」、12/21「J.マスターズwith寺久保エレナ」、12/22「山下洋輔」、12/24「アロー・ジャズ・オーケストラ&東京キューバン・ボーイズ」。そして大本命、12月24日の「アトリエ澤野スペシャル」は、ここ毎年のように来日している「ウォルター・ラング・トリオ/Walter Lang Trio」である。実は、密かに「アレッサンドロ・ガラティ/Alessandro Galati」を期待もし、予想もしていたのだが、まあ、ライブ未体験の「ウォルター・ラング」ならば、良しとしようか。きっと新アルバムのプロモーションも兼ねるのでしょう。早速、カレンダーに書き込み。

RDF00801-800x533
 「ウォルター・ラング・トリオ/Walter Lang Trio」。「澤野工房」から、デビュー・アルバム、「Starlight Reflection」(2013)に続いて、「Moonlight Echoes」(2015)、「Full Circle」(2016)と3枚のアルバムをリリースしている。

 リーダーの「ウォルター・ラング」は、1961年生まれのドイツ出身のピアニスト。トリオを組むベースの「トーマス・マークッソン/Thomas Markusson」はスウェーデン出身、ドラムの「セバスティアン・メルク/Sebastian Merk」は同じドイツ出身。幼少の頃は、祖父や父のアコーディオン、ピアノ演奏といった音楽的環境に恵まれた家庭に育ち、9歳でピアノの練習を始めたという。その後、ボストンの「バークリー音楽学校」で、ピアノや作曲を学び、ヨーロッパへ帰って活躍している。ヨーロッパでは数々の賞を受賞、その陰影に満ちたプレイで日本でも多くのファンを獲得しているという。

 澤野工房の3枚のアルバムの中からアップされていた演奏を。

STARLIGHT REFLECTIONS

ウォルター・ラング・トリオ / 澤野工房

昨年11月来日時、岡山・蔭凉寺でのライブから、「No Moon Night」。

「Walter Lang Trio - No Moon Night」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
   

MOONLIGHT ECHOES

ウォルター・ラング・トリオ / 澤野工房

アップがなかったので、PVから。

「Walter Lang Trio - Moonlight Echoes」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

「Walter Lang Trio ー Dança da Fita」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

     
61kqdj-6okL__SL1000_
    
FULL CIRCLE
ウォルター・ラング・トリオ/Walter Lang Trio
澤野工房


        
        

「Oborozukiyo (おぼろ月夜) – Walter Lang Trio」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

       

      

キレとノリのいいスウィングに酔う ~ エルマー・ブラス・トリオの夜 ~

Tags: , ,

4293313324_20170820130926
 今年の「Hyogo クリスマス・ジャズ・フェスティバル2017」、「渡辺貞夫」、「小曽根真」、「アン・サリー」など7つほどのプログラムがある中で、選んだのは、今年も「アトリエ澤野スペシャル」、今年のアーティストは、「エルマー・ブラス・トリオ/Elmar Brass Trio」。この「エルマー・ブラス・トリオ」、私は、「うん!」と思った澤野からのデビュー・アルバム、「Night Dreamer」(2010)以外は聞いていないのだが、何枚かのアルバムをリリースしている。

pic_mv01

 「エルマー・ブラス/Elmar Brass」。あまり馴染みがないが、ドイツのピアニスト。1979年生まれ、まだ38歳という若さ。ナイジェリアで育ったが、帰国後11歳の時よりピアノのレッスンを始め、その後音楽学校で、ジャズ&クラシック・ピアノを学び、その後ジャズに転向し、「モントルー・ジャズ・フェスティバル」にも参加したという。「澤野工房」が注目し、2010年に期待して日本でデビュー作をリリースした。

 ホールは、西宮にある「兵庫県立芸術文化センター 神戸女学院小ホール」、総客席数417席のステージ、客席、床、壁、すべて木が貼られた八角形の小ぶりのホール。音響のいいことでも知られている。シートは前から2列目、プレイヤーまで手が届きそうな距離である。「エルマー・ブラス」の印象は、地味な容姿と服装。まるでビジネスマンのようである。しかし、ピアノに向かうとその印象は一変する。

DSC_8632

 オープニングは、「Honeysuckle Rose(Fats Waller)」。今まで聴いたことのないアプローチから始まり、軽快な高速スウィングが展開、つづく「Steeplechase(Charlie Parker)」ではやグルーヴ感は最高潮、すっかり観客の心を掴んでしまったようだ。スタインウェイがこんなに弾けた音を出すピアノとは ・・・。4曲目は一転バラード、「Memories of You」(Eubie Blake)。その美しさに酔う。2ndセットは、彼が魅了されたという日本のウィスキーや大阪の街、寿司に因んでのオリジナル、「Yamazaki 12」、「B728(ブラスなにわ)」、「Wasabi」が中心。観客総立ちのアンコール曲をまで、13曲、キレとノリのいいスウィングにすっかり酔った約2時間であった。

 ピアノの「エルマー・ブラス」のほか、ベースは「マーチン・ヤコノフスキ/Martin Gjakonovski」、ドラムは「クリスチャン・シェーネフェルト/christian Schoenefeidt 」。先行発売されていた新アルバム、「Brassabi!」(Brass + Wasabiのダジャレ?)からの演目であった。

image_b

   
BRASSABI!
エルマー・ブラス・トリオ
澤野工房

    
    

 YOUTUBEにはほとんどアップされていないので、アップされている中からセレクト。アンコールで演奏された「The Big Hang」。どこかのライブから。

「Elmar Braß Trio – The Big Hang – LIVE !!! 」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

「Elmar Braß Trio – Blues For Monty – LIVE !!! 」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

【 演目 】

1st セット
1)Honeysuckle Rose
2)Steeplechase
3)I’ll Remember April
4)Memories of You
5)Birk’s Works
6)Days of Wine and Roses

2nd セット
7)A Beautiful Friendship
8)Yamazaki 12
9)Dreamsville
10)B728
11)Wasabi

アンコール
・Do Nothing till You Hear from Me
・The Big Hang

ロベルト・オルサー・トリオを聴く

Tags: , ,

4283313327_20160823175613

12月16日。場所は、「兵庫県立芸術文化センター、神戸女学院小ホール」。今年の「Hyogoクリスマス・ジャズ・フェスティバル2016」のたいそうご贔屓のイタリアの生んだピアニストで、今まさに絶頂期、旬を迎えているといっても過言ではなさそうなジャズ・ピアニスト。

「ロベルト・オルサー/Roberto Olzer」。1971年、イタリアは「ドモドッソラ」生まれ。幼少の頃から、クラシックのピアノとオルガンを習い、名門「ベルディ音楽院」ではオルガンを専攻。その後、ミラノのカソリック大学では哲学を学ぶ傍ら、「エンリコ・ピエラヌンツィ/Enrico Pieranunzi」らからジャズ・ピアノを学んだという。その後、今回もトリオとして一緒に来日している「ユーリ・ゴロウベフ/Yuri Goloubev (doublebass)」、「マウロ・ベッジオ/Mauro Beggio (drums)」とピアノトリオを結成、2012年に、「ジャズ・ディスク大賞金賞」を受賞した「Steppin’Out」、そして2015年「澤野工房」からの初リリース、「The Moon And The Bonfires」、最新作「Dreamsville」(2016)がリリースされた。

b0102572_23333739

私が初めて聴いたのは、「The Moon And The Bonfires」。それから遡っていくつか耳にしているが、いや、ピアノの音の透明感が尋常ではない。クレジットには、ピアノは、イタリアのピアニストたちが好んで使うという「ファツィオリ/Fazioli Grand Piano F278」を使っていると記載されている。今回、ホールは音響には定評のある400席ほどの小ホール。そして、座席は最前列。いやが上にも期待は高まる。まず気になったのは、オルサーがどのピアノを使うのかということ。機種は特定できないが、小ホールのいつもの「スタインウェイ/Steinway & Sons」であった。

いよいよオルサー登場。長身で痩身、トレードマークでしょうか、黒のタートル・ネックに黒のスーツ。全身黒づくめである。最初の曲、「ビクター・ヤング/Victor Young」の「ビューティフル・ラヴ/Beautiful Love」が始まると、抜群の透明感と奥深さ、その響きの美しさにすぐに溺れてしまった。

23

そして、特筆すべきは、ベースの「ユーリ・ゴロウベフ/Yuri Goloubev」。その無骨で太い指から繰り出される音は、メロディアスで、ダイナミックで、しかも凄まじい早弾き。これはリズム・セクション、サポートという域を超えている。オルサーの弾くテーマが終わると、すぐにゴロウベフのインプロヴィゼーション(即興演奏)に移行。オルサーとの比重は半々、存在感も対等、それ以上であった。1972年ロシア・モスクワ生まれで、「チャイコフスキー音楽院」でクラシックを学び、やがてイタリアに活動拠点を移し、ジャズに転向したというが、その正確なピッチと想像力に富んだインプロヴィゼーションの技量はイタリア・ジャズ界で引く手あまただという。

そして、ドラムスの「マウロ・ベッジオ/Mauro Beggio」。1970年生まれ、同じくイタリア出身。1986年、16歳の時、イタリアン・モダンジャズ・トランペッターの「エンリコ・ラヴァ/Enrico Rava」に認められ、彼のツアーに帯同したという才能の持ち主。オルサーとゴロウベフを引き立てながらも、メリハリの効いたドラミングも注目に値した。

ほとんど毎年、「Hyogoクリスマス・ジャズ・フェスティバル2016」の「アトリエ澤野スペシャル」を聴きに行っているが、その中でもベストに入れていいコンサートだった。帰りの家路。今季初めて路面凍結注意を知らせる車の警告音が鳴った。

246
pic_mv01

プログラムは以下の通り。アンコール曲を除いて、澤野工房からの2つのアルバムに収録されている。

【 1st set 】
01. Beautiful Love
02. Ich will meine Seele tauchen (シューマン:歌曲集「詩人の恋」より「心を潜めよう」)
03. Ferragosto
04. Little Requiem
05. Charisma
06. Bibo no Aozora (坂本龍一:美貌の青空)
07. Maybe Next Time

【 2nd set 】
08. Novembre
09. Dreamsville
10. Violin Concerto
11. Seaward
12. The Oldest Living Thing
13.Fragile
14. Mermaids and Wrapped Around Your Finger

【 アンコール 】
  戦場のメリークリスマス

DREAMSVILLE

ロベルト・オルサー・トリオ / 澤野工房

THE MOON AND THE BONFIRES

ロベルト・オルサー・トリオ / 澤野工房

アルバムの曲のアップがないので、日本デビュー・アルバム、「Steppin’Out」から2曲、トリオによるライブ映像をアップしておきます。曲はオルサー自身の曲で、「Die Irren」。「惑い、迷い」という意味でしょうか。もう一つは「スティング/Sting」の曲で、「Every Little Thing She Does Is Magic」。

Steppin’ Out

Roberto Olzer Trio / Abeat Records

「Roberto Olzer Trio – Die Irren」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

「Roberto Olzer Trio – Every Little Thing She Does Is Magic」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
  

  



© 2009 JAZZYな生活. All Rights Reserved.

This blog is powered by the Wordpress platform and to just Go Beach Rental.