JAZZYな生活

プレミアムエイジ ジョインブログ

続々・春を告げる食卓は

Tags: , ,

DSC_0302

 蓋を開けた途端に磯の香りが台所に立ち込める。私のリクエストがかなっての「鯛めし」である。 「タイ(鯛)」と呼ばれる魚は何種類もあるが、いわゆる鯛の仲間は、「マダイ(真鯛)」、「クロダイ(黒鯛)」、「キダイ(黄鯛)」の3種類だけ、それ以外は「鯛」の仲間ではないという。

 今日の「鯛めし」の鯛は、「レンコダイ(連子鯛)」。「キダイ (黄鯛)」の別名である。「黄鯛」は群れを作るため、漁獲し易く、延縄で次々と連なって漁獲されるため、この名があるという。「真鯛」より安価で流通し、身が柔らかいため、時々スーパーでも見かける。ともあれ、やはり「鯛めし」、美味いのだ。

 海への感謝シリーズ、第3弾はボサノヴァの創始者、「アントニオ・カルロス・ジョビン/Antônio Carlos Jobim」が遺した名曲、「波/Wave」(1967)。ジョビン自ら作詞したポルトガル語題名では、「Vou te contar(あなたに説明しよう)」という意味だそうだ。

【 Wave 】

「♪ So close your eyes        さあ、目を閉じてごらん
  For that’s a lovely way to be    それが君の本当の心に気づくための
  Aware of things your heart     いちばんの方法
  alone was meant to see       寂しいように感じたとしても
  The fundamental loneliness goes   きっと寂しさは消えていく
  whenever two can dream a dream  ふたりで夢を見さえすれば
  Together               ふたり一緒に夢を

  You can’t deny            否定しないで
  don’t try to fight the rising sea    荒波に抗おうとしないで
  Don’t fight the moon, the stars above 月や星に荒波に抗おうとしないで
  and don’t fight me           僕にも
  The fundamental loneliness goes    きっと寂しさは消えていく
  whenever two can dream a dream   ふたりで夢を見さえすれば
  Together                ふたり一緒に夢を

  ・・・・・・・・・・・・・   ・・・・・・・・・・・・・・・   ♪」

 聴き比べの最初は、御大「アントニオ・カルロス・ジョビン」のアルバム、「Wave」(1967年録音)から。

WAVE

ANTONIO CARLOS JOBIM / A&M

「Antonio Carlos Jobim – Wave」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 もうひとりのボサノヴァ創始者、「ジョアン・ジルベルト/João Gilberto」も聴いてみましょうか。アルバム、「Amoroso」(1977)から。

AMOROSO(イマージュの部屋)

ジョアン・ジルベルト / ワーナーミュージック・ジャパン

「João Gilberto – Wave」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 「マンハッタン・ジャズ・クインテット/Manhattan Jazz Quintet(MJQ)」もまさかのボサノヴァのアルバムをリリースしてます。

ブルー・ボッサ

マンハッタン・ジャズ・クインテット / ビデオアーツ・ミュージック

「Manhattan Jazz Quintet – Wave」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 最後は’60年代の極めつけ、「セルジオメンデス&ブラジル ’66/Sergio Mendes & Brasil ’66」。

Equinox (Special Packaging)

Sergio Mendes / Umvd Labels

「Sergio Mendes & Brasil ’66 – Wave」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

  

  

夏ジャケ・ギャラリー  ~ 懐かしきCTI3000シリーズから ~

Tags: , ,

acjt
acjwr
pdst
t4wats
gbsottc

かって、CDではなくLPレコードと呼ばれた頃、ジャケットに一際アート性を持ち込んで、一世を風靡したレコードのレーベルがあった。プロデューサーの「クリード・テイラー/Creed Taylor」によって創設され、そのジャケットの画期的とも言える斬新さと音楽性の多様さ、時代感覚で、1970年代に起こったジャズの新潮流〈クロスオーヴァー/フュージョン〉を牽引したアメリカのジャズ・レーベル「CTI」シリーズ(Creed Taylor IncorporatedまたはCreed Taylor International)である。テイラーのジャズの大衆化を図るというこの狙いは見事にあたり、イージー・リスニング・ジャズ、あるいはクロス・オーバー、フュージョンのブームを作ったのである。私もそんなCTIシリーズに魅せられたひとりでもあり、CTIのいくつかは「我が青春のジャズ・グラフィティ」となっている。(参照拙ブログ「我が青春のジャズ・グラフィティ(6)~ 続・大人の眼差し ~」「我が青春のジャズ・グラフィティ(7)~ 青春の光と影 ~」など)

特に「3000番シリーズ」なかから、夏向きジャケット、トップ5をギャラリー・アップしてみました。残念なことに、これらを含めたLPは、ほとんど散逸してしまっている。もちろんCDでもジャケットは楽しめるし、ジャケ買いなどいまでも私もしているが、LPレコードに比べると、そのアート性、楽しさにおいては太刀打ちできない。

まるで「コルコヴァードの丘 /Corcovado」の丘に聳え立つキリスト像のように、波飛沫にの中に浮かび上がるシルエットは、「Tide」。

「Antonio Carlos Jobim – Tide (1970) – Full album」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

サバンナを駆ける一頭のキリン。「アントニオ・カルロス・ジョビン/Antonio Carlos Jobim」の「WAVE」のジャケット。

「Antonio Carlos Jobim – Wave (1967) Full Album」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
 

 



© 2009 JAZZYな生活. All Rights Reserved.

This blog is powered by the Wordpress platform and to just Go Beach Rental.