JAZZYな生活

プレミアムエイジ ジョインブログ

路傍の花、樹々の鳥(220) ~ 炎天の花も一気に ~

Tags: , ,

ヒマワリ
DSCN0730
ササユリ??
DSCN0733
DSCN0736
DSCN0737
 雨が収まった後も、余波の災害が続いている。記録的な大雨が終わったと思ったら、どうやら今度は記録的?な猛暑。久しぶりにいつものコースを変えて、ひとりでウォーキング。炎天の花も一気に咲き出し、一気に夏気分に ・・・。とはいえ、急に真夏日になったため、体がすこしだるい。蝉はまだ鳴かない。

 けだるいトランペットの響きで、定番「サマータイム/Summertime」。「チェット・ベイカー/Chet Baker」です。「バークレイ・レコード/Barclay Records」時代の演奏のコンピ・アルバム、「In Paris: Barclay Sessions 1955-1956」(2000)から。オリジナルは、「CHET BAKER QUARTET」(1955)。 カルテット仕立てで、パーソネルは、「Chet Baker (trumpet)」、「Gerard Gustin (piano)」、「Jimmy Bond (bass)」、「Nils-Bertil Dahlander (drums)」。

 ベスト・オブ・チェット・ベイカー・イン・パリ
 チェット・ベイカー / / ユニバーサルクラシック
   
    

「Chet Baker Quartet – Summertime」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 気だるさと甘さでは引けを取らないのが、フリューゲル・ホーンの名手、「アート・ファーマー/Art Farmer」。「ミシェル・ルグラン/Michel Legrandの代表曲でもある映画主題歌、「The Summer Knows(おもいでの夏)」を同名のアルバム(1976)から。

おもいでの夏

アート・ファーマー / ユニバーサル ミュージック クラシック

「Art Farmer – The Summer Knows」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
   

    

近づく夏の終わりに

Tags: , ,

DSCN5684
 
例年、お盆を過ぎたころから、葡萄、梨、桃、西瓜(すいか)などと並んで、地元のスーパーや八百屋などの店頭に並ぶ果物がある。ご近所の秋の味覚、「無花果(いちじく)」である。

この無花果、兵庫県は愛知県、和歌山県に次いで、全国3位の出荷量で、この川西では地元の特産品となっている。「アダムとイヴ」の時代から知られ、世界最古の「フルーツ」ともいわれるこの無花果、あの白い粒々(これが花なのですが)の感触といい、くどくないちょっとレトロな甘味といい、私は好きな果物である。

まだまだ暑いですが、この無花果が店頭に並ぶと、夏の終わりが近づいてきたという実感が湧くのです。
 
img_1559029_53944492_0
 
そんな夏の終わりを感じさせる哀愁の曲は、「おもいでの夏/The Summer Knows」。「ミシェル・ルグラン/Michel Legrandの代表曲ですね。たしか1971年制作のアメリカ映画「おもいでの夏/The Summer of ’42」の挿入歌でしたか ・・・。演奏は、夏の終わりの哀愁を感じさせる楽器、フリューゲル・ホルンの名手、「アート・ファーマー/Art Farmer」です。フリューゲル・ホルンはちょっとマイナーな楽器ですが、あの哀愁を帯びた端正な音色に魅かれるファンが多いようです。

なんとなくジャケットも素敵な「おもいでの夏」。

おもいでの夏

アート・ファーマー / ユニバーサル ミュージック クラシック

「ミシェル・ルグラン」の名曲、「おもいでの夏」。パーソネルは、「Art Farmer (flh)」、「Cedar Walton (pf)」、「Sam Jones (b)」、「Billy Higgins (ds)」。

「The Summer Knows – Art Farmer」
 
       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
 
 
 
 



© 2009 JAZZYな生活. All Rights Reserved.

This blog is powered by the Wordpress platform and to just Go Beach Rental.