JAZZYな生活

プレミアムエイジ ジョインブログ

さすがに老いを感じてはきたが ・・・

Tags: , ,

DSCN8933a
DSCN8927a
 一年ぶりのクヌギの伐採、玉切り作業。急斜面の上り下りで息が上がる。踏ん張れず、バランスを崩し尻餅をつく。チェーンソーや鋸を持つ手が重い。一年前に比べ、間違いなく体力は下がっている。ヘルメット着用、声かけやロープなどを使い、安全最優先で作業を行っているが、実質、約2時間の作業が集中力と体力の限度である。

 来園者や公園事務所の職員からは、お世辞半分に「お若いですね」と言われるが、仲間の最年長は79歳、若い人でも65歳、十分に高齢者である。さすがに皆んな老いてはきたが、顔はまだいきいきと輝いている。この活動、仲間の皆んなにとって、楽しさや健康、活力をもたらしてくれているが、それにもまして、多少は世の中に役立っているということが、モチベーションの源泉にもなっている。ゆっくりと時間をかければ、まだまだ続けられそうである。

omara-gracias-1

 さて、今宵も哀愁のラテン。わたしもまだまだ負けていられませんと思うのが、「オマーラ/Omara」。アメリカのJAZZギタリスト、「ライ・クーダー/Ry Cooder」とキューバの老ミュージシャンらで結成されたバンド、「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ/Buena Vista Social Club」のメンバーのひとりで、「コンパイ・セグンド/Compay Segundo」と並んで人気があり、いまだ現役で活躍している。

 有名になったきっかけは、「ライ・クーダー」が、キューバ音楽の伝説的なアーティストたちをドキュメンタリーとしてまとめた映画、「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」。今はもうすっかり老いてしまったが、彼らが150年の歴史のある「ソン」という伝統音楽を、その後のキューバ革命の荒波をくぐってを守り続けてきたことを描いたドキュメンタリーである。この映画がきっかけで90年代末に世界的なブームを巻き起こしたが、その当時で平均年齢は70歳代、今ではオリジナル・メンバーの大半はすでに他界しているという。

 そういえば、「コンパイ・セグンド」、「オマーラ」のふたり、2015年、オバマ前米国大統領に招かれ、「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」が、ホワイトハウスで、演奏した時もパフォーマンスを披露した。(参照拙ブログ「ホワイトハウスに流れたカリブの熱風」「カリブから風が吹く」

omara-cantando-c2a9-livio-deldado

 「キューバの歌姫」と呼ばれる「オマーラ・ポルトゥオンド/Omara Portuondo」。1930年生まれと言うから、今年87歳である。老いてはいるが、輝きを失っていない魅力的な表情と素晴らしい歌唱力を持っている。その「オマーラ」が、「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」のメンバーたちと作り上げたソロ・アルバムが、「オマーラ/Omara」。その切々たる哀愁に心が動かされる。
 
 前述のブログ記事からの再録ですが、「オマーラ」の哀切の歌唱を ・・・。

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ・プレゼンツ・オマーラ

オマーラ・ポルトゥオンド / ワーナーミュージック・ジャパン

 「ベインテ・アニョス/Veinte años (20年の歳月)」 。

「Omara Portuondo – Veinte años」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 「カンタ・ロ・センティメンタル/Canta lo sentimental (叙情歌)」

「Omara Portuondo – Canta lo sentimental」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

  フルアルバムはコチラ、  「Omara Portuondo (Full Album) 」 

    

ホワイトハウスに流れたカリブの熱風

Tags: , ,

img_aefd909c8f6cecc5225be321161562a4182983

キューバの伝説的な音楽バンド「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ/Buena Vista Social Club」が15日、米ホワイトハウスに訪問、オバマ大統領らの前で、演奏を披露した。キューバの音楽家がホワイトハウスで生演奏したのは50年以上ぶりとのこと。オバマ大統領は「皆さんのCDを買いました」に話しかけたという。グラミー賞の受賞歴もある同バンドは、オバマ米大統領からスペイン語で「ようこそホワイトハウスへ!」と歓迎された後、全4曲を披露した。当日のパフォーマンス映像がありました。(クリックしてください)

米国とキューバは今年7月、キューバ危機以来54年ぶりに国交を回復し、関係改善を進めている。そんなことに思いを馳せた矢先の出来事である。オバマ大統領も彼らの音楽が好きだとは ・・・。

「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ/Buena Vista Social Club」は、アメリカのJAZZギタリスト、「ライ・クーダー/Ry Cooder」とキューバの老ミュージシャンらで結成されたバンド。有名になったきっかけは、「ライ・クーダー」が、キューバ音楽の伝説的なアーティストたちをドキュメンタリーとしてまとめた映画。「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」。今はもうすっかり老いてしまったが、彼らが150年の歴史のある「ソン」という伝統音楽を、その後のキューバ革命の荒波をくぐってを守り続けてきたことを描いたドキュメンタリーである。この映画がきっかけで90年代末に世界的なブームを巻き起こしたが、その当時で平均年齢は70歳代、今ではオリジナル・メンバーの半数はすでに他界しているという。 (参照拙ブログ「カリブから風が吹く」

img_b14cd4f58a7028f9f17bb3c283db45d91022900

そんなライブを行った「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」のメンバーの一人が、「オマーラ・ポルトゥオンド/Omara Portuondo」。「コンパイ・セグンド/Compay Segundo」と並んで、老いてはいるが、輝きを失っていない魅力的な表情と素晴らしい歌唱力を持っている。1930年生まれと言うから、今年85歳である。当日のパフォーマンスのビデオやそれを伝えるニュースの写真から、彼女がその魅力を未だ失っていないことがよくわかる。

「キューバの歌姫」と呼ばれる「オマーラ・ポルトゥオンド」が、「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」のメンバーたちと作り上げたソロ・アルバムが「オマーラ/Omara」。その切々たる哀愁に心が動かされる。

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ・プレゼンツ・オマーラ

オマーラ・ポルトゥオンド / ワーナーミュージック・ジャパン

「ベインテ・アニョス/Veinte años (20年の歳月)」 。

「Omara Portuondo – Veinte años」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

「カンタ・ロ・センティメンタル/Canta lo sentimental (叙情歌)」

「Omara Portuondo – Canta lo sentimental」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
 

 



© 2009 JAZZYな生活. All Rights Reserved.

This blog is powered by the Wordpress platform and to just Go Beach Rental.