JAZZYな生活

プレミアムエイジ ジョインブログ

言葉では表現できない感情が、歌手の歌声にはちゃんとある

Tags: , ,

img_49d34085a5f09e71a2635d843aeb92cf20997

 
 今年のノーベル文学賞を受賞した日系英国人作家、「カズオ・イシグロ」氏が、7日、ストックホルムのスウェーデン・アカデミーで授賞の記念講演を45分にわたり、行った。その中で、代表作「日の名残り」(1989年)について、シンガー・ソングライターの「トム・ウェイツ/Tom Waits」の曲「ルビーズ・アームズ/Ruby’s Arms」を聞いたことが、完成のきっかけになったなど、創作のエピソードを披露したという。

 『 ・・・ 88年3月、33歳の私は、初めて日本が舞台ではない「日の名残り」を書き終えたところでした。晩年になってから、自分が誤った価値観を守ってきたと気付く英国の執事の物語です。何度も読み返し、ある程度満足しましたが何かが足りない。その時、ソファに横になってトム・ウェイツが歌う「ルビーズ・アームズ」を聞いたのです。曲の半ばに、胸が張り裂けそうだと歌うのを聞いて、まだやるべき仕事が残っていると気付きました。小説の最後で、感情を抑えてきた執事の心のよろいにひびを入れねばならないと考えました。 (毎日新聞2017年12月8日配信より)

 『 ・・・ 私はこれまで、いくつもの場面で、歌手の歌声から重要な教訓を学んできました。』影響を受けた歌手に、ボブ・ディラン、ニーナ・シモン、レイ・チャールズ、ブルース・スプリングティーなどを挙げたという。『言葉では表現できない感情ですが、歌手の歌声にはちゃんとあって、私は目指すべき何かをもらったと感じます。』 (12月12日 朝日新聞朝刊より)

51XAP48A79L

日の名残り (ハヤカワepi文庫)
カズオ イシグロ/Kazuo Ishiguro (著)、土屋 政雄 (翻訳)
早川書房


   
   
   
   
    

【 Ruby’s arms ルビーの腕 】

「♪ I will leave behind all of my clothes  僕の服は全部置いてゆこう
  I wore when I was with you      君と一緒にいたころ着ていた服は全部
  All I need’s my railroad boots      必要なのはこのブーツと 
  And my leather jacket          革のジャケットだけ

  As I say goodbye to Ruby’s arms    ルビーの腕にさよならするんだ
  Although my heart is breaking     僕の心は張り裂けそうなのに
  I will steal away out through your    君が眠っているうちに出ていこう
  Blinds for soon you will be waking    君はすぐに目を覚ましてしまうから

  The morning light has washed your face  朝の光が君の顔を照らしているが
  And everything is turning blue now     いまは何もかもがブルー
  Hold on to your pillow case        君の枕カバーを抱くことくらいしか
  There’s nothing I can do now       今の僕にできることはない

  As I say goodbye to Ruby’s arms     ルビーの腕にさよならすれば
  You’ll find another soldier         きっと君は誰か別の戦士を見つけるだろう
  And I swear to God by Christmas time   クリスマスまでにはきっと
  There’ll be someone else to hold you    ほかに君を抱きしめてくれる人はいる

  The only thing I’m taking is         僕がもらっていくものはただ一つ
  The scarf off of your clothesline       君の物干しロープにかかっているスカーフさ
  I’ll hurry past your chest of drawers     君のたんすや
  And your broken window chimes       壊れている窓のチャイムはパス

  As I say goodbye              さよなら     
  I’ll say goodbye               さよならするからね
  Say goodbye to Ruby’s arms        本当にさよなら ルビーの腕

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・   ・・・・・・・・・・・・・・・・・  ♪」

 厳しい生き方を貫いてきた男の心が悲しみにくれる歌、「ルビーズ・アームズ」は、5作目のアルバム、「ハートアタック・アンド・ヴァイン/Heartattack and Vine」(1980年)および「アサイラム・レーベル」で’73年~’80年に発表した6枚のアルバムからの選曲によるベスト盤、「アサイラム・イヤーズ/The Asylum Years 」に収録されている。

81XXeLCIP1L__SL1169_

ハートアタック・アンド・ヴァイン(紙ジャケット仕様) Limited Edition, Original recording remastered
トム・ウェイツ
ワーナーミュージック・ジャパン


   

71KcVRQA+FL__SL1020_   

アサイラム・イヤーズ/The Asylum Years
トム・ウェイツ
ダブリューイーエー・ジャパン


 
   
「Tom Waits – Ruby’s Arms」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

  

  

カズオ・イシグロ氏とJAZZ

Tags: , ,

KazuoIshiguro
 TVを観ていたら、「ノーベル文学賞に日系人のカズオ・イシグロ氏」というテロップが流れてびっくり。確かに「カズオ・イシグロ」氏は素晴らしい作家であるが、ノーベル文学賞を受賞するとは、思ってもみなかった。しかし、うれしい限りである。

 このブログで、彼を取り上げたのはいつだったろうか。前のブログを繰ってみたら、2009年8月10日の記事、「読むJAZZ(7) ~音楽と夕暮れをめぐる五つの物語~ 」が最初のようである。

 『ずっと気になっていたひとりの作家、「カズオ・イシグロ」。その名前からして日系の作家であることは容易に察せられる。この名前が目に留まったのは、彼が、わがジャズ・ミューズの一人、「ステイシー・ケント/Stacey Kent」が2007年9月にリリースした最新アルバム「市街電車で朝食を/Breakfast on the morning tram」にタイトル曲を含め4曲の詩を提供していたからである。  ・・・(中略)・・・  「二人の愛を確かめる旅にふさわしいのは北極よ」と誘う「アイス・ホテル/The Ice Hotel」、「傷心のあまり眠れなかった朝を迎えるには朝の路面電車で朝食をとることが一番」と歌う「市街電車で朝食を/Breakfast on the morning tram」など。ステーシーが語るように、良質の短編小説を読むような感性豊かな情景が拡がる。』

 そんな記事であった。その後もジャズ歌手、「ステイシー・ケント/Stacey Kent」に詩を提供したことで、何回か取り上げたことがある。(参照拙ブログ「立春の朝に」「とどろく爆音に ・・・」「元気が出る朝の食卓」 など)

 彼の経歴や作品については、新聞などに詳しく報道されているから、そちらに譲るとして、「ステイシー・ケント」に提供されたいくつかの詩のうち、「アイス・ホテル」と「市街電車で朝食を」を紹介しておきましょう。

市街電車で朝食を

ステイシー・ケント / EMIミュージック・ジャパン

Breakfast on the Morning Tram

Stacey Kent / Blue Note Records

  
【 The Ice Hotel 】  作詞;Kazuo Ishiguro  作曲;Jim Tomlinson

「♪ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  Let’s you and me go away     二人で行きましょうよ
  To the Ice Hotel             アイス・ホテルへ

  They’ve built it all with ice that’s pure and clear  透明で純粋な氷で造られているの
  The sofas, the lobby          ソファーも、ロビーも
  Even the chandelier          シャンデリアさえも
  A thermostat guarantees      温度は常に
  A steady minus 5 degrees     マイナス5度に保たれていて
  What other place could serve our needs so well 私たちのニーズに叶う所は他にないわ
  Let’s you and me go away     二人で行きましょうよ
  To the Ice Hotel             アイス・ホテルへ
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ♪」

「Stacey Kent & Kazuro Ishiguro’s ‘The Ice Hotel’」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

【 Breakfast on the Morning Tram 】
                 作詞:Kazuo Ishiguro 作曲:Jim Tomlinson

「♪ So here you are in this city     この街に佇んでいる そうあなた
  With a shattered heart, it seems   こころを閉ざしているように見えるわ
  Though when you arrived       この街についたときから
        you thought you’d have   ずっと夢で考えていたような
  The holiday of your dreams        休日を過ごせるなんて思っていた
  You’d cry yourself to sleep if you could  できることなら泣きながら眠ってしまいたいと
  But you’ve been awake all night     しかし残念ね 一晩中起きていたんでしょ
  Well here’s something that you need to do  何が必要か教えてあげようか
  At the first hint of morning light      夜が明けてしなくてはならない最初の事を

  Walk right across the deserted city   まだ誰もいない街を歩いて 
  To the Boulevard Amsterdam      アムステルダム大通りへ行き
  And wait there             しばらく待ってなさい
  For what the citizens here        この街の人たちがこう呼ぶ
  Refer to as the Breakfast Tram    「ブレックファスト・トラム」を薦めるわ

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
  
  And even though you’re a stranger  初めて訪れた土地にもなのに
  They’ll make you feel         街の人たちは
  Right at home             家にでもいるように心地よくさせてくれる
  They’ll be offering to refill your coffee  コーヒーのおかわりを注いでくれたりして
  They won’t have you sitting there alone  人々はあなたを一人で放って置きはしない
  ’Cause they’ve seen many others just like you  あなたのような人は大勢見てきたから
  And each one of them has had it happen too   みんな同じようなことを経験している
  So just enjoy your fresh croissant and jam  さあ、クロワッサンとジャムを楽しんで
  And don’t neglect the Belgian waffles     ベルギー・ワッフルも忘れないで
  You’ll soon forget your troubles        食べれば、悩みなんかすぐ消えるわ
  When you have breakfast on the morning tram  朝の電車で朝食をとれば   ♪」


「Stacey Kent – Breakfast on the Morning Tram」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 もうひとり、毎年ノーベル文学賞の候補に上がるのが、元ジャズ喫茶のオヤジにして、ジャズに関連した著書も多くある「村上春樹」。(参照拙ブログ 読むJAZZ(2) 或いは読みたいJAZZ ~村上春樹の世界~ 「読むJAZZ(12) ~村上春樹の音楽観~ 」 など)

 そうそう、「カズオ・イシグロ 」氏が最も関心のある作家は「村上春樹」だそうで、彼とロンドンであったときは、専らジャズの話をしていたと、あるインタビューで語っている。なんと「カズオ・イシグロ 」もご同様の御仁であったのだ。来年こそは ・・・。
  
 さて、小説以外の私のお気に入りの「村上春樹」の本は、彼がお気に入りの曲を自らの訳詩とエッセイで紹介した本、「村上ソングス」。

村上ソングズ (村上春樹翻訳ライブラリー)

村上 春樹 / 中央公論新社


   

   

元気が出る朝の食卓

Tags: , , ,

DSC_0745
DSC_0733 (2)

 昨日、山で採ってきた「ヤマモモ(山桃)」のジャムが食卓に並ぶ。庭で採れた「キュウリ(胡瓜)」、「ミニトマト」のサラダ、そして「ナス(茄子)」の浅漬けも ・・・。大きく育ってきた「ゴーヤ」もそろそろか。元気が出る朝の食卓。

article_WEB_StaceyKent_BenoitPeverelli

 さて、「ステイシー・ケント/Stacey Kent」は、「市街電車で朝食を/Breakfast on the Morning Tram」をオススメしています。聴いてみましょうか。同タイトルのアルバム(2007)からです。このアルバムは、フランス「ブルーノート」へ移籍した第一作であるが、従来のスダンダードを中心にすえたアルバムではなく、「Jazzy,not Jazz」のようなポップスに近い感覚に仕上げたアルバムとなっている。オリジナルのほか「セルジュ・ゲンズブール/Serge Gainsbourg」、「ピエール・バルー/Pierre Barouh」、「セルジオ・メンデス/Sergio Mendes」などもとりあげられていて、相変わらずチャーミングでその聴き心地のよさ。

 そして、最大のポイントは、「カズオ・イシグロ/Kazuo Ishiguro/石黒 一雄」のタイトル曲のほか、「The Ice Hotel」、「I Wish I Could Go Travelling Again」、「So Romantic」の歌詞4編。「カズオ・イシグロ」といえば、日本生まれのイギリス作家。1989年に長編小説「日の名残り/The Remains of the Day」でイギリス最高の文学賞、「ブッカー賞」を受賞している。またその作品を始め、2005年出版の、「わたしを離さないで/Never Let Me Go」などは、映画化、舞台化、TVドラマ化されているのでご覧になった方も ・・・。(参照拙ブログ「読むJAZZ(7)  ~音楽と夕暮れをめぐる五つの物語~ 」

Stacey-Kent

 作曲は、ステイシーの夫でサックスで支える、「ジム・トムリンソン/Jim Tomlinson」。ライナー・ノーツで「カズオが書いてくれた歌詞はショートストーリーのような形になっていて、従来の歌の形式にはとらわれていないの。・・・・ わたしは二人の創りだした音楽の世界にノックアウトされてしまったわ。」とステイシーは語っている。

 「傷心のあまり眠れなかった朝を迎えるには朝の路面電車で朝食をとることが一番、食べれば悩みなんか消えてしまう」と歌う「市街電車で朝食を」など。ステーシーが語るように、良質の短編小説を読むような感性豊かな情景が拡がる。

【 Breakfast on the Morning Tram 】
                 作詞:Kazuo Ishiguro 作曲:Jim Tomlinson

「♪ So here you are in this city     この街に佇んでいる そうあなた
  With a shattered heart, it seems   こころを閉ざしているように見えるわ
  Though when you arrived       この街についたときから
        you thought you’d have   ずっと夢で考えていたような
  The holiday of your dreams        休日を過ごせるなんて思っていた
  You’d cry yourself to sleep if you could  できることなら泣きながら眠ってしまいたいと
  But you’ve been awake all night     しかし残念ね 一晩中起きていたんでしょ
  Well here’s something that you need to do  何が必要か教えてあげようか
  At the first hint of morning light      夜が明けてしなくてはならない最初の事を

  Walk right across the deserted city   まだ誰もいない街を歩いて 
  To the Boulevard Amsterdam      アムステルダム大通りへ行き
  And wait there             しばらく待ってなさい
  For what the citizens here        この街の人たちがこう呼ぶ
  Refer to as the Breakfast Tram    「ブレックファスト・トラム」を薦めるわ
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・      ・・・・・・・・・・・・・・・・・   
  And even though you’re a stranger  初めて訪れた土地にもなのに
  They’ll make you feel         街の人たちは
  Right at home             家にでもいるように心地よくさせてくれる
  They’ll be offering to refill your coffee  コーヒーのおかわりを注いでくれたりして
  They won’t have you sitting there alone  人々はあなたを一人で放って置きはしない
  ’Cause they’ve seen many others just like you  あなたのような人は大勢見てきたから
  And each one of them has had it happen too   みんな同じようなことを経験している
  So just enjoy your fresh croissant and jam  さあ、クロワッサンとジャムを楽しんで
  And don’t neglect the Belgian waffles     ベルギー・ワッフルも忘れないで
  You’ll soon forget your troubles        食べれば、悩みなんかすぐ消えるわ
  When you have breakfast on the morning tram  朝の電車で朝食をとれば   ♪」
   

市街電車で朝食を

ステイシー・ケント / ワーナーミュージック・ジャパン



「Stacey Kent – Breakfast on the Morning Tram」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
  

  



© 2009 JAZZYな生活. All Rights Reserved.

This blog is powered by the Wordpress platform and to just Go Beach Rental.