JAZZYな生活

プレミアムエイジ ジョインブログ

鹿との知恵比べ再び ・・・

Tags: , , ,



 鹿との知恵比べが再び始まった。鹿除けネットの下が大きく持ち上げられている。台場クヌギの新芽が出始めた先日、台場クヌギの再生林に鹿が侵入しているとの報告。どうもネットを潜って侵入しているらしい。この日の作業は、ネットの修復。ワイヤ入のネットに変えてから、破られることはなくなったが、固定が甘い箇所のネットを持ち上げて侵入しているのである。賢い。金具とポールで地面とネットを固定する。修復箇所は9箇所にも及んだ。急斜面での作業を終えると汗が噴き出す。また一年鹿との闘いが続く。



 この日、作業を終えた我々の目を和ませてくれた花は、野球のバットの材料としても使われる「アオダモ/青梻」と、牛の鼻輪をこの木で作ったことから、別名「ウシゴロシ」と呼ばれ、鎌の柄にも使われたことから、「カマツカ/鎌柄」の上品で可憐な白い花。


 帰路、ダムを見上げると、例年の「こどもの日」バージョン、たくさんの鯉のぼりが、初夏を思わせる風にたなびいいていた。

 鹿とは、修理しては破られ、また修理するという攻防戦、いたちごっこ、悪循環を繰り返している。「悪循環」のことを英語で「vicious circle」というが、今宵のは、「サークル・ゲーム/The Circle Game」。カナダ出身のシンガー・ソングライター。「ジョニ・ミッチェル/Joni Mitchell」の曲。1970年公開の映画「いちご白書/原題:The Strawberry Statement」の主題歌としても使用された。

【 The Circle Game 】  by Joni Mitchell

「♪ Yesterday a child came out to wander  少年の好奇心が花開いたのは昨日のこと
  Caught a dragonfly inside a jar     トンボを捕まえて瓶に入れ
  Fearful when the skies were full of thunder 雷鳴が轟く空に慄き
  And tearful at the falling of a star    流れ星に涙するのです

  And the seasons, they go round and round そして季節は何度も巡り
  And the painted ponies go up and down アップダウンを繰り返すメリゴーランドのポニーのように
  We’re captive on a carousel of time  私達は時の回転木馬に囚われた人 
  We can’t return              戻ることなどできないのです
  We can only look behind to where we came ただ後ろを振り返って見るだけ
  And go round and round and round    何回も何回も回り続けるだけです
  On the circle game            サークルゲームのように

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・    ・・・・・・・・・・・・・・・・  ♪」

 「サラ・ガザレク/Sara Gazarek」の歌で ・・・。デビュー・アルバム、「ユアーズ/Yours」(2005)から。

「The Circle Game - Sara Gazarek」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

   

   



© 2009 JAZZYな生活. All Rights Reserved.

This blog is powered by the Wordpress platform and to just Go Beach Rental.