JAZZYな生活

プレミアムエイジ ジョインブログ

路傍の花、樹々の鳥(347) ~ 初夏のイメージ ~

Tags: , , , , ,







 ウォーキングをしていると目に付く初夏の花。定番の「アジサイ(紫陽花)」のほかにも、「キョウチクトウ(夾竹桃)」、「ザクロ(柘榴)」、「ギボウシ(擬宝珠)」、「スモークツリー(煙の木)」。この街でこんな風景を26年見続けてきた。

 今宵の曲、懐かしい人の懐かしい曲。「笠井紀美子」、「夏の初めのイメージ(Image of the beginning of summer)」。アルバム、「トーキョー・スペシャル/Tokyo Special」(1977)。

 1945年生まれ、京都府京都市出身。1970年代、スタンダード曲を歌ったり、フュージョンの要素を取り入れたりして人気を集めた。アンニュイでちょっと小悪魔的な雰囲気を漂わせていた彼女は、たちまち一世を風靡した。現在、74歳。20年ほど前の1998年、音楽活動から引退したというが、その後どんな風に年輪を重ねたのだろうか。カリフォルニア州サンタモニカ在住だという。
 
【 夏の初めのイメージ 】  作詞:安井かずみ 作曲:筒美京平

「♪ 見慣れたこの街に住み 
    見慣れた毎日が過ぎる 
     アスファルト色の時間 
      人生はそんなものだと

  そんなある日に 聞こえてきたのは
     恋をするかもしれないと 
      私の中 私の声 
       いつもと違う 見慣れた街が 
         光を増して
           あのひとのイメージを回る 
              季節は夏の初め

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  ♪」
    

トーキョー・スペシャル/Tokyo Special
笠井 紀美子
SMJ


     
     

   
「Kimiko Kasai (笠井纪美子) – 夏の初めのイメージ」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

懐かしいと思われる方にはフル・アルバムを ・・・。

「笠井紀美子 (Kimiko Kasai) – Tokyo Special(1977) [full album] 」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

路傍の花、樹々の鳥(83) ~ 続・夏の花へと ・・・ ~

Tags: , ,

DSCN9849
DSCN9840

「ノウゼンカズラ(凌霄花)」の花の蜜を「アゲハチョウ(揚羽蝶)」が吸っている。この鮮やかな真っ赤な花が蝶たちは好きなようである。一転、鮮やかな白は、「キョウチクトウ(夾竹桃)」。葉が竹に、花が桃に似ていることから付けられたという。こちらは、人間でも注意が必要な強い経口毒性があるため、寄ってくる昆虫はいない。様々な夏の花 ・・・。

Web_-_Seidel_vintage_frock_higher_res

さて、万人が癒されそうな万能癒し系ボーカル、「ジャネット・サイデル/Janet Seidel」を続けます。彼女がトリビュートした20世紀を代表する作曲家がいます。「コール・ポーター/Cole Porter」、「ヘンリー・マンシーニ/Henry Mancini」。そのソングブック的アルバムがリリースされています。

「コール・ポーター」は、ミュージカルや映画音楽の分野で、「ラヴ・フォー・セール/Love for Sale」、「ナイト・アンド・デイ/Night & Day」、「ソー・イン・ラヴ/So in Love」、「オール・オブ・ユー/All of You」などJAZZ好きの方なら誰でも知っている数多くのスタンダード・ナンバーを残した人物。ボーナス・トラックも含め21曲もの「コール・ポーター」のナンバーが収録されているアルバムは、「コール・ポーターと私~スウィーテスト・ライヴ」。原題のタイトルは、「De-Lovely」といい、映画好きの方なら気づくかもしれないが、「コール・ポーター」の生涯を描いた映画、「五線譜のラブレター」(2004)の原題が「De-Lovely」であった。(参照拙ブログ「観るJAZZ(5) ~ 五線譜のラブレター ~」

「ジャネット・サイデル」、いつものやさしいメロウな声で、ポーターのナンバーを綴る。シドニーのキャバレー、「ウッドファイアー/Woodfire」での2005年のライブ録音。

コール・ポーターと私~スウィーテスト・ライヴ

ジャネット・サイデル / MUZAK,INC.

「Janet Seidel – I Love You」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

そして、「ヘンリー・マンシーニ」は、ご存知、グラミー賞、アカデミー作曲賞に何度も輝いたアメリカの作曲家、編曲家、映画音楽家。「ピーター・ガン」、「ムーン・リバー」、「酒とバラの日々」、「シャレード」、「ひまわり」 ・・・ 枚挙にいとまがない。 同じオーストラリア出身の人気ピアニスト、「ジョー・チンダモ/Joe Chindamo」を迎え、巨匠「ヘンリー・マンシーニ」へ捧げられたゴージャスなアルバムが、「シャレード スウィート・マンシーニ」。ジャネットの心温まる歌声とチンダモのエレガントなピアノによるサウンドが楽しめる。

シャレード ‾スウィート・マンシーニ

ジャネット・サイデル&ジョー・チンダモ / ミューザック

こちらは、あまりYOUTUBEにアップされていません。別のアルバムだと思いますが、「Moon River」(映画「ティファニーで朝食を」より。

「Moon River - Janet Seidel」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

こちらもギターの「チャック・モーガン/Chuck Morgan」とのデュオですが、「Two for the Road」(映画「いつも二人で」より)。

「Two for the Road - Janet Seidel」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
 

 



© 2009 JAZZYな生活. All Rights Reserved.

This blog is powered by the Wordpress platform and to just Go Beach Rental.