JAZZYな生活

プレミアムエイジ ジョインブログ

雨の日の朝、爽やかさを運んできたのは ・・・

Tags: , , ,



 今日も朝から雨、「ゴーヤ(ニガウリ)」の花が鮮やか。小さな実も可愛らしい。大きく育ってほしい。
   

 雨の日の朝、爽やかさを運んできたのは、「エマ・フランク/Emma Frank」。なんとも爽やかである。

 ニューヨークとカナダ・モントリオールで活躍するコンテンポラリーなシンガー・ソングライター。30歳前後であろうか。ボストン出身、2006年からモントリオールの大学で学ぶ傍ら、2枚のアルバムをリリースしたという。2015年からは、ブルックリンに居を構え、ニューヨークでも活動を開始。そして実質のデビュー・アルバムともいえる、「Ocean Av」(2018)をリリース。そして、今年6月にリリースされたのは、彼女の4作目となる最新作、「カム・バック/Come Back」。
  
 キャッチには、「グレッチェン・パーラトやベッカ・スティーヴンスの系譜に連なる女性ジャズシンガーで、美しく繊細な空気をまとった、シンガー・ソングライター」とあったが、ジャズの他、フォークやカントリー、R&Bのテイストも感じられ、むしろ「ノラ・ジョーンズ/Norah Jones」の系譜を感じる。全9曲。そのうち、3曲を除いて(1曲は作詞のみ)全て彼女の作詞・作曲になる。

 冒頭の「I Thought」、「Two Hours」、「Sometimes」、「Promises」 ・・・、タイトルを見ただけでも彼女の世界観がなんとなく想像できる。数多くの女性ボーカルを輩出してきたカナダ。また新しい才能、スターを育てたようだ。


 
     
COME BACK
EMMA FRANK/エマ・フランク
インパートメント


    
    

【 I Thought 】  by Emma Frank

「♪ You’ll come back, I know  あなたはきっと帰ってくる
  When the waves have opened  この波のような高まりが解放され
  And I’m fully grown      私が完全に大人になったら
  There’s never a limit     どれだけ変われるかなんて
  On how much we change      そんな限界はないのよ
  And I thought we’d finished  でもきっと私たちは終わったのね
  I thought I was to blame    それは私のせいね

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・  ・・・・・・・・・・・  ♪」
   


    

「Emma Frank – I Thought (Official Music Video)」
    
       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
     

 アメリカのロックバンド「ウィルコ/Wilco」のカバーで、「Either Way」。

「Emma Frank – Either Way (Official Video)」
   
       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
    

    

夏野菜の花も咲く

Tags: , , ,

DSCN0777
DSCN0780
DSCN0813
 我が家のフェンスに咲いた「ゴーヤ」の雌花。もう小さな実がなっている。雄花が多い中で、貴重な雌花。一般的には、「ゴーヤ」、「ニガウリ(苦瓜)」などと呼ばれるが、正式には「ツルレイシ(蔓茘枝)」というのだそうだ。夏を代表する野菜の一つ。「オクラ(秋葵)」も。

4e87789a45f6883746329b481e6eefccv1_max_755x425_b3535db83dc50e27c1bb1392364c95a2
 さて、今宵の美メロ・ピアノは、「リッチー・バイラーク/Richie Beirach」、「Summer Night」。1947年、ニューヨーク生まれのピアニスト、作曲家。もともとクラシックとジャズの両方のピアノを学んだという。「バークリー音楽院」に入学したが一年後には、「マンハッタン音楽学校」へ再入学し、音楽理論と作曲のマスター課程を卒業した。1970年代初頭から、「スタン・ゲッツ/Stan Getz」や「チェット・ベイカー/Chet Baker」、「デイヴ・リーブマン/David Liebman」など、いわゆるウェスト・コースト派と共演、独自のリリシズムを打ち出した。「ビル・エヴァンス/Bill Evans」以降に登場した最も詩的なジャズ・ピアニストのひとりと言われ、ECMレーベルから彗星のごとく登場したピアニスト。

 その「リッチー・バイラーク」がソロ・ピアノで吹き込んだバラード集が、「Ballads II」。1986年3月に東京で録音した「Ballads」の続編として、1987年1月20日、21日に故郷で録音した「Ballads II」。前作同様、日本サイドの企画によるピアノ・ソロ作品。長らく入手困難なレア・アルバムで、再発を望まれていた彼のECMからの2アルバムが、2015年に低価格で一挙再発となった。このうえなく美しいハーモニーとリリシズムの極致と言っていいタッチで聴かせてくれる。

バラッドII(期間生産限定盤)

リッチー・バイラーク / SMJ

 残念ながら、ソロ演奏がアップされていませんでしたので、トリオでの演奏を。「マイルス・デイヴィス/Mile Davis」をトリビュートしたアルバム、「サマー・ナイト/Summer Night」(2007)から。これも、日本サイドの企画。パーソネルは、「Richie Beirach (p)」、「ジョージ・ムラツ/George Mraz (b)」、「ビリー・ハート/Billy Hart (ds)」。

61FMg8xjpvL__SS500
     
Summer Night 
リッチー・バイラーク・トリオ/Richie Beirach Trio
Venus Records


     
    


「Summer Night ー Richie Beirach」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
   

    

九月の花、九月の歌 (4) ~ Maybe September ~

Tags: , ,

dscn2071

もう終わりかなと思っても、まだ次々と咲く「ゴーヤ」の花。しかし実をつける雌花はなかなか咲かず、咲くのは雄花ばかり。子供3人は皆男の子。「ゴーヤまでも ・・・」と愚痴る妻。

tonybill

さて、今宵の九月の歌は、「Maybe September」。歌い手は、「トニー・ベネット/Tony Bennett」。私は観たことがありませんが、映画界の内幕を描いた、1966年の「ラッセル・ロウズ/Russell Rouse」監督の映画「オスカー(原題:The Oscar)」の挿入歌だそうだ。出演は、「スティーヴン・ボイド/Stephen Boyd」、「エルケ・ソマー/Elke Sommer」らで、「トニー・ベネット」も歌手役として、この映画に出演していたという。

この曲、「パーシー・フェイス/Percy Faith」、「レイモンド・エヴァンス/Raymond Evans」、「ジェイ・リヴィングストン/Jay Livingston」の3人の合作で、「トニー・ベネット」の歌唱には、私が知っている限り、オーケストラとの共演盤「Movie Song Album」(1966)と、「ビル・エヴァンス/Bill Evans」との共演盤「Together Again」(1977)の2種がある。

Movie Song Album

Tony Bennett / Sbme Special Mkts.

Together Again

Tony Bennett / Concord Records

【 Maybe September 】 作詞;Raymond Evans、Jay Livingston 作曲;Percy Faith

「♪ Maybe September I’ll love again   九月になればまた恋をするかも
   Maybe a rainbow will catch me then  そうすれば虹色の気分に包まれるかも 
   This little boy’s eyes          この少年の瞳も
   Will find his way once more       歩んでいく道を再び見つける
   Just like before             以前のようにね

       ・・・・・・・・・・・・・・                 ♪」   

まずは、オーケストラとの共演盤から。
 
「Tony Bennett ー Maybe September」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

「Bill Evans & Tony Bennett」(1975年)に続く、2枚目のデュオ・アルバム、「Togeter Again」(1977年録音)から ・・・。

「Tony Bennett & Bill Evans – Maybe September」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
  

  

Oh! Baby、Baby

Tags: , ,

ゴウヤ

「ゴーヤ」の雌花のあとに小さな、本当に小さなベイビー・ゴーヤが育っている。「ゴーヤ」の花には、雄花と雌花があり、雄花が先に咲き始め、しばらく経って雌花が咲く。そのため、雌花が咲き始める前に咲いた雄花は、次々に咲いては落ちていくので、心配性の妻はちゃんと受粉しているのだろうかと随分と心配していたが、この赤ちゃんのような小さな実が生長を始めるのである。不思議。

ヒメヒマワリ

ひと月ほど前から次々と咲いて、いっぱいに広がってるのは、「シュクコンヒメヒマワリ(宿根姫向日葵)」。ヒマワリ属とは別属のヒマワリモドキ属の一年草である。いずれもいわゆる「ヒマワリ」と比べると、艶やかさや豪華さに欠けるが、長い間咲いて目を楽しませてくれる。

「Oh! Baby」なんて年甲斐もなく囁かれてみたい人に贈る、「Babyにちなんだ歌特集」を ・・・。全て女性歌手で聴いてみましょうか。

まずは、彼女がそのなんとも言えないオヤジ声で歌うブルースは味がある「ダイアナ・クラール/Diana Krall」で「Baby, Baby All the Time」。アルバムは、「All For You ~ A Dedication To The Nat King Cole Trio ~」(1996)から。

All for You

Diana Krall / Universal Jazz

「Diana Krall – Baby, Baby All The Time」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

2曲目は、スタンダードから、「My Baby Just Cares For Me」。「私のベイビーは、ただ私のことにしか興味がない」。そんな意味でしょうか。アップテンポの4ビートで歌う「ニーナ・シモン/Nina Simone」の歌唱がよく知られているが、やはりテンポ良く歌う「ソフィー・ミルマン/Sophie Milman」で。

Sophie Milman

Sophie MilmanLinus Entertainment


「Sophie Milman – My Baby Just Cares For Me」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

同じ歌を、ガラっと変わって妖艶なジュリー節で歌うのは、「ジュリー・ロンドン/Julie London」。

ジュリー・ロンドン・イン東京1964

ジュリー・ロンドン / SPACE SHOWER MUSIC

「Julie London – My Baby Just Cares For Me」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

3曲目の「Babyソング」は、やはりスタンダードで、「ジョニー・マーサー/Johnny Mercer」と「ハロルド・アレン/Harold Arlen」の曲から、「One For My Baby (And One More For The Road)」。深夜の酒場でバーテン相手に、恋人に去られた男が愚痴っぽく「俺のベイビーのためにもう一杯、俺の新たな旅立ちにもう一杯」なんて管を巻く情景を歌ったちょっと粋な歌。オーディオ・ファンに支持が多いと聞く「ジャシンサ(ジャシンタ)/Jacintha」。私は間違いなく名盤だと思っている「Autumn Leaves — The Songs Of Johnny Mercer」から。

「♪ It’s quarter to three   もう3時15分前だ 
   there’s no one in the place except you and me  店には君と俺だけだ
   So set’em up, Joe  ジョー、片付けてしまえよ
   I’ve got a little story you ought to know ちょっとした話があるんだ
   We’re drinking, my friend      友よ一緒に飲もうぜ
   to the end of a brief episode     短い話を終えるまで
   Make it one for my baby        もう一杯作ってくれよ俺のベイビーに
       and one more for the road   そして新しい俺の旅立ちにもう一杯 ♪」

  

Autumn Leaves: The Songs of Johnny Mercer

JacinthaGroove Note

「Jacintha – One For My Baby」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

そして、ラストは「Babyソング」としては外せないでしょう、この曲。ジャズ・フルートの「ハービー・マン/Herbie Mann」の大ヒット曲で、「メル・トーメ/Mel Torme」の歌唱、最近では、「マイケル・ブーブレ/Michael Bublé」の歌唱によっても知られている「カミン・ホーム・ベイビー/Comin’ Home Baby」。小気味に弾むベースに乗って歌うのは、「エミリー・クレア・バーロウ/Emilie-Claire Barlow」。アルバムは、「Haven’t We Met?」。

Haven’t We Met?

Emilie-Claire Barlow / Ais

「Emilie-Claire Barlow – Comin’ Home Baby」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video



© 2009 JAZZYな生活. All Rights Reserved.

This blog is powered by the Wordpress platform and to just Go Beach Rental.