JAZZYな生活

プレミアムエイジ ジョインブログ

主役はやはり紅葉

Tags: ,

DSCN8930
DSCN8911
DSCN8912
 燃えるような紅葉。朝夕の寒暖の差が激しいので、今年の色付きは見事。今、公園の主役はやはり紅葉。近隣の施設から多くのお年寄りが訪れていた。紅葉を脇目にクヌギの伐採へと向かう。

56795_10150099612659416_595114415_7383927_2620577_o

 さて、今宵のお久しぶり歌姫は、「サーシャ・ダブソン/Sasha Dobson」。1980年、カルフォルニア州サンタクルーズで生まれ、ニューヨークを拠点に活動するシンガー・ソングライター。父はジャズ・ピアニスト、母は歌手、兄はドラマー&ヴィブラフォン奏者という音楽一家に育ち、5歳から、「ザ・ダブソン・ファミリー・バンド/The Dobson Family Band」で、家族と共にジャズを歌ってきたという。カリフォルニアで開催される「モントレー・ジャズフェスティバル/the Monterey Jazz Festival」、1991年に家族でエントリーしたときは、彼女は何と12歳だったという。

 デビュー・アルバムは、2006年にリリースされた「モダン・ロマンス/Modern Romance」ということになっているが、実際は、「The Darkling Thrush – Sasha Dobson with The Chris Byars Octet」(2004)であるという。自由奔放というか、その荒削りの歌い方にちょっと魅力を感じたのがきっかけ。2008年に、彼女と「ノラ・ジョーンズ/Norah Jones」、「キャット(キャサリン)・ポッパー/Catherine Popper」の女子三人によって結成されたカントリー・バンド、「プスン・ブーツ/Puss N Boots」(「長靴をはいた猫」の意味)が、アルバム、「No Fools, No Fun」をリリースして、ちょっと話題になったこともある。

 アルバム、「モダン・ロマンス」から、「ノラ・ジョーンズ」の出世作、「Don’t Know Why」の作詞・作曲を手がけ、本作もプロデュースしている「ジェシー・ハリス/Jesse Harris」の作詞・作曲のボッサ・テイストが心地よい「Without You」を。

【  Without You 】   by Jesse Harris

「♪ So you roam, and you roam     あなたは一つところに落ち着けないのね
  You say that no place is your home  ここは俺のホームと違うと言ってね
  So I will roam too           だから私もまた一つところに落ち着けない

  I don’t wanna stay, without you    あなたと一緒じゃなけりゃいやなの
  There’s nothing here, nothing here    だって何もないから
  It’s time for me to disappear       もし愛が続かなければ
       if love won’t come through     わたしは消えるわ

  I don’t wanna stay without you      だってあなたと一緒じゃなけりゃいやなの

・・・・・・・・・・・・・・・・・・   ・・・・・・・・・・・・・・・・・ ♪」

モダン・ロマンス

サーシャ・ダブソン / プランクトン

「Sasha Dobson – Without You」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
  

  

寒さにかじかむ手で窯木おろしを ・・・

Tags: , ,

DSCN8476
DSCN8485
 
昨日は雪のため山遊びは中止。一夜明けた今日は、雪も風も止み、気温は2℃と寒いが、穏やかな天気。年明けから始める炭焼きまであまり時間がないので、伐採した「クヌギ」の窯木をおろす作業をただひたすらにする。有難いことに、都合が悪かった一人を除いて13人のメンバーが集まってくれた。感謝。

朝のうちは前日の雪がまだ少し残っている再生林の滑りやすく足場の悪い急斜面で、指先がかじかむ手で、次々と窯木を下ろしてゆく。しかし、動けばすぐ体は暖かくなり、一枚脱がなくてはならないほど、汗ばんでくる。

仲間が「クヌギ」の切り株に、野生の「ヒラタケ(平茸)」を見つけた。広葉樹の朽木や切り株に、いくつか重なり合って発生し、味にも香りにも癖がなく、汁物、鍋物、炊き込みご飯、天ぷら、うどんなどさまざまな料理に使われているという。早速、夜の食卓で ・・・。次の休みの木工細工のイベントで使うクリスマス・リースの材料となる蔓(つる)を採取して今日の作業を終える。

SashaDobson-03-big
 
さて、今宵のお久しぶり歌姫は、「サーシャ・ダブソン/Sasha Dobson」。引っ張り出してきたのには理由がある。2008年に、彼女と「ノラ・ジョーンズ/Norah Jones」、「キャット(キャサリン)・ポッパー/Catherine Popper」の女子三人によって結成されたカントリー・バンド、「プスン・ブーツ/Puss N Boots」(「長靴をはいた猫」の意味)が、今年初アルバム、「No Fools, No Fun」をりリースしたというで、ちょっと話題にもなったからである。

「サーシャ・ダブソン」は、1979年にカルフォルニア州サンタクルーズで生まれ、ニューヨークを拠点に活動するシンガー・ソングライター。父はジャズ・ピアニストの「スミス・ダブソン/Smith Dobson」、母は歌手、兄はドラマー&ヴィブラフォン奏者。そんな関係で、5歳から、「ザ・ダブソン・ファミリー・バンド/The Dobson Family Band」で、家族と共にジャズを歌ってきたという。カリフォルニアで開催される「モントレー・ジャズフェスティバル/the Monterey Jazz Festival」、1991年に家族でエントリーしたときは、彼女は何と12歳だったという。

SashaDobsonDB5 3
 
デビュー作を聴いて期待して買ってしまったアルバムが、「モダン・ロマンス」。「ノラ・ジョーンズ」の出世作、「Don’t Know Why」の作詞・作曲を手がけた「ジェシー・ハリス/Jesse Harris」、ノラと「リトル・ウィリーズ/The Little Willies」を組んだ「リチャード・ジュリアン/Richard Julian」、大物二人のアーティストのプロデュース。シンガー・ソングライターとしての本領発揮といえば、そうには違いはないのだが ・・・。1曲だけ「デューク・エリントン/Duke Ellington」の「ムード・インディゴ/Mood Indigo」が収録されているが、私にとっては遠いところへ行ってしまったという思い。

モダン・ロマンス

サーシャ・ダブソン / プランクトン

ジャズ・アルバムの方はアップがないが、アップされていたのは2作目から、ボッサ・テイストの「Without You」。

「Sasha Dobson – Without You」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
 

 



© 2009 JAZZYな生活. All Rights Reserved.

This blog is powered by the Wordpress platform and to just Go Beach Rental.