JAZZYな生活

プレミアムエイジ ジョインブログ

秋の陽がつくる鮮やかなコントラスト

Tags: , ,

シュウメイギク
 秋が深まり、陽が南に傾いてきたため、景色の見え方や色の感じ方が変わってきたのを実感している。「シュウメイギク(秋明菊)」の織り成す「光と影」。夏には感じなかった光と影がつくる秋の光景。

ざくろ

 鮮やかな「ザクロ(柘榴)」。空気の加減か、太陽の光線の加減か、同じ赤でも、「ノウゼンカズラ(凌霄花)」などの「夏の赤」より一層深みのある赤に見える気がする。

EGO_ap_main2016

 「EGO-WRAPPIN’(エゴ・ラッピン)」という奇妙な名前のユニットがある。「森雅樹」、「中納(なかの)良恵」の二人によって構成される大阪出身のJAZZ色の濃いバンドである。その名を全国区で知られるようになったのが、2000年にリリースしたアルバム「色彩のブルース」である。この曲、「ディック・ミネ」や「フランク永井」など、どこか懐かしい昭和のジャズ風歌謡曲にも通ずる雰囲気を持った「今様ジャズ歌謡」。

【 色彩のブルース 】  作詞;中納良恵 作曲;中納良恵/森雅樹

「♪ 昨日の夢 オレンジ色の翳り
   今日の夢 沈黙の気配示す
   アルコールの川をゆっくり渡る
   長ぐつのリズム 心で酔いましょう

   鉛の指から流れるメロディー
   激しく染める光の渦
   あかりの色が奏でるブルース
   やさしく泣いてる吐息に 甘えさせて…

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ♪」

色彩のブルース

EGO-WRAPPIN’ / インポート・ミュージック・サービス


   

「EGO-WRAPPIN’ ー 色彩のブルース」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

b0102572_1712020

 同じようなデュオ編成のユニットがこの歌をカバーしている。「Winterplay/ウインタープレイ」。かって韓国JAZZチャート第一位にランキングされたこともある人気ジャージー・ポップ・ユニットで、「ソングス・オブ・カラード・ラヴ/Songs Of Colored Love」(2009)は、日本デビュー・アルバムである。透明感に溢れる美声を持つ歌姫、「ヘウォン/Hye-won」と、「色彩のブルース」の英詩も担当し、プロデュースとソング・ライティングも手掛けるトランぺッター、「ジュハン・リー/Juhan Lee」によるデュオ・ユニット。米国西海岸発を思わせるようなクールなサウンド。

ソングス・オブ・カラード・ラヴ

WINTERPLAY / ユニバーサル ミュージック クラシック



「WINTERPLAY ー SONGS OF COLORED LOVE~色彩のブルース~」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 そして番外編は「中森明菜」。私は歌謡曲のファンではないのですが、彼女のいくつかのアルバムには「う~ん」とうなってしまう。私生活では時折スキャンダラスな話題がつたえられたが、本当に歌はうまい。カバー・シリーズの「歌姫Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ」のなかでは、Ⅱの「ZERO album~歌姫II」が一番Jazzy。スキンヘッドのジャッケトでも大きな話題になったが、中身もなかなかなもの。「色彩のブルース」のスイング感もすごい。

B000060NBP_09_MZZZZZZZ

ZERO album~歌姫II/
中森明菜 千住明 永六輔 康珍化 庄野真代 荒木とよひさ 竹内まりや / ユニバーサル・シグマ


   
   
   
   

「色彩のブルース ー 中森明菜」

      You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
  

  

路傍の花、樹々の鳥(96) ~ 眼に清々しい紫の花 ~

Tags: , ,

DSCN0206
DSCN0218

検査入院で2日ほど休んでいたが、過度にならなければということで、ウォーキングを開始。たった2日休んでいただけだが、気分がそうさせるのか、いろんなものが鮮やかに眼に映る。雲一つない秋晴れ。この時期にウォーキングの道筋に、美しく清々しい紫の花を見かけるのはちょっと珍しい。自信はないのですが、「ノボタン(野牡丹)」、別名「シコンノボタン(紫紺野牡丹)」でしょうか。そして、「ザクロ(柘榴)」。この果実も庭先に見かけるのは、珍しい。もう十分に熟しているのか、いくつかの実が地面に落ちて潰れていた。

退院後、ちょっと聴きたくなったのが、大人のジャズ・シンガー。「デニース・ドナテッリ/Denise Donatelli」が浮かんだ。

b0102572_1519355

「デニース・ドナテッリ/Denise Donatelli」。生まれはペンシルヴァニア州で、年齢不詳の「美魔女」風であるが、学生結婚してから、1980年代にプロとしての活動を開始したというから、生まれたのは1960年代であろうか。家の周りにはポニーが遊ぶ牧場以外はなにもないという、相当な田舎で育ったという。幼い頃からピアノに親しんでいたが、その後、ジャズへの彼女の情熱が導いたのは、ピアノではなくボーカルであった。結婚後、いわゆるシングルマザーとなり、苦労した子育ても終えてから、ジャズ歌手になる夢をあきらめられず、結局2005年に遅咲きのデビューを果たしたという。セレブ然とした風情からは、そんな苦労人だったとは、少しも感じ取ることができない。「フィル・ウッズ/Phil Woods」が「アイリーン・クラール/Irene Kral」以来の歌唱力と折り紙をつけたという。現在は、米西海岸を中心に活躍している実力派。

何年か前、CDショップでなにげなく手にとったのが、「デニース・ドナテッリ/Denise Donatelli」のアルバム、「WHAT LIES WITHIN」であった。即ジャケ買い。通好みの地味?な選曲ながら、美貌、歌のうまさ、すこしハスキーな声、成熟した色気、哀愁、ジャズ・フィーリング ・・・、すべて備えた女性ジャズ・ヴォーカルを楽しむお手本のようなアルバムであった。

WHAT LIES WITHIN

DENISE DONATELLI / SAVANT



b0102572_1551826

その後、彼女のことはしばらく忘れていたが、あるブログで最新アルバムが目に留まった。ジャケットから窺える美貌は健在であるようだ。そして、アルバム・タイトルは懐かしや、なんと「クルセーダーズ/The Crusaders」の代表曲の一つと言っていいだろう、「ソウル・シャドウズ/SOUL SHADOWS」。1980年にリリースされ、大ヒットしたアルバム、「ラプソディ&ブルース/Rhapsody & Blues」の冒頭に収録されている曲である。軽快なボッサの洒落たサウンドに乗って、変わらぬドナテッリのハスキーな歌声。

「♪ San Francisco morning coming clear and cold 
            サンフランシスコの澄んで冷たくなってくる朝の中で
    Don’t know if I’m waking or I’m dreaming
             目が覚めているのか、夢を見ているのか分からない
     Riding with Fats Waller on the Super Chief
             ファッツ・ウォーラーとスーパーチーフ号に乗ると
      He said, music’s real, the rest is seeming
             彼は言った、音楽はリアルだ、他はみせかけに過ぎないと

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
     He left those soul shadows
             彼は魂の影を残した
       On my mind, on my mind, on my mind    
              私の心に、私の心に、私の心に        ♪」

SOUL SHADOWS

DENISE DONATELLI / Savant

「Denise Donatelli – Soul Shadows」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
 

 



© 2009 JAZZYな生活. All Rights Reserved.

This blog is powered by the Wordpress platform and to just Go Beach Rental.