JAZZYな生活

プレミアムエイジ ジョインブログ

山の秋が深まりゆく

Tags: , ,

シバグリ
カキ(ひとくら)
サンシュユ
シカ2
 山の秋も深まってきた。自生している「シバグリ(柴栗)」、「カキ(柿)」。「アキサンゴ(秋珊瑚)」とも呼ばれる「サンシュユ(山茱萸)」の実も色づいてきた。そして、「ドングリ(団栗)」も大豊作。ところがである。これらは鹿の大好物。やはり日中でも出てきます。これから、繁殖期に入るとあってか、我が物顔に闊歩し、食べ漁っている。

 山の秋。今宵のピアノは、「里の秋/Sato No Aki」。「ヨーロピアン・ジャズ・トリオ/European Jazz Trio」の演奏。彼らのアルバムには、日本の曲を演奏、収録したしたアルバムがいくつかある。その一つ、「モナリザの微笑み/Mona Lisa」から。

 「日本の詩情」という形容にまったく違和感のない情感あふれる演奏である。それはとりもなおさず、ヨーロッパに住む彼らが、日本の曲に感じた心象風景が、我々のそれとそう違いはないということであろうか。やはり日本の四季の美しさは世界に誇れるのであろう。

モナリザの微笑み

ヨーロピアン・ジャズ・トリオ / ポニーキャニオン

「European Jazz Trio with strings – Sato no Aki (里の秋)」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
  

  

秋のサインが ・・・

Tags: , ,

DSCN8442
 秋のサインの「ドングリ(団栗)」。可愛らしい「コナラ(小楢)」の「ドングリ」(写真)は、この春に受粉したもの。そして、2年かかって大きな「ドングリ」に成長するのは、「クヌギ(櫟、椚)」の「ドングリ」。何年か前に、子供たちの工作に必要な「ドングリ」が採れなくて、困ったことがあったが、今年は豊作のようだ。

DSCN8449
 自生している「シバグリ(柴栗)」も大きくなってきた。鹿や猪たちが器用にイガを剥いて食べる。

プラム
 ウォーキングの途中で見かけた「プルーン」でしょうか。雨の少ないふるさとの信州では、時折栽培しているのを見かけたが、この地域で見かけるのは珍しい。その瑞々しい「プルーン」は今が旬。

tumblr_inline_ne2pkfmJSg1rxv6dg

 さて、今宵のアルバム、「ポール・デスモンド/Paul Desmond」の「ボッサ・アンティグア/Bossa Antigua」(1964)。

 1曲目のタイトル曲、「Bossa Antigua」が始まった瞬間に、「あっ、デスモンド」とわかる瑞々しい彼のアルトが、聴き手を心地よいボッサに包んでくれる。そして、これまた私ご贔屓の「ジム・ホール/Jim Hall」のギターが優しく絡む。癒しのJAZZ、これぞBGMのJAZZアルバムとして、50年間私が愛聴しているアルバムのひとつ。 「Bossa Nova」が「the new thing」という意味なのに対し、「old thing」を意味する「Bossa Antigua」というアルバム・タイトルも洒落ている。

 パーソネルは、「Paul Desmond(as)」、「Jim Hall(g)」、「ユージン・ライト/Eugene Wright(b)」、「コニー・ケイ/Connie Kay(ds)」ら。

Bossa Antigua

Paul Desmond / RCA Victor Europe

 タイトル曲、「Bossa Antigua」を。

「Paul Desmond - Bossa Antigua」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 フルアルバムでも ・・・。

「Paul Desmond ー Bossa Antigua Jazz Album」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
  

  

かすかな秋の気配を感じる

Tags: , ,

DSCN9948
DSCN9950

朝から土砂降りの雨。秋雨前線だという。残念ながら今日も山作業は中止せざるを得ない。10時ころには、雨が止み、蝉も泣き出したので、集まったメンバーで、一応山頂までは登る。実り始めた山の樹々の実に、かすかに秋の気配を感じる。「シバグリ(柴栗)」、「ガマズミ(莢蒾 )」、「コブシ(辛夷)」、「カキ(柿)」 ・・・。

pops

かすかなる秋の気配を感じた雨の宵、ちょっとばかり季節を先取りして、「九月の雨/September In The Rain」なんぞはいかがでしょうか。最近聴いたアルバムの中に、「ペトラ・ヴァン・ナウス/Petra Van Nuis」の歌う「September In The Rain」があった。かの「寺島靖国」氏が主宰する「寺島レコード」のアルバム、「FOR JAZZ VOCAL FANS ONLY VOL.1」である。

「ペトラ・ヴァン・ナウス」。初めて耳にする名前であるが、シカゴを拠点に活躍する知性派美人シンガーだという。私の好きな「ビヴァリ―・ケニー/Beverly Kenney」や「スー・レイニー/Sue Raney」、「ジャネット・サイデル/Janet Seidel」にも通じる、明るく、心地よくて、ジェントルでノスタルジックな歌声に魅せられてしまい、彼女のアルバムを聴きたくなった。

FOR JAZZ VOCAL FANS ONLY VOL.1

V.A.(選曲・監修:寺島靖国) / 寺島レコード

Sweet Refrain

Petra Van Nuis / CD Baby

残念ながら、「ペトラ・ヴァン・ナウス」の「九月の雨」、YOUTUBEにはアップされていない。同じように明るく、心地よくて、ジェントルでノスタルジックな歌声の「スー・レイニー/Sue Raney」の名盤、「雨の日のジャズ/Songs for a Raney Day」から聴いていただきましょうか。

雨の日のジャズ

スー・レイニー / EMIミュージックジャパン

「SEPTEMBER IN THE RAIN – SUE RANEY」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video



© 2009 JAZZYな生活. All Rights Reserved.

This blog is powered by the Wordpress platform and to just Go Beach Rental.