JAZZYな生活

プレミアムエイジ ジョインブログ

いま我が家の庭で

Tags: , , , ,


 「ツバキ(椿)」、「コムラサキ(小紫)」、「テリハノイバラ(照葉野茨)」などが終わって、いま我が家の狭き庭で咲きだしたのは、「シラー」。星形や釣り鐘状の小花が、房状や穂状に愛らしく咲く。私はあまり観賞用の洋花には惹かれることはないのだが、最初は名前も知らず、ご近所のグラウンドの脇に咲いているのを見つけ、その花の形状が日日変化する様を見て、いっぺんで惹かれるようになってしまった。




 そのほか、花の形が、紡いだ麻糸を巻いて玉にしたものに似ているところからついたとされる「オダマキ(苧環)」、控えめな印象の「ミヤコワスレ(都忘れ、野春菊)」、遊びの山でもいま咲いている「カマツカ(鎌柄)」などが ・・・。そして、蕾が大きく膨らんでいるので、もうすぐ「シャクヤク(芍薬)」が咲く。

 我が庭に咲いた星 ・・。ということで、今宵の曲は、スタンダード中のスタンダード、「スターダスト/Stardust」。私が洋楽に目覚めた頃に抱いた想い、「異国の香り」。アメリカ人ではないふたりのシンガーの歌唱で ・・・。

 ブラジルのスーパースターといっていいでしょう。作曲家/歌手/作家と多彩な才能を発揮する「カエターノ・ヴェローゾ/Caetano Veloso」。彼のはじめての、全曲英語のアルバム、私と同じように彼のアメリカの音楽に対する想いが詰まった「A Foreign Sound ~異国の香り/アメリカン・ソングス」(2004)から。

異国の香り~アメリカン・ソングス/A Foreign Sound
カエターノ・ベローゾ/Caetano Veloso
ユニバーサル ミュージック クラシック


     
     

「Stardust – Caetano Veloso」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 シンガポール出身、私は「アジアの癒し姫」と呼んでいる、「ジャシンサ(ジャシンタ)/Jacintha」。高音質のXRCD2録音盤を最初に聴いたときは大げさではなく鳥肌ものだった。「Here’s to Ben: A Vocal Tribute to Ben Webster(XRCD2版)」(1999)から。

HERE’S TO BEN : A Vocal Tribute to Ben Webster (XRCD2)
Jacintha/ジャシンサ
Fim [1st Impression]


     
     

「Jacintha – Stardust」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 もうひとり、not Amercan Singer を。ドイツ出身の「カロ・ジョゼ/Caro Josee」。あまりキャリアは定かでないが、1958年生まれというからもう相当なベテラン。もう時代遅れになってしまった感がある「ロリータ・ヴォイス」で、「ブロッサム・ディアリー/Blossom Dearie」、それに輪をかけたようなスモーキー&キュートな声。すこしレトロな感じの歌唱が特徴のようだが、なかなかJAZZY。「No Stars In My Sky」。アルバム、「Turning Point」(2012)から。

Turning Point
Caro Josee
Skip Records


     
     

「No Stars in My Sky – Caro Josée」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

    

   

路傍の花、樹々の鳥(117) ~ 見捨てられた花 ~

Tags: , ,

シラー2

家の近く、桜階段の土手。日当たりがいいので、生い茂る雑草の中で「シラー」が満開。和名は「大蔓穂 (オオツルボ)というらしい。以前は、隣接する体育館の事務の女性が雑草を抜いたり、時折世話をしていたので、株も増え見事な群落となって咲いていた。その女性を見かけなくなってから何年も経ち、写真のように雑草が茂るままとなり、株数も激減、ぽつぽつと残る株が花を咲かせている。ここから持ってきた株はいま我が家の庭に根付いているが、日当たりが悪いためか、まだ開花にはいたっていない。

シロツメグサ、クローバ

こちらは道路の脇に咲く、「シロツメクサ(白詰草)」。別名、「クローバー」である。原産地はヨーロッパ。「白詰草」の名称は、1846年 (弘化3年)にオランダから献上されたガラス製品の包装に緩衝材として詰められていたことに由来するという。日本においては、明治時代以降、家畜の飼料用として導入されたものが野生化した帰化植物で、ほぼ雑草に近い扱いといっていい。道路の舗装がきれた地面に頑張って根を張っている。これぞ「路傍の花」の最たるもの。

51c7onVjAJL

さて今宵の歌は、花にちなんで、「アマポーラ/Amapola」。「アマポーラ」は、スペイン語で、「ヒナゲシ(雛芥子、雛罌粟)」の花を意味するという。「ヒナゲシ」の花を愛しい人に見立てたラブソングである。歌うディーヴァは、アルゼンチン出身の歌姫、「ガブリエラ・アンダース/Gabriela Anders」。その抜群の容姿と美貌は、初のソロ・アルバム「Wanting」(1999)を見て、即、ジャケ買いをしたほど。

「ガブリエラ・アンダース」は、かって人気のボッサ・ユニット、「ベレーザ/Beleza」のリード・ボーカルで、実質は一人ユニットであったようであるが、そのささやくような、くすぐるような、シルキー・タッチの歌声、その容姿とあいまって世のオジサンたちの心をつかんだ。

b0102572_1752299

1972年3月、アルゼンチン、ブエノスアイレス生まれ。スイス系ドイツ人でジャズ・サックス奏者の父とスペイン人の母の間に生まれ育つ。幼いころからクラシック・ギターやピアノを習い、音楽に慣れ親しむ。ハイスクール卒業後、ニューヨークへ移住し、カレッジでオーケストレーションを学びながら、徐々にクラブ出演やレコーディングの仕事を手にするようになったという。1997年、ボッサ・ユニット、「BELEZA」のリード・ボーカルとして、ジョビンのカバー集「ベレーザ:ジョビンに捧ぐ」でデビュー。インディーズから発売されたのにも関わらず、リリース直後に大ヒットとなった。1999年、初のソロ・アルバムが、「Wanting」をリリース。彼女の最大の魅力であるシルキー・タッチの歌声、ボサ・ノヴァ、ジャズ、サルサ、クンビア、ボンバ、レゲエ、ジャズファンク、タンゴ等々、多くのジャンルを見事にブレンドさせ自分のカラーにしてしまう生まれつきの才能、作曲のセンスを世に知らしめることとなった。

かっての、「ベレーザ」のリード・ボーカル、「ガブリエラ・アンダース」が、ボサノヴァ生誕50周年に捧げるクールなボッサ・アルバムが、「ボッサ・ベレーザ/Bossa Beleza」。そこから「アマポーラ」を ・・・。

ボッサ・ベレーザ

ガブリエラ・アンダース / ビクターエンタテインメント

名花一輪、「ガブリエラ・アンダース/Gabriela Anders 」の「アマポーラ」。 

「Gabriela Anders ‐ Amapola」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
 

 

狭き庭にも色とりどりの春

Tags: , ,

rennketu2

我が家の庭も春真っ盛りである。今まで記事で紹介した花の他にも、「シラー」、「オダマキ(苧環)」、「マーガレット」、「ナデシコ(撫子)」、「アッツザクラ(アッツ桜)」、「ブルーベリー」が盛り。さらに、「カラー」、「カーネーション」、「シャクヤク(芍薬)」、「ドウダンツツジ(灯台躑躅、満天星)」などなど。皆それぞれに個性があって楽しい。狭き庭ではあるが、最も色とりどりに輝くのはやはり「春」である。

joona_toivanen_trio

さて、ひさしぶりの「お久しぶりピアニスト」。溜まったCDの整理をしていて目にとまったピアノ・トリオが「ヨーナ・トイヴァネン・トリオ/Joona Toivanen Trio」。早速、手を止め、引っ張り出して聴く。1981年、フィンランド生まれの「ヨーナ・トイヴァネン(p)」を中心とするピアノ・トリオ。弟である「タパニ・トイヴァネン/Tapani Toivanen(b)]」と同級生だった「オラヴィ・ルーヒヴオリ/Olavi Louhivupri(ds)」とともに、1997年にフィンランドで結成したという。

「ヨーナ・トイヴァネン/Joona Toivanen」。1981年フィンランド生まれ、33歳の若さ。現在は、スウェーデン第2の都市の「ヨーテボリ(イェーテボリ、イエテボリとも)/Gothenburg」在住という。

デビュー作は、「NUMURKAH」(録音:2000年 発売:2002年)。このとき弱冠21歳、ベースとドラムスも揃って20歳前後だという。そして、8曲全てオリジナルというから恐れ入る。たしか、北欧独特の叙情性を感じさせるプレイを店頭で試聴して気に入り買ったもの。

JOONA TOIVANEN TRIO ヨーナ・トィヴァネン/NUMURKAH

JOONA TOIVANEN /

残念ながら、YOUTUBEにアップされていませんので、澤野工房HPでさわりを試聴して下さい。その代わりに、アルバム「Frost」(2006)からのアップがありましたので、アップします。

Joona Toivanen Trio – Frost

Joona Toivanen Trio /

「Joona Toivanen Trio- Morning Mist」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

そして、デビュー・アルバムから11年。ソロ・アルバム、「Polarities」(2013年)がリリースされた。YOUTUBEを聴いて思わず発注してしまったアルバム。北欧の風土の中でしか生まれ得ない美意識に裏付けられた音の世界が存在するということがよくわかる。

51aCJQbnfqL

Polarities

Joona Toivanen /




2013年、ヨーテボリでのコンサートからタイトル曲の「Polarities」を。

「Joona Toivanen: Polarities live (solo piano)」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video



© 2009 JAZZYな生活. All Rights Reserved.

This blog is powered by the Wordpress platform and to just Go Beach Rental.