JAZZYな生活

プレミアムエイジ ジョインブログ

山のサクラ、古刹のサクラ、渓のサクラ、街のサクラ

Tags: , , ,


 我々森林ボランティアの活動フィールドの公園に咲く「山のサクラ」である。春休みとあってか、駐車場は昼頃にはもう満車。多くの家族連れが「エドヒガン」を楽しんでいた。





 隣の団地の外れ、岩根山の麓にある小さな古刹、「高原寺」の「エドヒガン」の枝垂れ種である。開基は、文明7年(1475)というから540年ほど前。桜の推定樹齢は300年という。以前は訪れる人も少なかったが、最近はハイキングも兼ねて、訪れるシニアが増えている。この時期、寺の本堂が、「さくらカフェ」となっていて、桜を見ながら、抹茶、コーヒー、ケーキを楽しむ人も多い。


 この団地と私が住む団地の間を流れているのが「猪名川」。その川岸に咲く、これも市天然記念物に指定されている「エドヒガン」であるが、「渓のサクラ」が満開。 かっては不法投棄のゴミや照葉樹で覆われていた川の斜面を、住民の有志の方々が整備を行い、今ではすっかり桜を楽しむ場として知られている。



 団地の幹線道路沿いに咲く「街のサクラ」。日本の季節、日本人の生活になくてはならないのが「桜」。

 今宵のピアノ。最近、この時期によく取り上げている、「ジョバンニ・ミラバッシ/Giovanni Mirabassi」のソロ・ピアノ、「さくらさくら」。2011年の東日本大震災の鎮魂に演奏されたものである。

「Giovanni Mirabassi – さくらさくら」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
   

   

路傍の花、樹々の鳥(151) ~ 一番に開花した彼岸桜は ~

Tags: ,

DSC_0329
DSC_0332
DSC_0328

 私が住んでいる近辺で、一番先に開花する「ヒガンザクラ(彼岸桜)」。10日ほどたって行ってみたら、満開に近かった。美しい。やはり桜は人を魅了しますね。「路傍の花、樹々の鳥(149) ~桜 一番咲き~」

 「彼岸桜」。バラ科の落葉小高木。「コヒガンザクラ(小彼岸桜)」、「チモトヒガン(千本彼岸)」、「アケボノヒガン(曙彼岸)」とも呼ばれる。春の彼岸のころに開花するので彼岸桜といわれ、淡紅色の花を開く。「エドヒガン(江戸彼岸)」にも似るが、あきらかに見た感じが違う。

 さて、心浮き立つ桜の季節が始まりました。この時期のピアノ定番曲、「ジョバンニ・ミラバッシ/Giovanni Mirabassi」のピアノソロで、「さくらさくら」。6年前の東日本大震災の被災地に向けて演奏されたもの。

「Giovanni Mirabassi – さくらさくら」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
  

  

路傍の花、樹々の鳥(63) ~ 桜、一番咲き ~

Tags: , ,

DSC_0078
DSC_0081

我が家の近くの桜が咲いた。いつものウォーキング道筋の途中、66段もの石段の脇にある「ソメイヨシノ/染井吉野」と思しき桜。私の家の近所で、いつも一番先に咲く桜である。ニュースによると、大阪の開花予想は25日、26日あたりだとされているが、この桜、昨日のポカポカ陽気で一気に咲いたのだ。

そもそもこの桜、どういうわけか、周りの桜はまだ蕾なのに、いつも周りより一週間くらい早く咲き始める。そして、時には秋にも咲いて、私たちをびっくりさせることもあるのだ。そんなことから、私が勝手に「とぼけ櫻」名づけている櫻でもある。

とにかく、ご近所一番咲きの桜。いよいよ春である。

さて、「桜の季節」といえば、「なんとかの一つ覚え」で、「ジョバンニ・ミラバッシ/Giovanni Mirabassi」の「さくらさくら」。

「Giovanni Mirabassi – さくらさくら」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

路傍の花、樹々の鳥(29) ~ご近所のエドヒガン~

Tags: , ,

DSC_0837
DSC_0862
 
(写真上;群雲櫻  写真下;国道477号線から見る「櫻の森」)

ついに見ごろとなったご近所のエドヒガン。まずは、「日本の里山百選」にも選ばれ、我が遊び場の山からもすぐ近くにある、兵庫県川西市黒川地区の里山に群生する「櫻の森」。この「櫻の森」には、エドヒガンが約50本、その倍以上の数のヤマザクラが自生、群生している。何年か前から、ボランティアの桜守の方々の大変な努力によって、クマザサや雑木を刈り、小道をつけ、ベンチをおくなどして、一般の人が楽しめるように整備がすすんでいる。樹齢100年を超えるような古木には、「微笑み櫻」、「長老」などの名前がつけられているが、今年デビューしたのはいまが満開の「群雲櫻(むらくもざくら)」。その名の通り、数本の櫻が密集して美しさを競っている。「ソメイヨシノ(染井吉野)」にくらべると、花弁もかなり小振りで、楚々とした風情だが、その控えめな美しさに一層魅かれるのである。ちなみに、「エドヒガン」は兵庫県のレッドデータブックに記載されている絶滅危惧種である。

DSC_0878
次は私の住んでいる団地の西側、猪名川がつくる渓谷の斜面に自生している「渓の櫻」である。この斜面に樹齢40~50年の「エドヒガンザクラ」が70本ほど群生し、この時期になると、住民の目を楽しませていた。ところが残念なことに、この渓谷はゴミの不法投棄の場所ともなっていて、永年のゴミで「エドヒガン」の根元が傷められ、枯死の危機に瀕していた。このままでは貴重な櫻が失われてしまうと、数年前から、地元の有志の皆さんが「守る会」を結成し、この谷の整備を始め、放置されていた粗大ごみを片付け、雑木やつるなど伐採をして光を林にいれ、弱っていた「エドヒガン」を再生させた。そして整備が進むにつれ、「ツツジ」などの低木や「スミレ」、「ハクサンハタザオ」などの群生や「フデリンドウ」、「キンラン」などの貴重な草花も出現し、植生の多様化も進んだという。遊歩道などもつけ、見違えるようになったこの谷を、「エドヒガン」が咲くこの季節に市民に一般公開している。

2つの地域とも、「エドヒガン」の保護に地元のボランティアが大きな役割を果たしている。こんな地域は日本のいたるところにあるに違いない。「地方分権」なんて声高に言うまでもなく、地域でおきるものごとに対し、地域はどうしたいのか、或いはどうしたら解決するのかを実践してゆく、このことがいま、一番大事である。どんな小さな活動でも、その積み重ねや広がりが、政治に期待するよりも、確実に地域を住みよくすることにつながっていくはずである。

ところで、この「エドヒガン(江戸彼岸)」、関東地方に多く自生することから、この名がついたらしいが、関東地方からこの「エドヒガン」の便りが聞こえてこないのはなぜだろうか?そして、この「エドヒガン」は、猪名川町、川西市、能勢町、豊能町、池田市、伊丹市などの猪名川水系にのみ自生し、ひとつ隣の三田市、宝塚市、西宮市、伊丹市などを流域とする武庫川水系には自生しないという。これも不思議の一つである。

こんな櫻を堪能した宵は、また「ジョバンニ・ミラバッシ/Giovanni Mirabassi」の「さくらさくら」がどうしても聴きたくなってしまう ・・・。

「Giovanni Mirabassi – さくらさくら」

      You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
 
 
 
 



© 2009 JAZZYな生活. All Rights Reserved.

This blog is powered by the Wordpress platform and to just Go Beach Rental.