JAZZYな生活

プレミアムエイジ ジョインブログ

厄介なのは、外来種ばかりではない

Tags: , ,

ジャーマンアイリス
フジ2

 「ジャーマンアイリス」でしょうか。ヨーロッパを原産地とする外来種で、「虹の花(レインボーフラワー)」とも呼ばれるように、色とりどりの花を咲かせ、非常に多くの品種がある。見た目も、和種の「アヤメ(菖蒲、綾目)とはちょっと違う。その近くの林に咲いているのは白い「フジ(藤)」。一般的なうすい紫色の藤は、この近くの山や林のいたるところに生えている日本の固有種。この藤の蔓が結構厄介で、山ではいたるところで、木に絡みついていて、取り払うのに往生する。

 外来種といえば、これから山では、「ヨウシュヤマゴボウ(洋種山牛蒡)」、「ベニバナボロギク(紅花襤褸菊)」、「ダンドボロギク(段戸襤褸菊)」、「セイタカアワダチソウ(背高泡立草)」などの駆除が本格化する。生物の多様性を阻害するため、いずれも実をつけるまでの間に駆除してしまわなくてはならない厄介な植物。

 しかしよく考えてみると、問題になっている外来種も、緑化などのため、人為的に植えられたものや、人や物の交流のなかで知らずに持ち込まれてしまったものも多いと聞く。ただ、種の保存を図ろうと生きているだけなのに、人間様の都合で重宝されたり、厄介者扱いされたり。

 外来種のことを、「alien species、foreign species」などというが、「I’m an alien,I’m a legal alien」と繰り返し叫ぶ「スティング/Sting」の歌がある。ニューヨークでカルチャーの違いに戸惑う男を歌った「Englishman in New York」。彼がソロ活動を始め、ジャズへ向かう第一歩となったアルバム、「Nothing Like the Sun」(1987)から、「エリック・クラプトン/Eric Clapton」、「ギル・エヴァンス/Gil Evans」、「ブランフォード・マルサリス/Branford Marsalis」など、ロック、ジャズ畑からのゲスト陣も豪華。

Nothing Like the Sun

Sting / A&M

【 Englishman in New York 】  作詞作曲;Sting

「♪ I don’t drink coffee I’ll take tea my dear ごめん、僕はコーヒーじゃなく紅茶なんだ
   I like my toast done on one side     それにトーストは片側だけを焼くのが好みでね
   And you can hear it in my accent when I talk  僕のアクセントを聴けば分かるだろう
   I’m an Englishman in New York       僕はニューヨークにいるイギリス人なんだ

   See me walking down Fifth Avenue   5番街を歩いている僕を見たら気が付くだろう
   A walking cane here at my side       ステッキを持っている僕に
   I take it everywhere I walk          歩くときはいつも持っているんだ
   I’m an Englishman in New York       僕はニューヨークにいるイギリス人なんだ

   I’m an alien, I’m a legal alien   ここではまるでエイリアン、何ら法には触れないが
   I’m an Englishman in New York  僕はニューヨークにいるイギリス人だから
   I’m an alien I’m a legal alien    ここではまるでエイリアン、何ら法には触れないが
   I’m an Englishman in New York  僕はニューヨークにいるイギリス人だから

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ♪」

「Sting – Englishman In New York」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

  

  

梅田の地下街で道に迷う

Tags: , ,

DSCN5588
 
なんと、今年初めての大阪の街へのお出かけである。かっての業界仲間との暑気払いを兼ねた「飲み会」に出かけた。完全リタイヤしてからは、かっての職場の皆さんとの宴席は、殆どお断りしているが、ヨット部の仲間、入社同期の仲間、そして今回の業界仲間だけは例外である。

宴席の場所は北新地のはずれにある居酒屋。どうも幹事役がNETで探したらしい。さて、5月の連休前にオープンした話題の「グランフロント大阪」をちょっとだけ見ていこうと、阪急梅田駅を降りてから向かう。超高層ビルが立ち並んで、道も人の流れもすっかり変わってしまったが、まあ、東京やニューヨークと同じ大都会の佇まい。特に臆することもなく、「こんなもんか」と通りぬける。

DSCN5592
 
そして、これまた2011年にJR大阪駅をリニューアル改装した「大阪ステーションシティ」を通り抜ける。「時の広場」では、エキコンをやっていたが、時間がないのでパス ・・・。そして、目的地に通ずる地下街へと潜っていく。ちょうど、天神祭の「船渡御」と「奉納花火大会の日」とあって、大阪駅や地下街界隈は、浴衣姿の人も含めて、大変な人出。といっても、お上りさんの私にはそうであって、これが普通なのかもしれないのだが ・・・。

かっては、すいすいと目を瞑っていても、目的地を見失うことなどなかった梅田の地下街。今や案内表示を頼らないと目的地までたどり着けそうもない。案の定、一度方向を間違えてしまった。久しぶりの大阪・梅田の地下街で道に迷うという少し自信喪失の一日であったが、かっての仲間との出会いは楽しく、時間を忘れて飲みかつ喰い、話に興じた。

「道に迷った時のわたしの心境は?」といえば、「I’m an alien,I’m a legal alien」と繰り返し叫ぶ「スティング/Sting」のごときでありましょうや? 彼がソロ活動を始め、ジャズへ向かう第一歩となったアルバム、「Nothing Like the Sun」(1987)から、ニューヨークでカルチャーの違いに戸惑う男を歌った「Englishman in New York」。「エリック・クラプトン/Eric Clapton」、「ギル・エヴァンス/Gil Evans」、「ブランフォード・マルサリス/Branford Marsalis」など、ロック、ジャズ畑からのゲスト陣も豪華。

Nothing Like the Sun

Sting / A&M

【 Englishman in New York 】  作詞作曲;Sting

「♪ I don’t drink coffee I’ll take tea my dear ごめん、僕はコーヒーじゃなく紅茶なんだ
   I like my toast done on one side      それにトーストは片側だけを焼くのが好みでね
   And you can hear it in my accent when I talk  僕のアクセントを聴けば分かるだろう
   I’m an Englishman in New York         僕はニューヨークにいるイギリス人なんだ

   See me walking down Fifth Avenue    5番街を歩いている僕を見たら気が付くだろう
   A walking cane here at my side       ステッキを持っている僕に
   I take it everywhere I walk          歩くときはいつも持っているんだ
   I’m an Englishman in New York       僕はニューヨークにいるイギリス人なんだ

   I’m an alien, I’m a legal alien   ここではまるでエイリアン、何ら法には触れないが
   I’m an Englishman in New York  僕はニューヨークにいるイギリス人だから
   I’m an alien I’m a legal alien    ここではまるでエイリアン、何ら法には触れないが
   I’m an Englishman in New York  僕はニューヨークにいるイギリス人だから

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ♪」

「Sting – Englishman In New York」
 
        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
 
 
 



© 2009 JAZZYな生活. All Rights Reserved.

This blog is powered by the Wordpress platform and to just Go Beach Rental.