JAZZYな生活

プレミアムエイジ ジョインブログ

春から初夏へと花も変わっていく

Tags: , ,

DSCN7839a
DSCN7848
エゴノキ2

 ウォーキングの道筋、主役の花が変わりました。今まで豪華絢爛に咲き誇っていた「ツツジ(躑躅)」、「シャクナゲ()」などが影を潜め、主役は、「クレマチス」、「バラ(薔薇)」、「エゴノキ」などのようです。そして半月もすれば、「アジサイ(紫陽花)」へと季節は移っていく。

 もの憂げで気だるい感じのボッサの名曲、「サマー・サンバ/Summer Samba (So Nice)」を ・・・。

 1966年、ブラジルの「マルコス・ヴァーリ/Marcos Valle」が作曲した「Samba de Verao(夏のサンバ)」が原曲。それをブラジルのオルガン奏者、「ワルター・ワンダレイ/Walter Wanderley」がレコード化したところ、世界中で大ヒットした。英詩は「ノーマン・ギンベル/Norman Gimbel」。

【 Summer Samba (So Nice) 】

「♪ Someone to hold me tight   誰かがしっかり抱きしめてくれる
   That would be very nice    それはなんて素敵なこと
   Someone to love me right   誰かがちゃんと愛してくれる
   That would be very nice     それもなんて素敵なこと
   Someone to understand    誰かがちっぽけな私の夢を
   Each little dream in me     ちゃんと理解してくれる
   Someone to take my hand   誰かが私の手をとって
   And be a team with me     一緒に歩もうとしてくれる それも素敵

   So nice life would be so nice   とても素敵だわ そんな人生って
   If one day I find           もしある日、誰かが私の手をとって
   Someone who would take my hand  「生涯一緒にサンバを踊ろうよ」
   And samba through life with me   なんて言ってくれる人に出会えたら

 ボッサ・サックスならイチオシのこの人、「ハリー・アレン/Harry Allen」。軽快で洒脱な演奏はいつ聴いても心地よい。アルバム、「サマー・サンバ/If Ever You Were Mine」から。

サマー・サンバ

ハリー・アレン / BMG JAPAN

「Harry Allen - Summer Samba (So Nice) 」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 そして、歌のオススメ、イチオシは、「ステイシー・ケント/Stacey Kent」。彼女の持ち味は、さわやかで、しかもハスキーながら暖かみを感じさせる歌声。夫は彼女の音楽監督でもあるサックス奏者の「ジム・トムリンソン/Jim Tomlinson」。

 その「ジム・トムリンソン」名義のアルバム、「ソー・ナイス~ブラジリアン・スケッチ~/Brazilian Sketches」(2001)の中で、彼女が4曲ほど歌っているうちの一つから。

ソー・ナイス~ブラジリアン・スケッチ~

ジム・トムリンソン / キングレコード

「Stacey Kent – So Nice」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

  

  

えっ、熊がでたらしい ・・・

Tags: , ,

クマノミズキ2
DSC_0921

梅雨に入り、遊びの山に向かうダム湖畔道路は、「クマノミズキ(熊野水木)」が満開。いつもの年のように、どこといって変わったこともない見慣れた光景である。

昨今、熊が山菜採りの人を襲ったりしてニュースになっているが、今年は例年より多いような気もする。山で何か起こっているのだろうか。折しも、朝刊の地方欄を見てちょっとギョッとする。写真に写っている道路で、「ミズキ」でない本物の子熊の目撃情報が相次いだというニュース。当然、親熊も近くにいるわけで、これはちょっと用心しなければならない。そうなんです、田舎なんです。この道路は私たちが山遊びに向かうのにいつも利用する道路なので、今日の活動でも気をつけようと話題になった。もっとも、近隣では過去に目撃されたり、罠にかかったという話は聞いたが、公園内で熊の生息はいままでは確認されておらず、聞いたこともない。もし生息しているとすれば、熊は鹿の天敵である。鹿があんなにもお気楽に我が物顔で園内を闊歩しているはずはない。今日も作業中の我々の脇を、我らが天敵、鹿が駆け抜けていった。本当に鹿の食害をどうにかしなくては ・・・。

1467385179_8d91c66205

さて、「Happen」をタイトルに含む曲は、まだまだあるのですが、とりあえず「Happenシリーズ」、最後を締めるのは、「Something Happens To me」。直訳すれば、「何かが私に起こる」でしょうか。「あなたと一緒にいるとなにか私に起こりそう、恋の予感かしら ・・・」。そんな感じの可愛らしい歌です。

この曲、「ナンシー・ウィルソン/Nancy Wilson」がアルバム、「Something Wonderful」 (1960)で最初に歌ったというが、私は、「ナット・キング・コール/Nat King Cole」の歌唱が記憶に残っています。「マーヴィン・フィッシャー/Marvin Fisher」作詞、「ジャックセガール/Jack Segal」作曲のスタンダード・ソング。

【 Something Happens To me 】

「♪ Something happens to me        何かが起こる気がするの 
   Every time I feel that you are near  あなたと一緒にいる気がする時はいつも
   A strange kind of chemical change   不思議な化学変化が
           goes rushing through me    急速に私に起こるみたい
   I know that mysterious glow       そんな不可解な事が起こるようになったのは
           means you’ll appear      あなたが私の前に現れてからかしら

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  ♪」

さあ、小粋で、とびきり可愛らしく、スウィンギーに歌うのは、我がディーヴァのひとり、「ステイシー・ケント/Stacey Kent」。おしどりパートナー、サックスの「ジム・トムリンソン/Jim Tomlinson」のアルバム、「The Lyric」(2005)では、サポートに回っているが、彼女のアルバムといってもいいくらいの本領発揮。

Lyric

Jim Tomlinson / Parlophone (Wea)

「Stacey Kent & Jim Tomlinson – Something Happens To Me」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
 

 

ひな祭りです、お内裏様デュオです

Tags: , ,

DSCN6718
DSC_0573

 

ひな祭り。先日訪れた和風のカフェ・ダイニングのロビーに雛人形(上の写真)が飾ってあった。それをみて、妻がむかし自分が作った雛人形を引っ張り出してきた。ちいさな雛人形であるが、玄関先に飾ると、我が家も一気に春らしくなった。

飾り方であるが、人形に向かって、男雛が右にあるのが京風、左にあるのが関東風と言われている。南面を向いて座る男雛(高貴な方)の左側、すなわち「日出る方向」である高貴な方の東側に、誰も座ることはできないという古来日本の慣習に従って飾られているのが京風、写真のように、今の天皇皇后や各国王室夫妻、元首夫妻の並び方、国際的プロトコルにしたがっているのが、関東風ということだそうである。まっ、好きなように飾ったらいいのでは ・・・。

3435323785_8f15b26eb3

 

さて、JAZZ界でのカップル・アーティスト、「お内裏さまデュオ」を、かって何組か紹介した。(参照拙ブログ「熟年離婚あるいは夫婦の絆(1)」、「(2)」)。その再録になりますが、まずは、「ステイシー・ケント&ジム・トムリンソン/Stacey Kent & Jim Tomlinson」のカップルを ・・・。

「ステイシー・ケント」。私が最も好きな女性ジャズボーカリストの一人です。いつも彼女のアルバムで、バックで絶妙なサックスを聞かせているのが、夫君、テナーサックス奏者の「ジム・トムリンソン」。彼名義のボサノバ中心のアルバムで、「リリック/Lyric」では、ステイシーも13曲中11曲と、殆どのトラックに参加しています。自然体のウォーム・ヴォイス、ウォーム・サックスの音色が心地よい。気持ちも春めいてきます。


Lyric

Jim Tomlinson / O Plus France

シニア世代の男性が身につまされる曲かも知れませんね。「あんた、これからの人生どうするのよ?」。

「Jim Tomlinson & Stacey Kent – What Are You Doing The Rest Of your Life」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

i=http%253A%252F%252Fpds_exblog_jp%252Fpds%252F1%252F201210%252F06%252F72%252Fb0102572_10401358

 

その「婦唱夫弾」の心温まるステージ(参照拙ブログ「おしどりJAZZコンサート」)を観て、さらにファンになってしまったのが、「マリエル・コーマン&ヨス・ヴァン・ビースト/Marielle Koeman & Jos Van Beest」のカップル。

「ヨス・ヴァン・ビースト」。オランダ出身。7歳の時、「エロル・ガーナー」、「ジョージ・シアリング」、「オスカー・ピーターソン」などのコンサートを聴いて以来JAZZの虜になったという。まだ「澤野工房」もヨスもあまり知られていない頃、CDショップで何気なく試聴した彼の「BECAUSE OF YOU」を聴いて以来、私は、すっかり大のファンとなってしまった。そして、パートナーの「マリエル・コーマン」との共演アルバムが出るに至って、マリエルのファンともなってしまったのだ。ステージでのおしどりぶりが目に蘇る「お内裏様デュオ」。

image_b
BETWEEN YOU&ME
マリエル・コーマン&ヨス・ヴァン・ビースト・トリオ/澤野工房
Marielle Koeman : vocal
Jos Van Beest : piano
Evert J. Woud : bass
Klaas Balijon : drums

本当に心温まる心地のするマリエルの歌声を ・・・。ボッサ、「やさしい雨」。ヨスのピアノもロマンティックないい味を出しています。

「Gentle rain – Marielle Koeman and Jos Van Beest Trio」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video



© 2009 JAZZYな生活. All Rights Reserved.

This blog is powered by the Wordpress platform and to just Go Beach Rental.