JAZZYな生活

プレミアムエイジ ジョインブログ

今年もお世話になりました

Tags: , ,

DSCN1705
   
 今年もお世話になりました。
 来年もよろしくお願いいたします。
   
   
 今年最後の曲は、「Isn’t This A Lovely Day」。「なんていい日なんだ」、そんな意味でしょうか。作詞・作曲、ともに「アーヴィング・バーリン/Irving Berlin」。「フレッド・アステア/ Fred Astaire」、「ジンジャー・ロジャース/Ginger Rogers」の1935年の映画、「トップ・ハット/Top Hat」のために書かれた曲。「雷と大雨、最悪だけど、君に会えた。なんていい日なんだ。」 そんな、ポジティヴ思考の見本のような曲。来年もそんなポジティヴな考えで過ごせたら ・・・。

【 Isn’t This A Lovely Day 】  by Irving Berlin

「♪ The weather is fright’ning    ぞっとするような大変な天気
  The thunder and lightning     雷に稲妻
  Seem to be having their way    なすすべもない
  But as far as I’m concerned, it’s a lovely day でも僕にとってはなんていい日なんだ

  The turn in the weather      天気が変わったから
  Will keep us together        僕たちは一緒にいられる
  So I can honestly say        正直に言えば
  That as far as I’m concerned, it’s a lovely day  僕にとってはいい日
  And everything’s O.K.             すべてが上々さ

  Isn’t this a lovely day         なんていい日なんだ
  To be caught in the rain?         雨に降られたけれど
  You were going on your way      君は僕のことなんか気にしてくれなかったけど
  Now you’ve got to remain        今はこうして一緒にいてくれる

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・      ・・・・・・・・・・・・・・・    ♪」

 まずは、「ステイシー・ケント/Stacey Kent」。「フレッド・アステア」に捧げられたアルバム、「Let Yourself Go: Celebrating Fred Astaire」 (2000)から。

51rDagUibAL
    
Astaire/dp/B000035QA9/ref=sr_1_1?s=music&ie=UTF8&qid=1546154408&sr=1-1&keywords=stacey+kent+Let+Yourself+Go” target=”_blank”>Let Yourself Go: Celebrating Fred Astaire
ステイシー・ケント/Stacey Kent
Candid Records

      
      

「Stacey Kent – Isn’t This A Lovely Day?」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 そして「ダイアナ・クラール/Diana Krall」、「フロム・ディス・モーメント・オン/From This Moment On」(2006)から。

 フロム・ディス・モーメント・オン

 ダイアナ・クラール / ユニバーサル ミュージック クラシック

「ISN’T THIS A LOVELY DAY? – DIANA KRALL」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

    

     

Daddy! ここが腕の見せどころですよ!

Tags: , , , ,

DSCN8055

 毎月第3日曜日は所属している森林ボランティアクラブの主催する木工工作イベントの日。従って、6月は毎年「父の日」と重なる。この日も30人を超える家族が参加。本当は感謝される「父の日」でありながら、ここが見せ場とばかりに、真面目顔で腕を振るうお父さんたちの姿。

 いや、前回の「セリーヌ・ディオン/Celine Dion」の「My Heart Belongs to Daddy」、そそられました。背景に「マリリン・モンロー/Marilyn Monroe」の写真が見えていましたが、こうなるとマリリンの「My Heart Belongs To Daddy」も聴いてみたくなりますね。「私の名前はロリータ ・・・」から始まる、映画「恋をしましょう/LET’S MAKE LOVE」の一シーンから。「イヴ・モンタン/Yves Montand」の懐かしい姿も。

「MARILYN MONROE – My Heart Belongs to Daddy」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 「もう他にはないのか?」って。よっしゃ、在庫一掃、あと三人だけですよ。まずは、ストックホルムの妖精と呼ばれ、ロリータ・ボイスで人気の「リサ・エクダール/Lisa Ekdahl」。アルバムは、「Back to Earth」から。説明不要ですね。

Back to Earth

Lisa Ekdahl Peter Nordahl TrioRCA

「My heart belongs to Daddy – Lisa Ekdahl」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

SolveigSlettahjell

 独特のけだるげなヴォーカルで人気だというノルウェーの女性シンガー、「スールヴァイグ・シュレッタイェル/Solveig Slettahjell」。彼女のデビュー作、「Slow Motion Orchestra」(2003) から。日本版では、自身の名前をタイトルにした「スールヴァイグ・シュレッタイェル」となっているが、けだるげで蠱惑的なヴォーカルの中に北欧らしさを感じさせるスタンダード集。このアルバムの「My Heart Belongs To Daddy」は、かの「寺島靖国プレゼンツ JAZZ BAR 2003」に収録されており、私もそれで知ったシンガーである。1971年生まれ、2005年には、「ラドカ・トネフ賞/Radka Toneff Memorial Award」を受賞している。

 余談になるが、「JAZZ BAR 2003」、このコンピ・シリーズでも傑出した年度のアルバムで、「ジャネット・サイデル/Janet Seidel」、「カーラ・ヘルムブレヒト/Carla Helmbrecht」、「ジャン・フィリップ・ヴィレ/Jean-Philippe Viret」などを知ったアルバム。

寺島靖国プレゼンツ JAZZ BAR 2003

オムニバス / ディスク・ユニオン

スールヴァイグ・シュレッタイェル (BOM13004)

スールヴァイグ・シュレッタイェル / ボンバ・レコード

「Solveig Slettahjell – My Heart Belongs to Daddy」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 「ステイシー・ケント/Stacey Kent」も歌っています。パートナー、「ジム・トムリンソン/Jim Tomlinson」名義のアルバム、「Lyric」(2006)より。

Lyric

Jim Tomlinson / O Plus France


「Jim Tomlinson & Stacey Kent – My Heart Belongs To Daddy」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 前回と併せて6人の歌姫の「My Heart Belongs To Daddy」。さて誰がお気に召したでしょうか? 私は、「Solveig Slettahjell」ですかねえ。

  

  

秋のかたち、秋のうた(1)

Tags: , ,

%e3%82%ad%e3%83%90%e3%83%8a%e3%82%b3%e3%82%b9%e3%83%a2%e3%82%b9

日本で広く園芸品種のひとつとして栽培されている、「キバナコスモス(黄花コスモス)」。この時期、私の団地にもいたるところに咲いている花。原産地はメキシコで、日本には大正時代の初めに輸入された記録が残っているという。

stacykent800x480

さて、秋の歌です。「枯葉/Autumn Leaves」、「ニューヨークの秋/Autumn In New York」などはあまりにも有名ですので、ちょっと趣向を変えて、マイナーな秋の詩を特集してみます。まず、「ティズ・オータム/’Tis Autumn」。1941年に「ヘンリー・ニモ/が作詞・作曲した美しい歌。“’Tis” は、古語あるいは詩的な表現で、“It is” の略。

【 ’Tis Autumn 】        作詞・作曲:Henry Nemo

「♪ Old Father Time checked, so there’d be no doubt, 
                 時の爺さんは、もう疑いを挟む余地がないほど確かめてから
  Called on the north wind to come on out,
                 北風さんに、来てくれるよう呼ぶんだよ              
  Then cupped his hands, so proudly to shout,
                 両手でメガホンを作り、誇らしげに叫ぶんだとさ
  ”La-de-da, de-da-de-da, ’tis Autumn!”.
                 「ラ・ディ・ダ、ディ・ダ・ディ・ダ、もう秋になったよぉ!」とね
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  ♪」

歌うのは我がミューズ、「ステイシー・ケント/Stacey Kent 」。寓話的なこの歌を、子供に語り聞かすような優しく愛らしい歌唱。サックスは、彼女のパートナーの「ジム・トムリンソン/Jim Tomlinson」。アルバム、「The Boy Next door」から。

The Boy Next Door

Stacey Kent / Candid

「Stacey Kent – ‘Tis Autumn」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

そして、雰囲気ががらりと変わり、「チェット・ベイカー/Chet Baker」のトランペットで。アルバムは、「Chet」から。都会的な気だるさが伝わってきます。

チェット+1

チェット・ベイカー / ユニバーサル ミュージック

「Chet Baker – ‘Tis Autumn」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
  

  

風に舞う木の葉たち

Tags: , ,

DSCN0590

「クヌギ(椚、櫟)」の伐採を終えた。北から2015年11月寒波と強風を押し寄せたこの日、空を見上げると、青空に溶け込むように、ひらひらと舞う木の葉が美しい。あぁ、なんて気持ちがいいんだろう。

山、木の葉に因む曲を3曲ほど ・・・。

「コニー・エヴィンソン/Connie Evingson」の「木の葉の子守唄/Lullabye Of The Leaves」をアルバム「Gypsy In My Soul」より、「ステイシー・ケント/Stacey Kent」の「お山の子守唄/Hushabye Mountain」を「ドリームズ・ヴィル/Dreamsville」から、そして「ウィンダム・ヒル/Windham Hill」のコンピ・アルバム、「ピアノが好き」から、「スコット・コッス/Scott Cossu」の「パープル・マウンテン/Purple Moutain」を。

Gypsy in My Soul

Connie Evingson / Minnehaha Music

「Connie Evingson - Lullaby of the Leaves」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

ドリームズヴィル [日本語帯・解説付] [輸入CD]

ステイシー・ケント / CANDID / King International

「Hushabye Mountain – Stacey Kent」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

ピアノが好き~ウィンダム・ヒル・ピアノ・セレクション1

オムニバス / アリスタジャパン

「Scott Cossu – Purple Moutain」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

ダンジョンを抜けたら

Tags: , ,

DSCN0544

かっての会社のヨット部の仲間が集まる年に一度の忘年会の日。この日は、家から電車で1時間もかからないのに、すっかり遠くなってしまった梅田まで、年に1回出かける日でもある。この会のお約束となった赤いマフラーを巻き、一番の冷え込みの中を最寄り駅へと向かう。12月の金曜日の夕刻。これが特別ではなく、通常であろう阪急梅田駅の人混み。現役の時は通勤経路だった。しかし、郊外で隠居生活を送り、すっかり人混み、雑踏が苦手になっている私には、眩しいばかりのクリスマス・イルミネーションとたじろぐほどの梅田駅界隈。

阪急梅田駅、JR大阪駅近辺の地上の風景はここ数年ですっかり変わってしまった。忘年会、目的地は西梅田である。地下街を通っていこうと決め、現役時代以来、頭のメモリーにしまいこんだままの地下街のマップを呼び起こし、ルートを頭の中で確認し、いざダンジョン(地下迷宮)へと向かう。マップがまだ有効だったらしく、名高きダンジョンをほぼ迷うことなく抜けて、目的地へ着き、時間を忘れて飲みかつ喰い、一年ぶりに交遊を深めた。

article_WEB_StaceyKent_BenoitPeverelli

さて、今宵のディーヴァ。すこし眩くて、私の大の御贔屓のひとりである、「ステイシー・ケント/Stacey Kent」にしましょう。このブログでも何回となく登場しているディーヴァ。(参照拙ブログ「立春の朝に」「もう少しやさしい雨を ・・・」「わが心のミューズたち(2) ステイシー・ケント」「とどろく爆音に ・・・」「ひな祭りです、お内裏様デュオです」 などなど) 

1968年 米ニュージャージー州出身であるが、1991年のヨーロッパ旅行の際、ロンドンで英国のミュージシャンと交流を深めて以降、1ロンドンへ移住、そこを拠点に活躍。1997年、「クローズ・ユア・アイズ/Close Your Eyes」でのデビュー以来、スタンダード・ソングを可憐に歌うチャーミングさで日本でも高い人気を誇る女性ヴォーカリストである。夫でもあり、プロデューサー、SAX奏者でもある、「ジム・トムリンソン/Jim Tomlinson」と二人三脚でロンドンで音楽活動を続けてきた。

stacey kent - blog - dez 2011

2007年にフランスの「ブルーノート」へ移籍。日系の「カズオ・イシグロ」の詩を起用した「市街電車で朝食を/Breakfast on the morning tram」(2007)や、全編フランス語でのジャズ・アルバム、「Raconte-Moi/パリの詩」(2010)で新機軸を拓いた。その彼女が、「ブルーノート」から、さらに「ソニー」へと移籍。その第一弾、「テンダリー/Tenderly」(2015)がリリースされた。2013年にリリースした「チェンジング・ライツ/The Changing Lights」以来、約2年振りの待望のニュー・アルバム。

ボサノヴァの巨匠、ギタリスト/作曲家の「ホベルト・メネスカル/Roberto Menescal」との共演が実現し、「Only Trust Your Heart」、「The Very Thought Of You」、「Embraceable You」やタイトル曲、「Tenderly」、「In The Wee Small Hours Of The Morning」などのスタンダードの名曲を心地よいジャズ・ボッサ・サウンドで聴かせる作品に仕上がっている。

「ホベルト・メネスカル」といえば、ボサノヴァ創成期の一人。ボサノヴァのルーツをリアルタイムで知る数少ないアーティスト。(参照拙ブログ「音楽の誕生 ~ボサノバのルーツを知って~」

Tenderly

Stacey Kent / Okeh

チャーミングなボッサの響きを凍てつく冬の宵に ・・・。多分、部屋がホッと暖かくなりますよ。

「Only Trust Your Heart – Stacey Kent」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video


「Tenderly – Stacey Kent」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

「In The Wee Small Hours Of The Morning – Stacey Kent」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
 

 

今日イチは草間弥生風ゾウさん

Tags: , ,

DSCN0135
DSCN0124

8月はお休みしたので、我がクラブの主催のイベント「木工と手作りピザ」は、2ヶ月ぶり。そしてシルバー・ウィークとあって、事前に4家族を超える予約が入るほど。天気も上々とあって、当日は30人近い盛況であった。サンプルはあるものの、下手なアドバイスより子供たちの自由な発想にまかせている木工、今日一の作品はコレ!。ゾウの体一面に水玉模様を彩ってある。う~~ん、「草間弥生風ゾウさん」。作者の女の子によると、自分のTシャツに合わせて、ドット模様にしたという。なかなか可愛らしいじゃありませんか ・・・。

その他、イーゼル風写真立て、進撃の巨人、パトレイバー風アーマーなど、いつもながら子供の発想力に感心させられる。その発想力を大人になるまで大事に持っていて欲しいものですが ・・・。

b0102572_1894123

水玉模様とくれば、今宵の曲は、「ポルカ・ドッツ・アンド・ムーンビームス/Polka Dots and Moonbeams」でしょう。邦題は、「月光と水玉」。まったく味も素っ気ない日本語タイトルですね。しかし、数多いスタンダード・ナンバーの中でもメロディの美しさは一、二を争うのではないでしょうか。1940年に、「ジミー・ヴァン・ヒューゼン/Jimmy Van Heusen」作曲、「ジョニー・バーク/Johnny Burke」作詞になるスタンダード中のスタンダード。「フランクシナトラ/Frank Sinatra」が、「トミー・ドーシー楽団/the Tommy Dorsey Orchestra」と最初にレコーディングしヒットさせたという。

今宵はシナトラではなく、まずは「ステイシー・ケント/Stacey Kent」で聴いていただきましょうか。

「ステイシー・ケント」。このブログの常連ボーカルで、数え切れないほど取り上げた我がミューズの一人。(参照拙ブログ「わが心のミューズたち(2) ステイシー・ケント」 などなど) 淡々と、しかし思いが伝わるように可愛らしく歌い上げる。初秋の宵にはふさわしにでは ・・・。

よくある「A boy meets a girl」ストーリーと言ってしまえばそれまでですが、偶然出会った男の子と女の子が、恋に落ち、やがて小さな家で二人で暮らすという、どこにでもあるハッピーなお話。

【 Polka Dots And Moonbeams 】
                 作曲;Jimmy Van Heusen 作詞;Johny Burke

「♪    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  A country dance was being held in a garden  庭で開かれていたあるダンスパーティ
  I felt a bump and heard an “Oh, beg your pardon” 
               誰かにぶつかったと思った途端、「ごめんなさい」という声が聞こえた
  Suddenly I saw polka dots and moonbeams  
               そこには月の光の中に水玉模様のドレスを着て
  All around a pug-nosed dream   
               夢かと思うような可愛い鼻をした女の子が立っていた

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・      ♪」

41TW4WMX9GL

Dreamsville
Stacey Kent
CD (2002/1/26)
キングレコード


「Stacey Kent – Polka Dots and Moonbeams」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

そして比類ない美しさを持つのは、「ビル・エヴァンス・トリオ/Bill Evans Trio」の演奏。’62年の録音で、「スコット・ラファロ/Scott LaFaro」が自動車事故で亡くなった後に、「チャック・イスラエル/Chuck Israels」がベースで入ったトリオによるもの。ドラムは、「ポール・モチアン/Paul Motian」。全編静けさが漂う絶品のバラード集。

Moon Beams

Bill Evans / Ojc

「Polka Dots And Moonbeams – The Bill Evans Trio」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
 

 



© 2009 JAZZYな生活. All Rights Reserved.

This blog is powered by the Wordpress platform and to just Go Beach Rental.