JAZZYな生活

プレミアムエイジ ジョインブログ

古い革ジャンパーを着て

Tags: , ,

DSC_0861
 寒波襲来。冬物を出していたら、40年ほど前の出張時、NYで買った仔牛の革ジャンパーに目がいった。あまり着る機会がなかったが、気に入っていたので、ずっと捨てきれないでいたものである。革ジャンパー。今は、フリースやダウンにとって替わられ、あまり、いやほとんど見かけなくなった。革ジャンが定番ファッションといえば、「藤岡弘、」くらいであろうか。しかし、私たちシニア男性にとっては、アウトローの象徴のような憧れのファッションで、日活、東映などのアウトロー・ヒーローたちは、皆革ジャンだった印象がある。

 しかし、革ジャン&ブルージーンが、ファッションとして一世を風靡したルーツは、「ジェームズ・ディーン/James Dean」ではないだろうか。和製「ジェームズ・ディーン」と呼ばれた「赤木圭一郎」もそのファッションをことさらに踏襲していた印象がある。それと、大ヒットした「アダモ(サルヴァトール・アダモ)/Salvatore Adamo」のシャンソン、「ブルージーンと革ジャンパー/En Blue-Jeans Et Blouson DCuir」(1963)の影響も大きかったように思える。

 とにかくダウンに比べ、重いし、伸縮性も悪く、防寒効果もイマイチ。妻はいい歳をしてというが、着ずに置いとくのももったいない。すこしブカブカになってしまい、「Old Fashion」と言われるかもしれないが、とにかく着て、外に出てみよう。でも、ジーンズは流行りの「あったかジーンズ」で ・・・。

 「ちょいワルオヤジ」風??? この言葉ももう死語でしょうね。

 懐かしの「アダモ」の歌、「ブルージーンと革ジャンパー」を。

「アダモ ー ブルージーンと革ジャンパー / En Blue-Jeans Et Blouson DCuir」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 「ジェームズ・ディーン/James Dean」似で売り出したジャズメンは、「チェット・ベイカー/Chet Baker」。人気絶頂だった1955年に24歳という若さで不慮の死を遂げた永遠のスター、「ジェームス・ディーン」の伝記映画、「ジェームス・ディーン物語/The James Dean Story」(1957)のサウンド・トラックを、ジャズ界の「ジェームス・ディーン」と呼ばれたチェットがジャズにアレンジしたアルバムがある。「バド・シャンク/Bud Shank」、「ジョニー・マンデル楽団/Johnny Mandel Orchestra」とコラボした「The James Dean Story」(1958)。ディーン、1931年生まれ、そしてチェットは、1929年生まれ。ほとんど観ましたかねえ、「ジェームズ・ディーン」の映画は ・・・。

51vJhrtf6UL

ジェームス・ディーン・ストーリー
チェット・ベイカー、バド・シャンク
ユニバーサル ミュージック


  
   

「Chet Baker & Bud Shank with Johnny Mandel Orchestra – Jimmy’s Theme」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

「Chet Baker & Bud Shank ー Lost Love」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
  

  

一気に咲いた庭の椿、そして今 ・・・

Tags: , ,

DSC_0617
DSC_0586
DSCN1099

我が家の玄関先に植えてある「ツバキ(椿、海柘榴)」が一気に咲いた。1ヶ月ほど前に見たときは、まだ小さい蕾だったのが、つい1週間ほど前は、だいぶ膨らんできたなと思っていた矢先の開花である。そして数日経った今、一気に花が落ち始めた。この椿、ここに引っ越してきた20数年前、なにか縁起のいい花の咲く木を植えたいと思って植えた木である。

武士はその首が落ちる様子に似ているというのを理由に椿を嫌ったという話もあるが、それは幕末から明治時代以降の流言であり、江戸時代には多くの神社、寺院、武家屋敷の庭に植栽された。むしろ武家に好まれたのである。映画「椿三十郎」でも、椿は重要な役割を果たしていました。ヨーロッパに輸出され、その艶やかさが好まれ、「アレクサンドル・デュマ」に小説、「椿姫」の所以となったことはご存知のとおり。

我々や子供の成長を見守って来たこの椿。古稀をを迎えた私の最後まで見守ってくれるのだろうか。

さて、今宵は「花」をそのタイトルに散りばめた曲を ・・・。

最初はイタリアの巨匠、「エンリコ・ピエラヌンツィ/Enrico Pieranunzi」のずばり、「The Flower」。もうこのブログに何度も登場しているご贔屓の巨匠。説明は省きましょう。EGEAレーベルのアルバム、「Un’alba Dipinta Sui Muri(壁に描かれた朝日)」のトリオ演奏が好みだが、YOUTUBEにアップされていないので、同じEGEAの「Les Amants(恋人たち)」よりストリングスをバックの演奏を ・・・。

Un'alba Dipinta Sui Muri [輸入盤]

Enrico Pieranunzi / EGEA


419MZWVTFGLc
Les Amants [輸入盤]

 
 

 
 
 

Enrico Pieranunzi / EGEA


「Enrico Pieranunzi – The Flower」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

もう一曲は、「エンリコ・ピエラヌンツィ」と「チェット・ベイカー/Chet Baker」とのコラボアルバム、「Soft Journey」から、「Fairy Flowers」。1979年12月と1980年1月に分けて、ローマのスタジオで録音された。「チェット・ベイカー」の代名詞ともいえるような「マイ・ファニー・ヴァレンタイン/My Funny Valentine」も収録。

Soft Journey[輸入盤]

Chet Baker / Egea

「Chet Baker & Enrico Pieranunzi – Fairy Flowers」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
 

 

路傍の花、樹々の鳥 (9) ~南京黄櫨~

Tags: ,

P1050438

 

いつものようにウォーキングをしていると「南京黄櫨(なんきんはぜ)」が爆(は)ぜているのに気づいた。あまりめだたない木であるが、注意深く見ると、庭木、街路樹、公園樹として結構植えられている。秋、少し三角のかかった球形でやや青みがかった黒い実、蒴果(さっか)が熟すと、中から白い3個の種子が出てくる。この種子は木から落ちることなく、紅葉期から落葉後まで、いつまでも木にとどまっているので白い星を散らしたように見える。秋が深まるにつれ、そんな光景がこれからウォーキングの道筋でも見ることができるのである。そして、 この種子からは、烏臼油(うきゅうゆ)という油が採れるが、これは、石鹸・蝋燭(ろうそく)の原料、腫物、皮膚病などに効く薬として用いられるようである。ナンキンハゼの名の由来は、ハゼノキの代わりに蝋(ろう)をとる材料として使われるようになった中国原産の木の意味である。

見上げると今日はクリアな月が昇っていた。秋の夜の「名月JAZZシリーズ」の第2弾は、「月と砂/Moon And Sand」。クラシックの作曲家「アレック・ワイルダー/Alec Wilder」と、彼と40年間に渡ってコンビを組んだ作詞家、「ウィリアム・エングヴィック/William Engvick」の1941年の作品。

ワイルダーは、ボストンの銀行家の跡取り息子でありながら、家とは縁を切りニューヨークに飛び出して、音楽の道に進み、クラシックやミュージカルの作曲に一生を捧げた。変人中の変人だったらしく、人付き合いが嫌い、家を持たず、生活もホテル住まい、ずっと独身で気ままな生活を通したらしい。彼と長年のコンビを組み、この曲を作詞したエングヴィックも変わり者だったらしく、ワイルダーの曲にしか詩を付けていないという。

【 Moon And Sand 】   作詞;William Engvick  作曲;Alec Wilder

「♪ Deep is the midnight sea,      真夜中の海は深く、
   Warm is the fragrant night,     薫り立つ夜は温い、
   Sweet are your lips to me      重ねた君の唇は甘く、
   Soft as the moon and sand.    今宵の月や砂と同じほど柔らかい。

   Oh, when shall we meet agin?  いつまた逢おうか?
   When the night has left us     夜が僕らを置き去りしたとしても、
   Will the spell remain?         この恋の呪文は残っているのかい?

   Those waves invade the shore,  浜辺に寄せる波、
   Though we may kiss no more    これが最後の口づけになったとしても、
   Night is at our command,       夜は僕達のもの、
   Moon and sand               月も、砂も
   And the magic of love.          そしてこの恋の魔法も。 ♪」

「チェット・ベイカー/Chet Baker」の死後、製作公開された彼の生涯を描いたドキュメンタリー映画がある。チェットにほれ込んだファッション・カメラマンとしても有名な写真家「ブルース・ウェーバー/Bruce Weber」が私費を投じ、自ら監督・製作したドキュメンタリー映画、「LET’S GET LOST」 (1988年製作、89年公開)である。この映画のサントラで、実質的には最後のスタジオ録音といえるアルバム「Let’S Get Lost」に収められた「Moon And Sand」。録音は1987年。



Let’S Get Lost  Chet Baker / RCA Victor Europe

正真正銘の悪(ワル)、「チェット・ベーカー」が歌う「Moon And Sand」。 まるで痺れ薬のようにその毒に酔い痴れてしまうかもしれない。

          You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video 

「ジム・ホール/Jim Hall」と並んで好きなギタリスト「ケニー・バレル/Kenny Burrell」が、リラックスしてムーディーなアコースティック・ギターを奏でる。



ムーン・アンド・サンド  ケニー・バレル / ビクターエンタテインメント

 

 



© 2009 JAZZYな生活. All Rights Reserved.

This blog is powered by the Wordpress platform and to just Go Beach Rental.