JAZZYな生活

プレミアムエイジ ジョインブログ

お願いだから

Tags: , ,


 朝から雨。地域のボランティア活動も中止の連絡。どうも嫌な予感が的中したようだ。遅れていた梅雨入り宣言が出た途端、昨年7月の西日本豪雨と同じような状況になってきた。各地に避難指示が出ているとニュースが伝えている。妻の「いもたこなんきん」、ミニミニ家庭菜園や花の鉢に水遣りする手間がないのはいいが、やっぱり長雨、豪雨はもう勘弁して欲しい。

 今宵の曲、これも古い古いスタンダードで、「For Heaven’s Sake(お願いだから)」。「お願いだから恋をさせて」というロマンチックでムーディな「ビリー・ホリディ/Billie Holiday」の歌唱で知られる恋唄。1946年の「ドン・メイヤー/Don Meyer」、「エリス・ブレトン/Elise Bretton」、「シャーマン・エドワーズ/Sherman Edwards」の共作になる作品。元は、1947年の「クロード・ソーンヒル楽団/Claude Thornhill and his Orchestra」と楽団の専属女性歌手だった「フラン・ウォーレン/Fran Warren」のレコーディングによって紹介された歌だというが、ジャズのスタンダードとして定着したのは、最晩年の「ビリー・ホリデイ」が、アルバム、「レデイ・イン・サテン/Lady In Satin」(1958)で取り上げてからだという。

【 For Heaven’s Sake 】 by Don Meyer, Elise Bretton, Sherman Edwards

「♪ For heaven’s sake let’s fall in love  お願いだから彼と恋をしたいの
  It’s no mistake to call it love     この気持ちは間違いなく恋なのよ
  An angel’s holding hands with me    だって天使が私の手を握っているし
  How heavenly heaven can be        天国にいるような気持ちよ

  Here is romance for us to try      私たちにふたりにロマンスが芽生えたこと
  Here is a chance we can’t deny      それは否定できないわ
  While heaven’s giving us a break     神様がそれを壊さないうちに
  Let’s fall in love for heaven’s sake   恋をしたい お願いだから

  Don’t say a word my darling      何も言わないで 貴方
  Don’t break the spell like this    この魔法のような時を壊さないで
  Just hold me tight; we’re alone in the night 強く抱きしめて 二人はひとつ
  And heaven is here with a kiss     キスされたらもう天国に行っちゃいそう

  This pair of eyes can see a star   星が見えるわ
  So paradise can’t be so far       だから楽園はもうすぐそこ
  Since heaven’s what we’re dreaming of  ずっと夢見てきた天国はすぐそこに
  For heavens sake, let’s fall in love  お願いだから 恋をさせて   ♪」

 最初は、「チェット・ベイカー/Chet Baker」。亡くなるその1年前に、波乱万丈の人生を描いたドキュメンタリー映画、「ブルース・ウェーバー/Bruce Weber」監督、「レッツ・ゲット・ロスト/Let’s Get Lost」(1988)のサウンド・トラック・アルバム、「Chet Baker Sings and Plays from the Film “Let’s Get Lost」(1987)から。老残とも言えるその姿がすこし痛々しい。


   
Let’s Get Lost
チェット・ベイカー/Chet Baker
Novus


    
    

「Chet Baker – For Heaven’s Sake (Let’s Get Lost) 」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 「ケニー・バロン/Kenny Barron」と「チャーリー・ヘイデン/Charlie Haden」が、1996年、NYのジャズクラブ、「イリジウム/Iridium」で繰り広げたこのデュオ・ライヴ。ライブとは思えないほど、静まリかえった中に漂う緊張感が最高。アルバム、「Night and the City」(1996)から。


    
Night and the City
ケニー・バロン & チャーリー・ヘイデン/Charlie Haden and Kenny Barron
Verve


    
    

「Charlie Haden and Kenny Barron – For Heaven’s Sake」
    
       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 「ビリー・ホリディ」も聴きましょうか。しかし正直言って、私はこの歌唱はあまり好きではありません。「Lady in Satin」(1958)から。


   
レディ・イン・サテン +4 /Lady in Satin +4
ビリー・ホリディ/Billie Holiday
SMJ


    
    

「Billie Holiday – For Heaven’s Sake」
    
       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video



© 2009 JAZZYな生活. All Rights Reserved.

This blog is powered by the Wordpress platform and to just Go Beach Rental.