JAZZYな生活

プレミアムエイジ ジョインブログ

高齢者運転講習を受けて

Tags: , ,

DSCN0356

最新何かとニュースや話題になっているのが、高齢者による自動車暴走事故や高速道路の逆走など。また一方での話題は、「東京モーター・ショー」で各社からコンセプト提示されている自動運転車。

わたしの次回の免許更新は、ちょうど70歳になる来年3月。警察より「高齢者運転講習を受けなさい」という通知がきた。まだまだ生活上車は必要だし、運転も楽しんでいるので、免許を返納する気はない。講習を受けに行ってきた。場所は、妻や子供が免許取得に通った近くの自動車教習所である。私が免許を取ったのはもう45年ほど前。最近の教習所は少子化を反映してか、どこかのサロンかと思うようなおしゃれで明るいロビー、受付も全て若い女性である。5600円、3時間の講習。

なぜ、高齢者講習なのかという背景説明のあと、静止視力、動体視力の検査、運転適性検査、実車に乗っての走行などを行った。あくまでも講習であって、合格/不合格といったテストではないという。あくまでも免許更新前に講習を受けてもらい、運転能力や適性を自己確認してもらうことが目的であるとの説明を受ける。実際ペーパー・ドライバーの人は実車走行は行わなかった。とはいうものの、75歳からは、認知症ドライバーなどのピックアップのための予備講習が更に追加される。 

お金もかかるし、面倒くさいのも事実。しかし、私も運転していて、危なっかしい高齢者ドライバーに結構多く出くわすのも事実。まともに車庫入れができなくなっても、運転をやめようとしなかったご近所の方もいた。今回は「普通」という評価であったが、まあ、後どのくらい運転できるか分からないが、過信の戒めとし、他人と自分を守る必要コストと考えることとしよう。

denise-donatellimg_2154

さて、美魔女シンガー、「デニース・ドナテッリ/Denise Donatelli」の通算5 作目の最新作品が出ていると紹介されて聴いてみた。最近の「Jazzy, Not Jazz」路線の中で、私がご贔屓とする数少ない本格派、大人のジャズ・シンガーである。

さて、私が彼女を「美魔女シンガー」と呼ぶのは、NETによれば、1950年生まれとあるからそこそこのお歳なのに、その美貌やセレブぶりからは、とてもそうは見えないからである。「デニース・ドナテッリ/Denise Donatelli」。生まれはペンシルヴァニア州で、相当な田舎で育ったという。幼い頃からピアノに親しんでいたが、その後、ジャズへの彼女の情熱が導いたのは、ピアノではなくボーカルであった。結婚後、いわゆるシングルマザーとなり、苦労した子育ても終えてから、ジャズ歌手になる夢をあきらめられず、2005年に遅咲きのデビューを果たしたという。(参照拙ブログ「60歳過ぎたら聴きたい歌 (88) ~Soul Shadows 魂の影を追った頃~」

denise

私が彼女を知ったのは、2012年のアルバム、「Soul Shadows」を聴いてから。西海岸を拠点に活動しているというが、今回のアルバム、「Find a Heart」も前作に続いて、「ジェフリー・キーザー/」を、ピアノ及び、ミュージカル・ディレクターに迎えるなど、手練のサポートを受け、本格的ジャズ・ボーカルを楽しめるアルバムとなっている。まだまだ絶頂期。目が離せない「美魔女シンガー」。

Find a Heart

Denise Donatelli / Savant

残念ながらさわりだけをプロモーション・ビデオで ・・・。

「Denise Donatelli  - Find a Heart」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

彼女のステージぶりも ・・・。

「Denise Donatelli - Old Devil Moon Live at Herb Alpert’s Vibrato Jazz Grill,Los Angels」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 



© 2009 JAZZYな生活. All Rights Reserved.

This blog is powered by the Wordpress platform and to just Go Beach Rental.