JAZZYな生活

プレミアムエイジ ジョインブログ

連休も終わって

Tags: , ,

DSCN0194
 連休も終わって街は元通りの生活を取り戻している。小学3年生くらいでしょうか、新学期も始まってから1ヶ月ちかく経ち、新しいクラスや学年にも慣れ、社会見学で地域の消防署を訪れているようだ。今月から、兵庫県の中学2年生は社会体験をする「トライやるウィーク」が始まり、山の公園にも来るので、そのうちの1日は「森林ボランティア体験」として、我々が指導をすることになっている。

71xsThRFCtL__SL1146_

 さて、今宵の歌は、スタンダードから、「Teach Me Tonight(邦題:今夜教えて)」。歌姫は、「アレクシス・コール/Alexis Cole」。アルバムは、「Close Your Eyes」(2013)。

 「My heart belongs to daddy(私の心はパパのもの)」と同じ系統の歌で、ちょっと意味深でやばくて、色っぽい曲なので、お色気たっぷりに歌われることが多いようです。作詞「サミー・カーン/Sammy Cahn」と作曲「ジーン・ド・ポール/Gene De Paul」による1953年の作品。

1006366295

 そんな歌が収録されているこのアルバム、なんせリリース元は、「ヴィーナス・レコード」ですから、期待通りのグラビア風ジャケット。「ジョン・ディ・マルチーノ/John Di Martino」のピアノ・トリオをバックに、ベタベタしない上品なお色気を漂わせながら、これまた期待通りに歌います。

 しかし、1976年、ニューヨーク生まれの彼女、音楽一家に育ち、高度な音楽教育も受けたが、なんと「ウエスト・ポイント米陸軍士官学校/United States Military Academy at West Point」出で、階級は 「Staff Sergeant (2 等軍曹)」という軍隊の経験があることも、びっくりです。

【 Teach Me Tonight 】  by Sammy Cahn / Gene De Paul

「♪ Did you say I got a lot to learn?     「もっとたくさん学ばないとね」と言ったわね
  Well don’t think I’m trying not to learn?   学ぶ気がないなんて思わないでね
  Since this is the perfect spot to learn,    学ぶには今ここがパーフェクトな場所だから
  Teach me tonight.              今夜教えてネ

  Starting with the ABC of it         まずはABCから始めて
  Right down to the XYZ of it         最後のXYZまで徹底的にネ
  Help me solve the mystery of it,      謎が解けるまで
  Teach me tonight              今夜教えてネ

  The sky is blackbord high above you    空が黒板のように広がっているわ
  If a shooting star goes by,         もし流れ星が流れたら
  I’ll use that star to write “I love you”     その流れ星で、「I love you」と
  A thousand times across the sky      1000回も空に書くわ

  One thing isn’t very clear my love     でも、まだはっきりしないことが一つあるの
  Should the teacher stand so near my love 先生、そんなに近づいてきちゃっていいの?
  Graduation’s almost here my love      卒業はもう間近かしら
  Teach me tonight.              今夜教えてネ           ♪
   
   
 やはり、ヤバイですね、これは ・・・。

71Bsh5tTfYL__SL1007_

  
  
クローズ・ユア・アイズ
アレクシス・コール
ヴィーナスレコード


      


「Teach Me Tonight – Alexis Cole」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
   

   

ナラ枯れはピークを越えたか

Tags: , ,

DSCN1703
DSCN1711
b0102572_1114930

今年もまた「ナラ枯れ」対策を始める。「ナラ枯れ」とは、「ナラ菌」というカビの仲間の病原菌と、その病原菌を媒介する「カシノナガキクイムシ」という体長5㎜ほどの昆虫によって、ナラ類、シイ、カシ類の樹木を枯らす「樹木の伝染病」である。「カシノナガキクイムシ」は、病原菌を体内に入れて運び、夏から秋に樹木に無数の穴をあけ、卵を産み付け、翌年の6月にその幼虫が羽化し、また新しい樹木に卵を産み付け ・・・といったことを繰り返すのである。ナラ菌は孔道を伝わって蔓延するため、水分が上がらなくなり、真夏から晩夏にかけ急速に葉が萎れ、茶色や赤茶色に枯れてしまう。1本の木から数万頭が羽化するといわれ、一度罹ると、その森には爆発的に被害が拡がるという。我々は、幼虫が羽化し、被害木から飛び出すまえに、捕獲するため、「アース製薬/かしながホイホイ」という、粘着シートを被害木に巻くという対策を取っている。

DSCN1706

ここ3年ほど実施した結果、枯死にまで至る「コナラ(小楢)」、「クヌギ(椚、櫟)」、「アベマキ(棈)」は、被害木全体の1割にも満たなく、ほとんどないといって良かった。結構耐えてくれるものである。「カシノナガキクイムシ」の群れも、六甲山方面へ移動したという情報もあり、この秋の被害木の状況を見ないと断言はできないが、ピークを越えたようであり、そう神経を尖らせなくても良さそうである。

とはいえ、特に目立つ尾根筋の観察路の周辺の被害木に、粘着性のシートを巻くという今までどおりの対策を施すことにして、被害木の詳細な調査は割愛することにした。ちょうど地元での仕事体験教育の「トライやるウィーク」で来ている中学生にも手伝ってもらい、先週今週併せて30本近い被害木に対策をした。

満開の「ヤマボウシ(山帽子、山法師)」ももうすぐ終わりである。

ヤマボウシa

樹木が枯れて、新しい芽が出て、大きな木に育っていく。その永遠の繰り返しで、形作られた森が続いていく。そのバランスがうまく取れ、サイクルが回るように手を添えてあげるのが、森林ボランティアの働きだと思っている。植物が枯れることを、人と同じように英語で「die」というが、この山で、芽を出し、育っては枯れる。それを繰り返していった気の遠くなるような時間を思う。

今宵の曲は、「Pavane For A Dead Princess(邦題:亡き王女のためのパヴァーヌ)」。フランスの作曲家、「モーリス・ラベル/Maurice Ravel」が1899年に作曲した曲である。れっきとしたクラシック であるが、なぜかジャズメンに好まれ、ジャズのカテゴリーでも多くのカバーがある。そんな中から、趣の違う演奏をいくつか ・・・。

まずは、ピアノ・トリオ。「スティーヴ・キューン・トリオ/Steve Kuhn Trio」の演奏で、同名のアルバム(2005)から。パーソネルは、「Steve Kuhn (pf)」、「デイビット・フィンク/David Finck (b)」、「ビリー・ドラモンド/Billy Drummond (ds) 」。

亡き王女のためのパヴァーヌ (紙ジャケット仕様)

スティーブ・キューン・トリオ / ヴィーナスレコード

「Pavane – Steve Kuhn Trio」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

がらっと雰囲気は変わり、ブラジル出身、フュージョンの鬼才、その昔一世を風靡した感のある「デオダード/Deodato」からは「デオダード2/Deodato 2」。

Deodato 2

Deodato / Sbme Special Mkts.


「Eumir Deodato – Pavane for a dead princess」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

最後は、「アート・ファーマー/Art Farmer」と「ジム・ホール/Jim Hall」をフューチャーしたアルバム、「ビッグ・ブルース」から。サポートは、「スティーヴ・ガッド/Steve Gadd(ds)」、「マイケルムーア/Mike Moore(b)」、「マイク・マイニエリ/Mike Mainieri(vib)」。

ビッグ・ブルース

アート・ファーマー&ジム・ホール / キングレコード


「PAVANE FOR A DEAD PRINCESS - ART FARMER & JIM HALL」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
 

 



© 2009 JAZZYな生活. All Rights Reserved.

This blog is powered by the Wordpress platform and to just Go Beach Rental.