JAZZYな生活

プレミアムエイジ ジョインブログ

雲は流れる、山は染まる

Tags: , , , , ,





 山を彩る綾錦。活動拠点の公園の紅葉は真っ盛り。紅葉ももちろん綺麗だが、この日の流れゆく秋空の雲も綺麗。「イロハモミジ」、「イチョウ(銀杏、公孫樹)」、「ヤマボウシ(山法師、山帽子)」と「うろこ雲」、「いわし雲」。
  
 今宵、秋の深まりを感じさせる曲をいくつか ・・・。
    
 まず、何回もこのブログで取り上げている私御贔屓の、ノルウェー、オスロ出身のジャズ・ピアノ・トリオ、「トルド・グスタフセン・トリオ/Tord Gustavsen Trio」の「Colours of Mercy」から聴きましょうか。アルバム、「The Ground」(2005)から。「mercy」とは、「慈悲、寛容、優しさ、神の恵み」の意味。トリオでの演奏がアップされていないので、アンサンブルでの演奏をライブで。ノルウェイ語の発音はよくわかりませんが、パーソネルは、「Tord Gustavsen – piano」、「トーレ・ブルンボルグ/Tore Brunborg – saxophones」、「マッツ・アイレットセン(アイラーツェン)/Mats Eilertsen – double bass」、「ヤーレ・ヴェスペシュタ(ジャール・ヴェスペスタッド)/Jarle Vespestad – percussions」。


   
The Ground
Tord Gustavsen Trio/トルド・グスタフセン・トリオ
Ecm Records


    
    

「Tord Gustavsen Ensemble – Colours of Mercy(Live at La Roque d’Anthéron)」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 続いては、デンマーク・コペンハーゲンで活躍する、「ハイネ・ハンセン/Heine Hansen」のトリオ。聴けばそれとわかる憂いを含んだ美メロの北欧ピアノである。曲は、「The Color Red」、アルバムは、「Signature」(2016)から。

Signature
Heine Hansen Trio/ハイネ・ハンセン・トリオ
Storyville/octave


    
    

「The Color Red – Heine Hansen Trio」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 秋のヒーリング音楽の定番アルバムといえば、「ジョージ・ウィンストン/George Winston」の「Autumn」でしょうか。「Colors/Dance」を、発売20周年を記念して発表された「Autumn ~20th Anniversary Edition~」(2003)から。


     
オータム~20th Anniversary Edition/Autumn
ジョージ・ウィンストン/George Winston
BMG JAPAN


    
    

「Color/Dance – George Winston」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

真夏のグラデーション

Tags: ,

DSC_0954
 夕暮れの空。目を見張るほど美しいグラデーションに染まっている。どういう大気の状態が光を屈折させ、こんな美しいグラデーションをひきおこすのか。この酷暑と関係あるのか。見とれることしばし。やがて、ゆっくりと夜の帳(とばり)が降りてきた。  

 今宵の曲、「トルド・グスタフセン・トリオ/Tord Gustavsen Trio」の「Colours of Mercy」。「慈悲の色、恩寵の色」という意味でしょうか。トリオでの2ndアルバム、「The Ground」(2004)から。

members2
 「トルド・グスタフセン/Tord Gustavsen」。もう何回もこのブログで取り上げているピアニスト。1970年生まれ、ノルウェー、オスロ出身のジャズ・ピアニスト。4歳よりピアノを弾き始める。19歳でオスロ大学に入学し、心理学や社会学、宗教史を学ぶ。その後ジャズにも興味を持っていた彼は、「トロンハイム音楽院/the Conservatory of Music Trondheim」のジャズ科に入学。学生時代より音楽活動を始め、学生仲間と国内のクラブやフィスティバルで演奏していたりしたが、さらに音楽理論を学ぶため、オスロ大学へすすんだという。

 2003年に、ベーシストの「ハラルド・ヨンセン/Harald Johnsen」とドラマー、「ジャール・ヴェスペスタッド/Jarle Vespestad」とトリオを結成し、アルバム、「Changing Places」でECMレコードより発表しデビュー。最近はトリオの活動を離れ、サックスを加えたカルテット、女性ヴォーカルを加えたアンサンブルなど活動の幅を広げるチャレンジもしている。

 セカンド・アルバム、「ザ・グラウンド」。このアルバムも全曲トルドのオリジナル。デビュー作同様、最少の音だけでメロディ・ラインをきらりと浮かび上がらせる、まるで純度の高い結晶のようなトルドのピアノである。

ザ・グラウンド

トルド・グスタフセン・トリオ / ユニバーサル ミュージック クラシック

 「Colours of Mercy」。私は、トリオのバージョンがお気に入りであるが、アップされていたのは、2011年、フランス南部プロヴァンス地方、「 La Roque d’Anthéron」のピアノ・フェスティバルでの、アンサンブルによるライブ演奏。パーソネルは、「トルド・グスタフセン(p)」、「ヤーレ・ヴェスペスタ(ds)」、「マッツ・アイレットセン/Mats Eilertsen (bass)」に加え、「トーレ・ブルンボルグ/Tore Brunborg(sax)」。

「Tord Gustavsen Ensemble – Colours of Mercy」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

     

     



© 2009 JAZZYな生活. All Rights Reserved.

This blog is powered by the Wordpress platform and to just Go Beach Rental.