JAZZYな生活

プレミアムエイジ ジョインブログ

路傍の花、樹々の鳥(358) ~ ご近所の紅葉 ~

Tags: , , ,






 関西には京都をはじめ、紅葉の名所が数多くありますが、いま真っ盛りの「ご近所の紅葉」、これも結構楽しめます。「ブドウ(葡萄)」の実に似た青紫色の実とのコントラストも鮮やかな「ツタ(蔦)」。燃えるような赤の「シダレモミジ(枝垂れもみじ)」、「ドウダンツツジ(灯台躑躅、満天星)」。そして「オニドコロ(鬼野老)」でしょうか ・・・。家の近くの小山の紅葉も鮮やかですが、なんとも電線が邪魔。


 さて、今宵はピアノとベースのデュオ。イタリアの巨匠「エンリコ・ピエラヌンツィ/Enrico Pieranunzi」とデンマークのエース・ベーシスト、「トーマス・フォネスベック/Thomas Fonnesbæk」、アルバムは、「Blue Waltz」(2018)。2017年、コペンハーゲンでのライブ・アルバム。
  
 「エンリコ・ピエラヌンツィ」は、もう紹介不要のイタリアの巨匠。「トーマス・フォネスベック」は、1977年、デンマーク生まれ、油が乗った現在、42歳のベーシスト。「ラーシュ・ヤンソン・トリオ/Lars Jansson Trio」のベーシストとして名を馳せ、繊細かつエキサイティングなプレイで日本のジャズファンにも人気が高いという。
   
 彼は、「ケニードリュー/Kenny Drew」の生涯の演奏のパートナーであった、「ニールス=ヘニング・エルステッド・ペデルセン(NHOペデルセン)/Niels-Henning Ørsted Pedersen」の生徒として薫陶を受け、「ラーシュ・ヤンソン」がデンマークの「オールヒュス音楽大学」で教授を努めていた時期にラーシュから指導を受けたという。若い頃から頭角を現した逸材で、1997年には、「バーリンスケ・タイデンデ音楽コンテスト」でソロベース奏者として金賞を受賞、「ヨーロピアン・ジャズ・コンテスト」では、準優勝を果たした経歴を持ち、「エンリコ・ピエラヌンツィ」がその才能に目をつけたのであろう。
    
 近作のソロアルバム、「Wine & Waltzes」(2018)にも収録されていたアルバム・タイトル曲、ピエラヌンツィ作曲の「Blue Waltz」、「blue
がつく曲にハズレなし」などと言われていますが、どうでしょうか。そして、フォネスベック作曲の「First Impression Last」など4曲を ・・・。


   
BLUE WALTZ
Enrico Pieranunzi & Thomas Fonnesbæk/エンリコ・ピエラヌンツィ & トーマス・フォネスベック
Stunt Records


     
     

「Blue Waltz · Enrico Pieranunzi & Thomas Fonnesbæk」 

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

「Everything I love – Enrico Pieranunzi & Thomas Fonnesbæk」 

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

「First Impression Last – Enrico Pieranunzi & Thomas Fonnesbæk」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

「Miradas – Enrico Pieranunzi & Thomas Fonnesbæk」   

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

路傍の花、樹々の鳥(206) ~ 続・サクラのあとは ・・・ ~

Tags: , , , , ,

ヤエザクラ
 「エドヒガン(江戸彼岸)」、「ソメイヨシノ(染井吉野)」、「ヤマザクラ(山桜)」など主だった桜はほとんど散ってしまった。とは言え、ワンテンポ遅れて咲き出した「ヤエザクラ(八重桜)」の手鞠が艶やか。

ハナモモ2
ミツマタ
ドウダンツツジ
リキュウバイ2
ライラック(リラ)?2
 「ハナモモ(花桃)」、「ミツマタ(三椏)」、「ドウダンツツジ(灯台躑躅、満天星)」。「リキュウバイ(利休梅)」でしょうか、鮮やかな白。「リラ(仏語:Lilas)」とも呼ばれる「ライラック(英語: Lilac)」。 和名は「ムラサキハシドイ(紫丁香花)」も鮮やか。こんな花たちが、今ウォーキングの路傍を彩っている。

b0102572_17202573

 さて、今宵の曲、「スイート・メモリー/Sweet Memories」。そうです「松田聖子」のカバーです。歌姫は、1985年生まれのシンガポール出身の女性歌手、「オリビア(・オン)/Olivia (Ong)/中国語名:王 俪婷」。

 2005年、20歳で日本でプロデビューし、その後2008年からは活動拠点を台湾へ移し、現在は、母国シンガポールを拠点にアジア各地で活動しているという。日本で活動していた時期は、主に英語によるボサノバやジャズ、フュージョン系アレンジのカバー曲を多く歌ったが、そんな日本での活動時代に残されたアルバムの一つが、「A Girl Meets Bossanova 2」(2006)。日本デビュー・アルバムの「A Girl Meets Bossanova」(2005)に続く第2弾。

 すこしハスキーがかった声に、ロリータ・テイストが加わり ・・・。そうなると、これは私の守備範囲とも言える。リラックスしたなかにも、絶妙のテンションが感じられ、それが心地良さを醸し出すのであろう。特にこの「スイート・メモリー/Sweet Memories」のカバーは、オリジナルの歌唱よりこちらのほうが ・・・と思わせるほどなかなかいい。「Jazzy、Not Jazz」ではあるが、極上のボッサBGMといっていいだろう。

【 SWEET MEMORIES 】   作詞:松本隆  作曲:大村雅朗

「♪ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   Don’t kiss me baby we can never be
   So don’t add more pain
   Please don’t hurt me again
   I have spent so many nights
   Thinking of you longing for your touch
   I have once loved you so much

   あの頃は若過ぎて
   悪戯に傷つけあった二人
   色褪せた哀しみも今は
   遠い記憶 Sweet memories  

   失った夢だけが
   美しく見えるのは何故かしら
   過ぎ去った優しさも今は
   甘い記憶 Sweet memories       ♪」
     
     

a girl meets BossaNova 2

OLIVIA / インディペンデントレーベル

「Sweet Memories – Olivia Ong」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 ひょっとしてノックダウンされた方のために、フルアルバムもアップされていました。

「Olivia Ong – A Girl Meets Bossanova 2 [Full Album] 」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

    

     



© 2009 JAZZYな生活. All Rights Reserved.

This blog is powered by the Wordpress platform and to just Go Beach Rental.