JAZZYな生活

プレミアムエイジ ジョインブログ

路傍の花、樹々の鳥(186) ~ トランペット協奏曲のように ~

Tags: , ,

エンジェルストランペット
 これは見事なトランペット。協奏曲のように咲き誇っている。園芸名で、「エンジェルストランペット」、あるいは「エンジェルトランペット」。和名は、「キダチチョウセンアサガオ(木立朝鮮朝顔)」といい、ちょっと微妙な名前。ナス科の属のひとつというから、ちょっとびっくりする。原産地はアメリカの熱帯地方だが、暑さが苦手で高地にしか生息していないという。

 むかし、私が洋楽に夢中になりだした頃、「ニニ・ロッソ/Nini Rosso」というトランペッターが一世を風靡したが、今宵は、スムース・ジャズ系、若手「イケメン・トランペッター」の肩のこらない演奏で。

無題

 名前からすると、イタリア系でしょう、まずは「ドミニク・ファリナッチ/Dominick」。1983年、オハイオ州生まれの今年まだ弱冠34歳であるが、アメリカ人ジャズ・トランペッター、作曲家、そしてビッグバンド・リーダー。10歳でトランペットを始めたという。1999年、地元で行なわれたクリニックで、かの「ウィントン・マルサリス/Wynton Marsalis」の目にとまり、翌年には、ウィントン率いる「リンカーン・センター・ジャズ・オーケストラ」との共演が実現した。

 2003年、なんと19歳で初リーダー作「マンハッタン・ドリームズ」で幸運なデビュー。ストレート・アヘッドなプレイを得意とするが、バラードでもうまさを発揮するという申し分のないスタイルで人気を集めた。マルサリスの薫陶を受けたジャズ界の若きエリート、「ドミニク・ファリナッチ」の3作目は、同じくスウィング・ジャーナル誌のゴールド・ディスクを獲得した、「ベサメ・ムーチョ」(2004)。ストレート・アヘッドなドライブ感と、ラテン系の甘い緊張感と同時に楽しめる佳作。

ベサメ・ムーチョ

ドミニク・ファリナッチ / ポニーキャニオン

 タイトル曲、「ベサメ・ムーチョ」と「アストル・ピアソラ/Astor Piazzolla」のオリジナルで、多くの分野のミュージシャンにカバーされている「リベルタンゴ/Libertango」を。

「Dominick Farinacci Quartet – Besame Mucho」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

Libertango ー Dominick Farinacci

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 もうひとりのイケメン・スムース・ジャズ・トランペッターは、「クリス・ボッティ/Chris Botti」。端正なマスクで人気があり、スムース・ジャズの代表のように言われているし、また実際そうには違いないが、そのと官能的な音色には惹かれるものがある。

b0102572_14304639

 「クリス・ボッティ」は、1962年、アメリカオレゴン州ポートランド生まれ。若手とばかり思っていましたが、55歳、円熟の歳ですね。幼少の頃より、クラシック・ピアノの講師であった母親の影響で、ピアノを弾き、10歳でトランペットを始めたという。「マイルス・デイヴィス/Miles Davis」に影響され、トランペッターとしての道を進む決意をし、高校時代よりプロとして活動するようになる。大学に卒業後は、ニューヨークに拠点を置き、ポップス/ロック系からジャズに至るまで多くのミュージシャンと共演している。

 2004年発表の「ホェン・アイ・フォール・イン・ラヴ/When I Fall In Love」では、「スティング/Sting」と「ポーラ・コール/Paula Cole」をゲストに、2005年発表の「トゥ・ラヴ・アゲイン/To Love Again」では、「スティング」をはじめ、「ジル・スコット/Jill Scott」、「グラディス・ナイト/Gladys Knight」、「マイケル・ブーブレ/Michael Bublé」等多くのゲストを迎えている。

To Love Again

Chris Botti / Sony

「Chris Botti To Love Again ( Full Album ) 」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 「When I Fall In Love」(2004)から表題曲を。

71xZKe+6sWL__SL1500_
 
When I Fall in Love Import
クリス・ボッティ
Sony

   
   
   

「When I Fall In Love- Chris Botti」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
  

  

野生の痕跡

Tags: , ,

DSCN7529

先日の山作業で見かけた光景。写真ではちょっとわかりにくいが、猪が枯葉の堆積した地面を掘り返して、虫や虫の幼虫、ミミズなどを探した痕である。基本的に猪は、森に生えている植物の地下茎・果実・タケノコなどを食べるという草食に非常に偏った雑食性であるが、季節の変化に応じて、昆虫類、ミミズ、サワガニ、ヘビなども食べるという。そんな餌漁りの痕の写真である。また、遊びの山には、猪が、ダニ等の外部寄生虫を落としたりするための、泥浴を行う「沼田場(ヌタバ)」と呼ばれる場所もある。猪が横になり、転がりながら全身に泥を塗る様子から、「苦しみあがく」という意味の「ぬたうちまわる(のたうちまわる)」という言葉が生まれたといわれてる。

この地域は、上方落語の「池田の猪買い」などにあるように、猪が昔から有名である。鹿と並んで食害も結構多いため、山沿いの田畑では電柵などが必ず設置されている。地域の肉屋には冬の季節になると、「牡丹鍋」用の猪肉、「牡丹肉」が、ごく普通に販売されている。そして我が住宅地ではないが、神戸の方では、「餌付け」などによって人間の食物の味を覚えてしまった猪が、住宅地付近にまで出没し、民家の庭や路上のゴミを荒らしたり、住民などに噛み付くなどの人的被害も頻繁に報じられている。元来は非常に神経質で、警戒心の強い動物である。そのため、我が遊びの山では、餌探しや泥浴の痕跡はよく見かけるが、鹿などのように遭遇したことはまだ一度もない。棲み分けをするためには、やはり「餌付け」が良くないことがよくわかるのだ。

Farinacci

 

さて、突き抜ける痛快感がなんといってもトランペットの魅力。夏ジャズ・トランペッター、前回は、「リー・モーガン/LeeMorgan」を信奉するという「ライアン・カイザー/Ryan Kisor」でした。そして、今回は名前からするとイタリアン系でしょうか、イケメン・ラテン男の哀愁が加った「ドミニク・ファリナッチ/Dominick Farinacci」です。

「ドミニク・ファリナッチ」。1983年、オハイオ州クリーヴランド生まれの今年まだ弱冠30歳であるが、アメリカ人ジャズ・トランペッター、作曲家、そしてビッグバンド・リーダー。10歳でトランペットを始めたという。1999年、地元で行なわれたクリニックで、かの「ウィントン・マルサリス/Wynton Marsalis」の目にとまり、翌年には、ウィントン率いる「リンカーン・センター・ジャズ・オーケストラ」との共演が実現した。2003年、なんと19歳で初リーダー作「マンハッタン・ドリームズ」で幸運なデビュー。ストレート・アヘッドなプレイを得意とするが、バラードでもうまさを発揮するという申し分のないスタイルで人気を集めた。マルサリスの薫陶を受けたジャズ界の若きエリート、「ドミニク・ファリナッチ」の続くセカンド・アルバムは、同じ年にリリースされた「セイ・イット/Say It」。これは、スウィング・ジャーナル誌のゴールド・ディスクを獲得した。


マンハッタン・ドリームズ

ドミニク・ファリナッチ・カルテット / M&I


セイ・イット

ドミニク・ファリナッチ・カルテット / ポニーキャニオン

上記アルバムから、軽快な「Just In Time」と「黒いオルフェ」。

「Dominick Farinacci - Just In Time」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 
「Black Orpheus – Dominick Farinacci Quartet」
 
        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
 

そして3作目が、同じくスウィング・ジャーナル誌のゴールド・ディスクを獲得した、「ベサメ・ムーチョ」(2004)。4作目が「スマイル」(2005)、立て続けにリリースされた5作目「アドロ」(2006)は、弱冠23歳ながら、もうベテランを思わせる成長振りに人気も急上昇。いずれもストレート・アヘッドなドライブ感と、ラテン系の甘い緊張感と同時に楽しめる佳作。


ベサメ・ムーチョ

ドミニク・ファリナッチ / ポニーキャニオン


アドロ

ドミニク・ファリナッチ ミルトン・フレッチャー ヤスシ・ナカムラ カーメン・イントレJr.エムアンドアイカンパニー

「アドロ」から、オリジナルは「アストル・ピアソラ/Astor Piazzolla」であるが多くの分野のミュージシャンにカバーされている「リベルタンゴ/Libertango」を。

「Libertango - Dominick Farinacci」
 
        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
 

 



© 2009 JAZZYな生活. All Rights Reserved.

This blog is powered by the Wordpress platform and to just Go Beach Rental.