JAZZYな生活

プレミアムエイジ ジョインブログ

いま公園はどんぐり王国に

Tags: , , ,






   
 いま公園はドングリ王国。そして子供たちはドングリが大好き。クヌギ、コナラ、シラカシ、アラカシ、スタジイ ・・・。この他にも、シイ、マテバシイ、アベマキなど形も大きさもいろいろなドングりがいっぱい。今年も豊作、きっと鹿も猪もリスも大喜び。


  
 こちらは、「山のブルーベリー」と呼ばれる「ナツハゼ(夏櫨)」の実。口に含むとすこし酸っぱいが爽やかな味がする。山作業の途中のちょっとした喜び。私は、「マンゴー」に似た味のする「ヤマボウシ(山帽子、山法師)」のみが好きなのだが、なぜか実がなっていない ・・・。


 最近、ジャズとクラシックを融合した演奏もよく聴いているが、今宵は「キース・ジャレット/Keith Jarrett」。彼は、ジャズ・ピアニストとして認識されているが、クラシック等、ジャンルを超えた音楽表現を身上とし、演奏楽器もピアノにとどまらず、ソプラノ・サックス、パーカッション、ハープシコード、チェンバロ、リコーダーなど多岐にわたるという。幼少期はクラシックの教育を受けていたが、高校時代からジャズに傾倒するようになったといい、1980年代後半から90年代にかけては、本格的なクラシック音楽のレコーディング活動も行っている。そんな一枚が、世界的なリコーダ奏者、「ミカラ・ペトリ/Michala Petri」とコラボした、「J・S・バッハ:リーコーダーソナタ集/Bach Sonatas」(1992)。
 
 一方、「ミカラ・ペトリ」は、1958年、コペンハーゲン生まれ。3歳よりリコーダーを吹き始め、5歳でデンマーク・ラジオに出演したという天才少女。ハノーヴァー音楽大学に入学、卒業後は世界各地で演奏活動を行い名声を勝ち得ている。。
  
 私はジャレットの演奏中に発する唸り声が気になって、聴くことはあまりないのであるが、クラシックならよもや唸るまいと思って、このアルバムは聴きはじめた。評論家によれば、ジャレットの左手は通奏低音を奏し、右手は旋律を奏し、バッハの合奏形式におけるソナタの音楽を明確に聴くことができるといい、またBWV 1030 – 1035は、本来、フルートのための作品であるにもかかわらず、リコーダーの「ミカラ・ペトリ」と共演したのも、ジャレットのセンスの良さを感じさせると好意的に迎えられているようだ。1992年2月28・29日、3月1日、「キース・ジャレット」の自宅にあるケーブライト・スタジオで録音。同じペトリとコラボした、「ヘンデル:リコーダー・ソナタ/Handel Sonatas」(1990年録音)の2年後である。その中から何曲かを。なにか秋の風景に合いそうな気がする。


   
Bach Sonatas/J・S・バッハのリーコーダーソナタ集
Keith Jarrett/キース・ジャレット,Michara Petri/Michala Petri
RCA


    
    

「Sonata In B Minor, BWV 1030, Allegro – Keith Jarrett and Michala Petri」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

「Sonata In B Minor, BWV 1030, Andante – Keith Jarrett and Michala Petri」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

「Sonata In B Minor, BWV 1030, Largo E Dolce – Keith Jarrett and Michala Petri」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

「Sonata In E-Flat (Transp. In G), BWV 103, Siciliano – Keith Jarrett and Michala Petri」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
    
    
     

目にはさやかに見えねども

Tags: , ,

DSCN8317
ナツハゼの実2
DSCN8315

 伐採作業のため、今日も頂上を目指して、木漏れ日の山道を登っていく。麓から吹き上がってくる風が心地よく、一休みすると、もう動くのが億劫になってしまう。「ニイニイゼミ」、「アブラゼミ(油蟬、鳴蜩)」、「クマゼミ(熊蝉)」、「ミンミンゼミ」が一斉に鳴いている。里では、秋の季語にもなっている「ヒグラシ(蜩、茅蜩、秋蜩、日暮、晩蝉)」も鳴き始めたという。「ナツハゼ(夏櫨)」が赤い実をつけている。「ナツハゼ」の実は、「日本のブルーベリー」と呼ばれ、花や果実を観賞するだけではなく、果実を生食やジャムなどに加工して楽しむ人も多く、近年人気が高いという。夏に「ハゼノキ(櫨の木、黄櫨の木)」のような紅葉が見られることから名づけられた。

 頂上へ抜けると、見上げる青空には、「うろこ雲(鱗雲)」にも似た雲が ・・・。こんな歌が浮かぶ。

   秋来ぬと目にはさやかに見えねども 風の音にぞおどろかれぬる  
           (古今和歌集・巻4・秋歌上 藤原敏行朝臣 秋立つ日よめる)

 「立秋(りっしゅう)」は、二十四節気の第13節。たしか、8月7日ごろ。

 さて、涼しさと心地よさを誘うジャズ ・・・。そんな環境音楽みたいなジャズがあります。「カリビアン・ジャズ・プロジェクト/Caribbean Jazz Project」。

715Gdw5z2jL__SX355_

 その昔、ニューヨークへ出張した時、日本でもっとも有名といっていい、老舗ジャズ・クラブ「ブルーノート/Blue note」を訪れた時に、出演していたバンドが、「カリビアン・ジャズ・プロジェクト」。その時が初めてであった。実力派ヴィブラフォン&マリンバ・プレイヤーの「デイヴ・サミュエルス/Dave Samuels」が率いるラテン・ジャズ・ユニットで、ヴィブラフォンと、スティール・パン(スチール・ドラム)の音色がトロピカルなムードを盛り上げ、初めて味わうトロピカルでさわやかな音の感触に酔いしれたことを覚えています。

 初期の主要メンバーは3人。 「Dave Samuels」のほか、ソプラノ・サックス&アルト・サックス&クラリネットが、「パキート・リベラ/Paquito D’Rivera」そして、スティール・パンは、「アンディ・ナレル/Andy Narell」。

 「スティール・パン/Steel pan」は、カリブ海最南端の島国・トリニダード・トバゴ共和国で発明された、ドラム缶から作られた音階のある打楽器で、独特の倍音の響きを持った音色が特徴。アメリカやヨーロッパでは、「スティール・ドラム/Steel Drum」と呼ばれることが多いが、トリニダード・トバゴでは、「スティール・パン」もしくは単に「パン」と呼ぶのが一般的であるという。大勢の人でバンドが組め、演奏できるので、最近、日本でも女性を中心に演奏を楽しむ人が増えているとか。

 「ブルーノート」で買い求めたアルバム、「アイランド・ストーリー/Island Stories」(1999)から「Bluellespie」。

Caribbean Jazz Project: Island Stories

Various ArtistsHeads Up


 
「The Caribbean Jazz Project – Bluellespie」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

  

  



© 2009 JAZZYな生活. All Rights Reserved.

This blog is powered by the Wordpress platform and to just Go Beach Rental.