JAZZYな生活

プレミアムエイジ ジョインブログ

路傍の花、樹々の鳥(353) ~ 晩夏の花、初秋の花 ~

Tags: , , , ,



 九州地方に大きな被害をもたらした秋雨前線による豪雨も一段落。すこし気温も下がってエアコンなしでも過ごせる。何日かぶりのウォーキングで目に付いた晩夏の花は、「アサガオ(朝顔)」、「ヘチマ(糸瓜、天糸瓜)」の花。「アサガオ」を育て、観察する宿題は、いまでも出されているようで、夏休みの終ったこの頃、いかにも宿題とわかる容器から伸びて花を咲かせているので、子供の宿題の名残であろう。
    
 「ヘチマ」。この実から取れるのが、古くは江戸時代から「美人水」として多くの女性に愛されてきた「ヘチマ水」。実家の庭にも咲いていて、実が取れる中秋の名月の頃になると、母親が「ヘチマ水」を作っていた。



 台湾原産の「タカサゴユリ(高砂百合)」。グランドの脇、石垣、公園、林の中、住宅の庭、道路脇、空き地、階段、池の端 ・・・・。この時期団地のいたるところで見かける雑草といってもいい花。温暖化の影響か、今、日本のあちこちでものすごい勢いで増えているという。始末の悪いことに、実の中にあるものすごくたくさんの種が、風によってまき散らされ、あっという間に広がってしまうらしい。「百合」には違いないが、実はエレガントとは程遠く、したたかでしぶとい。
   
咲きだした「ハギ(萩)」の花。こちらも古来から「秋の七草」として知られている花。  
  
 今宵の曲は、夏の終わりの定番、「ニューヨーク・トリオ/New York Trio」の「過ぎし夏の想い出/The Things We Did Last Summer」。同名のアルバム(2002年)から。私のお気に入りのアルバム、そして演奏のひとつ。「いそしぎ/The Shadow of Your Smile」も ・・・。


    
過ぎし夏の想い出/The Things We Did Last Summer
New York Trio
ヴィーナス・レコード


    
    

   
「New York Trio – The Things We Did Last Summer」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

「The Shadow of Your Smile – New York Trio」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
   

   

路傍の花、樹々の鳥(92) ~ 彼岸になれば ~

Tags: , ,

DSCN0062

秋を代表する花、「ハギ(萩)」が咲きだした。ご存知のように、「秋の七草」のひとつ。「ハギ」とは、マメ科ハギ属の総称で、園芸用としてよく知られ、宮城県に多く自生することからその名が付けられた、「ミヤギノハギ(宮城野萩)」が、ウォーキングの道筋でも多く見られる。

ところで、「春の七草」とは違い、眺めて楽しむ「秋の七草」は、「萩(はぎ)・尾花(おばな=すすき)・葛(くず)・撫子(なでしこ)・女郎花(おみなえし)・藤袴(ふじばかま)・桔梗(ききょう)」の七つで、私は「お好きな服は?」という語呂合わせで覚えている。そして、お彼岸に供える「おはぎ」は、この「萩」から由来しているという。

DSCN0139
DSCN0143z

お彼岸の頃に咲く花といえば、「ヒガンバナ(彼岸花)」。団地の中心部ではあまり見かけないが、外周道路や団地から一歩出た野辺の道などには、赤だけでなく白の「ヒガンバナ」も多く咲いている。繊細な飴細工を思わせるような花形だが、その赤は極めて妖艶。「マンジュシャゲ(曼珠沙華)は別名。

これらの花に主役の座を譲ってしまった炎天の花、「サルスベリ(百日紅)」。枝いっぱいの実と花が同居している。さてウォーキングの道筋、次の主役は、「シュウメイギク(秋明菊)」でしょうか。

71bfWByoFfL__SL1425_

今宵は、「ビル・エヴァンス/Bill Evans」のピアノを加えた「チェット・ベイカー/Chet Baker」のトランペットで、「’Tis Autumn」なんぞを ・・・。白人モダン・ジャズを代表するプレイヤー、「チェット・ベイカー」と「ビル・エヴァンス」。50年代後半、彼らは共に「Riverside」レコードに所属し、2つのセッションで共演を果たした。その一枚が「チェット/Chet」。どちらかといえば不器用で、破天荒な人生を送った二人。「’Tis」は「It is」の省略語で、「秋ですね」というような意味でしょう。少し物悲しい演奏がふたりの人生にも、これから深まる秋にもふさわしいかも。

【 ’Tis Autumn 】        作詞作曲:Nemo Henry

「♪ Old Father Time checked, so there’d be no doubt, 
                 時の老人は、疑いを挟む余地がないほど確かめてから
  Called on the north wind to come on out,
                 北風さんに、来てくれるよう呼ぶんだ              
  Then cupped his hands, so proudly to shout,
                 両手でメガホンを作り、誇らしげに叫ぶんだ
  ”La-de-da, de-da-de-da, ‘tis Autumn!”.
                 ”ラ・ディ・ダ、ディ・ダ・ディ・ダ、もう秋になったよお!」と

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  ♪」

チェット+1

チェット・ベイカー / ユニバーサル ミュージック

「Chet Baker – ‘Tis Autumn」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

そして、前回も取り上げた我がミューズ、「ステイシー・ケント」。「チェット・ベイカー」とは雰囲気ががらりと変わり、寓話的なこの歌を、子供に語り聞かすような優しく愛らしい歌唱。サックスは、彼女のパートナーの「ジム・トムリンソン/Jim Tomlinson」。

The Boy Next Door

Stacey Kent / Candid

「Tis Autumn – Stacey kent」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
 

 



© 2009 JAZZYな生活. All Rights Reserved.

This blog is powered by the Wordpress platform and to just Go Beach Rental.