JAZZYな生活

プレミアムエイジ ジョインブログ

虫との闘いは、やっと収束に向かっているようだ

Tags: , , ,

DSCN1395
DSCN1387a
b0102572_16434430
 今日の山作業は、今年の5~6月にナラ枯れ対策として被害木の巻いた粘着テープを剥がし、ナラ枯れの原因である「カシノナガキムシ」(左;雌 右;雄)の羽化状況を確認し、周辺に新たな被害木がないかを調べる作業。平成25年(2013年)10月に、最初の被害木を発見してから、毎年、春には対策として、消極策ではあるが、粘着テープを巻いて、木の中で羽化した「カシナガ」が飛散して新たな被害を生じないようにし、秋にその効果を確かめるということを繰り返し行って来た。広大な森全てにできるわけではないが、結果として、平成27年(2015年)の45本をピークに減少し、この日の確認では新たな被害木は6本であった。虫との闘いは、我々の5年間の努力の甲斐あって、やっと収束に向かっているようだ。一方、鹿との闘いは、まだ先が見えない。

 1960年代、「バトル」にちなんだ昔懐かしいジャズ喫茶での人気曲を2曲ほど。まず、「ジェリコの戦い/Joshua Fit the Battle of Jericho」。「コールマン・ホーキンス/Coleman Hawkins」です。このアルバムもジャズ喫茶でよくかかっていた記憶がある。アルバムは、「Hawkins! Alive! At The Village Gate」(1962)から。パーソネルは、「Coleman Hawkins (tenor sax)」、「トミー・フラナガン/Tommy Flanagan (piano)」、「メジャー・ホーリー/Major Holley (bass)」、「エディー・ロック/Eddie Locke (drums)」。

51-oE35DgrL
   
ジェリコの戦い+2
コールマン・ホーキンス/Coleman Hawkins
ユニバーサル ミュージック


     
      

「Coleman Hawkins Quartet at the Village Gate – Josuha Fit the Battle of Jericho」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 次は、「ハービー・マン/Herbie Mann」。R&Bのヒット曲のカバー・アルバム、「メンフィス・アンダーグラウンド/Memphis Underground」(1969)から「リパブリック讃歌/Battle Hymn of the Republic」。今で言えば、「フュージョン」なんでしょう、当時は「ジャズ・ロック」って言ったと思う。「これがジャズ?」という向きもあったが、私は好きでしたね。就職して、LPレコードが買えるようになってから、すぐ買ったレコードである。「Hold On,I’m Comin’」における「ソニー・シャーロック/Sonny Sharrock」のなんともアナーキーなギター・ソロが印象的だった。

メンフィス・アンダーグラウンド

ハービー・マン / Warner Music Japan =music=


「Herbie Mann – Battle Hymn Of The Republic」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
    

    



© 2009 JAZZYな生活. All Rights Reserved.

This blog is powered by the Wordpress platform and to just Go Beach Rental.