JAZZYな生活

プレミアムエイジ ジョインブログ

いったんは鳴き始めたのに ・・・

Tags: , , , , ,





 3日ほど前、ウォーキングをしていたら、今年初めての「セミ(蝉)」の鳴き声を聞いた。この地域で最初に鳴くのは、決まって「ニイニイゼミ」である。「もう梅雨明けも近いかな」と思った矢先、台風で梅雨前線が刺激されたと元の雨模様に逆戻り。しかし、炎天の花はちゃんといつものようにに咲いている。急に庭先が華やかになった、「ヒオウギ(檜扇)」、定番の「サルスベリ(百日紅=ヒャクジツコウ)」と「ムクゲ(木槿)」、そして花屋の店先の「ヒマワリ(向日葵)」。

 さて、今宵に聴くピアノ。CDを整理していたら目にとまった久しぶりの「ヤロン・ヘルマン/Yaron Herman」のデビュー・アルバム、「Variations - Piano Solo/邦題:ヤロン・ヘルマン・デビュー」(2006)。1981年イスラエル生まれでパリ在住のピアニスト。


 「ヤロン・ヘルマン」。ピアノを始めたのはかなり遅く、16歳だったという。それまではスポーツ少年だったが、怪我をしたことが、ピアノを学ぶきっかけだった。ところが、あっという間に頭角を現し、2年後には賞を取るほどに。ボストンのバークリー音楽院で学んだあと、パリを活動拠点と定め、演奏活動をはじめたという。2006年、25歳で本作のピアノ・ソロでデビュー。

 「Variations(変奏)」というタイトルだが、例えば、冒頭の曲は、ガーシュインの名作「Summertime」。その後に続くのは、いずれもヘルマンのオリジナルで、「var.1」として「Blossom」、「var.2」として「Facing Him」、「var.3」として「Jerusalem Of Gold」という趣向になっている。すなわち、「Blossom」、「Facing Him」は、「Summertime」をモチーフに使った変奏曲としてのオリジナル曲と見ることができ、またそのモチーフが随所に出てくるので、アレンジの妙を何度となく味合うことができる、3曲が一体となった組曲といえるだろう。時折、かすかに「キース・ジャレット/Keith Jarrett」ばりの唸り声が入るが、キースほど耳障りではなく許容できる範囲か。


   
ヤロン・ヘルマン・デビュー/Variations – Piano Solo
ヤロン・ヘルマン/Yaron Herman
ビデオアーツ・ミュージック


    
    

 まずは、その主題となる「サマータイム/Summertime」から。

「Yaron Herman – Summertime」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 次なるアレンジの妙は、「スティング/Sting」のカバー、「フラジャイル/Fragile」。この曲は、「スティング」が、アルバム、「Nothing Like The Sun」(1987)に収めた曲。このアルバムを作る前、彼は中南米のツアーを行ったが、そこの国々で内戦や弾圧といった事態を目にして、何曲か政治的メッセージが込められた曲を作るが、この曲もその一つだという。その後、2001年9月11日、イタリア・トスカーナの自宅で全世界に向けての配信コンサートを行う直前、「9.11」テロがが起こり、彼は、配信は中止し、そのライブをCD、DVDでリリースをした。「fragile」は、「壊れやすい、脆い、儚い ・・・」という意味で、このアルバムの中核をなしており、その後、彼の反戦、反暴力の代名詞とも言える曲となった。

「Yaron Herman – Fragile」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 次の曲は、「オズ・シャローム/Ose Shalom」。ユダヤ伝承歌の一つらしいが、「シャローム」は「平和、平安」という意味。なんとなく中東がまたきな臭くなってきた今、聴いてみましょうか。

「Yaron Herman – Ose Shalom」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

やっぱり、夏はひまわりが似合う

Tags: , ,

ヒマワリ

 暑さで少し萎れているが、「ヒマワリ(向日葵)」が群生している。夏の季語でもあり、やはりこの花を見ないと、夏の実感がわかない。「ヒマワリ」は、キク科の一年草。「日回り」と表記されることもあり、また、「ニチリンソウ(日輪草)」、「ヒグルマ(日車)」、「ヒグルマソウ(日車草)」、「ヒマワリソウ(日回り草)」、「ヒュウガアオイ(向日葵)」、「サンフラワー(英:Sunflower)」、「ソレイユ(仏:Soleil)」とも呼ばれるという。(Wikipeiaより)

b0102572_14165517

 今宵の曲は、「ひまわり」をテーマに2曲。まずは、当時の観客の感涙を誘った、「ヴィットリオ・デ・シーカ/Vittorio De Sica」監督、「マルチェロ・マストロヤンニ/Marcello Mastroianni」と「ソフィア・ローレン/Sophia Loren」が主演した、1970年公開のイタリア・フランス・ソ連の合作映画、「ひまわり(原題: I Girasoli )」のテーマ曲から。いや泣きましたね、この映画。音楽は、「ヘンリー・マンシーニ/Henry Mancini」。

 演奏は「坂田 明」。1945年、広島県呉市出身のジャズサックス奏者、タレント、俳優。ミジンコ研究家としても知られている。前衛的な激しいサックス演奏で知られているが、そんなことはミジンも感じさせない切々たる哀愁のアルト。

ひまわり

坂田明 / インディペンデントレーベル


「坂田明 - ひまわり」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

johnny-hartman-unforgettable-2-cd

 そして、「サンライズ、サンセット/Sunrise,Sunset」。この歌は、日本でも「森繁久彌」や「西田敏行」の舞台で知られるブロードウェイの大ヒット・ミュージカル「屋根の上のバイオリン弾き」の中で使われた、最も有名な美しい歌である。もちろん映画化もされています。

 歌い手は、「ビロードの歌声」と称される「ジョニー・ハートマン/Johnny Hartman」。初めて聴いたのは、学生時代よく通っていた仙台のB軒であった。とりわけ、この「サンライズ・サンセット」の歌には魅了された。収録されているアルバムは、「ザ・ヴォイス・ザット・イズ」。絶頂期のハートマンの傑作アルバムで、いつ聴いても飽きることがない。そのアルバムの最後の曲で、ギターとマリンバの伴奏とともに感情を抑えながら歌われ、ゆっくりと感動的な余韻を残して終わる。

【 Sunrise ,Sunset 】 「Fiddler On The Roof(屋根の上のバイオリン弾き)」より
                 作詞 Jerry Bock 作曲 Sheldon Harnick

「♪ Is this the little girl I carried?  この女の子は、昔私がよく抱っこしたあの子なの?
  Is this the little boy at play?   この坊やは、昔私がよく遊んであげたあの子なの?
  I don’t remember growing older,  すっかり大きくなって思い出せないわ
  When did they?           いつこんなに立派になったの

  When did she get to be a beauty?  こんなに美しい娘になった今
  When did he grow to be so tall?    こんなにたくましい青年になった今    
  Wasn’t it yesterday when they were small? 幼かった日々があったなんて思えないわ

  Sunrise sunset, sunrise, sunset,  日が昇り、日が沈み、また日が昇り、日が沈み
  Swiftly flow the days,        一日が足早に流れていく
  Seedlings turn overnight to sunflowers, ひまわりの種が一夜にして成長し
  Blossoming even as they gaze…     花を咲かすのを見守ってきた

  Sunrise sunset, sunrise, sunset!   日が昇り、日が沈み、また日が昇り、日が沈み
  Swiftly fly the years,         一年があっという間にたってしまう
  One season following another,    季節が前の季節を追いかける
  Laden with happiness and tears…   幸せと涙をはこびながら   ♪」

Voice That Is

Johnny Hartman / Grp Records

「Johnny Hartman ー Sunrise, Sunset」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

  

  



© 2009 JAZZYな生活. All Rights Reserved.

This blog is powered by the Wordpress platform and to just Go Beach Rental.