JAZZYな生活

プレミアムエイジ ジョインブログ

蕾も膨らんで

Tags: , ,

DSCN1053
DSCN1055

ここしばらくの山作業は、川西市の天然記念物に指定された公園の谷にある「エドヒガン(江戸彼岸)桜」の群落地の周辺整備を続けているが、その間にも季節は、一気に春に向かって進んでいる。「アセビ(馬酔木)」の蕾は大きく膨らみ、里ではすでに咲いている「サンシュユ(山茱萸)」も黄色い花弁をのぞかせ始めた。「Spring Is Here」である。

さて、前回は、「Spring Is Here/邦題;春が来たと云うけれど」を、「ミリー・バーノン/Milli Vernon」と「クリス・コナー/Chris Connor」の歌唱で聴きました。今宵は、ピアノで聴いていただきましょうか。「春が来た。でも楽しくない、憂鬱なだけ」という、ちょっとグルーミーな意味の歌だけに、ピアノでの味わいもまた格別である。

Bill%20Evans%20-%20Scott%20LaFaro%20-%20Paul%20Motian%20%2013_11_22

まずなんといっても、この人、「ビル・エヴァンス/Bill Evans」でしょう。1959年にリリースされたアルバム、「ポートレイト・イン・ジャズ/Portrait In Jazz」からのピック・アップ。パーソネルは、「ビル・エヴァンス(ピアノ)」、「スコット・ラファロ(ベース)/Scott LaFaro」、「ポール・モチアン(ドラム)/Paul Motian」。

ポートレイト・イン・ジャズ+1

ビル・エヴァンス / ユニバーサル ミュージック

「Bill Evans Trio – Spring Is Here」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

お次は、わたしが最高のベーシストと思っていたが、惜しくも一昨年逝ってしまった、「チャーリー・ヘイデン/Charlie Haden」と「ケニー・バロン/Kenny Barron」とのデュオの名盤、「ナイト・アンド・シティNight & The City」。これが春の歌かと思うほどの深い抒情に満ちている。

Night & The City

Charlie Haden / Polygram Records

「Charlie haden & Kenny Barron_Spring is here (Night & The City live)」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

3人目は、「リッチー・バイラーク/Richie Beirach」。彼には、サックス奏者、「デイヴ・リーブマン/David Liebman」とのデュオ・アルバム、「オマータ/Omerta」(1978年)での演奏もあるが、トリオ・アルバム、「ロマンティック・ラプソディ/Romantic Rhapsody」(2000年)からピック・アップします。

ロマンティック・ラプソディ

リッチー・バイラーク・トリオ / ヴィーナス・レコード

「Richie Beirach Trio / Spring Is Here」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
 

 

やっぱりエドヒガン(3) ~桜の森に群生するエドヒガン~

Tags: , ,

DSCN6961
 
先だって「里山ツアー」でご紹介した「日本里山100選」にも選ばれている黒川地区。(参照拙ブログ「早春の里山ツアー(1) ~クヌギ林からツブラジイの森へ~」) そこの「櫻の森」には、「エドヒガン」が約50本、その倍以上の数の「ヤマザクラ」が自生、群生している。多分今が満開だろうと予想して出かけてみた。この「桜の森」は、ボランティアの桜守の方々の大変な努力によって、この時期一般の人が楽しめるように整備がすすんでいる。毎年訪れているのだが、いつ見てもその群落は、「見事」の一言に尽きる。「ソメイヨシノ」にくらべると、花弁もかなり小振りで、楚々とした風情だが、その控えめな美しさに魅かれてやまない。(参照拙ブログ「路傍の花、樹々の鳥(29) ~ご近所のエドヒガン~」「天空のソナタ  ~里山のエドヒガン~」

さて、遠出はしなくなったので、今年の「桜めぐり」もこれで一段落。今宵は、「ビル・エヴァンス/Bill Evans Trio」の「Spring Is Here」でも聴きましょうか。名盤、「ポートレート・イン・ジャズ/Portrait in Jazz」(1959)からである。

Portrait in Jazz

Bill Evans / Riverside

パーソネルは、「ビル・エヴァンス/Bill Evans (piano)」、 「スコット・ラファロ/Scott LaFaro (bass)」、 「ポール・モチアン/Paul Motian (drums)」。

「Bill Evans Trio – Spring Is Here」
 
        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
 

 



© 2009 JAZZYな生活. All Rights Reserved.

This blog is powered by the Wordpress platform and to just Go Beach Rental.