JAZZYな生活

プレミアムエイジ ジョインブログ

いろいろな実を楽しむ

Tags: , , , , , , ,







 秋です。花も楽しめるが、いろいろな実の形や色も楽しめる。「ムラサキシキブ(紫式部)」の艶やかな紫。「ヘクソカズラ(屁糞葛)」と「カマツカ(鎌柄)」の赤。この実は食用にもなるという。「ナンテン(南天)」は、色づくのはまだまだのよう。夏、次々と咲いて長い間楽しませてくれた「ヒオウギ(檜扇)」。もうしばらくすれば、弾けて真っ黒い「ヌバタマ(射干玉)」が現れる。「フウセンカズラ(風船葛)」も愛らしい。ご近所の「サルスベリ(百日紅)」は、花を残しながら、実はもう真っ赤に。
   
 今宵の歌。「奇妙な果実/Strange Fruit」という歌がある。1930年に「ルイス・アレン/Lewis Allan」によって書かれ、1939年からは、「ビリー・ホリデイ/Billie Holiday」のレパートリーとした、有名なアメリカの人種差別を告発する歌である。題名や歌詞の「奇妙な果実」とは、木にぶら下がる黒人の死体のことである。作られてから90年近くたった今、トランプ大統領の登場をきっかけに、人種差別が世界中で再びあらわになってきたようだ。
    
【 Strange Fruit 】   作詞 / 作曲 Lewis Allan
    
「♪ Southern trees bear a strange fruit       南部の木には、奇妙な実が成る
  Blood on the leaves and blood at the root    葉には血を流れ、根にまで血が滴る
  Black bodies swingin’ in the Southern breeze   黒い体は南部の風に揺れている
  Strange fruit hangin’ from the poplar trees  奇妙な果実がポプラの木に吊るされている
   
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・      ・・・・・・・・・・・・・     ♪」
   


    
 まずは、目ヂカラ姉御、「カサンドラ・ウィルソン/Cassandra Wilson」、1995年のヒット・アルバム、「New Moon Daughter」でも歌っていますが、最新アルバム、「Coming Forth By Day」(2015)からの歌唱。このアルバムは、伝説的ジャズ・ボーカリスト、「ビリー・ホリディ(1915年4月生まれ)」の生誕100年を記念して制作されたという。アルバム・タイトルは、古代エジプトの「死者の書」の英訳に由来しており、ウィルソン自身は、「私からすれば、ビリー・ホリデイの魂を21世紀に蘇らせる思想は、「死者の書」における再生の概念とも関係がある」と説明しているという。

COMING FORTH BY DAY
カサンドラ・ウィルソン/Cassandra Wilson
COLUM


   
    

「Cassandra Wilson – Strange Fruit」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video


 もうひとりは、自分の声を様々な楽器のように扱う、スイス出身の異色の女性ボーカル、「ルツィア・カドッチュ/Lucia Cadotsch」。そのスタンダード集、「Speak Low」 (2015年ポーランドにて録音、2016年リリース)。
   
 「ルツィア・カドッチュ」。1984年スイス、チューリッヒ生まれ。幼少の頃は、クラシックの声楽とピアノの教育を受けたが、ベルリンとコペンハーゲンの音楽学校でジャズを学んだという。そして、キャリアを重ねたあと、このアルバムが初のリーダー・アルバムだという。

スピーク・ロウ/Speak Low
ルツィア・カドッチュ/Lucia Cadotsch
MUZAK,INC.


   
    

「LUCIA CADOTSCH - Strange Fruit」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
    
    
     

夢が膨らむように、風船葛も膨らむ

Tags: , ,

フウセンカズラ
b0102572_1035744

 「フウセンカズラ(風船葛)」が風船を膨らませている。緑がかった白色の小さな花が、その後、紙風船のような形をした袋状の果実になる様が、ユーモラスで可愛らしく、毎年実を採取しては、6月に種を蒔いている。

 「ホオズキ(鬼灯、酸漿)」のように空洞になった果実からは、種が3つとれるが、これがまたユーモラスな形をしており、球形で大粒、なめらかな黒で、「鉄腕アトム」の顔を思わすような白いハート形の部分がある。美しいだけでなく、ユーモアが楽しめる花も珍しい。夢が膨らむように「フウセンカズラ」も膨らむ。

elmar-brass-012

 本日のピアノ・トリオは、「エルマー・ブラス・トリオ/Elmar Brass Trio」。今年の「hyogo クリスマス・ジャズ・フェスティバル2017 アトリエ澤野スペシャル」への出演が決まったというので、引っ張り出してきた。澤野からは何枚かのアルバムをリリースしているのだが、デビュー作、「Night Dreamer」は大いに関心を持ったものの、その後はなぜか聴いていない。

 「エルマー・ブラス/Elmar Braß」。ドイツの男性ピアニスト。1979年生まれの若さ。ナイジェリアで育ったが、帰国後11歳の時よりピアノのレッスンを始め、その後音楽学校で、ジャズ&クラシック・ピアノを学び、「モントルー・ジャズ・フェスティバルにも参加したという。ほとん馴染みがないが、いままでに4枚ほどアルバムをリリースしていて、澤野工房が注目し、2010年に期待して日本で売り出した。

 「Night Dreamer」。リラックスした雰囲気と小粋にスウィングするピアノですが、やはり、クラシックにベースを置く、欧州らしい気品、雰囲気が顔を出す。
   

NIGHT DREAMER

エルマー・ブラス・トリオ / 澤野工房

 YOUTUBEにはほとんどアップされていないので、アップされている中からセレクト。収録アルバムは不明です。

「Elmar Braß – Mr. Kirkland」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

「Elmar Braß – Carter」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

  

  

九月の花、九月の歌 (2) ~ September ~

Tags: , ,

dsc_0048
kauzra

本当は夏の花なんでしょうが、我が家では、種を蒔くのが遅いため、花が咲き風船が膨らむのが、いつもこの頃になってしまう。「フウセンカズラ(風船葛)」。その種は、白黒でユーモラスで可愛い。(種の写真はNETより拝借)

風船から「ホオズキ(鬼灯、酸漿)」を連想するためか、なんとなく昭和のイメージがつきまとい、サウダージ(郷愁)を感じさせる。

そんな「昭和」を色濃く連想させる歌手が、このブログでも何度も取り上げている、「浜田真理子」。この人を知ったのは、ブレイク直前、2004年7月放映のMBS・TBS系ドキュメンタリー番組「情熱大陸」であった。

hamadamariko650

松江でOLし、子育てもしながら、年数回のコンサートを開く。ピアノを弾き語りながら、彼女の一瞬かすれる高音の「のび」と「間」が作り出す、あの独特な世界に魅せられて、アルバムも求め、コンサートへも何回か足を運んだ。近くのうどん屋で行われたミニ・コンサートにも行ったことがある。(参照拙ブログ「松江・宍道湖のほとりから~浜田真理子の世界」「うどん屋の二階で「浜田真理子」を聴く」 などなど)

「浜田真理子」。1964年生まれ。松江市出身のミュージシャン。学生時代よりバー、クラブ、ホテルのラウンジでピアノ弾語りの仕事をする傍ら、オリジナル曲を作りだめてゆき、1998年暮れ、1stアルバム「mariko」を、僅か500枚の自費リリース。一部のマスコミに取り上げられ完売、2002年に再プレスされ、東京のCDショップでロング・ヒットしたという。そんな彼女が2004年7月、TBSのドキュメンタリ「情熱大陸」で紹介されるや否や、大ブレイクしたのである。以後も松江で暮らしながら、音楽活動をしているが、その孤高の世界に対し、高い支持を与える多くのファンがいる。

「mariko」というデビュー・アルバムに収録されているのが、「September」。彼女の世界観が短い詩に込められた原点のような歌。「Mariko Live~月の記憶~2002.11.9 At Bunkamura Theatre Cocoon」にもライブ版が収録されている。

MARIKO

浜田真理子インディペンデントレーベル

 Mariko Live~月の記憶~ 2002.11.9 at Bunkamura Theatre COCOON
 浜田真理子 / インディペンデントレーベル
 ISBN : B00008PT9X

  

【 September 】  作詞作曲;浜田真理子
 
「♪ I was born in September
   I met you in September
   And we Broke up in September
   Remember ?
   September means a lot to me ♪」

「September-浜田真理子」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
  

  

Up Up & Away , My Beautiful Balloon

Tags: , ,

b0102572_17144781
b0102572_1312334

植え付け期限ギリギリの7月になって種を蒔いた「フウセンカズラ(風船葛)」。ご近所ではもう、右下の写真のように風船がいっぱいに膨らんでいるのに、我が家のそれはやっと花が咲きだしたという状況。風船が出来るだけでも不思議なのに、こんな可憐な花が風船になるって、なお不思議である。

「風船」で思い起こされる曲といえば、これでしょう。大ヒットしましたね。

【 Up Up & Away 】

「♪ Would you like to ride in my beautiful balloon
   Would you like to ride in my beautiful balloon
   We could float among the stars together, you and I
   For we can fly we can fly
   Up, up and away
   My beautiful, my beautiful balloon
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   ♪」

1967年に「ジミー・ウェブ」によって書かれ、「フィフス・ディメンション/The 5th Dimension」によって歌われ、グラミー賞を受賞した大ヒットした曲。私は経験ありませんが、こんな夏の日、熱気球で空に上がるって気持ちいいんでしょうね。

Up Up & Away

Fifth Dimension / Buddha



「Up, Up And Away – The 5th Dimension」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 

  

  

またそれぞれの生活へ

Tags: , ,

DSC_0222

お盆休みと誕生日を迎えた次男一家と、転職して神戸に帰ってきた三男が集まって久しぶりの餃子パーティ。前の日から妻はかなり張り切って準備をしていた。相当数作った餃子、あっという間になくなってしまった。この日の飯は、私が炭と七輪、土鍋で炊き上げた。集まって、飲んで、食って、そしてまたそれぞれの生活へと戻ってゆく。こんな繰り返しの毎年のお盆休みである。

息子たちを送るとき、「フウセンカズラ(風船葛)」に、まだしぼんでいるが、団扇のような小さな風船がついているのに気がついた。へえ、こんなところにできるんだ。これがどのように大きな風船に膨らんでいくのだろうか。興味は尽きない。

さて今宵のピアノ。「ジル・エキミアン・トリオ/Gilles Hekimian Trio」のアルバム、「EQUILIBRES」。「寺島靖国」氏の「Jazz Bar 2002」で取り上げられたフランスのピアノ・トリオ。そのときは、これはと興味を引いたが、幻の名盤、入手困難とやらで、いつのまにか忘れてしまっていたが、今回縁あって聴く機会を得た。

やはり、欧州ジャズ・ピアノ。静寂、陰翳、寂寥、哀愁 ・・・といった世界に引き込まれる。録音は1977年、澤野工房からのアルバムの発売が2000年。40年近い歴史の中でも色褪せない。プロフィルもキャリアも全く分からず、アルバムもこれ一枚のみらしい。こういうアーティストを生み出してくるヨーロッパのJAZZ風土は、やはり魅力的だと思わざるを得ない。感謝 ・・・。

パーソネルは、「Gilles Hekimian(piano)」、「Pierre Yves Sorin(bass)」、「Stephane Gremaud(drums)」。

GILLES HEKIMIAN TRIO ジル・エキミアン/EQUILIBRES

GILLES HEKIMIAN /

「Jazz Bar 2002」で取り上げられた「Inner Swing」を。

「Inner Swing – Gilles Hekimian Trio」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
 

 

路傍の花、樹々の鳥(87) ~ 夏の提灯 ~

Tags: , ,

DSC_0159
DSCN9917

「ほおづき(鬼灯)」とならぶ、夏の提灯、「フウセンカズラ(風船葛)」。種をもらって播いたのが6月の下旬ころだったであろうか。播いたのが遅かったので、やっと花が咲きだし、実をつけだした。ご近所のそれは、もうみごとな風船となってぶら下がっている。日本の夏の風物詩 ・・・。

b0102572_16325617

さて、今宵サウダージを感じさせる日本の歌手。さらなるサウダージ歌手は、「浜田真理子」。この人を知ったのは、ブレイク直前、2004年7月放映のMBS・TBS系ドキュメンタリー番組「情熱大陸」であった。松江でOLし、子育てもしながら、年数回のコンサートを開く。ピアノを弾き語りながら、彼女の一瞬かすれる高音の「のび」と「間」が作り出す、あの独特な世界に魅せられて、アルバムも求め、コンサートへも何回か足を運んだ。

「浜田真理子」。1964年生まれ。島根県松江市出身のミュージシャン。県立松江南高等学校卒業、松江市でOLをしながら、東京などで年数回のコンサートを開いている。学生時代よりバー、クラブ、ホテルのラウンジでピアノ弾語りの仕事をするが、1998年暮れ、1stアルバム「mariko」を、僅か500枚の自費リリース。一部のマスコミに取り上げられ完売、2002年に再プレスされ、東京のCDショップでロング・ヒットしたという。そんな彼女が2004年7月、TBSのドキュメンタリ「情熱大陸」で紹介されるや否や、大ブレイクしたのである。以後も松江で暮らしながら、音楽活動をしているが、その孤高の世界に対し、高い支持を与える多くのファンがいる。(参照拙ブログ「松江・宍道湖のほとりから~浜田真理子の世界」「うどん屋の二階で「浜田真理子」を聴く」 などなど)

彼女の歌には、昭和の良き時代へのノスタルジア、サウダージが凝縮されている気がする。そんな彼女のアルバムからいくつかを再録 ・・・。

Mariko Live~月の記憶~ 2002.11.9 at Bunkamura Theatre COCOON

浜田真理子インディペンデントレーベル

「のこされし者のうた - 浜田真理子」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

彼女の歌のタイトル、歌詞をみれば、昭和の良き時代へのノスタルジア、情念、怨念に彩られてることがよくわかる。例えば、「But Beautiful」収録の「ミシン」。

「♪  夜が更けて 町が少し静かになっても
    あなたは今夜もまた 帰らない
   ・・・・・・・・・・・・・
   あなたが買ってくれた古いミシンで
   今夜もひとり縫う 赤いドレス

   タカタカタ ・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   この赤い赤い赤いドレスを身につけて
   闇の中でくるくる踊りたい

   さあ もうすこしスピードを上げて
   古いミシン
   今夜もひとり縫う 赤いドレス

   タカタカタ ・・・           ♪」

But Beautiful

浜田真理子 / 美音堂

「ミシン-浜田真理子」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

「ためいき小唄-浜田真理子」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

そして極めつけのノスタルジー、サウダージは彼女の歌う「赤色エレジー」であろうか。私が1960年代後半、学生の頃から夢中になって読んでいた雑誌の一つが、青林堂の「月刊漫画ガロ」。1970年代初頭、そこに連載された作品に「林静一」の代表作「赤色エレジー」があった。私は観てませんが、その漫画を、原作者「林静一」が、自ら監督・作画を手掛けて、2007年に「画ニメ」化(映画化)された。挿入歌は「あがた森魚(あがた もりお)」オリジナルの「赤色エレジー」。

赤色エレジー [DVD]

ビデオメーカー

「赤色エレジー  - 浜田真理子」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
 

 



© 2009 JAZZYな生活. All Rights Reserved.

This blog is powered by the Wordpress platform and to just Go Beach Rental.