JAZZYな生活

プレミアムエイジ ジョインブログ

路傍の花、樹々の鳥(211) ~ La Vie En Rose ~

Tags: , ,

バラ
 路傍に咲く早咲の「バラ(薔薇)」一輪。「花の女王」と呼ばれるだけあって、たった一輪でも気品に満ちている。そんな人生でありたいと願ったことあったが ・・・。

 さて、「バラ」という言葉を含む歌で、「酒とバラの日々/Days of Wine and Roses」と知名度を二分する歌といえば、「ラ・ヴィ・アン・ローズ(バラ色の人生)/仏語:La Vie en Rose」でしょうか。「ラ・ヴィ・アン・ローズ」は、1946年の「エディット・ピアフ/Édith Piaf」の代表曲。ピアフ自身の作詞、「ルイギ/Pierre Louiguy」作曲。後に、「マック・デイヴィッド/Mack David」によって英語詞が作られた。

 今も心に残る映画に、2007年のピアフの伝記映画、「エディット・ピアフ 〜愛の讃歌〜/原題:La Vie en rose」。ピアフ自身の声に、主演の「マリオン・コティヤール/Marion Cotillard」が口パクで演技をするというものであったが、彼女の演技とピアフの声は、違和感どころか素晴らしくマッチングしていたのが今でも印象に残っている。(参照拙ブログ「バラ色の人生とは?  ~映画「エディット・ピアフ」によせて~」

【 La Vie en Rose 】  by Édith Piaf , Pierre Louiguy

「♪ Des yeux qui font baisser les miens  私をじっと見つめる目
  Un rire qui se perd sur sa bouche    唇にはかすかな微笑
  Voila le portrait sans retouche      まぎれもない彼の姿 
  De l’homme auquel j’appartiens     わたしが愛した人のポートレート

  Quand il me prend dans ses bras,    私を腕に抱きしめて
  Il me parle tout bas           彼がそっとささやく時
  Je vois la vie en rose,          私の人生はばら色になるの
  Il me dit des mots d’amour       愛の言葉で満たされた毎日
  Des mots de tous les jours,        私の中で何かが変わり
  Et ca m’fait quelque chose        私の心は彼でいっぱいになった
   ・・・・・・・・・・・・・・     ・・・・・・・・・・・・・・・  ♪」

 映画のシーンから。

エディット・ピアフ~愛の讃歌~ (2枚組) 東宝

「Marion Cotillard ( Edith Piaf ) – La vie en rose」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 数多くの歌唱があり選択に迷うが、まずは、その歌手人生の一時期をフランスに捧げた「ディー・ディー・ブリッジウォーター/Dee Dee Bridgewater」の個性的な歌唱から。全編フランス語で歌うアルバム、「J’ai Deux Amours(二つの愛)」(2005)から。

513Y0235XZL

  
J’Ai Deux Amours/フランスへのオマージュ
ディディ・ブリッジウォーター/Dee Dee Bridgewater
Sovereign Artists


   
   

「La vie en rose – Dee Dee Bridgewater」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 シャンソンの雰囲気を漂わせながら歌うのは、「ヘイリー・ロレン/Halie Loren」。「アフター・ダーク/After Dark」(2010)から。

61aYagchk+L__SL1105_

  
アフター・ダーク/After Dark
ヘイリー・ロレン/Halie Loren
ビクターエンタテインメント


   
   

「Halie Loren – La Vie En Rose」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 英語詩でも聴いてみましょうか。端正な歌唱でスタンダードを歌う「シンディ・ローパー/Cyndi Lauper」のアルバム、「At Last」(2003)から。

【 La Vie en Rose 】   作詞:マック・ディヴィッド/Mack David

「♪ Hold me close and hold me fast  私を引き寄せ、強く抱きしめて
  The magic spell you cast      あなたが私にかける魔法の呪文
  This is la vie en rose        これこそがバラ色の人生

  When you kiss me heaven sighs  あなたがくちづけすると私は無上の吐息をもらし
  And tho I close my eyes      目を閉じてしまう
  I see la vie en rose         そこに見えるのはバラ色の人生
   ・・・・・・・・・・・・・・     ・・・・・・・・・・・・・・・  ♪」
                   

アット・ラスト

シンディ・ローパー/ソニーミュージックエンタテインメント

「Cyndi Lauper – La vie en rose」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 さて、流麗なピアノは、「ヨーロピアン・ジャズ・トリオ/European Jazz Trio」。アルバム、「哀愁のリベルタンゴ/LIBERTANGO」(1999)から。

71vR6noZVgL__SL1196_

   
哀愁のリベルタンゴ/LIBERTANGO
ヨーロピアン・ジャズ・トリオ/European Jazz Trio
ポニーキャニオン


    
    

「La Vie En Rose – European Jazz Trio」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 学生時代に初めて聴いた懐かしのアルバム、「ゲイリー・マクファーランド/Gary McFarland」の「ソフト・サンバ/Soft Samba」(1965)。私は、元祖「フェイク・ボッサ」アルバムだと思っています。LP時代から、50年にわたって聴いている愛聴盤。

ソフト・サンバ

ゲイリー・マクファーランド / ユニバーサル ミュージック クラシック


  
「Gary McFarland – La vie en rose」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

    

    

思いつく四文字熟語は「厚顔無恥」

Tags: , ,

タイサンボク2

 遠目に見てもひときわ目立つ花。ひとつだけポツンと咲いている。「タイサンボク(泰山木、大山木)」。その名の通り、大きな花を咲かせるモクレン科の常緑高木。公園樹として植栽されているのはよく見るが、ご近所では庭木は珍しい。

 「藤井聡太」四段の快進撃が素晴らしい。「威風堂々」、「泰然自若」。そんな雰囲気すら感じさせる。そして、卓球や陸上短距離でも10代のアスリートの活躍が目覚しい。夢を叶えて、この「タイサンボク」のようにひときわ目立つ存在を目指してほしい。それに引き換え、この総理、この大臣、この国会議員、この官僚 ・・・。思いつく四文字熟語は、「厚顔無恥」。そんな昨今。

 今宵の歌は、「The Boulevard Of Broken Dreams」。「破れし夢通り」とでも訳しましょうか。「60歳過ぎたら聴きたい歌 (89)~The Boulevard of Broken Dreams~」でも取り上げたことがあります。 きっとこれから遭遇する挫折や敗北にも負けずに輝いてほしいというエールを込めて。

 1934年の映画「ムーラン・ルージュ/Moulin Rouge」のために書かれた「ハリー・ウォーレン/Harry Warren」と「アル・ダービン/Al Dubin」の手になる歌。

 「アメリカン・ドリーム」を夢見た人たちが、大都会の現実の厳しさに直面し、夢半ばで挫折する。その夢が華やかな世界であればあるほど落胆は大きいかもしれない。夢を持ち、夢破れてしまった人々の哀愁を都会的なメロディが鮮やかに映し出す。

【 The Boulevard of Broken Dreams 】  ハリー・ウォーレン作曲、アル・ダービン作詞

「♪ I walk along the street of sorrow,   哀しみの大通りを彷徨う
  The Boulevard of Broken Dreams;   「破れし夢通り」と名付けられた通りを
  Where gigolo and gigolette        そこはジゴロやジゴレットが
  Can take a kiss without regret,     悔やむことなくキスできる場所
  So they forget their broken dreams.  彼らの夢が破れ去ったことを忘れるために

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   ・・・・・・・・・・・・・・・・・ ♪」

halieloren_bysallyyaich_sepiasmile_300pix

 ふたりの歌姫が歌う「The Boulevard Of Broken Dreams」。最初の歌姫は、「ヘイリー・ロレン/Halie Loren」。1984年、アラスカで生まれ、幼年期にジャズ・シンガーの「エッタ・ジョーンズ/Etta Jones」、「ナット・キング・コール/Nat King Cole」、「エラ・フィッツジェラルド/Ella Fitzgerald」などを好んで聴き、12歳の頃に「ダイアナ・クラール/Diana Krall」に影響を受けたという。2006年、21歳の時でオリジナル・ソングを纏めたデビュー・アルバム、「Full Circle」を発表。2008年に発表した「They Oughta Write a Song/邦題:青い影」が世界中で大ヒットし、一気にファンが増えた。2015年の最近作、「Butterfly Blue」から。

Butterfly Blue

Halie Loren / Justin Time Records

「Boulevard Of Broken Dreams – Halie Loren」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

39-og

 二人目は、ウィスパリング・ヴォイス、韓国ナンバー・ワン・ジャズ・ヴォーカリストと人気の高い「ウン・サン/woong san」。彼女を知ったのは、2ndアルバム「Close Your Eyes」。久しぶりのハスキー系、ウィスパー系の歌い口にすっかり魅了されてしまった。17歳から仏教寺院で尼僧の修行をし、山を下りてからJAZZに目覚めたが、修行中に授かった法名、それが「Woong San(雄山)」であったという特異な経歴を持つ。4作目のアルバム、「Tomorrow」から。

Tomorrow

Woong San / ポニーキャニオン

「The Boulevard Of Broken Dreams - Woong San」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
  

  

エドヒガンを迎える準備を急ぐ

Tags: , ,

DSCN1088

遊びの山の春は、「アセビ(馬酔木)」と「サンシュユ(山茱萸)」から始まる。そして、「コブシ(辛夷)」、「エドヒガン(江戸彼岸)」へと続く。「サンシュユ」の鮮やかな黄色に目を奪われながら、ここしばらくは「エドヒガン」桜の開花を迎えるため、群落周辺の整備を行っている谷へと急ぐ。

DSCN1089
DSCN1092

「エドヒガン」の群落は、水はけの良い谷筋に自生している。かなり足場の悪い急斜面の谷筋である。前日、一日たっぷり降った雨を含んだ斜面に、足を滑らせながら、桜の景観と生育の妨げとなる「ヒサカキ(非榊)」、「アセビ(馬酔木)」、「ソヨゴ(冬青)」、「アラカシ(粗樫)」などの常緑広葉樹を伐採してゆく。
  
春を迎えようとしている「ヒサカキ」の枝には、蕾がびっしりと付いているが、情け容赦なく伐採していく。今日の作業を終え、振り返ってみると、森は見違えるように見通しが良くなり明るくなった。もう一息でこの周辺整備を終えることが出来る。「エドヒガン」の群落、今までと違って、どんな風に見えるのか。その楽しみもあと少しの辛抱である。

Halie_Loren_Portrait

すっかり春になった日曜日の午後。「Sunny Afternoon」なんて歌があります。「ヘイリー・ロレン/Halie Loren」のデビュー・アルバムの「They Oughta Write a Song/邦題:青い影」から聴いてみましょうか。

「ヘイリー・ロレン」。アラスカで生まれ。幼年期にジャズ・シンガーの「エッタ・ジョーンズ/Etta Jones」、「ナット・キング・コール/Nat King Cole」、「エラ・フィッツジェラルド/Ella Fitzgerald」などを好んで聴き、11-12歳頃に「ダイアナ・クラール/Diana Krall」に影響を受けたという。13歳の頃にアラスカをから、オレゴンに移り、15歳でプロとして歌い始め、16歳の頃から、「ビルボード・インターナショナル・ジョンレノン・ソング・ライティング」など様々な作曲賞を受賞するという才人ぶりを発揮。2006年、21歳の時でオリジナル・ソングを纏めたデビュー・アルバム、「Full Circle」を発表。2008年に発表した「They Oughta Write a Song/邦題:青い影」が世界中で大ヒットし、一気にファンが増えた。

They Oughta Write a Song

Halie Loren / White Moon Productions

ピアノを担当している「マット・トレーダー/Matt Treder」とのデュエットで。

「Halie Loren – Sunny Afternoon」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
 

 



© 2009 JAZZYな生活. All Rights Reserved.

This blog is powered by the Wordpress platform and to just Go Beach Rental.