JAZZYな生活

プレミアムエイジ ジョインブログ

いろいろな実を楽しむ

Tags: , , , , , , ,







 秋です。花も楽しめるが、いろいろな実の形や色も楽しめる。「ムラサキシキブ(紫式部)」の艶やかな紫。「ヘクソカズラ(屁糞葛)」と「カマツカ(鎌柄)」の赤。この実は食用にもなるという。「ナンテン(南天)」は、色づくのはまだまだのよう。夏、次々と咲いて長い間楽しませてくれた「ヒオウギ(檜扇)」。もうしばらくすれば、弾けて真っ黒い「ヌバタマ(射干玉)」が現れる。「フウセンカズラ(風船葛)」も愛らしい。ご近所の「サルスベリ(百日紅)」は、花を残しながら、実はもう真っ赤に。
   
 今宵の歌。「奇妙な果実/Strange Fruit」という歌がある。1930年に「ルイス・アレン/Lewis Allan」によって書かれ、1939年からは、「ビリー・ホリデイ/Billie Holiday」のレパートリーとした、有名なアメリカの人種差別を告発する歌である。題名や歌詞の「奇妙な果実」とは、木にぶら下がる黒人の死体のことである。作られてから90年近くたった今、トランプ大統領の登場をきっかけに、人種差別が世界中で再びあらわになってきたようだ。
    
【 Strange Fruit 】   作詞 / 作曲 Lewis Allan
    
「♪ Southern trees bear a strange fruit       南部の木には、奇妙な実が成る
  Blood on the leaves and blood at the root    葉には血を流れ、根にまで血が滴る
  Black bodies swingin’ in the Southern breeze   黒い体は南部の風に揺れている
  Strange fruit hangin’ from the poplar trees  奇妙な果実がポプラの木に吊るされている
   
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・      ・・・・・・・・・・・・・     ♪」
   


    
 まずは、目ヂカラ姉御、「カサンドラ・ウィルソン/Cassandra Wilson」、1995年のヒット・アルバム、「New Moon Daughter」でも歌っていますが、最新アルバム、「Coming Forth By Day」(2015)からの歌唱。このアルバムは、伝説的ジャズ・ボーカリスト、「ビリー・ホリディ(1915年4月生まれ)」の生誕100年を記念して制作されたという。アルバム・タイトルは、古代エジプトの「死者の書」の英訳に由来しており、ウィルソン自身は、「私からすれば、ビリー・ホリデイの魂を21世紀に蘇らせる思想は、「死者の書」における再生の概念とも関係がある」と説明しているという。

COMING FORTH BY DAY
カサンドラ・ウィルソン/Cassandra Wilson
COLUM


   
    

「Cassandra Wilson – Strange Fruit」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video


 もうひとりは、自分の声を様々な楽器のように扱う、スイス出身の異色の女性ボーカル、「ルツィア・カドッチュ/Lucia Cadotsch」。そのスタンダード集、「Speak Low」 (2015年ポーランドにて録音、2016年リリース)。
   
 「ルツィア・カドッチュ」。1984年スイス、チューリッヒ生まれ。幼少の頃は、クラシックの声楽とピアノの教育を受けたが、ベルリンとコペンハーゲンの音楽学校でジャズを学んだという。そして、キャリアを重ねたあと、このアルバムが初のリーダー・アルバムだという。

スピーク・ロウ/Speak Low
ルツィア・カドッチュ/Lucia Cadotsch
MUZAK,INC.


   
    

「LUCIA CADOTSCH - Strange Fruit」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
    
    
     

路傍の花、樹々の鳥(351) ~ 主役脇役、炎天の花 ~

Tags: , , , , ,







 我が家の庭やウォーキングの道筋に咲く色とりどりの炎天の花。「サワギキョウ(沢桔梗)」、「ヒオウギ(檜扇)」、「フヨウ(芙蓉)」、「サルスベリ(百日紅)」、「キョウチクトウ(夾竹桃)」。そして、忘れがちなのは「ヘクソカズラ(屁糞葛)」。花にも主役、脇役があるが、それぞれに楽しませてくれる。


 今日取り上げるアーティストは、映画音楽、テレビドラマ音楽を担当するいわば脇役とも言うべきアーティスト、「ロベルト・プレガディオ/Roberto Pregadio」。もちろん、映画音楽畑には「エンニオ・モリコーネ/Ennio Morricone」や「ミシェル・ルグラン/Michel Legrand」、「ヘンリー・マンシーニ/Henry Mancini」のような巨匠もいますが、「ロベルト・プレガディオ」は、モリコーネなどと並んで、イタリア映画音楽界ではその名を知られた巨匠らしいが、日本ではそれほどは知られていません。むしろ、無名といってもいいでしょう。
   
 「ロベルト・プレガディオ」、1928年、イタリア・カターニアで生まれの作曲家、指揮者、そしてテレビ・パーソナリティー。彼が1974年にマイナーな「ライブラリー音源」に残したピアノトリオ作品を苦労してCD化したアルバムが、「Alle Tastiere (アッレ・タスティエレ/鍵盤)」(1974 CD;2009)。いずれの曲も2~3分の小品ながら、 「ライブラリー音源」という言葉で想像されるようなクオリティの演奏でないことは、聴けばすぐ明らかになる。  
注)ライブラリー音源;TVやラジオのBGMとして使用されることを主目的として録音・制作されたプロユースの音楽のこと
     
 そんなアルバムから、オープニング曲「Wild Girl」と「Landscape」を。


   
アッレ・タスティエレ/Alle Tastiere (紙ジャケット仕様)
ロベルト・プレガディオ/Roberto Pregadio
プロダクション・デシネ


    
    

 
「Roberto Pregadio – Wild Girl」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

「Roberto Pregadio – Landscape」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video


 日本で同じようなポジションのアーティストとして思い浮かぶのは、「久石譲」、「菅野よう子」か。特に「菅野よう子」は、数多くのアニメ、ゲーム、CM、ドラマ、映画の音楽を手掛けていることで知られ、手がけたCMソングは1000曲を超え、「CMソングの女王」という呼び名もあるという。最近は映画、「海街diary」(2015年)、NHK大河ドラマ、「おんな城主 直虎」(2017年)を担当、また「NHK東日本大震災プロジェクト」のテーマソング「花は咲く」を作曲したことも記憶に新しい。
    
 そして私が驚嘆したのは、テレビ東京系TVアニメシリーズ、2071年の火星を中心とした太陽系を舞台に、おんぼろ宇宙船「ビバップ号」に乗って旅する賞金稼ぎ達の活躍を描く「カウボーイ・ビバップ/COWBOY BEBOP」(1998年放映)の音楽。特にオープニング・テーマとして使用された「Tank!」。スリリングな疾走感は、まさにJAZZであった。演奏は、菅野のレコーディングに参加する常連ミュージシャンで結成された「シートベルツ/THE SEATBELTS」、「今堀恒雄(ギター)」「渡辺等(ベース)」、「佐野康夫(ドラム)」、「三沢またろう(パーカッション)」、「本田雅人(サックス)」らと、キーボード・ピアノの菅野自身によるブルース/ジャズバンド。「Tank!」をアルバム、「COWBOY BEBOP SOUNDTRACK 1」(1988)から。かの有名なエンジニア、「ルディ・ヴァン・ゲルダー/Rudy Van Gelder」が制作に参加しているという。


    
カウボーイ・ビバップ サントラ1/COWBOY BEBOP SOUNDTRACK 1
菅野よう子(音楽)
JVCエンタテインメント


    
    

「Cowboy Bebop – Tank! 」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

「Cowboy Bebop – Waltz for Zizi」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 フルアルバムがアップされていました。

「Cowboy Bebop - THE SEATBELTS」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

路傍の花、樹々の鳥(223) ~ 秋を感じさせる空と雑草 ~

Tags: , , ,

DSC_0976
DSCN0988
 山では秋を感じさせるシーンが多くなってきたが、里でもその気配が。いわし雲のような秋空ではないが、台風一過、月、雲、空の色に、なんとなく秋の気配を感じる。今年は、もう少し暗くなると赤く輝く火星が、月の脇にはっきり見える。十五夜も近くなってきた。

 道端や空き地では、この大雨を受けてか、個性的な名前が多い雑草が繁茂。葉や茎に悪臭があることから名付けられたという「ヘクソカズラ(屁糞葛)」もそのひとつ。蔓性の多年草なので、至る所に生え、刈っても刈っても次の年にはまた茂ってくる。実家に庭にも生えていので、今頃は、草茫茫で近所に迷惑をかけていないか気になるところ。しかし、花は意外と可愛らしい。

 「図書館戦争」や「阪急電車」でも知られている「有川浩」の恋愛小説で、2年ほど前に映画化もされた「植物図鑑 (幻冬舎文庫)」の第1章にこの花が出てくる。ひょんなことから、家事万能のスーパー家政夫のうえ、重度の植物オタクで、イケメンの「樹(イツキ)」と奇妙な同棲生活を始めた女の子の話。そこには、「花の姿の愛らしさは雑草の中でもかなり上位に入る」と弁護するように書かれている。

植物図鑑 (幻冬舎文庫)

有川 浩 / 幻冬舎



DSCN0949
 そして、ブラシのように長い穂の形が独特な雑草、「エノコログサ(狗尾草)」。この花穂が、犬の尾に似ていることから、「犬っころ草(いぬっころくさ)」が転じて「エノコログサ」という呼称になったという。また、花穂を振ると、猫がじゃれつくことから、「ネコジャラシ(猫じゃらし)」とも呼ばれる。こちらの名前の方が、馴染みが深い。子供の頃、よく遊んだものだ。

 「ヘクソカズラ(屁糞葛)」とひどい名前をつけられたのでは、余りにも可愛そう。そこで今宵の歌、「花はどんな花でも愛らしい」という意味を込めて、「A Flower Is A Lovesome Thing」。「A列車で行こう/Take The ”A” Train」の作者として知られ、アメリカのジャズピアノ奏者、作曲家、アレンジャーであった、「ビリー・ストレイホーン/Billy Strayhorn」の有名な曲。「lovesome;美しい、チャーミングな」、「luscious;薫りがいい」、そんな言葉でヨイショしておきましょう。

【 A Flower Is A Lovesome Thing 】  by Billy Strayhorn, Duke Ellington

「♪ A flower is a lovesome thing
   A luscious living lovesome thing
   A daffodil, a rose, no matter where it grows
   Is such a lovely lovesome thing ・・・  ♪」

 YOUTUBEにアップされていた、「デューク・エリントン楽団/The Duke Ellington Orchestra」との共演が多いことで知られている男性シンガー、「オジー・ベイリー/Ozzie Bailey」と「ビリー・ストレイホーン」のピアノのデュオで。コンピ・アルバムだと思われますが、1965年録音のものが、「Lush Life」に収録されているようです。

419Z130N79L

      
Lush Life
Billy Strayhorn
Sony


       
        

「Ozzie Bailey & Billy Strayhorn – A Flower Is A Lovesome Thing」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 おなじくYOUTUBEから、「エラ・フィッツジェラルド/Ella Fitzgerald」と「デューク・エリントン/Duke Ellington」のコラボで。「Ella at Duke’s Place」(録音1965年)から。

51uZvX2wfCL
     
Ella at Duke’s Place
デューク・エリントン & エラ・フィッツジェラルド
Polygram Records


      
      

「A Flower is a Lovesome Thing -Ella Fitzgerald」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
    

      

路傍の花、樹々の鳥(178) ~ 屁糞葛も花盛り ~

Tags: , ,

DSCN8365

 この時期、いたるところで見かけるのが、この「ヘクソカズラ(屁糞葛)」。わたしの住んでいる住宅地でも、手入れができず、ほったらかしになっている実家の庭でも。蔓性多年草で、刈っても刈っても、毎年生えてくる雑草。葉や茎に悪臭があることからその名があるが、ひとつだけでもえげつないのに二つもそれが重なるとは、なんたる不幸。名付けた人は相当な恨みでもあったのか ・・・。しかし、花は意外と可愛らしい。ところが花言葉は、その臭いが人を寄せつけないことから、「人嫌い」。花言葉までもがネガティヴで、ここまで来ると、いささかかわいそうな気さえする。

    「屁糞葛も花盛り」

 その臭いからあまり好かれない「ヘクソカズラ」でも、こんな愛らしい花を咲かせる。「不器量な娘でも年頃になればそれなりに魅力がある」という意味の諺(ことわざ)であるとか。

 また、万葉集(巻十六)に、

    「かわらふじに 延ひおほとれる屎葛 絶ゆることなく宮仕えせむ」 (高宮王)

 別名、「カワラフジ(河原藤)」、「ジャケツイバラ(蛇結茨)」の木にしがみつくように、まとわりつく「クソカズラ(屎葛)」。そんな葛のように、臭いと嫌われても、いつまでもしがみついて宮仕えをしたいものだ。そんな意味か。なにか、先の国会での答弁を行う官僚たちを見ているみたいで、もう哀れというか、けったくそ悪いというか ・・・。

 「図書館戦争」や「阪急電車」でも知られている「有川浩」の恋愛小説、「植物図鑑 (幻冬舎文庫)」の第1章にこの花が出てくる。ひょんなことから、家事万能のスーパー家政夫のうえ、重度の植物オタクで、イケメンの「樹(イツキ)」と奇妙な同棲生活を始めた女の子の話。そこには、「花の姿の愛らしさは雑草の中でもかなり上位に入る」と弁護するように書かれている。

植物図鑑 (幻冬舎文庫)

有川 浩 / 幻冬舎

 さて、今宵、「花はどんな花でも愛らしい」という意味を込めて、「A Flower Is A Lovesome Thing」。「A列車で行こう/Take The ”A” Train」の作者として知られ、アメリカのジャズピアノ奏者、作曲家、アレンジャーであった、「ビリー・ストレイホーン/Billy Strayhorn」の有名な曲。訳はいりませんね。(luscious;薫りがいい)

「♪ A flower is a lovesome thing
   A luscious living lovesome thing
   A daffodil, a rose, no matter where it grows
    Is such a lovely lovesome thing ・・・  ♪」

image

 歌姫は「フェイ・クラーセン/Fay Claassen」。1969年生まれのオランダのジャズ・シンガー。最初はダンスとバレーを学んだが、1990年頃からアムステルダムの音楽学校でジャズ・ボーカルを学び始めた。天賦の才は隠せないらしく、在学中に2つの賞を獲得したという。やがてプロ歌手としての活動を始め、多くのジャズ・フェスなどで著名なミュージシャンたちとのコラボも重ね、もうベテランといってもいい30年近いキャリアが積み重ねられ現在に至っている。」。そのハスキーな声は、「アムステルダムのため息」などとも呼ばれているという。

Sing!

Fay Claassen / Challenge

「Fay Claassen / A Flower Is A Lovesome Thing」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

  

  

路傍の花、樹々の鳥(82) ~ 夏の花へと ・・・ ~

Tags: , ,

DSCN9825

どこもかしこも「アジサイ(紫陽花)」の一大ページェント。それが一段落したあとは、ウォーキングの道筋も多様な夏の花のギャラリーへと戻る。さて何という花でしょうか、名前は分からないが、その美しさに目を奪われる。

DSCN9829

「ムクゲ(木槿)」や「フヨウ(芙蓉)」とならぶ夏の花、「タチアオイ(立葵)」。誰かが植えたのか、どこからか種が運ばれてきたのか ・・・。

DSCN9823

空き地のフェンスに絡みつく「ヘクソカズラ(屁糞葛)」。匂いに由来する、その名前の凄まじさに驚くが、花はいたって可憐。しかしその繁殖力は旺盛。実家の草抜きでいつも悩ませられている。

b0102572_1403411

心を揺さぶられる女性シンガー・ソングライターがいる。「メロディ・ガルドー/Melody Gardot」。約3年ぶり通算4枚目のアルバム、「カレンシー・オブ・マン~出逢いの記憶~/Currency of Man」を聴いた。前作、「The Absence」の新しいメロディを模索する、すこしくだけた感じと違って、彼女本来の持ち味であるブルージーでダークなジャズ、ブルースとR&Bの世界への回帰、再び心を揺さぶられた。

「メロディ・ガルドー」。1985年生まれ、フィラデルフィア出身のシンガー・ソングライター。16歳の頃、ピアノ・バーでアルバイトとして歌い始めたという。しかし、19歳の時、自転車で帰宅途中、ジープに跳ねられ、背骨を含む数箇所の複雑骨折、神経、頭も怪我をするなどの瀕死の重傷を負い、一年間寝たきりの生活を余儀なくされ、しかも生涯後遺症として背負った視覚過敏より、サングラスを手放せなくなる。リハビリとして医者に音楽セラピーを勧められ、曲を書き始める。病室でみずから録音した6曲入りのEP、「SOME LESSONS:The Bedroom Sessions」を2006年に発表。

8a45e7da351e014c3a0d80baf6737b85

その後、フィラデルフィアを中心にフェスやライヴにも出演し、静かな中に熱いハートの感じられる彼女の音楽はたちまち評判となり、2006年にインディーズからリリースしたアルバムも話題となり、やがて、ユニバーサルと契約し、「Worrisome Heart(意味;くよくよする心)/邦題;夜と朝の間で」が世界デビュー・アルバムとして2008年8月にリリースされた。

ビジネス・ウィーク誌は評していわく、「トム・ウェイツの詩に出会ったビリー・ホリディ・・・、或いはニーナ・シモン、初期のリッキー・リー・ジョーンズ、コール・ポーターの洗練さすら思い起こさせる・・・。」 (参照拙ブログ「奇跡のシンガー・ソングライター」より)

アルバムは、15曲+ボーナス・トラックのデラックス版と、10曲収録のスタンダード版との2バージョンがあるようだが、私が聴いたのは、デラックス版。冒頭、「Don’t Misunderstand」から、もう彼女の世界に引き込まれ疾走、10曲目、ロックといってもいい「Preacherman」で最高潮に達する。12曲目、「If Ever I Recall Your Face」は一転、恋の傷みを歌ったバラード。そして、余韻が清々しいインストルメンタルの「After The Rain」、まさにブルース、ラストの「Burying My Troubles」へと ・・・。期待を裏切らない心揺さぶられるアルバムであった。感謝 ・・・。

Currency of Man

Melody Gardot / Verve

フル・アルバム(デラックス版)がアップされていました。

「Melody Gardot - Currency of Man The Artist’s Cut Full Album 2015」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
 

 



© 2009 JAZZYな生活. All Rights Reserved.

This blog is powered by the Wordpress platform and to just Go Beach Rental.