JAZZYな生活

プレミアムエイジ ジョインブログ

棚田に囲まれた百姓家で蕎麦を喰う

Tags: , ,

【 お知らせ 】
  長いあいだご愛読いただきましたが、オーナーさんの都合により来年1月末をもって「プレミアムエイジ」が終了することになりました。つきましては、「JAZZYな生活」は、同じ内容をアップしている個人ブログ、「大屋地爵士のJAZZYな生活」(https://oyajijazz.exblog.jp/)で引き続きご覧いただけますので、お手数ですが、そちらへの移行をよろしくお願いいたします。




 妻の友人から美味しい蕎麦屋があると聞き、やってきたのは猪名川町の北部、「柏原の棚田」と地域では知られている棚田に囲まれた谷間の集落に、ひっそり佇む週に2日だけしか営業してない蕎麦屋。もちろんSNSなどにも紹介されていない、猪名川町に住んでいる人しか知らない、いわば、隠れ蕎麦屋である。立派な玄関、庭や欄間、土壁、床の間の百姓家を、そのまま蕎麦屋として使っていて、妙なリニューアルなど一切していないところが好ましい。ゆったりと4席のテーブル席だけで、この日も満席。

  
 メニューはおまかせのメニューだけである。まずは、梅ジュース、春菊と柿の白和え、そして、メインは、十割蕎麦と地元で採れた野菜中心の天ぷら。十割なのに、しっかりコシがあって、風味が際立っている。さらにメニューにない、あんかけの蕎麦がき、温かい蕎麦と続き、炊き込みご飯と漬物、デザートは南瓜プリンとコーヒー。いや、お腹いっぱいの大満足。もう終わりかと思ったら、さらに蕎麦のかりんとうが出てきたのには驚いた。
   
 聞けば、この地での蕎麦作りの歴史はそう長くはなく、道の駅に「そばの館」ができてから、猪名川町が町おこしの一つとして、蕎麦の栽培を奨励したのがきっかけだそうだ。一時は年間15トンも玄蕎麦を生産していたが、最近は3トンがやっとだそうだ  原因は、ここでも「鹿の食害」。新芽が全て食べられてしまうという。


 1時間半近くかけてゆっくり蕎麦を楽しみ、そのあとは、間近に広がる棚田の風景を散策して楽しむ。店を出るとき、近くのお寺の鐘が「ご~~ん」と鳴った。今でも毎日時を告げているという。棚田、百姓家、蕎麦、寺の鐘 ・・・。なにか日本の原風景にタイムスリップしたようで懐かしい一時を過ごした。クリスマスもいいけど、こんな年の瀬の過ごし方もいい。


 今宵のピアノ、ノルウェーのピアニスト、「ヘルゲ・リエン/Helge Lien」率いるピアノ・トリオ。そのトリオのアルバムに、日本語のタイトルをつけたアルバムがある。「Natsukashii」(2011)。「懐かしい」。この曲、蕎麦屋のBGMに流れたとしても、全く違和感はない。
     
 「ヘルゲ・リエン」。ノルウェーを代表するピアニスト。1975年、ノルウェイ生まれの42歳。最初に音楽的影響を受けたのが、「ピンク・フロイド/Pink Floyd」だという。16歳でクラシックを志したが、「オスカー・ピーターソン/Oscar Peterson」を聴いて、JAZZの世界に。最初、ピアノ+チューバ+サックスという変則トリオを立ち上げるも、それと時期を同じくして、標準的編成のピアノ・トリオ、「ヘルゲ・リエン・トリオ」も立ち上げたという。 タイトル曲、「Natsukashii (懐かしい)」、「Hymne(聖歌)」の2曲を ・・・。パーソネルは、「Helge Lien;piano」、「フローデ・ベルグ/Frode Berg;bass」、「クヌート・オーレフィアール/Knut Aalefjaer;drums」。録音は、2010年9月。


    
NATSUKASHII (懐かしい)
Helge Lien/ヘルゲ・リエン
OZELLA/DISK UNION


     
     

「Helge Lien Trio – Natsukashii (懐かしい)」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

「Helge Lien Trio – Hymne (Til Jarl Åsvik)」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

私の中の原風景 ~ 清冽なる峰々の連なり ~

Tags: , ,

DSC_0649
DSC_0641
DSC_0654
DSC_0634

 今回が最後になるかも知れない実家への弾丸帰省。雑草刈りと遺品などの整理をやっと終えた。前日は雨だったらしく、空気が澄んで、いつもにまして北アルプスの峰々がくっきりと見える。この峰々を見ると帰省したという実感が湧く。

 南の乗鞍岳から始まって、肩にちょんと槍ヶ岳を覗かせる象徴的な形の常念岳、大天井岳、燕岳、有明山にいたる、地元では西山と呼んでいた北アルプスのスカイラインの全容と、手前の斜面に広がる林檎畑、葡萄畑、蕎麦畑。今はビルの中に埋没してしまったが、昔は遠くからでもひときわ目立つ松本城。これがずっと心に焼き付けられている「私の原風景」である。残雪が残り、空気が澄んでいるので、遠くからでも多くの雪形が確認できるくらい清冽な、この季節の山並みが一番好きである。でも、実を言うと登りたいと思ったことはないのである。

 故郷・松本で過ごしたのは18歳まで。そのあとの50年余は、仙台、大阪、兵庫と移り住んだが、目を閉じれば浮かぶのはこの光景である。今の実家に両親が移ったのは、私が松本を離れてからであるが、私は少し離れた場所で育ち、厳密に言えば、日常生活の風景ではなかったが、もっとも松本らしい風景であり、帰省のたびにこの風景が、心に染み込んでいった。それほどまでに心に刷り込まれた原風景。朝2時間ほどかけてゆっくりと歩き、目に焼き付けてきた。

helge003

 今宵のピアノ。清冽なる原風景にも通ずるような北欧ジャズ・ピアノを。ノルウェーのピアニスト、「ヘルゲ・リエン/Helge Lien」。

 「ヘルゲ・リエン」。ノルウェーを代表するピアニスト。1975年、ノルウェイ生まれの42歳。最初に音楽的影響を受けたのが、「ピンク・フロイド/Pink Floyd」だという。16歳でクラシックを志したが、「オスカー・ピーターソン/Oscar Peterson」を聴いて、JAZZの世界に。最初、ピアノ+チューバ+サックスという変則トリオを立ち上げるも、それと時期を同じくして、標準的編成のピアノ・トリオ、「ヘルゲ・リエン・トリオ」も立ち上げたという。

 そんな彼のトリオのアルバムに、日本語のタイトルをつけたアルバムがある。「Natsukashii」(2011)。「懐かしい」、そのまんまである。上の写真のバックに流れていたとしても、全く違和感はない。

 タイトル曲、「Natsukashii (懐かしい)」、「Hymne(聖歌)」、「Meles Meles」の3曲を ・・・。パーソネルは、「Helge Lien;piano」、「フローデ・ベルグ/Frode Berg;bass」、「クヌート・オーレフィアール/Knut Aalefjaer;drums」。録音は、2010年9月。

Natsukashii

Helge Lien / Ozella Music

「Helge Lien Trio – Natsukashii (懐かしい)」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

「Helge Lien Trio – Hymne (Til Jarl Åsvik)」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

「Helge Lien Trio – Meles Meles」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
  

  



© 2009 JAZZYな生活. All Rights Reserved.

This blog is powered by the Wordpress platform and to just Go Beach Rental.