JAZZYな生活

プレミアムエイジ ジョインブログ

路傍の花、樹々の鳥(339) ~ 名前がはっきりしませんが ~

Tags: , ,

ボケ
ボケ2
 咲いているのは、「梅の花」? それとも「木瓜の花」? なかなか見分けがつきにくく、違いもよくわかりませんが、今までは「木瓜」だと思っていたが、花形をみると「ウメ(梅)」のようにも思える。ちょっと自信をなくす。

 しかし、艶やかな木肌や、名前の由来でもある立派な棘(トゲ)があるところをみると、「ボケ(木瓜)」ではないだろうか。まっ、どっちにせよ、毎年、公民館の入口の脇に、「梅」と同じこの頃に咲いて、ウォーキングの目を楽しませてくれる。我が家にも、知人よりいただいた鉢植えの「木瓜」があるが、それが咲くのはまだまだずっと先のこと。

 だいぶ、木や花の名前を覚えられるようになったが、まだ、確信を持てない場合も多い。ということで、今宵の曲は、「In The Name Of Love」。「愛という名のもとに」という意味でしょうか。「もうこれ以上私を苦しめないで 愛してるなんてうそぶいて ・・・」。そんな、辛く苦しい心の内を吐露した歌のようです。

【 In the Name of Love 】   by Kenny Rankin , Estelle Levitt

「♪ What burns and glows without flame?  炎がなくても燃えて輝くものは何?
  What lives and grows without rain?    雨が降らなくても育つものは何?
  What brings a smile that lasts for a little while 恥かしさも忘れて泣きじゃくる私に
  That makes me cry without shame?  少しの間だけでも微笑みを運んでくれるのは何?

  How can you please me then torture  このひどい苦悩の後、どう私を喜ばせるというの
  And tease me               私をまだからかうつもり?
     and do it in the name of love?    愛してるなんてうそぶいて

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   ・・・・・・・・・・・・・・・・・   ♪」

b0102572_9593651
 オリジナルは、1970年代、AOR畑で人気を博したシンガー・ソングライター「ケニー・ランキン/Kenny Rankin」の曲。カバーする歌姫は、オーストラリア、メルボルンを拠点に活躍するピアノ弾き語りの女性歌手、「サラ・マッケンジー/Sarah Mckenzie」。最近、活動拠点を移したというパリをテーマにした、日本デビュー・アルバム、「雨のパリで/Paris In The Rain」(2017)から。

 スキャットやハミングなどもなかなか達者で、よくスウィングする高めの声質ながら、かといって決して冷たい印象はない。「ほっこりおばさん」こと「ジャネット・サイデル/Janet Seidel」亡き後の癒し系、最近注目のオーストラリア出身の女性ジャズ・ボーカル。軽快なガット・ギターは、ブラジル出身のギタリスト、「ホメロ・ルバンボ /Romero Lubambo」。

51Js34ULiTL
   
雨のパリで/Paris in the Rain
サラ・マッケンジー/Sarah McKenzie
ユニバーサル ミュージック


     
     

「In The Name Of Love – Sarah McKenzie」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
    

  

路傍の花、樹々の鳥(205) ~ サクラのあとは ・・・ ~

Tags: , , , ,

モモ
 春の来るのが遅かった分、桜は一足飛びに去っていってしまった。ひと呼吸遅れて主役争いをしている花たち。団地を見渡す山の中腹まで上がってみる。斜面に咲く「モモ(桃)」。長閑な景色そのものである。

ベニバナトキワマンサク
 「ベニバナトキワマンサク(紅花常盤万作)」。毎年そのヒラヒラする紅い花弁が愛らしい。

ツタバウンラン
 こちらは個性的脇役、「ツタバウンラン(蔦葉海蘭)」。別名、「ツタカラクサ(蔦唐草)」、「ウンランカズラ(海蘭葛)」ともいう。ヨーロッパ原産であるが、広く日本に帰化している。薄い青紫色をしており、つる性で繁茂し、石垣などで垂れ下がる。初夏の花であるが、もう咲き始めている。

ボケ?
 「ボケ(木瓜)」でしょう。同じバラ科であるが、梅や桜、桃とも違って、5枚の花びらを、丸く壺のように重ねた独特の花。赤、白、桃色、いろいろの色がある。

ウグイスカグラ2
 淡いピンク色でラッパ状の小さな花を咲かせるのは「ウグイスカグラ(鶯神楽)」。遊びの山では見かけるが、これだけおおきな株は、この近所では珍しい。

ハナミズキ2
 「花水木通り」という名がついているくらい私の団地では馴染みの花、「ハナミズキ(花水木)」。いつもは桜の後、一呼吸おいてというところだが、もう満開のところも。桜のあと、主役、脇役入り乱れての花の競演が始まった。

 今宵は、歌うフランス女優。往年のフランス女優には、もちろん映画の中でも歌っているが、けっこう歌手としても味わい深い歌唱をする女優さんが多い。私が知っているだけでも、「ジャンヌ・モロー/Jeanne Moreau」、「ブリジッド・バルドー/Brigitte Bardot」、「カトリーヌ・ドヌーヴ/Catherine Deneuve」、「マリー・ラフォレ/Marie Laforêt」、「ミレーユ・ダルク/Mireille Darc」、「シャルロット・ゲンズブール /Charlotte Gainsbourg」などなど。

man-ray-catherine-deneuve2
 歌は人生を演ずる3分間の舞台。特にシャンソンは物語性が強く、ドラマチックであり、その歌手の生き方、歌い方、振りまで含めての歌唱力が評価される。そんな意味では、フランス映画女優にとって、シャンソンも映画とあまり次元の違わないもう一つの表現手段なのかも知れない。

 そんなフランス映画女優たちの歌を集めたオムニバスCDがある。「美しい人」。ここに集められた歌は、映画の演技同様、実にクオリティが高い。フランス語が分からないので、対訳でしか詩の深い世界にまでは入っていけないのだが、その音楽的な質の高さはよく分かる。

美しい人

オムニバス / マーキュリー・ミュージックエンタテインメント

 そんな中から、「ブリジッド・バルドー」と「カトリーヌ・ドヌーヴ」、「ジャンヌ・モロー」を。

「Brigitte Bardot ー La Madrague(ふたりの夏にさよなら)」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

「Catherine Deneuve avec Serge Gainsbourg – Dieu est un fumeur de havanes(神様はハバナタバコが大好き)」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

「Jeanne Moreau – Quelle histoire(なんて話!)」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 この女優たちが好んで歌いたがるのが、「セルジュ・ゲンスブール/Serge Gainsbourg」の曲。先にあげた女優達に加え、歌手もですが、「ペトゥラ・クラーク/Petula Clark」、「アンナ・カリーナ/Anna Karina」、「ジュリエット・グレコ/Juliette Gréco」、 「ジジ・ジャンメール/Zizi Jeanmaire」、 「フランソワーズ・アルディ/Françoise Hardy」、こんなそうそうたる歌手や女優達が、ゲンスブールを歌っているのである。ドヌーヴの「神様はハバナタバコが大好き」もそう。

ゲンスブールを歌う女たち

オムニバス / ユニバーサル インターナショナル

 そんな中から、「ブリジッド・バルドー」とのデュエット、「ボニー&クライド」と、懐かしいですね、つい最近訃報に接した「フランス・ギャル/France Gall」の「夢見るシャンソン人形/Poupée de cire, poupée de son」を。

「Serge Gainsbourg & Brigitte Bardot – Bonnie And Clyde」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

「France Gall – Poupée de cire, poupée de son」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

     

      

路傍の花、樹々の鳥(35 ) ~梅一輪から満開へ~

Tags: , ,

DSCN6758DSCN6739
DSCN6748DSCN6750
DSCN6741DSCN6747
DSCN6752DSCN6744

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎日のウォーキンが俄然楽しくなった来た。道筋に春の花が咲き始めたからである。

「スイセン(水仙)」、「菜の花」、「ロウバイ(蝋梅)」、「梅」は満開に。そして「枝垂れ梅」もちらほらと ・・・。「モチノキ(黐の木)」はびっしりと真っ赤な赤い実をつけたまま春を迎え、もう「ジンチョウゲ(沈丁花)」、「サンシュユ(山茱萸)」は、早く咲きたいとばかりに蕾を大きく膨らませ始めている。 そして日当たりのいい庭先では「ヤマブキ(山吹)」、「アセビ(馬酔木)」、「ボケ(木瓜)」も ・・・。そして、「早咲きの桜」?、いや「コブシ(辛夷)」でしょうか ・・・。

そして、夜の食卓。酒の肴に出るのは、先日、漁が解禁になった「いかなご(玉筋魚)の釘煮」と「ホタルイカ(蛍烏賊)」。いや、春はいい。

tierney-sutton-gieske-2

春宵、今宵聞くのは、「お久しぶり熟女シンガー」でも取り上げた「ティアニー・サットン/Tierney Sutton」。(参照拙ブログ「今季最後の炭焼きをほぼ終える」) そのアルバムは、「The Tierney Sutton Band/American Road」。

見ればわかるように、あくまで、「ティアニー・サットン・バンド/Tierney Sutton Band」として、バンド名義でのアルバムにこだわっている。ピアノの「クリスチャン・ジェイコブ/Christian Jacob」を始めとした不動のメンバーのサポートを受け、抜群のテクニックと歌唱力で、「Wayfaring Stranger」、「Amazing Grace」、「Summertime」など、アメリカン・ソングの数々を様々なスタイルで歌っている。


American Road

Tierney Sutton Band/ Varese Fontana

その中から2曲を ・・・。

 
「Tierney Sutton – Wayfaring Stanger」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 

「Tierney Sutton - Summertime」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
 

 



© 2009 JAZZYな生活. All Rights Reserved.

This blog is powered by the Wordpress platform and to just Go Beach Rental.