JAZZYな生活

プレミアムエイジ ジョインブログ

野菜もいいが、やはり今咲く花がいい

Tags: , ,

シャガ
ボタン
コデマリ
オダマキ
ナデシコ

 最近、妻のミニミニ家庭菜園によって、だんだん片隅に追いやられていますが、まだまだ花も負けていません。「シャガ(射干、著莪、胡蝶花)」、「ボタン(牡丹)」、「コデマリ(小手毬)」。「ナデシコ(撫子)」、「オダマキ(苧環)」なども咲き出した。私は、「まだまだ野菜より花」派である。しかし形勢不利は否めないようだ。

 今宵は、その昔、ラテン・ジャズとも呼ばれた、いまならフュージョンのカテゴリーがあった。その雄、旗頭であった「モンゴ・サンタマリア/Mongo Santamaría」の食材にちなんだヒット曲から。ラテン・ロックバンドのヴォーカル&MCでデビューした「ユースケ・サンタマリア」の芸名は、「モンゴ・サンタマリア」に由来していると「ヨルタモリ」で自身が語っていた。おっと、これはトリビアですが ・・・。

Mongo Santamaria Greatest Hits

Mongo Santamaria / Sbme Special Mkts.

 まずは、「グリーン・オニオン/Green Onions」から。

「Mongo santamaria - green onions」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 アメリカの国民食のひとつともいわれる「チリ・ビーンズ/Chili Beans」。挽肉とタマネギを炒め、そこにトマト、チリパウダー、水煮したマメなどを加えて煮込んだもので、アメリカでよく食しました。

「Mongo Santamaría - Chili Beans」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 デザートは、スイカ。「Watermelon」ですね。「ハービー・ハンコック/Herbie Hancock」の大ヒット曲、「Watermelon Man(西瓜売り)」。

「Mongo Santamaria - Watermelon Man」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

  

  

嬉しい誤算

Tags: , ,

DSC_0186

朝、山遊びに向かおうと玄関を開けた時、目に飛び込んできたのは、庭の真っ赤な「ボタン(牡丹)」。昨日見たときは、蕾は相当膨らんではいたが、咲くのはもう少し先と思っていたから、「シャクヤク(芍薬)」より早かったこの開花にはちょっとびっくり。嬉しい誤算。

DSCN9331

そして、山の駐車場に車を止め、目に付いたのが、「クマノミズキ(熊野水木)」。「三重県熊野地方に生育するミズキ」という意味の和名のように、近畿以西に多いという。この山周辺にに多く自生するが、花が開くのは、いつもは梅雨のころである。花が咲いているのは、この一本だけ。従ってこんなに早い「クマノミズキ」とはびっくり。しかし、ちょっと自信はない。

(訂正:やはり間違いでした。これは「ガマズミ(莢蒾)」です。)

そして、今日はといえば、子供達と竹馬を作り、昼には具沢山の「すいとん(水団)」を作って食べようというイベントのサポート。抜群のお天気。10時30分頃には駐車場もいっぱいとなり、たくさんの家族連れが来園。イベントにも30人程の家族が参加、用意した材料の竹がなくなってしまうほどの盛況であった。これはちょっと嬉しい誤算。

さて、すこしJAZZYなボッサを今日も楽しみましょうか。ジャズ・フルートといえば、この人、「ハービー・マン/Herbie Mann」でしょう。この人もボサノバをアメリカに持ち込み、流行らせた立役者の一人。

3e9787b5e66fb6ae5e3022af22b88

「ハービー・マン」は、1930年、ニューヨーク・ブルックリン区で、ルーマニアとロシアの家系をもつユダヤ人の両親の間に生まれた。初めてプロとして舞台に立ったのは15歳のときだという。最初は、バス・クラリネット、テナー・サックスおよびソロ・フルートを担当したが、20歳を過ぎる頃からはバップ・フルートの第一人者たるべく志し、フルート一本に絞った。

私が彼のを好きなのは、常に時代を先取りしたその先進性である。1959年には、政府支援のアフリカ旅行に同行して、アフロ・キューバン・ジャズのアルバム「フルーティスタ/Flutista」を録音、そして1961年には、ブラジルに旅して、「アントニオ・カルロス・ジョビン/」や、ギタリストの「バーデン・パウエル/」ら現地ミュージシャンを引き連れて、レコーディングをするため帰国した。そして1962年の「カミン・ホーム・ベイビー/ Comin’ Home Baby」が大ブレーク。これがボサノバが大流行するきっかけとなった。さらに1969年のフュージョン或いはジャズ・ロック・スタイルのヒット・アルバム「メンフィス・アンダーグラウンド/Memphis Underground」。ジャズ至上主義者からの批判は浴びたにせよ、新しいジャンルを開拓したことは間違いない。そんな意味ではジャズ界における優れたマーケッターだったと言えるかもしれない。

惜しくも2003年7月1日この世を去ってしまった。

お得意のブラジルをテーマに吹き込んだラテン・ジャズの快作は、「ブラジル、ボサノバ&ブルース/Brazil,Bosa Nova & Blues」。

ブラジル、ボサノバ&ブルース

ハービー・マン / EMIミュージックジャパン

奔放なフルートが弾けるようだ。「Herbie Mann – Brazil」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

「Herbie Mann – Minha De Saudade」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

「Herbie Mann – One Note Samba」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

こちらはボッサではありませんが、オーケストラをバックにスタンダードを詩情豊かに演奏する「ハービー・マン」。「ラヴ・アンド・ザ・ウェザー/Love and The Weather」。1957年盤の再リリース。とてもあのバップ・フルートやフュージョン・フルートの「ハービー・マン」と同一とは思えません。穏やかで、優しく ・・・。残念ながらYOUTUBEでは見つけられませんでした。ジャケットには、黒縁眼鏡をかけ。色白で細面のまるで銀行員よような彼の写真が載っている。

ラヴ・アンド・ザ・ウェザー

ハービー・マン / SOLID/BETHLEHEM



© 2009 JAZZYな生活. All Rights Reserved.

This blog is powered by the Wordpress platform and to just Go Beach Rental.