JAZZYな生活

プレミアムエイジ ジョインブログ

さようなら、ボーイング747

Tags: , ,

747
Mainichi_20140401k0000m040064000c_1
 
「ジャンボ」の愛称で親しまれ、高度成長期の大量輸送を担ったボーイング747型機が31日、全日空の定期便として羽田―那覇間を往復し、国内線最後のフライトを終えた。「ありがとう」「さようなら」。羽田空港に到着したジャンボは、多くの航空関係者やファンに惜しまれながら、約44年の歴史に幕を閉じた。(朝日新聞記事より。左の写真は毎日新聞より拝借)

ボーイング747は、1969年2月に初飛行してから、40年以上も世界の航空会社の第一線で活躍していて、全長約70メートル、幅約64メートルの機体に500人以上が乗ることができ、エアバスA380が初飛行するまでは世界一巨大な旅客機だった。

そして、私にとってもまた思い出の飛行機である。会社時代、初の海外出張がドイツであり、1978年5月初旬に羽田を飛び立ったが、成田空港の開港をFEN(ラジオ)で確認し、成田空港へ帰ってきたのがジャンボ機であった。それからは国内線、国際線を問わず数えきれないほどボーイング747型機には乗った。2階席は言うに及ばず、ビジネスクラス、アップグレードによってファーストクラス席までも ・・・。そんな思い出が蘇ったニュース。

234_001
 
さて、「ジャンボ機」がアルバム・ジャケットを飾り、名盤とも呼ばれるアルバムは、オランダ出身のジャズ・ピアニスト、「ピム・ヤコブス/Pim Jacobs」。アルバムは、ピアノ・トリオの演奏で「カム・フライ・ウィズ・ミー/ Come Fly With Me」。1982年録音である。軽快にスイングするピアノ・トリオ。引っ掛かったり、いやみなところが何一つなく、心地よいリズムに、安心して全身を委ねることができる。私が選ぶヨーロピアン・ピアノ・トリオの名盤の一つである。ジャケットはKLMオランダ航空のジャンボ機ボーイング747であるが、このKLMのジャンボ機にも乗ったことがある。ジャケットの裏面にはKLMオランダ航空の社長のコメントが載っているのがご愛嬌。

カム・フライ・ウィズ・ミー

ピム・ヤコブス・トリオ / ユニバーサル ミュージック クラシック

この「ピム・ヤコブス」の奥さんが、「アン・バートン/Ann Burton」と実力・人気を二分したオランダの歌姫、「リタ・ライス/Rita Reys」である。婦唱夫弾のおしどりコンビで吹き込んだ逸品のアルバムは、「アワ・フェイヴァリット・ソングス/Our Favarite Songs」。

アワ・フェイヴァリット・ソングス

リタ・ライス&トリオ・ピム・ヤコブス / SMJ

アルバムからではありませんが、おしどりコンビによる春の歌は、「You Must Believe In Spring」。キーボードが、「ピム・ヤコブス」。

「You Must Believe In Spring – Rita Reys」
 
        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
 

 



© 2009 JAZZYな生活. All Rights Reserved.

This blog is powered by the Wordpress platform and to just Go Beach Rental.