JAZZYな生活

プレミアムエイジ ジョインブログ

路傍の花、樹々の鳥(217) ~ 初夏の路傍で ~

Tags: , ,

マツバギク?2
アジサイ(GH)
 ウォーキングする団地の道も初夏の色が濃くなってきた。街路樹の根元には、「マツバギク(松葉菊)」。色付きを加速しだした公園フェンス沿いの「アジサイ(紫陽花)」。「近畿地方も梅雨入りした」と報じられている。

 さて今宵の歌は、「浜田真理子」。「花笠道中~ Walking After Midnight」から始めましょうか。「♪ これこれ 石の地蔵さん 西へ行くのは こっちかえ ・・・ ♪」で始まる「花笠道中」は、作詞・作曲「米山正夫」による、「美空ひばり」の歌。「Walking After Midnight」は、かなり古い歌で、もともと女性カントリー歌手の「パッツィ・クライン/Patsy Cline」の1957年のヒット曲。飛行機事故に遭い、30才の若さで亡くなっているが、いまでも多くのアーティストにカバーされている。

【 Walkin’ After Midnight 】  by Alan Block / Alan W. Block / Don Hecht

「♪ I go out walkin’ after midnight      真夜中に歩く
  Out in the moonlight             月の光を浴びて
  Just like we used to do, I’m always walkin’  かって二人でしたように
  After midnight, searchin’ for you        真夜中に歩く あなたを探して

  I walk for miles along the highway     ハイウェイ沿いに何マイルも歩く
  Well, that’s just my way           それが私のやり方みたい
  Of sayin’ I love you, I’m always walkin’    あなたを愛していると口に出す代わりに
  After midnight, searchin’ for you       真夜中に歩く あなたを探して

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・    ・・・・・・・・・・・・・・   ♪」

 ライブ・アルバム、「mariko live ~こころうた~2003.11.21 at GLORIA CHAPEL」(2004)から。歌謡曲とカントリー ・・・、異色の組み合わせだが、違和感は全くない。

Mariko Live~月の記憶~ 2002.11.9 at Bunkamura Theatre COCOON

浜田真理子インディペンデントレーベル

「花笠道中~Walking after midnight-浜田真理子」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 梅雨入り。さすれば「花散らしの雨」も。 彼女は「セリフからメロディーがついて、だんだん語りになって歌になっていくグラデーションを、やってみようと思ったの。」と語っている。アルバム、「But Beautiful」(2013)から。ライブでの定番曲をピアノ弾き語りでまとめるという、今までのアルバムの作り方を変えて、書き下ろし曲を中心に、「大友良英」らのサポートを受けながら、共につくりあげたという新しい「浜田真理子の世界」。
  

But Beautiful

浜田真理子 / 美音堂

「花散らしの雨-浜田真理子」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

    

    

路傍の花、樹々の鳥(173) ~ 街路樹の根元にも炎天の花 ~

Tags: , ,

マツバギクa
アガパンサスa
ルドベキア

 週1回、ボランティアとして参加しているのが団地の自治会の環境保護活動。といっても、だいそれたことではなく、幹線道路の歩道に植えられている街路樹の付近の雑草抜き。そんな狭い土地でも、花を植える人もいて、「マツバギク(松葉菊)」、「アガパンサス(紫君子蘭)」、「ルドベキア」などが、今を盛りに咲いている。ちゃんと雑草を抜いて世話をしている人もいるが、多くはほったらかしになっている。雑草を抜いてやることで、美しさも際立つようになる。自然が「もう梅雨は明けた」と教えてくれる蝉時雨の炎天下。熱中症に気をつけながら今日も雑草を抜く。

52l

 熱いノリの効いたフュージョン、ラテンを続けましたが、すこしこの辺でクールダウン。クールでちょっぴりダーク、ひんやりとした陰翳を感じるボーカルが聴きたくなる。「インガー・マリエ(・グンナシェン)/Inger Marie Gundersen」がぴったりでしょう。アンニュイで少しダーク。大人のムードを湛え、いぶし銀のように鈍い光を放つ。一度聴いたら、その声が深く心に刻まれる、そんなシンガー。そんな彼女が好きで、このブログでも、何回か取り上げてきた。(参照拙ブログ「北欧美女シンガー図鑑(その3) ~ノルウェイ、癒しの熟女は ・・・~」など)

 1959年生まれ、ノルウェイ出身。2004年、JAZZシーンに彗星のごとくデビューしたが、この時45歳というから相当な遅咲きで、苦労人でもある。寡作で、私が知る限り、たった4作しかアルバムはリリースされていないが、遅咲きの苦労人という彼女のキャリアが、どのアルバムにも何とも言えない色艶とクールやダークに感じられるその奥に、温もりを垣間見ることができる。

 デビュー・アルバムで私の愛聴盤、「メイク・ジス・モーメント/Make This Moment 」(2004)から、お気に入りの3曲、「Fool on the hill/Nature boy」、「Will You Still Love Me Tomorrow」、「Always On My Mind」。

Make This Moment

Inger Marie Gundersen / Stunt

「Fool On The Hill/Nature Boy – Inger Marie Gundersen」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

「Inger Marie Gunderson – Will You Still Love Me Tomorrow」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 「Always on My Mind」。「いつも心の中に」と訳しましょうか。カントリー・ミュージックの定番のような曲で、「ウェイン・カーソン/Wayne Carson」の原曲に、「ジョニー・クリストファー/Johnny Christopher」と「マーク・ジェイムズ/Mark James」が手を加えて完成させ、1972年、「ブレンダ・リー/Brenda Lee」らによって最初に録音されたという。その後、「エルビス・プレスリー/Elvis Presley」、「ウィリー・ネルソン/Willie Nelson」ら多くのシンガーによってカバーされている。カントリーとはまた違った渋め目の味わい。

【 Always On My Mind 】   by Johnny Christopher,Mark James,Wayne Carson

「♪ Maybe I didn’t love you    君をちゃんと愛してなかったかも知れない
  Quite as often as I could have  そんなチャンスは何度となくあったのに
  And maybe I didn’t treat you  君を大事にしてなかったかも知れない
  Quite as good as I should have  大事にすることはできたのに
  If I made you feel second best  もし君が君より好きな人がいるかもと感じたとすれば
  Girl I’m sorry I was blind     ごめんよ 気がつかなかったんだ自分の心に

  You were always on my mind   君はいつだって僕の心の中に
  You were always on my mind   君はいつだって僕の心の中に

  And maybe I didn’t hold you   君をしっかり抱きしめてあげられなかったかも知れない
  All those lonely, lonely times   寂しくてたまらなかった時でも
  And I guess I never told you    君に言ったことがなかったね
  I’m so happy that you’re mine   君が僕のものでいてくれてこんなに幸せなんて
  Little things I should have said and done 君に言ったりすべきだったほんの小さなこと
  I just never took the time      それすらもしなかったね

  But you were always on my mind  でも、君はいつだって僕の心の中に
  You were always on my mind    君はいつだって僕の心の中にいたんだ

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・   ・・・・・・・・・・・・・・・・  ♪」

「Inger Marie Gundersen – Always On My Mind」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

  

  



© 2009 JAZZYな生活. All Rights Reserved.

This blog is powered by the Wordpress platform and to just Go Beach Rental.