JAZZYな生活

プレミアムエイジ ジョインブログ

3ヶ月ぶりに笑顔に囲まれて

Tags: , , , ,

DSCN1083a
DSCN1078
DSCN1079
 森のクラブが月に一度主催のイベント。7月は西日本豪雨で公園が休園、8月はイベントはお休みということで、3ヶ月ぶりに開催のイベントである。メニューはいつものように、結構親が夢中の場合も多いのだが、日頃の活動で伐った間伐材をつかって、子供たちに動物などを作ってもらう木工細工。それと、園内にある竈や囲炉裏、ピザ窯を使っての手作りのスナック。この日は竹パンである。3ヶ月ぶりに多くの笑顔に囲まれた一日。

 そんなことで、今宵の曲は、「スマイル/Smile」。「チャーリー・チャップリン/Charles Chaplin」の有名な曲。映画「モダン・タイムス/Modern Times」(1936)のためにチャップリンが作曲したインストゥメンタルのテーマ曲で、のちに、1954年に「ジョン・ターナー/John Turner」と「ジェフリー・パーソンズ/Geoffrey Parsons」が歌詞とタイトルを加え、良くご存知のスタンダードになったという。

【 Smile 】 by John Turner , Geoffrey Parsons , Charles Chaplin

「♪ Smile though your heart is aching       微笑んでごらん 心が痛んでいても
  Smile even though it’s breaking        微笑んでごらん 心が折れそうになっても
  When there are clouds in the sky,        空に雲があれば、 
           you’ll get by              きっとなんとかやっていけるさ
  If you smile through your fear and sorrow   恐れや悲しみがあっても微笑んでいれば
  Smile and maybe tomorrow           また喜びと明日はやってくるよ
  You’ll see the sun come shining through for you  もう一度輝く太陽に会えるさ

  Light up your face with gladness     喜びを顔にだしてごらん
  Hide every trace of sadness         どんな悲しみの跡も隠してくれる
  Although a tear may be ever so near    でもひとすじの涙の跡は残るかも
  That’s the time you must keep on trying  さあ、やってみる時だよ
  Smile, what’s the use of crying?      微笑んでごらん 泣いていたって仕方がないさ
  You’ll find that life is still worthwhile   人生って価値あるものだってわかるよ
  If you just smile                 微笑んでさえいれば    ♪」

 本当にたくさんのカバーがあります。軽やか、素直、あどけなさ、シャイ ・・・・、今日は、いろんな歌い方の「Smile」を。お気に入りの歌唱が見つかれば、幸いです。

 「小野リサ」。 「Lisa Ono Best 1997-2001」(2002)から。

21D852WXDXL
    
BEST 1997-2001
小野リサ
EMIミュージック・ジャパン


       
        

「Lisa Ono – Smile」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 「マデリン・ペルー/Madeleine Peyroux」。「Half the Perfect World」(2006)から。

 Half the Perfect World

 Madeleine Peyroux / Ucj

「Madeleine Peyroux – Smile」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 スウェーデンの美女シンガー、「リーサ/Lisa Lovbrand」。「Embraceable」(2007)から。

 エンブレイサブル

 リーサ / スパイス・オブ・ライフ

「Lisa Lovbrand – Smile」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 アジアの癒し姫、「ジャシンサ/Jacintha」。「Lush Life」(2002)から。

 Lush Life

 Jacintha / JVC


「Jacintha – Smile」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 最後は、「ヘイリー・ロレン/Halie Loren」。「Heart First」(2012)から。

ハート・ファースト

ヘイリー・ロレン / ビクターエンタテインメント

「Halie Loren – Smile」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
   

   

路傍の花、樹々の鳥(164) ~ お花あげます ~

Tags: , ,

DSCN7899

 ウォーキングの道筋。「春菊のお花あげます。欲しい方はどうぞ」と書いてある。ろくでもないニュースが多い中で、なんとなく、ほっとなごむ。

hqdefault

 前回に引き続き、「マデリン・ペルー/Madeleine Peyroux」のアルバム、「ハーフ・ザ・パーフェクト~幸せになる12の方法/Half The Perfect World」から、「The Summer Wind」。 

 この歌は、「フランク・シナトラ/Frank Sinatra」の歌唱が有名ですが、元々は、1965年、作曲「ハインツ・マイヤー/Heinz Meier」、作詞「ハンス・ブラッケ/Hans Bradtke」による「Der Sommerwind(夏の風)」というドイツの歌ですが、「ジョニー・マーサー/Johnny Mercer」が英語の詩を付け、シナトラによってヒットしたという。

【 The Summer Wind 】  by Johnny Mercer、Heinz Meier、Hans Bradtke

「♪ The summer wind,            夏の風は
    came blowin’ in from across the sea 海の彼方から吹いてきた
  It lingered there to touch your hair    いつまでもそこに留まって
     and walk with me          君の髪に触れ僕と歩いている
  All summer long we sang a song       夏の間中、僕たちは歌を歌い
     and then we strolled that golden sand 金色に輝くあの浜辺を歩き回った
  Two sweethearts and the summer wind  二つの恋する心と夏の風
   ・・・・・・・・・・・・・・・       ・・・・・・・・・・・・・・ ♪」

ハーフ・ザ・パーフェクト~幸せになる12の方法

マデリン・ペルー / ユニバーサル ミュージック クラシック

「Madeleine Peyroux – The Summer Wind」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 このアルバムのラストの歌唱は、癒しの「スマイル/Smile」。


「Madeleine Peyroux – Smile」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

  

  

窯木確保の目処が立ち、ホッと一息つく

Tags: , ,

dscn6430
%e3%82%b5%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%83%a6

抜けるような青空の中、今日も炭材、窯木となる「クヌギ(櫟、椚)」の伐採作業。一窯分、約400本の窯木はすで確保、あと一窯分の窯木の確保までもう少しである。近年、鹿の食害に悩まされる中、今年もどうやら炭材確保の目処もたった。ここまでに台場クヌギ13本、高木8本を伐採して、すっかり見通しが良くなった斜面。1月から始まる炭焼きを終えると、来春からはここでまた鹿との攻防が待っている。汗をかき、ワークショップに引き揚げて飲むコーヒーにホッと一息つき、仲間の顔も和やかに ・・・。「アキサンゴ/秋珊瑚」、「ヤマグミ/山茱萸」とも呼ばれる「サンシュユ/山茱萸」の実も真っ赤に目に映る。

さて、今宵の曲は、ご存知、「スマイル/Smile」。1936年の「チャールズ・チャップリン/Charlie Chaplin」の映画、「モダン・タイムス/Modern Times」で使用されたテーマ曲で、チャップリン自身が作曲した曲。1954年に「ジョン・ターナー/John Turner」と「ジェフリー・パーソンズ/Geoffrey Parsons」が歌詞とタイトルを加えたという。もう数えられないくらい多くのカバーのあるスタンダードですが、今宵は、「ジャシンタ(ジャシンサ)/Jacintha」、「マデリン・ペルー/Madeleine Peyroux」の歌唱で ・・・。それぞれの個性がよく出ています。

【 Smile 】  by John Turner/Geoffrey Parsons/Charlie Chaplin

「♪ Smile though your heart is aching  微笑んでごらん、どんなに辛くても
   Smile even though it’s breaking   微笑んでごらん、心が折れそうな時でも
   When there are clouds in the sky,   空が雲に覆われている時でも
   you’ll get by             きっといつか抜け出せるさ

   If you smile through your fear and sorrow 微笑めば、恐れや悲しみも終わり
   Smile and maybe tomorrow        微笑めば、明日が来て
   You’ll see the sun come shining through for you 太陽が君を照らす

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   That’s the time you must keep on trying 笑顔を絶やさないようにしよう
   Smile, what’s the use of crying?     ほら微笑んで、泣いたってなんにもならないよ
   You’ll find that life is still worthwhile,   人生にはまだ価値があるってきっと気が付く
   if you just smile             君が微笑んでさえいれば        ♪」

Lush Life

Jacintha / JVC

「Jacintha – Smile」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

Half the Perfect World

Madeleine Peyroux / Ucj

「Madeleine Peyroux – Smile」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
  

  



© 2009 JAZZYな生活. All Rights Reserved.

This blog is powered by the Wordpress platform and to just Go Beach Rental.