JAZZYな生活

プレミアムエイジ ジョインブログ

種子、形も色もいろいろに

Tags: , , ,

ハリエンジュの実
 山はきらびやかな紅葉に覆われているが、その陰で、色とりどりの実や種も見ることができる。毎年繰り返して行われる、冬を越し、子孫を残すための大事な活動なのだ。

 真っ黒いサヤに真っ黒い種。「ニセアカシア」と呼ばれる北米原産のマメ科の落葉高木。日本で「アカシア」と呼ばれる木はほとんどがこれ。枝葉が「エンジュ(槐)」に似ていて、棘があることから、和名は「ハリエンジュ(針槐)」。日本には明治のはじめに伝わり、成長が早いことから、街路樹、公園樹、砂防・土止めなどとして広く植栽されている。しかし、繁殖力が強いため、環境省は「日本固有種の成長を妨げる」として伐採などが必要な「特定外来生物」の候補にした。

サンシュユ
 「サンシュユ(山茱萸)」。中国及び朝鮮半島の原産地に分布し、江戸時代、享保年間に朝鮮経由で種が日本に持ち込まれ、薬用植物として栽培されるようになったという。「アキサンゴ(秋珊瑚)」、「ヤマグミ(山茱萸)」とも呼ばれ、この時期、その赤い色が一層際立つ。実家の庭にも何本かあって、黄色い花を付け、春を告げる木でもあった。

 宮崎県の民謡、「稗(ひえ)つき節」に、「♪ 庭のさんしゅうの木 ~~、 鳴る鈴かけて ・・」という出だしだが、わたしはずっと「さんしゅう=さんしゅゆ=山茱萸」とばかり思っていたが、「サンショウ(山椒)」の訛ったものだという。これは余談。

マムシグサ
 もう時期は過ぎてしまったが、「マムシグサ(蝮草)」。晩春に、花茎を直立させて開花するが、茎に紫褐色のまだらな模様があり、この模様が「マムシ(蝮草)」に似ていると考えられたところからこの名がつけられたという。確かに鎌首をもたげた蛇の様でもある。秋には、こんな鮮やかな色をした「トウモロコシ(玉蜀黍)」に似た形状の果実を付ける。

 さて、今宵は「Jazzy,Not Jazz」の典型みたいなアルバムから。「カルリー・ブルース/Karlie Bruce」のデビュー・アルバム、「Song Is You(原題;Karlie Bruce)」(2005)を久し振りに。

maxresdefault

 「カーリー・ブルース/Karlie Bruce」。1983年、オーストラリアはシドニーの近くで生まれる。音楽好きだった両親の影響で、幼い頃からピアノを習い、その後サックスを始める。初めはジャズのビッグ・バンドやコンボでサックス・プレイヤーとして演奏していたが、ある時ビッグ・バンドでヴォーカルが必要になったことから、歌も歌い始めたという。ヴォーカルに関しては16歳からレッスンを受け、大学で音楽と教育の学士号を取得しているという。2003年に「マイケル・ブーブレ/Michael Bublé」のオーストラリア・ツアーに参加したことで一躍注目を浴びるようになり、デビュー、現在はニューヨークで活動中。

 収録曲は、「アイ・リメンバー・ユー/I remember you」を初め、有名曲が並ぶスタンダード・ナンバー集。ややハスキーな中音域、やわらかなファルセットで、全般的にクセがない。BGMとしても最良のアルバム。

Karlie Bruce

Karlie Bruce / Imports

 アルバム冒頭の一曲、「I remember you」。これは、「ジョニー・マーサー/Johnny Mercer」作詞、「ヴィクター・シャーツィンガー/Victor Schertzinger」作曲で、1942年のミュージカル映画、「The Fleet’s In」に使われた。「サラ・ボーン/Sarah Vaughan」、「ダイアナ・クラール/Diana Krall」などの歌唱でよく知られているスタンダード・ナンバー。 ボッサ・テイストで軽やかに。

【 I Remember You 】

「♪ I remember you,     君のことは忘れないよ
  You’re the one who made  君は僕の夢を叶えてくれた
  My dreams come true   たったひとりの人
  A few kisses ago      たった数回のキスだったけど

  I remember you,      君のことは忘れないよ
  You’re the one who said   僕を好きだと言ってくれた
  I love you, too,        たったひとりの人
  I do, didn’t you know?   僕も君が好きだって分かっていたよね

  I remember, too,       君のことは忘れないよ
  A distant bell.        遠くで鐘が鳴っている
  And stars that fell like rain   そして満天の星が降り注ぐ
  Out of the blue        まるで突然の雨のように

  When my life is through,    僕が人生を終えるとき
  And the angels ask me to recall  天使たちは思い出してごらんと言う
  The thrill of them all       ワクワクしたことやドキドキしたことのすべてを
  Then I shall tell them      そしたら僕は言うんだ
  I remember you.         それは君とのことだよとね  ♪」

「I Remember You – Karlie Bruce」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

  

  

熱中症と雀蜂に気をつけながら、クヌギを植える穴を掘る

Tags: , ,

ヤマボウシ&エゴノキ
DSCN1639

遊びの山の「クヌギ(椚、櫟)」の再生林がちょっと危機的状況になってきたため、植樹を計画していることは少し前のブログに書いた。(参照拙ブログ「小さな一歩も踏み出せば ・・・」

ある会社のご好意により、来週クヌギの苗100本が手に入る目処がついたので、早速植樹を予定している斜面に、深さ30cmほどの穴を掘ることにした。本来、クヌギの植樹の時期は、木としての生命活動が活発になる前の2月~3月あたりがいいのであるが、できるだけ早いほうがいいので、来年を待たずに始めることにした。今がさかりの「ヤマボウシ(山法師、山帽子)」、「エゴノキ」を見ながら、再生林へと向かう。(写真、上を向いて咲く花がヤマボウシ、下を向いて咲く花がエゴノキ)

「マムシグサ(蝮草)」、「ヨウシュヤマゴボウ(洋種山牛蒡)」、「アザミ(薊)」などが生い茂りだした急斜面で、穴掘りを始める。カンカン照り。身を隠す木陰もなく、すぐ近くに巣を作っている「スズメバチ(雀蜂、胡蜂)」の活動も活発になってる。熱中症対策の水分補給と「スズメバチ」に十分注意しながらなんとか穴を掘り終えた。

さて、今宵の曲。「Wワンダフル・トゥナイト/Wonderful Tonight」。「エリック・クラプトン/Eric Clapton」が、当時奥さんであった「パテイ(パトリシア)・ボイド/Pattie Boyd」との一夜を綴った歌としてあまりにも有名で、1977年発売のアルバム、「スローハンド/Slowhand」に収録。

【 Wonderful Tonight 】    by Eric Clapton

「♪ It’s late in the evening;                  宵闇がせまっても
       she’s wondering what clothes to wear.  彼女は何を着ていくかまだ迷っていた
   She puts on her make-up                お化粧をして
       and brushes her long blonde hair.      長いブロンドの髪を梳かして
   And then she asks me, “Do I look all right?”   そして僕に聞いた 「これでいい?」と
   And I say, “Yes, you look wonderful tonight.”  僕は答えた 「とても素敵だよ」と

   We go to a party                        パーティーに行くと
          and everyone turns to see          みんなが振り返って見るんだ 
   This beautiful lady                       僕と一緒に歩き回る
          that’s walking around with me.       美しい彼女をね  
   And then she asks me, “Do you feel all right?”  そして僕に聞いた 「気分はどう?」と
   And I say, “Yes, I feel wonderful tonight.”     僕は答えた 「とても素敵な気分だ」と

   I feel wonderful because I see              とても素敵な気分だ
   The love light in your eyes.                君の瞳には愛の光が宿っていたし
   And the wonder of it all                   でもちょっと不思議だった
   Is that you just don’t realize              僕がどんなに君のことを愛しているか
          how much I love you.             君が気づいていないなんて

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・          ・・・・・・・・・・・・・・・  ♪」

b0102572_10151531

今宵は、好漢「マイケル・ブーブレ/Michael Bublé」の歌唱。アルバムは、「Call Me Irresponsible」から。男性歌手不作の中にあって、最も活きのいい男性歌手といえる、「マイケル・ブーブレ」。若い時のシナトラを彷彿とさせるものがある。

1975年生まれ、カナダ出身。幼少の頃からスタンダード曲を聴いて育つ。父の仕事を手伝いながらカナダで芸能活動を展開。 10年以上の下積みの末、当時のカナダ首相の令嬢の結婚式で歌う機会を得る。その時に歌った「マック・ザ・ナイフ/Mack the Knife」を、式に出席していたあの超有名プロデューサー、「デイヴィット・フォスター/David Foster」が見て、「唯一無二の声!」と絶賛。この運命的な出会いがきっかけになり、2003年に自身の名を冠したアルバム、「Michael Bublé」でデビュー。このアルバムは全世界で400万枚を売り上げ、12ヶ国でプラチナ・ディスク、3ヶ国でゴールド・ディスクを獲得することとなったという。「Call Me Irresponsible」(2007年)は、3枚目のアルバム。

Call Me Irresponsible

Michael Buble / Warner Bros

ゲストの、「イヴァン・リンス/Ivan Lins」とのデュエットで ・・・。「カエターノ・ヴェローゾ/Caetano Veloso」とともに、「アントニオ・カルロス・ジョビン/Antonio Carlos Jobim」の没後以来、ブラジルで最もすばらしい作曲家であるといわれている。英語とポルトガル語が絡み合うボッサが心地よい。


「Michael Buble & Ivan Lins – Wonderful Tonight」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
 

 



© 2009 JAZZYな生活. All Rights Reserved.

This blog is powered by the Wordpress platform and to just Go Beach Rental.